あしたの、喜多善男 第2回(1月15日放映)。なかなか見る時間がとれなくて油断をしていたら子ども(9歳)が勝手に先に第2回分を見ていたのだが……子どもが見て面白いドラマじゃないよなあ。でも訳が分からないながらも別に嫌いではないようだ。

これはやっぱり小日向さん(喜多善男役)の一人芝居の舞台を見ているかのような作品で、これから先がどうなるのかというサスペンス的要素や手堅い脇役陣と合わせて楽しみな作品ではあるのだが、第2回の視聴率はやっぱり8%ですってよ(第1回は12.7%)。でも主役が小日向文世さんという時点で(私は結構好きな役者さんなんだが)数字がとれないのは明白なんだから(え? 失礼すぎ?)、今更打ち切りとかなんとかって、……ないよね? 

今回喜多善男(小日向文世)は田舎にいる母親(加藤治子)に会いに行ったものの、母親は何年も前に死んだ父親の死を認めることができずどうやら軽い認知症的症状すら見せている。しかしすでに死を決意している善男はただ黙って母を抱きしめる。一方かつての妻・みずほ(小西真奈美)の行動はますます怪しく、みずほのカウンセラー役の岩松了のは別に怪しい役じゃないだろうに結局怪しくなってて、みずほをつけねらう保険調査員の杉本(生瀬勝久)も見た目通りやっぱり怪しく、反対に絶対怪しいはずの矢代平太(松田龍平)は喜多善男に保険金を掛けて何やらもくろんでいるはずなのにどうやら良心の呵責に苛まれている様子。それぞれが多面的に行動し見ている人間をはぐらかすようでもあるのが面白い。みずほと善男の過去に何があったのか、みずほの夫の本当の死因はなんなのか、それと善男の親友の死は何か関係しているのか。

今回は善男に「あんたに、保険をかけてもいいかな……」と言ったときの平太と善男の表情が見物。信じていたのに裏切られて、でも世の中そういうものだと納得し、そしてどうせ自分は死ぬんだしこういう事で恩返しできた方がまだましかも、、、と一瞬のうちにそれらを見せてくれた小日向さんの顔ですよ。うーむ。他にも細かいところが色々とうまいよなあ。

でも、第2回目からこんなことを言うのもなんだが、どうか全11話ちゃんと放映されますように(え?)。
関連記事
コメント
うまいよねー、小日向さん。ネガティブ善男が出てきて二人小日向になると、すっごい贅沢をしてる気分になる。個人的には、日本のケビン・スペーシーだと思っとります(つまり、めっちゃ好きやねんってことやね)。家に来てわたしの足もマッサージしてくれないかな(かかとのお手入れ、しとくからさ)。まぁ視聴率のことは置いといて、思いっきり小日向色を振り撒いてほしいとフジテレビにはお願いしたい。(11話ならよっぽどのことが無い限り放送されるだろうけど、小日向さんがまた脇に戻って、ちょこっとしか見られなくなるのが辛い)
余談ですが、生瀬勝久って顔はあんななのに、手がめっちゃ綺麗。無駄だけど。(別に手フェチってことじゃありません。・・・・・・・・・・いや、やっぱそうかも)
2008/01/22(Tue) 08:21 | URL | suika | 【編集
>11話ならよっぽどのことが無い限り放送されるだろうけど

えー、そうかなあ。まあ、小日向さんを主役に据えるっつーことはある種実験枠扱いともいえるから、視聴率は気にしない可能性はあるけど(しかもこのドラマ、好き者には結構ウケているみたいだしね)、最後までちゃんと放映してくれるかどうかは微妙かもよ。

>余談ですが、生瀬勝久って顔はあんななのに、手がめっちゃ綺麗。

まあ、奥様ったら目のつけどころが……。私のハゲ専のことは言えません事ね、ほほほ。
2008/01/22(Tue) 21:21 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
はじめまして!
昨年「風林火山」の感想を検索してるときにみつけてから通っていますが、初めてコメさせていただきます。

「あしたの、喜多善男」ってそんなに視聴率悪いんですね・・・個人的には、1月始まりのドラマの中では、一番好きでハマッてるドラマなのですが・・・
同じく11回放送されることを願うばかりです!!

tsumireさんのドラマ感想とっても共感できます。これからも楽しみにしています♪
2008/01/26(Sat) 13:47 | URL | さわ | 【編集
こんにちわ、はじめまして。こめんとありがとうございます。

第3回の視聴率はさらに下がっていますよ。もう、本当にどうなるんだか。視聴率が取れないのは最初からわかっているんだから、このさい気にしないで(そうはいかないだろうが)とにかく最後まで放送して欲しいですよね。
2008/01/27(Sun) 15:29 | URL | tsumire→さわ さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック