今朝、朝一で業務部のM田から電話がかかってきた。M田は高2と小3の子を持つ母親で、まぁまぁの漫画好き(参照:5月19日「邪道中の邪道」)だが、マニアの領域には入らないぐらいのレベルだ。先日は高2の娘がアニメーターになりたいとかアニメの声優の学校に行きたいと言っているんだけどどう思う?って聞いてきたので、アニメの専門学校に行かせるのはやめろ、絵が好きなら美大の方に行かせた方がつぶしがきくんじゃないのか? アニメ声優は60代70代の現役が頑張っている世界だから学校を卒業しても職がない可能性が高いかもよ、と言っていたのだが。

M田「あのさ、コミケなんだけど」
私「はい??」
M田「土曜日の(サークル)入場券が1枚余っているんだけど、いる?」
私「え!?」
私はM田とは漫画の話はしてもコミケの話は一度もしたことがないし、だいたい同人誌やサークルの話だって全くしたことがないのだ(別に隠してもいないが)。つまり開口一番、いきなりの「コミケなんだけど」。
M田「同じフロアの派遣の子が土曜日にサークル参加するんで1枚もらったんだけど、うちの娘がへタレでさー、去年は行ったんだけど今年は朝から行くのイヤだって行かないんだよね。それで1枚余っちゃって」
私「すっげーへタレじゃん。若いのに。土曜日ってアニメ系統だっけ?」
M田「アニメとかゲームとかだね」
私「まあ、私は(土曜日は)行かないけど行きそうなやつが一人いるから聞いておくよ」
M田「それってもしかしてMさん?」
同僚のM様はここでも何度も書いているが、同人誌即売会の時の力強い助っ人で、年季が入った腐女子だ(1月1日「コミックマーケット73に行ってきました。その2」)。
私「え!? なんでわかるの?」
M田「そりゃわかるわよ、あなたち2人ともそういう感じがぷんぷん臭いますよ」
私「えーーーーー!! 私、コミケは日曜日にサークルで参加するんだよね」
M田「Kさんってそんなことやっていたの!?」
私「30年ほどね。で、コミケの時はMさんが色々手伝ってくれているのよ」
M田「あら、知らなかったわ……」

私もM様もごく普通のOLにまぎれていたつもりだったのに、まだまだ修行がたりなかったのかぁ。不覚。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
>「30年ほどね。」
重いわー、奥様。ずっしりとのしかかってくる言葉だわ。何気に世間話してるつもりでも、オタク臭がプンプンだったのかもねぇ。普通いい年したおばちゃんからは、漂ってこない種類の匂いだからねぇ。(わたしみたいな腐りかけでも、周囲には清浄な空気しか流れてないから、臭いを漏らさないように注意してるもん。清浄つっても韓流臭はプンプンしてるんだけどさ)
ヘタレな娘さんの気持ち、分かるなぁ。朝早くから人にもまれて行進はきついッス。もっともその前に出不精を一時克服しなきゃならないんだけどさ。
2008/08/13(Wed) 13:28 | URL | suika | 【編集
>何気に世間話してるつもりでも、オタク臭がプンプンだったのかもねぇ。

でも向こうのアンテナも結構なものだったのかもね。あれからM田と話してみたら、どうやら大学時代はそーゆー感じの活動もしてたっていってたからなあ。

それにしてもひっそりと生きてきたつもりなのに、「色に出りけりわが恋は」状態だったとわ。うかつ。

>もっともその前に出不精を一時克服しなきゃならないんだけどさ。

だから、ほら、奥様、今度の日曜日がそのチャンスでございますよ、いらっしゃいましよ、有明に。
2008/08/13(Wed) 14:21 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック