今年も手塚治虫文化賞作品ノミネートの季節がやってきました(2007年3月24日「手塚治虫文化賞作品ノミネート」)。

 マンガ大賞の候補に10作品 手塚治虫文化賞(朝日新聞)

ノミネート作品は以下の10作品。

「海街diary1 蝉時雨のやむ頃」吉田秋生、小学館
「大奥」よしながふみ、白泉社
「海獣の子供」五十嵐大介、小学館
「NANA―ナナ―」矢沢あい、集英社
「ハチワンダイバー」柴田ヨクサル、同
「もやしもん」石川雅之、講談社
「闇金ウシジマくん」真鍋昌平、小学館
「よつばと!」あずまきよひこ、メディアワークス
「るくるく」あさりよしとお、講談社
「レッド」山本直樹、講談社

うわー、読んでいるのはかろうじて海街と大奥だけだ。どれも名前は聞いた事はあったり気になって読んでみようか迷っていたり、買ったのにまだ読んでない(←ダメダメ)作品ばかり。もやしもんは3年連続ノミネート、これはやっぱりそろそろ読んでみなくちゃ。NANAは一昨年もノミネートされていたけどまだ連載していたのか?(←無知)。大奥は去年もノミネートだけど、これは先がまだまだ長いからなー。

という訳で今日は「もやしもん 第1巻」にチャレンジの予定(読む時間がないのが難だが)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
わたしが読んだことがあるのは「もやしもん」と「大奥」だけだ(しかも「大奥」は第一巻だけ)。「もやしもん」(Cafe Tsumire推薦課題図書)は、人の言うこときいて読んでみて良かったと思わせる作品でした。(勢い余って「週刊石川雅之」も買ったけど、こちらも大変おもしろかった)

>という訳で今日は「もやしもん 第1巻」にチャレンジの予定(読む時間がないのが難だが)。
とは言っても、十二国記を読み返す時間が捻出できるくらいだから、「もやしもん」六巻と「週刊石川雅之」くらいは、軽ーくいけると踏んでます。
2008/03/13(Thu) 08:13 | URL | suika | 【編集
あー、昨日は久しぶりに早く帰れたので(といっても7時だけど)、飲んだくれて漫画の事はすっかり忘れちゃっていたよ。

>とは言っても、十二国記を読み返す時間が捻出できるくらいだから

だって十二国記は何度も読んでいて話わかっているから飛ばし読みだもーん。主要キャラが出てない場面なんかすっとばして各巻30分から1時間くらいで読み直しちゃったよ。
2008/03/14(Fri) 06:57 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
私がこの中で1番ちゃんと読んでるのは「よつばと!」です。ご近所のTUTAYAで 娘が借りてくるのを読んでるだけだけど。
続きが待ち遠しい、ということは全くない種類の漫画だけど、好感は持てる。
でもKさんのように、子育て中の人はどう思うかな?
ガキんちょは現実だけでけっこう、かもね・・・。

吉田秋生は嫌いじゃないけど、今ひとつ食指が動かん。
そうそう佐藤史生、「ゼロワン」読み出すと寝ちゃってどうしても読めない。「金星樹」はよかったよ~。
・・という訳で80年代マンガプレイバック計画は早々に挫折しとるです。




2008/03/14(Fri) 22:28 | URL | oha~ | 【編集
「大奥」と「NANA」は何とか賞の常連の様な気がします。「NANA」はあちこちで賞を取っていそうですが?



2008/03/16(Sun) 20:32 | URL | P子 | 【編集
>でもKさんのように、子育て中の人はどう思うかな?

なんだ? 「現実はそんな甘いもんじゃねぇ!」って思っちゃうような漫画なのか? でもそれはそれ、これはこれ、だしね。漫画だからこその世界ってたくさんあるしね。

>という訳で80年代マンガプレイバック計画は早々に挫折しとるです。

じゃあ、この際80年代は一休みして、いっそのこと70年代までいってみるというのは? ベルバラとかポーの一族とかエースをねらえ!とかはいからさんとか。
2008/03/16(Sun) 22:44 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
「NANA」、未だに読んだ事がないんだよね。私が読まなくても良さそうな作品っつー気もするし。「大奥」は第3巻が一つのヤマだからここで受賞してもよさげな気もするけど、あれは先が長い作品だしね。
2008/03/16(Sun) 22:47 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック