西洋骨董洋菓子店今日は用事があったので会社を午後休んだのだが、用事の方がさっさと片付いたので夏コミ原稿を描こうと、漫画喫茶に入った訳ですよ。自宅で原稿を描くとどうしても雑用を片付けたりたまっているドラマの録画の方を見ちゃったりして全然進まないからな。で、今日は無茶苦茶蒸し暑くて汗だくになっていたので、とりあえずまず汗がひくまでちょいと読もうと思い、レジ前の陳列棚に置いてあった「西洋骨董洋菓子店 第1巻」(よしながふみ、新書館)を手にとってブースに腰を下ろしたんですよ。そのまますぐに原稿を描くと汗で原稿用紙がヘナヘナになっちゃうからね。

「西洋骨董洋菓子店」は完全なBLじゃなくてその気はあるもののごく普通に面白く読める作品であること、またテレビドラマ化されたものは見ていたのでケーキ屋で働くそれぞれに過去がある男たちの物語である、という知識はあったものの、なんとはなしに今まで読まないでいた作品だったのだ。いつか機会があれば読もうとは思っていたものの、なかなかその機会がなくなんとはなしに流していたのだが……いやあ、面白かったよ! メインの登場人物達のキャラの立ちっぷりが見事だし、その他の脇のキャラでさえも存在感があってナイス。掛け合い漫才のような人間関係も、合間合間に描かれるそれぞれの過去の描かれ方も見事だし、何よりも読んでいて楽しい。

全4巻のうち3巻までがコメディータッチで進むのだが、最終巻である第4巻からはサスペンスタッチな描写も入って一気に読んでしまう。しかしこの最終巻で描かれることはすべて、3巻までにちゃんとその種がまかれてきたことばかりなので、最後まで読むとジグゾーパズルのピースがぴたりとハマって完成したような満足感と言うか納得感があるのだ。また、物語も単純に問題が解決して終わりではなく、生き続けていく限り抱えていかなきゃならない事とつかず離れずつきあってゆくそれぞれの登場人物達の不器用さがまたいいですよ。うーむ。

よしながふみの作品に「フラワー・オブ・ライフ」という青春コメディ??があるが、この作品も3巻までは能天気な青春コメディ(もちろんよしながふみだからそんな単純な代物ではないのでが)タッチで進むのだが、最終巻の第4巻で大どんでん返しがあり、「フラワー・オブ・ライフ」(作品中では「若い盛り」と言う訳が出て来るが、まあ「青春時代」っつーことか?)というタイトルに込められた明るく光り輝く、けれども後から振り返ると物哀しい響きもある言葉、そして主人公・春太郎の密かな決意がかれるラストが静かで美しいのだが。でもその原点がこの作品(「西洋骨董洋菓子店」)にあったのだというのがよく判る。いやあ、面白うございました。

しかしなんだ、1巻だけ読むつもりが結局4巻目まで読んじまって、原稿は全く描けなかったよ、ママン……。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
なに試験前のうちの娘みたいな事やってんねん!キミキミ~!

よしながふみでちゃんと読んだの、この漫画だけだけど、キャラが4人ともいいよね。魔性のゲイというわりにすごい美形じゃないのもいいし、あのパティシエ。ケーキがおいしそうで、食べたくなるのが困ったけどさ。
今、職場でみつけて「あの人とここだけのおしゃべり」って本をちょうど借りてきてる。三浦しをんや萩尾望都との対談をまとめた物だけど、これ読むと よしながふみって話もうまくて、気配りもできる、かなり社会性のあるオタクのようだね。ただBLの話は読んでないのでさっぱり分からなかったが。萩尾望都との話の中で、全寮制ものより刑務所ものの方が好き、未来がないから・・みたいな事言ってて、やっぱ変な人かも?と思ったけどさ。

それにしても、他人の漫画読んでる余裕はなくてよ、奥様!
2008/07/16(Wed) 23:06 | URL | oha~ | 【編集
>魔性のゲイというわりにすごい美形じゃないのもいいし

そうそう、そっちの世界の人にはうけるだろうなというレベルのイケメンぶりでね。他の連中もすごいところがあるのにそれを打ち消すようなすごくなさぶりがまたいいしねぇ。

>「あの人とここだけのおしゃべり」って本をちょうど借りてきてる。

よしながふみは非常に昔っぽい気風の人だよね。まあ、本人も24年組の継承者とか(昔ながらの)フェミニズムの啓蒙者というのを自覚していてそれを公言しているけどさ。ストーリーテラーか、というとそういう訳じゃなくて(24年組はどちらかといえばストーリーテラーが多いもんね)、キャラで強引に話を進めていくタイプだろうなあとは思うけど。

>、全寮制ものより刑務所ものの方が好き、未来がないから・・みたいな事言ってて、やっぱ変な人かも?と思ったけどさ。

まあ、例えば今連載中の「大奥」なんかは同僚のM様によれば吉屋信子の「徳川の夫人たち」をベースにして描いているらしいし、本人もすでにあるもの(歴史)を加工して描いているだけだとか言っているみたいに、限定される状況や閉塞感が好きなのかもね。全寮制だと全員が同時に一定の期間過ごすだけの場所だからあんまり限定されないもんね。

>それにしても、他人の漫画読んでる余裕はなくてよ、奥様!

そうなの。全48ページなのに、下書きが3ページしか書いてなくて激ヤバです!(絶叫)。
2008/07/17(Thu) 07:01 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
私も最近やっとコミックス読んだよ。
ドラマのキャスティングすごくぴったりだよね~!
で、ドラマ見てなかったんで、最近レンタルして見始めたさ~
小雪の役はいらないと思ったけどね~
最後の2話がまだ見てない・・・
フジッキーには魔性のゲイの役に挑戦してほしかったんだけどなぁ・・・
やっぱりTV的にそこまで開けてはいないのかねぇ・・
2008/07/17(Thu) 09:57 | URL | きこり | 【編集
>ドラマのキャスティングすごくぴったりだよね~!

ふふ……、私はねー、フジッキーと阿部ちゃんはOK、タッキーもとりあえずよしとするけど、椎名桔平はどうかなあ、という気がするんだけど。阿部ちゃんが橘役でもいいんじゃないかっていう気もするし。そうすると千早役は佐々木蔵之介とか要潤とかどうかなあとか、よっちゃん(岡田義徳)や山本耕史の背が高ければよかったのにとか、フランス人の元彼役に北村一輝様とかいいんじゃないかとか、色々妄想が膨らむね。

>やっぱりTV的にそこまで開けてはいないのかねぇ・・

TV的にはそこまでする必要性がないのかもね。よしながふみも、今この作品を描いたらもしかして魔性のゲイにはしなくてもOKかもしれないしね。
2008/07/17(Thu) 11:08 | URL | tsumire→きこりさん | 【編集
P子も調度最近読み直していたところです。
改めて話作りの上手い人だなぁ~~~と感心していたところです。ケーキの解説ももっともらしく美味しそうで思わずケーキとプリンをぽちっとな、してしまいました。(美味しかった)

>1巻だけ読むつもりが結局4巻目まで読んじまって、原稿は全く描けなかったよ、
この漫画を途中で読むのを止める事が出来る人なんているかしら?
2008/07/17(Thu) 22:06 | URL | P子 | 【編集
>P子も調度最近読み直していたところです。

ということはもしかしてアニメもチェック済み?

この物語は他の作品よりも特に物語作りの緻密さを感じるよね。

>この漫画を途中で読むのを止める事が出来る人なんているかしら?

同僚のM様に原稿が全然描けなかったことを報告したらやっぱり同じことを言われたよん。「この漫画を1巻だけで済まそうだなんて、見通しが甘いです!」って。とほほ。
2008/07/18(Fri) 06:44 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック