ガラスの仮面もう、オリンピックよりも発行間隔があいている(御柱祭は6年だか7年に1回だったか?)あの「ガラスの仮面」だが、いよいよ次の第43巻が来年1月に発行される。

 「ガラスの仮面」43巻発売決定

第1巻を読んだ頃のマヤは中学生で私は予備校、大学生だったのに、今やマヤはまだ20歳前後?だというのに私と来たらもう月影先生くらいのトシになっちゃってますよ(って、月影先生、一体何歳なんだろう)。マヤ……なんて恐ろしい子!

 別冊花とゆめ公式ウェブページ

それにしてもあの「さよなら絶望先生」の久米田康治による「ガラスの仮面」トリビュートショートって、何だ?
関連記事
コメント
へーやっと出るんだ・・
でも、42巻の真澄さま何か変だったしな~
続きを見るのが怖いよ・・・
美内先生、もう描くのやめたのかと思ったわ~
第一巻ですでに死にそうだった月影先生も長生きしたもんだね・・あれ?まだ死んでなかったよね?
月影先生って実はきっとすごい若い設定なんじゃないの?
せいぜいいっても45ぐらいとか?
それにしちゃ源造って老けてるか?
2008/11/27(Thu) 17:11 | URL | きこり | 【編集
いやあ42巻は色々変だったよ。
まあ一番話題になったのは桜小路くんの携帯電話だったけどなあ。

>第一巻ですでに死にそうだった月影先生も長生きしたもんだね

こんだけ死ぬ死ぬって言っててほんとに長生きだよね。月影先生も最初の設定さえなければ私と同じトシくらいと思うところだけど、最初の設定で戦前に映画出演してスターの地位を確立していたって事になっているもんね。「現在」が西暦何年ってことになっているかわからんけど、やっぱり結構なトシだよねえ。
2008/11/29(Sat) 16:41 | URL | tsumire→きこりさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック