えええええええええーーーーーーー!!!

 ・作家の氷室冴子さん死去(時事通信)
 ・「なんて素敵にジャパネスク」 作家の氷室冴子さん死去(朝日新聞)

一体なんで最近作品を書いてないんだろうとずっと疑問に思っていて、たまにコバルトをチェックしたり、Amazonで新刊が出てないのかチェックしてたり、どこかに消息が載っていないのかGoogleで検索したりしてたのだが、まさか闘病生活を送ってらしたとは。どこかのエッセイで、別の作家さんと仕事が来なくなったらどうしようって教員免許とか持っている資格をお互い指折り数えてみたなんて文章を書いていたから、もし小説を書かなくなっているんだとしても、どこかでひっそりと小学校教師なんかをやってたりして、とか思っていたのだが。

氷室冴子はもちろん「なんて素敵にジャパネスク」や「銀の海 金の大地」のような小説も面白いけど、「いっぱしの女」とか「冴子の東京物語」とかのエッセイがこれまた面白いので、読んでおけ(←誰に言っているのか?)。特に「冴子の母娘草」はおすすめだ。これは母と戦う自立した女性の戦いの記録で、経験者ならもう泣けてきちゃうね(もちろん中身は泣かせが入っているようなものではなく、大笑いできるエッセイなのだが)。他のエッセイも普通におもしろいが、東京暮らしをしている北海道人ならなおのこと納得できるポイント多し。

あと、「銀の海 金の大地」は確か10巻目で第1部完とかなっていたんじゃなかっただろうか。続きとかそのうち書くんだろうなあとか思っていたのに。あ、そうそう、氷室冴子原作の「ライジング! 」も絶対オススメだ。宝塚をモデルにした舞台で女優をめざす女性の物語、とかかくとすごくつまらないのだが、ただ単に普通に舞台女優とかテレビタレントとかを目指すのとは訳が違う宝塚ならではの厳しい掟とか、主人公の栄光と挫折と這い上がるまでの苦闘とか(少女マンガだからそこのところはもちろんソフトにだが)描かれていて読み応えがあってよろしいですよ。未読の方は、是非この機会に漫画喫茶とかで読んで見て見て下さいよ。

まだ51歳なのに、早すぎる。

ご冥福をお祈りいたします。
関連記事
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
コメント
>読んでおけ(←誰に言っているのか?)
ラジャー(^-^)ゞ
氷室冴子といえば「なんて素敵にジャパネスク」しか思い浮かばなかったけど(しかも読んだこと無い)、エッセイがおもしろそうだね。確かに51歳は早いよね、と我々は思うけど、20代の人には「へぇぇ~」くらいの感覚か。最近、東野圭吾の「あの頃ぼくらはアホでした」というエッセイを読み始めたんだけど、この人、うちらと同い年なんだね。生まれたところは違っても、アホっぷりは全国共通なんだなぁと、小、中学生の頃思い出し、懐かしく読んでおります。
原稿、どう?(←時候の挨拶)

2008/06/07(Sat) 11:27 | URL | suika | 【編集
>読んでおけ(誰に言っているのか?)
「冴子の親子草」は読んだ記憶があります。細かいところは覚えていないのですが、大笑いした記憶だけは残っています。

随分前から活躍していた人だからもっと年上の人だと思っていました。若過ぎます。

合掌
2008/06/07(Sat) 20:23 | URL | P子 | 【編集
>20代の人には「へぇぇ~」くらいの感覚か。

えーー。そりゃわしらが若い頃なら50過ぎだとかなりの爺婆感があったけど、今の50すぎはあまり爺婆感がないように思うなあ(って、自分がそう思いたいだけか)。

>原稿、どう?(←時候の挨拶)

ふ……、もちろん順調だぜ、脳内でな!(←だめじゃん)。
2008/06/08(Sun) 21:51 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>随分前から活躍していた人だから

大学時代にデビューした人だから、随昔から名前は聞いていたような気はするよね。活動のなかったこの10年はやっぱり闘病生活をしてたのかなあ。

昨日の夜ぼんやりと新聞を読んでいたら、いきなり訃報記事が目に入ってきて、自分が思っていたよりもはるかにショックが大きかったことに、自分で驚いちゃってたよ。惜しい人を亡くしたなあ。
2008/06/08(Sun) 22:00 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック