ハチワンダイバー 第1回(5月3日)、第3回(5月17日)。あの「SP」、「ロスタイムライフ」の次の番組として予備知識はまったくないもののそれなりに期待していたのだが、録画した第1回を見る時間もないまま1週間が過ぎ、こりゃこのドラマとは縁がなかったのかもなと思い第2回は録画せずにぐーすか寝入ってしまいました。翌日、たまたま夜中に第2回目をはじめて見た家人が面白かったと絶賛するので第1回目を見て見たのだが。

将棋のことは全くわからないのだが、そして主人公・菅田健太郎(溝端淳平)とそのパートナー?アキバの受け師・そよ(仲里依紗)が超地味で私にはあまり魅力的には見えなかったが、でもドラマ自体は面白かったよ~。もう超バカバカしくて漫画みてえ。って、よくよく見て見たら原作は第12回手塚治虫文化賞にもノミネートされた漫画作品だったよ(3月13日「第12回手塚治虫文化賞作品ノミネート」)。これまた原作漫画の方は読んでないけど。

将棋のプロになるには年齢制限があるために(ある一定の年齢になるまでに一定の段位を取得していなければならない)制限年齢をオーバーするとプロになれない、だから将棋一筋に生きてきたのに健太郎はプロになれない(かも?)なんて家人の説明を聞かなきゃわかんなかったよ。なんで年齢制限があるんだ? 才能があるなら関係ないだろうに小さい頃から将棋の英才教育を受けたものだけしかプロになれないなんて変な世界だよなあとか、素人の私なんぞは思ってしまうのだが。まあ、それはともかく、将棋のことなんか微塵もわからない私でも将棋のコマがどううごいてどうなのかなんぞ関係なく、勝負することの面白さ、戦いの躍動感、そして極端なそれぞれのキャラやバカバカしいまでに大げさな演出が実に楽しいドラマだ。

また、出演者が濃い濃い。健太郎の師匠が小日向さん、ヤクザのコンビにお笑いのサンドウィッチマン(これがまたうまい)、見てないけど2回目の対戦相手は姜暢雄、3回目の相手が大杉漣、次回が劇団ひとりと言った案配なのだが、大杉漣も劇団ひとりも役を無茶苦茶作り込んでいるわ~。でももしかして原作がこうなのかなあ。多分かなり原作をそのままドラマ化している部分もあるんじゃないかと思うが、だとしてもこれはドラマとしても独立して結構面白い。いやあ、これは次回が楽しみだ。
関連記事
テーマ:ドラマ感想
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
えええーーっっ!小日向さんに漣さんーーっっ!!
ノーチェックだったよー。あそこの枠はSPといい、ロスタイムライフといい、要チェックだったのにぃ。・・・・・・・・・・ま、フジテレビのことだから、すぐに再放送して、映画化だろ。慌てず四回目から見ることにしまーす。
2008/05/21(Wed) 18:32 | URL | suika | 【編集
>ま、フジテレビのことだから、すぐに再放送して、映画化だろ。

そうなんだよなあ、フジテレビだからな。ちょっとこちらがスキを見せたら(え?)、骨の髄までしゃぶり尽くそうとする魂胆が見えちゃうのがヤだよな。でもまあ、それは置いておいて、このドラマは深夜枠だし、期待せずに見てバカバカしさを楽しめばいいドラマですぜ、奥様。
2008/05/21(Wed) 21:28 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
原作も展開が相当とろいけど
結構面白いです。私は将棋なんて全然興味なしなのでなんとかジャンプで初めて見たとき「またつまんなそうなのが始まったなあ」と読み飛ばしてました。
途中から暇つぶしに読んだら、あまりのくだらない勢いに圧倒されました。
面白い!ドラマのそよちゃんの胸をかけた将棋もあのままでした。ていうか、そよ役似すぎです。
もう少しテンポのいい展開だといいんですが噂によるとこういう作風だとかで。
うーん。2週ぐらい読めなくても全然進んでいないので助かるようななんか違うような、そんな(無)展開っぷりです。
2008/05/21(Wed) 23:37 | URL | ともぞう | 【編集
えええーーーーチェックしていなかったんですか?
この時間枠は必ずチェックしています。今回も当たりで良かった。小日向さんはほぼレギュラーで蓮さんはゲストみたいです。
サンドウィッチマン、上手いよね。最初気が付きませんでした。人相も違って見えるくらい作り込んでいますね。最近のお笑いの人は元々役者志望の人が多いみたいだから上手いのもうなづけます。
2008/05/21(Wed) 23:39 | URL | P子 | 【編集
原作はまだ読んでないけど、あの絵柄がちょっとつらいかなあ?という気がしてたんですよねぇ。しかも今更メイドキャラを出してくるあたりもハズシを狙っているのか、ただ単にズレているのか、もっと単純に流行っているものを取り入れたらいいじゃんと思っているのかも判らなくてどんなもんかなあとか思っていたんだけど。うーむ。しかも圧倒されるくだらなさか。微妙だ……。漫画喫茶にでも行って一度読んでみようかなあ。
2008/05/22(Thu) 06:46 | URL | tsumire→ともぞうさん | 【編集
この深夜枠、前回前々回に続いてヒットですよね。第2回目を見逃したのが惜しいけど。主人公達には全く興味がないけど、今後ともゲストが特に楽しみです。

>人相も違って見えるくらい作り込んでいますね。

大杉漣といい今度の劇団ひとりといい、みんなやりすぎなくらいの役作りぶりだけど、そこがまた面白いからねぇ。
2008/05/22(Thu) 07:04 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
うちの娘が…
この主人公、菅田健太郎役の溝端淳平君ですが、イケメンパラダイスで娘がはまっていた子です。その他大勢の役どころだったのに、この番組で主役となり、自分の見る目をそーとー自慢しとります。ちなみに彼は平成生まれだそうです。「ダイブ!」とか言うのは変身モノかよ、と思ってしまいますが、やはり周りの役者が面白いのでつい見てしまいますね。この時間帯はかなりイイカンジです。
2008/05/22(Thu) 20:30 | URL | tarako | 【編集
>溝端淳平君ですが、イケメンパラダイスで娘がはまっていた子です。

イケメンパラダイス……。うちも子どもがハマってみていたけど、全然印象にないなあ。確かにお嬢様、先見の明があるかもよ。

それにしてもその他大勢の若手役者さんの中から目を付けてた人がぐんぐん伸びて行くのを見る楽しみっつーのも、若い人ならではの楽しみだよね。私なんかはなから脇目当てだもんなあ。
2008/05/26(Mon) 07:00 | URL | tsumire→tarakoさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック