そこをなんとか13月4月と死にものぐるいで仕事をしていたせいだろうか、隔月で発行されているMELODYの発売日をコロリと忘れていて、一昨日本屋に行ったら最新号があってビックリしてしまいましたよ。おまけに、これ、本当に最新号だっけ?としばし考え込んだりしてさ。ボケが進むとこんなことになっちゃうのね……。

しつこくプッシュするようだが(1月10日「「そこをなんとか」麻生みこと(メロディ不定期連載)」、今月号掲載の「そこをなんとか」は今旬なネタの裁判員制度についてですよ。私も新聞記事でたまに読んだりはしているけど、今回のこの話ほど面白おかしく読めてなおかつちゃんと裁判員制度がわかる漫画はないんじゃないだろうか。って、他の弁護士漫画(「弁護士のくず」とか「島根の弁護士」とか?)は全く読んでないので勝手なことを言っているが。でもオススメですよ。

そういや先日会社で大お局様のK池さんたちと話をしていた時に、K池さんが「裁判員なんか怖いし、人を裁けるような知識もないから絶対出来ない」というので、「一応やむを得ない事情があれば辞退することも出来るし、それに裁判員になる前に面接もあるからそこで落ちるような努力をしてみるという手もあるよ」と猿知恵を出したら、K池さんは「すっごくバカだっていうのがわかれば大丈夫かしら。どうしようかなあ」とまだ全然候補にもあがってないのに心配してたよ。

さらにY岡さんは「裁判員で会社を休むとどういう種類の休暇扱いになるんでしょう? 何か新しい種類の休暇制度が出来たりするんでしょうかね」と建設的な?疑問も呈していたが(何せ人事だからね)、派遣のKさんは「お手当はどれくらい出るんでしょうかね」とK池さんやY岡さんとは別方向の皮算用をしていたのだった。私は裁判員やったら同人誌のネタになるだろうけど、確か守秘義務があるから作品にはできないよな、と思っていたのだった(←一番ダメダメなパターン)。
関連記事
コメント
裁判員に選ばれた場合の休暇についてはP子の会社でも、少し話題になりました。毎度の事なんだけど上司に「考えといて」と依頼されココロの引き出しに入れっぱなしにしてました。
今月号を読みながら「特別休暇」にするか就業規則に「裁判に~」のくだりが合った様な気がする~~~と思いつつも今月も面白かったなぁ。何度も繰り返し読みたくななる漫画は名作だわ、と締めくくったのでした。
そろそろマジに就業規則を読み直し役員会に出せる様な立派な文章を作らねば
2008/05/07(Wed) 23:04 | URL | P子 | 【編集
そうか、事前に面接もあるのね。
すごい偏った奴ばっか、とか、仕切りや+流されやす~いその他大勢とかになったら、恐ろしいよな・・・と心配していたのよ(←そこに放り込まれる、ただ一人冷静中立な自分を想像する辺りがずうずうしい)。

ー守秘義務があるから作品にはできないよな
あらっそれはKさんにとってはやる気激減だわね。というかネタにしたい葛藤で却ってつらすぎるかもね。

2008/05/07(Wed) 23:27 | URL | oha~ | 【編集
「そこをなんとか」のお話だったのでまたまた出てきてしまいました。
メロディは購入していないのですが、2巻が出るのを楽しみにしたいと思います。

私はアメリカ在住なのですが、こちらでは「Jury Duty」休日というのを会社が保障しなくてはならないことになっています。
その間は特別有給扱いです。多分法律で決まっているのではないかと思いますが、少なくとも私が過去勤めた3つの会社ではそうでした。

日本もそうしてもらえないと、仕事をしている人は大変ですよね。

ちなみに私はこちらでは
・市民でない
・英語が不自由
という理由で、辞退できます。
(市民でないのに、運転免許証を持っていると選択されてしまって、召集がかかることがあるのです。)

もしY岡さんのご参考になれば幸いです。
2008/05/07(Wed) 23:28 | URL | さちこ | 【編集
>今月号を読みながら「特別休暇」にするか

もう来年だしね、弊社でも就業規則改訂とかそろそろ動き出してもいいと思うんだけど、そこら辺の話はきかないなあ。傷病積立休暇(2年以上繰り越せない有給休暇を、傷病の場合に限り繰り越せる)とかリフレッシュ休暇(入社10年目20年目30年目社員が5日単位で有給休暇とは別に取得できる特別休暇)と似たような新しい休暇を作るのか、あるいは特別休暇(慶弔時等)扱いにするのかとかY岡さんは言ってたなあ。
2008/05/08(Thu) 06:50 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
>そうか、事前に面接もあるのね。

思想的政治信条的に偏った人を除いたり、あるいは全体のバランス(性別、年齢層、職業とか??)も考えて最終的なメンバーを決定するんじゃなかったかなあ。

>そこに放り込まれる、ただ一人冷静中立な自分を想像する辺りがずうずうしい

心の中では自分がヘンリー・フォンダ?

>というかネタにしたい葛藤で却ってつらすぎるかもね。

お医者さんのエッセイとかでは、現実の診療例とは内容を変えて出してます、みたいな注釈が入っているから、そんな感じで描いちゃうとか?(描く気満々か?)
2008/05/08(Thu) 06:54 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
>その間は特別有給扱いです。多分法律で決まっているのではないかと思います

そういや日本の法律ではどうなっているんだったっけな? 余程の事情がない限り裁判員は拒否できないとか、守秘義務を破ったら罰金をとられるという話は読んだから、多分色々もう決まっているんだろうけどなあ。

>私はこちらでは
>・市民でない
>・英語が不自由
>という理由で、辞退できます。

日本だと外国人登録しているだけの日本国籍を持たない人は、裁判員に選ばれること自体なさそうな気がしますねぇ。

>もしY岡さんのご参考になれば幸いです。

ふふ、Y岡さんは今、ベースアップの資料作りでアップアップいっているので(私はそのデータのチェックをたのまれているが)、もう裁判員制度のことも忘れているだろうなあ。
2008/05/08(Thu) 07:03 | URL | tsumire→さちこさん | 【編集
本屋さんでうろ覚えのまま「そこんとこよろしく」ってマンガ本なんですけど~、ってやっちまいました。検索しても出てくるはずもなく、結局ケータイでKさんから題名を教えてもらいました。久々にKさんのお声が聞けたのは良かったんですが…。やっぱり在庫はなく、注文になりました。Kさん推薦の本はいつもI市にはないんだよな~。

裁判員制度は市民が参加することで、より司法を身近に感じることができていいんだろうけど、自分のこととなると、わたしごときが他人を正しく裁くことができるんだろうか、という不安がどうしてもあるから、やっぱり気が引けるな。ちゃんとした情報が提出されているんだろうか、とか疑問に思っちゃうタイプの人間だし。
参加するための時間の算段とかよりもそっちのほうが気になるよ。

2008/05/10(Sat) 23:50 | URL | tarako | 【編集
いやあ、「そこんとこよろしく」には笑いました。なんか体育会系っぽくない? 

>Kさん推薦の本はいつもI市にはないんだよな~。

いや、私が推薦するしないに関わらず、探している本と言うものは大体みつからないもんだし(え?)、大体ね、今って20年前よりも本の発行部数が何倍だかになっていてさらに本が探しにくくなっているんだってー。だから探すの面倒くさくなって結局Amazonになっちゃったりするのね。

>ちゃんとした情報が提出されているんだろうか、とか疑問に思っちゃう

まあ、現時点で判明している事実は提供されるんじゃないの? 分かってない事実は提供しようがないし、検察が隠したりはしないでしょ。これからは取り調べに少しずつビデオ録画も導入されるようになるみたいだしね。
2008/05/11(Sun) 23:02 | URL | tsumire→tarakoさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック