流星の絆 第1回(10月17日、22時、TBS)。今期一番の期待ドラマながらも脚本がクドカンと言うところで、微妙なところもあったのだが(私の場合、どうもクドカンのコメディとは相性が悪い)、なかなか楽しめました。きっと原作はもっとシリアスなドラマなんだろうなあとは思うけど、ドラマの方ではシリアスな場面もコミカルな場面もそれぞれが浮くことはなく、結構いい塩梅(でも多分原作ファンには評判よくないのでは)。

先日、「風のガーデン」(フジテレビ)の第1回目を最初の10分だけ見たのだが(その後子どもに宿題のことで色々聞かれて結局見られなかった)、さすが倉本聰、わずかの時間のわずかな台詞から登場人物たちのポジションや性格までちゃんとわかるようになってて、やっぱりすごいなーとしみじみ感心したのだが、クドカンはクドカンで、キャラからがっつり作っていってドラマを見せるんだなーとこれまた感心いたしました。多分原作のテイストからは大幅に外れているんだろうけど、「カナダからの手紙」編なんかは、バカバカしくて楽しめたし。

原作を読んでないからこれからどういう展開になるのかまったくわからないけど、今回ハヤシライス調査員の要潤ってレギュラーなのか? 今後主人公達(功一役・二宮和也、泰輔役・錦戸亮、静奈役・戸田恵梨香)の復讐計画にからんでくるのかしら(もしかして予定外の被害者役とか?)養護施設?の園長先生(林譲二役・尾美としのり)がなぜカレー店を経営しているのか?  「大人になったら、犯人捜してさ、3人でぶっ殺そうな」というニノの台詞の後に描かれる物に原作者・東野圭吾らしさが現れるような気がするのだが、大きな山を越えた後のこの3人(もしかしてラストまでには数が減っているのかもしれないけど)をクドカンがどう描くのか、そこのところが楽しみ、かも。

ところで3兄妹の両親(りょう、寺島進)が殺されたときの担当刑事が三浦友和で、画面に出てきた時にしみじみ、友和もフケたよのうと思ったのだが(←おまえもな)、今日会社で仕事中に「最近のドラマ、何見てる?」という話になった時に、大お局様のK池さん(ジャニタレ好きの社歴30年弱のお局様)が「私、三浦友和が見たくて「流星の絆」を見たよ!」と言ったのにはあらためてびっくりだ。もしかするとK池さんの中では金曜の夜10時のTBSといえば「赤いシリーズ」という刷り込みがあるのかもしれん。

まだまだ微妙なところも残るのだが(そして、この原作って、確かミステリーだよな??と思いつつ)多分今週の金曜日も視聴予定。
関連記事
テーマ:流星の絆
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
今期のドラマは、番組編成バラエティが嫌いでTVから遠ざかってるうちに、片っ端から見逃してしまった。
でもニノファンの娘が 前の日から騒いでたため、唯一ちゃんと見たのがこれ。
あの原作をクドカンが!?と不思議だったんだけれど、なるほど、こ~なるか!
原作がシリアスなミステリーなだけに、クドカンワールドも適度にあっさり切り上げられてて、とっても見やすかったわ(笑)(「やじきた」みたいになるとおばさんは付いて行けない)
錦戸亮が「ラストフレンズ」と打って変わって、へらへら軽くて、なかなかかわゆい。
三浦友和は、私は大昔の「台風クラブ」って映画の頃から、実は役者としては買っているのだ・・・。
2008/10/20(Mon) 21:39 | URL | oha~ | 【編集
私もクドカン色が強すぎると(しかもコメディだとさらに×)ちょっとダメかも。「ぼくの魔法使い」とか「吾輩は主婦である」とかね。「タイガー&ドラゴン」は大好きだし「木更津キャッツアイ」も結構好きなんだけどなあ。そんな訳で原作がシリアスなミステリーを一体??とか思っていたんだけど、崩しすぎてはいないし、それなりに楽しめてよかったんじゃないかとは思うけどね。

>三浦友和は、私は大昔の「台風クラブ」って映画の頃から、実は役者としては買っているのだ・・・。

渋いわ~。
2008/10/20(Mon) 23:44 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
何はともあれ、まずこれだけは言っときたいんだけど、三浦友和、顔、デカッッ!!(別にoha~さんに喧嘩を売っている訳ではありません。わたしも嫌いじゃないし、友和)
二宮の顔が「悲しい顔」って所が、うまいこと言うなぁって感心しちゃったよ。(絵文字もグー)尾美としのりがレギュラーなのも嬉しい♪この人は「鬼平犯科帳」の木村忠吾役がまた良くて。要潤はわたしも大変気になっております。当然レギュラーかと思ってたんだけど、あれで終わりってこと、あるの?めちゃ消化不良じゃん!戸田恵梨香がコンドームを配ってるシーンは、「リーサル・ウェポン」のパクリ?って思ったけど、許容範囲なのか?「カナダからの手紙」は適材適所ってことで、「めちゃイケ」の定期テストに出たときと同じくらい、杉浦太陽が光ってたわ。
今期は珍しく「ブラッディ・マンディ」と「流星の絆」、それに意外にも「OLにっぽん」を見ちゃいそう。観月ありさは相変わらず好きじゃないんだけど、阿部サダヲが良すぎ!東幹久もお得意のダメオぶりが板についてるし。ドラマが終わるまでは「ブラッディ」も「流星」も原作は読まないようにします。あ、原作といえば、「容疑者Xの献身」を見てきたけど、こちらは福山が堤真一においしく食べられちゃってました。今思い出しても、堤真一の顔しか浮かんでこないもん。これも原作を読んでみたいと思った作品でしたよ。
2008/10/21(Tue) 01:24 | URL | suika | 【編集
>まずこれだけは言っときたいんだけど、三浦友和、顔、デカッッ!!

今と30年前じゃ遠近法が違ってたから……。干首みたいに小さな顔の今どきの若手と同じ画面内に並ぶと特に大きく感じちゃうよねぇ……。

>尾美としのりがレギュラーなのも嬉しい♪

そうなのよ。先週「鬼平犯科帳」を久しぶりにみたんだけど、尾美としのりの役どころは確か若手とか青年、ひよっこみたいな扱いの設定だったよなあとかしみじみと思っちゃったよ。今回はここら辺もポイント高いよね。

要潤は1回限りのゲスト出演じゃないような気がするんだけど。だったらもっと違う出し方があったような気がするなあ。これからまだまだハヤシに関するネタが何かあってのちょこざいな扱いだったんじゃないかっつー気がするな(原作知らないから勝手な事言ってるけど)。

>こちらは福山が堤真一においしく食べられちゃってました。

これまたBL的ニュアンス漂う表現を。
2008/10/21(Tue) 22:50 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
いつもみています
こんにちは、よく拝見しております。これからも遊びにきますね。
2008/10/21(Tue) 23:46 | URL |  | 【編集
こんにちわ、はじめまして。コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
2008/10/22(Wed) 06:52 | URL | tsumire→hanaeさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック