時をかける少女私は映画をテレビでは見ない主義なのだが、今日は子どもが見て見たいと言うのでフジテレビで放映していた「時をかける少女」をつい見てしまいました。話は筒井康隆の原作をベースにして入るものの、舞台を現代にし、主人公も全然違うという程度の知識しかなく(そしてもちろん原作は30年以上前に読了済み)、そして評判はとにかく非常に高いということだけは知っていたのだが。

いやあ、原作の見事な換骨奪胎ぶりに脱帽だよ。現代物へのアレンジぶりが見事。そして青春ドラマとして楽しく見ることができる映画だったよ。ま、もちろん私にとって「時をかける少女」と言えば、NHK少年ドラマシリーズの「タイム・トラベラー」(1972年)で、芳山和子は島田淳子、深町一夫(ケン・ソゴル)は木下清だがな!
しかしなんだな、この映画の中では主人公・紺野真琴の伯母としてその後の芳山和子が出てくるのだが、30代ぐらいになってもずっとケン・ソゴルを待ち続けていた、というのがなんとも物悲しい。大林宣彦監督版の「時かけ」では最後に二人がすれ違って再会するシーンがあり、希望が持てるラストではあるものの、その程度の時間差しかないのかい? その程度のわずかな未来にタイムトラベルが出来る薬が発明されちゃってんのかい?? などと突っ込んでしまったのを思い出す。

このアニメの中では最後に未来人である千昭が「未来で会おう」と言って去ってゆくので、一瞬、あんた一体どのくらい先の未来からやってきたのよ、とか思ったものの、これは直接的に未来で再会しようという意味じゃあないのね。多分、真琴が千昭のために焼失しないように未来に残るように手を尽くすことになる「絵」を通じて再会しようということだよね、きっと。これはこれで美しいラストだよなあ。ま、色々納得はできないけれど。

過去の人間にタイムリープのことをしゃべっちゃいけないという程度の「規則」があるなら、なんで過去の人間に「好きだ」とか告白しちゃうのかなーとか。タイムリープ可能回数が残り1回になってもこの時代が名残惜しいと思ったんだったら、さっさと未来に戻ってもう1回来直したら?とか。時間を止める能力はまた別口なのか?とか。

でもまあ、話は原作とかなり変えてあるものの、原作と同様の読後感のようなものがいいですよ。やっぱり映画館で見ておけばよかったかなあとちょいと思いました。テレビで見ると、CMが入るだけでなく、余計な情報まで色々入ってきちゃうもんね。別にいいよ、「ハチワンダイバー」の告知は。
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
アニメの「時かけ」は前回TVで放映されたとき見ました。わたしにとってもやっぱりNHKの「タイムトラベラー」が原点で、その後に本を読んだ気がします。当時、ラベンダーなんて花も香りも知らなくて、憧れたものでした。(そんなこどもは絶対多かったはず!)/アニメは青春ものとしてすごく出来がいいな、と思いました。1枚の絵をめぐっての物語としてもステキ!と思っちゃうわたしは単細胞でしょうか?原田知世の映画は歌がすご~くへたくそでぶっ飛んだ思い出があるだけ。全然感心しなかったから、あれに比べたらかなりGU~です。
ところでTVのご当地クイズでやっていたのですが、北海道民にとって「かにかま」は「アラスカ」というネーミングで浸透しているとか。都民歴が長いKさんにとってもやっぱりそうなんですか?
2008/07/22(Tue) 13:11 | URL | tarako | 【編集
アニメ版は青春物としても佳作だと思うし、原作のラストで残る微かな寂寥感も結構あって、さらに「夏休みの終わり」感と重なって、なかなかいいよね。

>原田知世の映画は歌がすご~くへたくそでぶっ飛んだ思い出があるだけ。

あの時代は……結構平気ですごいオンチな歌手が沢山いたよね。能瀬慶子とか吹風ジュンとか浅田美代子とか。今ならガッキー(新垣結衣)が音痴横綱、、、と思っていたけどこの間聞いたら大分普通になっていてビックリだよ。

>北海道民にとって「かにかま」は「アラスカ」というネーミングで浸透しているとか。

アラスカだけでなく、他にも固有名詞が普通名詞化しているブツが色々あったよ。でも「アラスカ」だったっけなあ?? たしか「オホーツク」っていうブツもあったような気が……。
2008/07/22(Tue) 16:44 | URL | tsumire→tarakoさん | 【編集
NHKドラマ「タイムトラベラー」のトラウマで「時をかける少女」系は避けてきました。
このアニメ版も未見ですが、出来は良いみたいなので次回の機会には見てみたいと思います。

2008/07/22(Tue) 21:30 | URL | P子 | 【編集
ト、トラウマ!? それは悪い思い出ということかしら。同じくNHK少年ドラマシリーズで放映した「11人いる!」が私にとってはトラウマになったみたいに? あるいはちょっと怖い感じの描写もあったりしたから、っつーことか?

>次回の機会には見てみたいと思います。

期待せずに見るのが吉。
2008/07/23(Wed) 11:39 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
時をかける少女 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
2008/07/20(Sun) 00:25:41 |  気になるキーワードでブログ検索!