崖の上のポニョ 2008/08/12 23:59:41さて、前々から見よう見ようと思っていたあの「崖の上のポニョ」を帯広でやっと観ることができましたよ。しかしなんだなー、東京では大ヒットしているらしいというのに、帯広のシネコンの観客は私を含めて10人もいなかったんじゃなかろうか。北海道じゃ今日から小学校が、明日から中学校の2学期が始まっちゃうからか?

この映画に関しては激しく番宣をやっていた期間に忙しすぎてあまり見ていなかったせいか、予備知識がほとんどないまま見ました。まあ、「宮崎駿のアヴァンギャルドな悪夢」(たけくまメモ)だけは見ていたのだが、あれは別にネタばれがなかったしね。で、私の見終わった後の一番の感想は

 絵本の世界のよう。宮崎駿は世界を力技で描写する天才だけど、やっぱり話は別にどうでもいいのかー。

っつーもんでしたよ。宮崎駿は異世界を作り上げる天才ではあるけど、決してストーリーテラーではない。というか、描き出した世界の力技だけで最後まで怒涛のように走り抜けるっつーか。「ハウルの動く城」なんか、結局どういう話だったのかわからずじまいだったし。あとは

・崖の上の家、危険すぎるだろ!
・リサさん、大嵐の日にまで子どもを置いて仕事をしなくても
・所ジョージさん、もう声優の仕事は引き受けないで
・あのラスト、その後どうなったのかが気になるじゃないかーーー!

とか。でも話がアレでもこのポニョ世界の美しさはやはり見てみてもいいかも。ただ、私がポニョがかわいいとはどうも思えないのは……
ポニョが半魚人だという感じの描写があった後にポニョがハムが好きでがっついて食べるというところで、つい「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」(東宝、1966年)を思い出してしまって、ポニョがかわいいとは思えなかったのよ。ポニョは実はずごく恐ろしい生き物だったんじゃないのか?(もちろん人間の姿のときのポニョはかわいかったけど、でもそれだけに海の世界の生き物の姿のときがなおさら怖いっつーか)。 「サンダ対ガイラ」はすごく好きな怪獣映画なのだが、海の奥深くで育ったガイラは非常に獰猛な性格で人を襲って食っちゃうというシーンがあり、それはそれは怖かったのよ。しかもどっちかっつーと心やさしいガイラとともに最後は2匹で海底火山の爆発にのまれて散ってゆくっつー悲しいラストが印象的で……って、ポニョとはまったく関係ない話だが。

あとはポニョの父親のフジモトが元は人間だったと言う場面で、この話が「人魚姫」を下敷きにしているのだとしたら、人魚姫が人間に恋して人間になったのとは逆に、人間の男が海の世界の生き物に恋をして海の世界の生き物(なんだ? 半魚人か?)になった(のではないか?)というのは、それはそれで結構新しい視点かもね、とか。

エンディングのクレジットロールではスタッフの名前も声優の名前もスポンサーの名前も、今までのほかの映画とは違って、すべて同じ大きさで同じような位置で並んでたなあ、これまた絵本的かも、とか。

一茂(宗介の父親役の声・長嶋一茂)のキャスティングにどうこいういう声もあったみたいだけど、とやかく言うほど出番はないじゃん、それよりもリサ(宗介の母親)の声をやった山口智子はほとんどテレビに出ないせいか、リサのキャラと声が結構フィットしててよかったかも、とか。

という非常に色々ビミョーな感想でございました。
関連記事
テーマ:崖の上のポニョ
ジャンル:映画
コメント
コミケ、お疲れ様でした。そして今は心身ともにたるみきってるわけね。「崖の上のポニョ」、歌は頭の中でしょっちゅうリフレインしてるんだけど、話の内容はほとんど知識無し。そんで奥様、八歳のときに怪獣映画を見てるわけね。わたしも実は小さいときに「ガメラ対バルゴン」を見てるんだけど、こちらは人間が欲につられて裏切りあいをしてたってことと、どっかのお城をかすめてガメラが飛んだってことしか覚えてなくて(あと、好物がダイヤモンド。世の中の女の代表か?)、幼少時のtsumireさんの記憶力には今更ながら感心するわ。「トトロ」のときの糸井重里もわたしはあまり好きになれなかったけど、見てるうちに慣れはした。所ジョージもそうなるかなぁ。まぁ映画館へ足を運ぶことはなさそう。
北海道はさぞかし涼しいんだろうねぇ。あまり快適に過してると、東京の残暑が堪えるかもよ。でもまぁここのところずっと忙しい日々を過していらっしゃったので、ここらで一服、のんびり休養してくださいませ。

P.S 奥様、メールを送らせていただきました。お戻りになられてからでも読んで下さいませ。
2008/08/21(Thu) 14:33 | URL | suika | 【編集
>わたしも実は小さいときに「ガメラ対バルゴン」を見てるんだけど

ガメラはどういうわけか正義の味方だからごく普通の悪い怪獣をやっつける話になっちゃうじゃない。でもね、「サンダ対ガイラ」は哀しい兄弟の、破滅に向かう物語なのよ。でもって幼心に超トラウマになっちゃうような食人シーンがあってさ……。

>見てるうちに慣れはした。所ジョージもそうなるかなぁ。

所ジョージは「トイストーリー」でも声優をやってるけど……もうそろそろいくらなんでも声優の仕事に慣れてほしいね。

>北海道はさぞかし涼しいんだろうねぇ。

奥様、北海道は「涼しい」んじゃなくて、「寒い」です!! こりゃ東京に戻ったらこれまたしばらく死んでるわ。
2008/08/21(Thu) 16:22 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
まだ見てなかった。てか、お金出して見るかどうかまだ微妙。しかし、おごってもらえる映画ではないかな、中年男子はご一緒してくださらないわね。

帯広にシネコンがあることに驚愕。
そっか、そうだったのか。
今度帰省したら行ってみます。
2008/08/22(Fri) 14:06 | URL | みどりーぬ | 【編集
>中年男子はご一緒してくださらないわね。

うーむ。ヲタク中年には異常に受けているか、異常に反感を買っているかどちらかみたいだけど……みろろちゃんはヲタク中年には縁がなかったわね。

>帯広にシネコンがあることに驚愕。

ふふふ。でも1か所の上映館で3回目くらいの上映が「ポケットモンスター」で4回目の上映が「ゲゲゲの鬼太郎」、5回目が「花より男子ファイナル」っつーラインナップだったりするので油断できなかったりするのよ。
2008/08/22(Fri) 16:47 | URL | tsumire→みどりーぬさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック