赤んぼう少女先日、同人誌原稿も無事終了したのでやっとこれで今まで買うのさえも控えていた漫画を思い切り読める!と本屋に行ったのだが、そこで再刊された「赤んぼ少女」(楳図かずお、ビッグコミックススペシャル、1,000円)の帯を見てビックリ。

 ・映画「赤んぼ少女」公式ホームページ(表記が「赤んぼう少女」じゃなくて「赤んぼ少女」??)
 ・野口五郎、9年ぶり映画出演!楳図ホラー「赤んぼ少女」で復活(サンケイスポーツ)

私がこよなく愛する「赤んぼう少女」(2005年8月5日「「へび女 ビッグコミックススペシャル」楳図かずお」)が映画化ですってぇぇぇ!? じゃああのタマミちゃんは一体誰がやるのーーーーー!?(絶叫)。

出演者は水沢奈子、野口五郎、斎藤工、板尾創路、堀部圭亮、生田悦子、浅野温子他。うー、うーむ。浅野さん、こっちの世界に来ちゃったらもう普通の連ドラの世界には戻れないんじゃないの!? なお、「劇中で登場するタマミはCGを駆使して、原作以上に怖い赤ん坊を描き出している」とのことだが……生身の人間がやるのはむずかしいだろうが、CGかあぁぁぁ。タマミちゃんは本当はすごく可哀想な少女なんだがなあ。
関連記事
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
コメント
ええっ?!
タマミ&ヘビ少女って、私にしたらトラウマNo1漫画で、怖さの余り詳細を覚えてないんですが、気の毒な少女の話だったんですか?!
ちょっと読み返すかなあ………という気もおきないんだけど大人になって読んだらまた違うんだろうか。
ちなみに、赤んぼ少女は8月に入ってからCMを既に2,3回TVで観たのですがタマミがCG独特のスルスルしたなめらか動作で元気にはい回ってらっしゃいました(笑)あまり恐くはなかったような。
個人的にはポニョのぬいぐるみのほうが恐いかも
2008/08/11(Mon) 10:32 | URL | ともぞう | 【編集
>気の毒な少女の話だったんですか?!

実は私もしばらく読み返してないので詳細は忘れてしまっているんですが、子どもの頃には本当に怖くてトラウマになっていた作品だったのに、大人になってから読むと醜さのあまり親に愛されなかった哀しい少女のお話でもあって、
びっくりですよ。

>赤んぼ少女は8月に入ってからCMを既に2,3回TVで観たのですが

うわーー、いくらそういうシーズンとはいえ、子どものトラウマになるようなそんなCMを流していたとわ。

>個人的にはポニョのぬいぐるみのほうが恐いかも

まだポニョを見てないんですが……あれ、「かわいい」ことになっているみたいだけど、……怖いよねぇ!?
2008/08/11(Mon) 10:53 | URL | tsumire→ともぞうさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック