よく「無人島に本を1冊だけ持っていくとしたら?」という質問があるが、いつもなんで無人島なんだろうと思う。誰もいなけりゃ本でも読むしかないからか? ただぐーたら寝て過ごすという選択肢はないのか? サバイバルで本読んでいる場合じゃないだろというケースはこの際除外か? 今なら電気さえあるなら携帯を持っていけば本にもゲーム機にもオーディオプレイヤーにもテレビにもカメラにもメモ帳にも便せんにもなるから「1冊」という質問も意味なくなるなー、とか(あ、中継基地が無いと電話とwebとテレビとメールは使えないか)。

さて、今月は防災強化月間なので(9月15日「日比谷公園で僕と握手!」。結局日比谷公園の事なんかすっかり忘れていたアルツなKさん、49歳)、ちびちびと非常持ち出し袋の補充をしている。我が家の場合、オンボロマンションに住んでいるのでもしもの場合は近所の小学校で避難所生活確定、したがって避難所生活対応グッズを充実させていく方向でいる。アイマスクとかマスクとか耳栓とか、最低限の筆記具と同人誌用取材メモ帳や絵コンテ作成用のクロッキー帳とか(←おいっ)。

で、暇な時に読もうかと思って文庫本も1冊だけ入れてある。なんと、あの「星の王子さま」で有名なサン=テグジュペリの「夜間飛行」だ。読んでみようと思って100万年ほど前に買ったのだが、バタバタしている日常の中ではまったく読む気になれず放置しておいた本だ。まあ、置いておくだけでもきっと結構オサレだし(え??)。でも、きっと物思いに耽る時にはいいんじゃないだろうかと勝手に想像して入れてみた(アルツなKさんはあまり物思いには耽らないが)。Wikipediaによれば「サン=テグジュペリ自身の飛行機乗りの経験を活かしたリアリズムにあふれる作品。夜間飛行という危険きわまりない事業の中で浮き彫りにされる、人間の尊厳と勇気が主題になっている」だって。……本当に避難所でも読む気になれるのか、どうも自分が信じられない。きっと本も読まずに同人誌用の絵コンテ描いてたりするんじゃないのか。

うーむ、無人島に持っていく1冊よりも避難所に持っていく1冊のセレクトの方がむずかしいかも。
関連記事
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
コメント
まあ、「夜間飛行」とは意外な選択。私は100万年程前に読んだけど、あんまり面白かった記憶はないなぁ。
しかし無人島と避難所じゃ、選択が違うよな。
無人島なら「食べられる植物図鑑」とか「サバイバル本」だな。(←質問の意図が分かってない)
避難所だったら、買ったものの「ツンドク」状態の本を読むチャンス。あっ、Kさんの選択も同じか。
私なら「ゴーメンガースト」かな。BBCのドラマは面白かったけどね。
2008/09/30(Tue) 22:43 | URL | oha~ | 【編集
>誰もいなけりゃ本でも読むしかないからか?
誰にも邪魔されず本が読めるからかもよ。わたしは「ローマ人の物語XI」だなぁ。ここでぴたりと止まっちゃってるので。以降、積読状態。無人島にしろ避難所にしろ、料理系(全国の名物居酒屋や世界の屋台食べ歩き系)の持込は禁物だな。あとゲームも出来るんだったら、「上海」で時間をつぶしまくります。(贅沢だよねぇ)
それにしても、同人の恐ろしさを垣間見たような気がするわ。どんなことも「ネタ」にしてしまう根性は見上げたもんだね。(もちろんそれを本にするには更に上の根性がいるわけだけど)
2008/09/30(Tue) 23:52 | URL | suika | 【編集
まあ、避難所だと度々自宅に戻るチャンスはあるから積読読破のいいチャンスだよね。でも自宅一時帰宅したら避難所で読む本を物色するどころじゃないから、えっとー……(←真剣)。うちの場合小学校が避難所になるから、学校の図書室のまだ読んでない「名作文学」をがっつり読む機会もあるし……(←色々妄想中)。今さらだけどまだ読んでないから「指輪物語」も読んでみたいかも(図書室にあるし)。
2008/10/01(Wed) 16:46 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
>あとゲームも出来るんだったら、「上海」で時間をつぶしまくります。

阪神大震災時と今の違いは、携帯電話と携帯ゲーム機の普及具合とすると、避難所ではきっと充電用のコンセントが足りなくなるよなあ(←余計なお世話)。

>どんなことも「ネタ」にしてしまう根性は見上げたもんだね。

でもさー、阪神大震災後にやっぱり災害体験記ものの同人誌が出てたのよ。悲惨な状況は描かれてなかったせいかもしれないけど、結構面白いのがあったよー。
2008/10/01(Wed) 16:59 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
昔、読んだ岡崎二郎の漫画でタイトルはわすれましたが、確かこんな話。
核が落とされる前からシェルターに籠っても良い様に様々な本をシェルターに用意していたのに、いざ核が落とされると放射能が本の部屋に漏れていて入れなくなり彼の手元にあるのは1冊のみ。がっかりしたが何かの拍子に頭を打ち、その怪我が素で忘れ易くなりその本1冊で満足する。
という内容のものでした。
これがP子だったら頭を打たなくても百科事典1冊で満足しそうな気がします。
2008/10/02(Thu) 22:33 | URL | P子 | 【編集
結局なければないでどうにかなるのかもね(っつーか、実際にはそれどころじゃないっていうか)。

でも、本を読む事を忘れるような生活や、読めないような生活がずっと続くとそれはそれでやっぱりつらいもんね。活字中毒者だから、というだけではなく、本は日常の中の異世界への扉でもあるからさー、そういうのが一瞬でもあった方がいいよなあ。
2008/10/02(Thu) 22:46 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック