赤毛のアン実はいまだに記念切手が結構好きだ。だから記念切手の発行日は割とマメにチェックしてたりする(思い出せば、だが)。ま、私の子供時代には切手ブームというやつがあり、私も郵便局の窓口に並んだもんでしたよ。でも今は切手を使う機会がほとんどないんだよなあ。いい柄やいいネタの切手って80円が多いのによく出す年賀状や暑中見舞いハガキは50円切手だし。

で、今度「赤毛のアン」の切手が出るのよ(80円切手だが)。

 「国際文通グリーティング(赤毛のアン)」の発行(日本郵便)

「赤毛のアン」(フジ、1979年)はアニメ放映が始まってから初めて、しかも大学生になってから読んだもんだったが。マシュウが死ぬ回の放映日はちょうどサークルの飲み会の日(忘年会だったのか?)で、飲み屋のテレビに釘付けだったな(遠い目)。

この手のスケジュールはすぐに忘れてしまうので携帯のスケジュールに「6月20日」と入れてアラームまで設定するのも、いい大人としていかがなものか。多分使いもしないのに3シートくらい買っちゃうかも。
関連記事
テーマ:本日の日記
ジャンル:日記
コメント
うちの夫も切手ブームにしっかり乗っかってた一人で、小中学生のころ買いためていた切手が、専用ファイルに入って出てきたけど、使うに使えず(さすがに三十年以上前のものを普通に使うのは憚られる)、さりとて売ってもたかがしれてるだろうし(売りに行くのが面倒くさいし)で、またまたどこかに仕舞いこまれちゃった。
わたしは魔がさして買っちゃった、ドラえもんの切手とミッフィーの切手を、のんびり使っております。それにしてもtsumireさんのコレクション、ぬりえに紙の着せ替え人形に切手、なんとなく同じ方向性が見えるような、そうでないような・・・・・・・
2008/04/10(Thu) 23:12 | URL | suika | 【編集
私も捨てた記憶がないから、実家を探せばどこかにまだスタンプ帳があるんじゃないかなあ。集めたからどうだ、っていう代物じゃあないんだよねえ、切手って。本当に自己満足っつーか。でも今は「集めるために」に買っているんじゃなくて、ごくたまにとはいえ、使う時にかわいい絵や名画ものや季節にあった花の絵の切手を「使いたい」から買うんで、まあ、まだ健康的(?)だよね(←言い訳??)。

>それにしてもtsumireさんのコレクション、なんとなく同じ方向性が見えるような

共通性は「紙」? かさ張らなくて場所をそれほどとらなくて済むというのはあるかな。
2008/04/11(Fri) 06:52 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
懐かしいね、赤毛のアン。名作劇場のなかでも「ハイジ」と並ぶ名作だと思う。もちろん原作のよさもあるけど、オープニングのめくるめくような花と緑の展開は素晴らしく心をときめかすものでした。本のアンはちょっと苦手だったけど、アニメのアンがかわいくて本にも再チャレンジしたっけ。
記念切手は私信用に時々買うけど、季節感のあるものは使いづらいね。アンも欲しいけど、きっと死蔵しちゃいそうだなー。
2008/04/11(Fri) 10:10 | URL | tarako | 【編集
>名作劇場のなかでも「ハイジ」と並ぶ名作だと思う。

結局ハマってずっと見続けたのも「ハイジ」「母を訪ねて三千里」「赤毛のアン」くらいだったかな。よく名作として「フランダースの犬」が何度も何度も取り上げられるけど、何がいいんだかさっぱりわからんよ(←ま、私が情緒欠陥なんだろうけど)。

>季節感のあるものは使いづらいね。

私は季節によって切手を使い分けているので季節感があった方が好きだな。今なら桜の切手、5月ならバラの切手、6月なら睡蓮の切手って感じで。でもさー、それが80円切手が多いから使わないんだよ。せめて50円だったら手軽に出せるからもっとバンバン使うのに。
2008/04/11(Fri) 11:11 | URL | tsumire→tarakoさん | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/11(Fri) 13:57 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック