わたし、オタリーナですが。昨日、何気なく本屋で手にとってしまった本「わたし、オタリーナですが。」(吉川景都、マガジンハウス、1,260円)は女オタクの日常を描いたエッセイコミックだ。紹介には「恋にも、おしゃれにも興味を示し、一見、ごく普通女子。ただ、救いがたいほどオタクである。類語は腐女子。男子の話題が、ガンダムやスラダンであったとき……、「語りたい! だが一度語り始めたら最後、リミッターが外れる→男子がドン引く」ことを恐れて、人知れず葛藤している女性の方、いませんか? 作者の吉川景都もかつてはその一人でした。オタバレしないようにひっそりと、棲息してきました。でもまあ、この本が出ちゃったら、もう、開き直るしかありません。とはいえ、オタバレした今も「基本姿勢は、”すみません”」の、腰の低いオタリーナなんです。」とある。

でも読んでみるとオタク描写は結構面白いし、非常に限られた範囲で深かったり濃かったりするけど、でも「救いがたい」オタクじゃあないよなあ、と思ってしまう私の方が、もしかして救いがたいのか?? 好きなものに対しての愛が深いだけで、それが人間相手かそれ以外かっつーだけのことだから(←非常に大きな差異であるようにも思えるが、それはこの際置いておく)別にいいんじゃないのか? 何に対してであれ愛情を持てるっつーことはすんばらしいことだよね。会社で同僚の若い身内の話なんぞ聞くと、好きなものも目標も何もなく「毎日退屈でしょうがない」「何をやっていいのかわからない」とかつぶやいているというのを聞くとなおのこと、オタクの人生って充実してるよなとかも思うが。作者も「何にでも感情移入してモエられて楽しめるのはものすごい平和な脳だと思います」と描いているしね(この次に書いてある文章は「フランスパンとメロンパンならフランスパンが攻めだよね」である)。

ところでこの本では作者の隠れオタクだった過去もあれこれ描かれているのだが、ふと自分を振り返ってみると、私の場合、隠れていたことがいまだかつて一度もなかったなあ(やはり私の方が救いがたいのか?)。別に隠れる必要のない種類のオタクだったからというのが一番の理由であるけど(あとテンションが低めのオタクだったから、というのもあるかも)、まあ後ろめたいものを読んだり描いたりしていたとしてもやっぱり隠れてはいないんじゃないかなあ。変な気を回すのも面倒くさいし(←そういう問題か?)。……もしかするとただ単に自分の行動のイタさに無自覚だった、という可能性も否定はできないが。

それにしても作者が印刷所で(オフセット印刷の)同人誌を作ったのが中三かあ……。私が中二で「科学忍者隊ガッチャマン」にハマったころって、ド田舎だったせいか普通のコピーすらすんごっくお値段がお高くて、知人から借りた原画のコピーをこれまたコピーさせていただいた時も青焼きコピーだったよなあとか(コンビニなんか日本のどこにもなかった時代だよ……)、中学の授業の一環でやっていたクラブ活動で確か漫画部みたいな部を選択していたのだが、その部で出した発表誌みたいな本に描いたイラストがもしかして私の同人誌生活のスタートになっていたのか?とか、高校に入ってから入会していたファンクラブの会報も結構な会員数がいたのにコピー誌だったっけなあ、あれってもしかして輪転機印刷だったっけ? とか、自分のオタクな過去が色々と走馬灯でしたよ……。まあ、もう30年も昔のことだが(遠い目)。

さて、なかなか楽しく読めたのだが(←エラソー)、いかんせんごく普通の人にはもちろん、「漫画は結構読んでいる方だよ」という人でも、わけわかんねーと思われるようなオタク用語が満載なので、残念ながらそう簡単にはオススメできないかもなー。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
>別に隠れる必要のない種類のオタクだったからというのが一番の理由であるけど
南部博士萌え!でも?
>何に対してであれ愛情を持てるっつーことはすんばらしいことだよね
おおっ、さすがコミケの妖怪、オタクの大先輩!理解が深い!わたしなんか携帯の待ち受けとパソコンの壁紙にゲームキャラの画像を設定しただけで、家族にあきれられてるのに。(でも今は理解してくれて応援してくれてます。←ゲイのカミングアウトか?)


2008/06/11(Wed) 23:50 | URL | suika | 【編集
>南部博士萌え!でも?

もちろん!(と、胸を張る)。ここでジョー×南部博士とか南部博士×ケン、とかやっちゃってるとちょっと表に出られないかもしれんが。でも私の場合、何も考えずに簡単にリバーシブルにしている時点で腐女子の資格ねーなあ。

>わたしなんか携帯の待ち受けとパソコンの壁紙にゲームキャラの画像を設定しただけで、家族にあきれられてるのに。

えーー、そんなソフトなオタクぶりでも世間一般的にはダメなの!? でもやるなら最低でも「あきれられる」くらいのレベルでやらなきゃね(え?)。
2008/06/16(Mon) 06:55 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック