足跡の花火オリンピックかあ。子どもの頃はよく見ていたもんだったけど最近とんとごぶさた。東京オリンピックの時によく見ていたアニメがオリンピックのために放映されなくて本当につまらなかったとか、ミュンヘンオリンピックの時は確かタツノコプロがバレーアニメを製作していたんじゃなかったけ?とか、札幌冬季オリンピックの時にカラーテレビがあるのでうちに友達がわざわざ見に来たとか、そういう記憶はあるんだけど、元々スポーツには全く興味がないので最近は「あ、そういう季節?」「ドラマがつぶれちゃうな」的な印象しかない。

そんなわけで先週の北京オリンピックの開会式も子どもが見ていたのでなんとなく見始めてしまったのだが。いやーーーー、開会式中の各種セレモニーはちょっと長いなーという印象があったし、やっぱ中国は本当に中華思想の国だよなとか、人口12億(13億?)の国は人の使い方が違うよなとか思ったのだが、オープニングの一番最初の足跡の花火には感動しましたよ。足跡の形をした花火が次々と打ち上げられ、姿が見えない巨人が天安門から開会式会場である鳥の巣に向かってずんずんと近づいてくる、そして会場に「足」を踏み入れた瞬間オリンピックがはじまるという演出が本当に秀逸で、すんばらしかったですよ。ただ、あれを見ていた子どもが「これってCG?」と聞いてきたので、「えー、本物の花火でしょう?」とか言っていたのだが。でも実はテレビ画像分は本当にCGだったよ!!

 ・北京五輪開会式の「巨大な足跡」花火、実はCGによる合成だった。(ナリナリドットコム)
 ・巨人の足跡花火はCG映像 実際には打ち上げられず(よんななニュース)


ただし上記記事によると、YouTubeには地上で足跡の花火を見る北京市民の映像があり、「この映像を見る限り、「28発はCG」という映像効果チーム責任者の話と食い違いがあることから、世界に向けて中継で使用された映像にはCGを使い、その裏で「鳥の巣」の外にいる人たちが「地上から見る用」に、「巨大な足跡」の花火が打ち上げられていたのではないかと見られている」ということで、足跡の花火は一応打ち上げられてはいたようだ。あーーー、オリンピックにも花火にも全く興味がない私だが、この歩みを進める(目に見えない巨人の)足跡の花火は実際に見てみたかったも!
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
わたしもスポーツ中継には全然興味がないんだけど、メダルを取った気持ちのいい映像と、普段中継されないようなレアな競技は見ようかなと思ってる。(て、もうスケジュール的にはだいぶ進んでるけど)
とにかくお盆休みの間はクーラーとテレビがフル回転で、来月の電気代が恐い・・・・・・・・・・
2008/08/12(Tue) 14:47 | URL | suika | 【編集
普段中継されないようなレアな競技……? んー、何だろう、テコンドーとか水球とか馬術とか? もしかしてインディアカとかセパタクローとかカバディとかってオリンピック種目にあったっけ?ってチェックしちゃったよ。

>もうスケジュール的にはだいぶ進んでるけど

開会式がなかなかだったので閉会式もチャン・イーモウが監督をやるんだったらまた楽しみなんだけど、まあ閉会式ってだいたい地味だよね。

>来月の電気代が恐い

今年の夏はオリンピックがなくても電気代がすごいことになっているよ……(遠い目)(←考えないようにしている)。
2008/08/12(Tue) 17:14 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック