会社では年末調整の季節なもんで、12月に入ってから残業三昧でヘトヘトだよ。今年は8月に新刊出したし、まあ今度の年末の舞踏会には新刊なくてもいいよね? できたら作りたいけどさ、とか暢気に考えていたけど、完全に、物理的に絶対ムリ! 

ところで年末調整とは何かというと、サラリーマン(給与所得者)のための税金精算システムだ。税金っつーのは1年間の総所得(収入から必要経費他を引いた金額)が確定した時点(つまり年末の給与支給日)で年税額も決定するので、生命保険料やら損害保険料やら個人年金やらの控除や、扶養親族分の控除等を現状と照らし合わせて12月までに支払った税金との差額を精算するのである。あーー、漢字多いなあ。そんなわけで社員には11月中に保険料控除や扶養控除の異動申告書を提出してもらい、それに合わせて12月次に給与データを色々修正するのだが。いやー、年末調整の書類(特に扶養控除異動申告書)って、社員の皆様の家庭状況が色々見えてきちゃうのね。

ある社員は身上異動届(社員の戸籍簿のようなもの。結婚や出産、離婚、扶養家族の異動などをその都度記入して提出してもらう)が出てなくて、転勤でもなくて、出産のための里帰りでもないようなのに、奥さんと子どもが全然別の場所に新規に別居。これはもしかして離婚の予感? またある社員はひっそり「配偶者の有無」の欄の「有」が「無」になっていて、え? この人離婚してたの!?と驚く。

またある社員の扶養家族欄を見て、あーー、新人研修の時に新人同士で出来ちゃった結婚をして研修スタッフの間で大騒ぎになったあの時の子がもう4歳かあ、とか。さらに社内結婚したN子、技術者なのにあーーーーんまりにも仕事が出来ないもんだから「じゃあ、庶務でもやります」と宣言して事務職の女子から総スカンをくらって、事務職になってもやっぱり仕事できなくてプッツンとか言われた挙句、妊娠して会社を辞めていったけど、ダンナさんの扶養控除申告書を見たらもう3人の子の母親かあ、とか。妊娠6ヶ月目まで妊娠に気が付かずに、つわりの時は飲みすぎ、胎動の時は胃の調子が悪いとずっとおもいこんでいたあのKさんが、第4子妊娠で休職かあ、とか色々しみじみ。

さて、社員から届いた年末調整の書類はちゃんと必要事項が記入されているかどうか、必要な証明書類が添付されているかどうか、計算式と金額は合っているかどうかチェックして、不備があれば該当社員に電話やメール等で連絡して確認することになっている。しかし私が練馬のS嬢が所属する部署の社員に電話をすると最初のうちはなんとかつかまったのだが、そのうち皆だんだんと電話にでなくなるのである。困って担当庶務のS嬢に電話したら私が名乗る前に大笑いである。内線電話のディスプレイに誰からかかってきた電話なのか番号が表示されるために、皆怯えて私からの電話に出なくなっているのだと言う。な、なんでだ、決して詰問調ではなく、やさしく不明な点を問い合わせているだけだというのに!

しかもS嬢の部署の部長のIさんは「Kさん(←私の事だ)から電話がかかってきても、僕、絶対取らないから! Sさんが電話を取ってもいないって言ってね!」と言ったと言う。おまけに問合せの電話が結局私ではなく大お局様のK池さんがしたので、それはそれは本当にほっとした顔をして、「もしかしてSさんが僕への電話はKさんではなく他の人に電話してくれるように言ってくれたの?」とまで真面目な顔で言ったそうだ。ひ、ひどい!

しかし怯えるI部長なんざまだかわいい方である。ちゃんと記入方法を説明した文書と記入見本を一人一人に配布し、今年は社内のウェブページにも懇切丁寧な説明ページを載せてアナウンスしたのに、必要最低限のことすら記入してない社員が非常に多く、連絡がつかない社員もこれまた多く、しかも書類の記入不備を指摘すると逆ギレするヤツまでいるのである。

記入不備社員へ連絡し終わってからひっそりと「ムカツク!」と吐き捨てるY岡さん。大お局のK池さんも「そっちが間違っているくせにへりくだって、去年はこちらが見落としていたところもあったかもしれませんがって言うと、そうですねって言うのよ!何よ、間違っているのはそっちの癖に!」と吐き捨てる。私は内線番号表を片手に「全くどいつもこいつも!!」と叫ぶ。普段はそれはどれはおだやかなY岡さんなのにしまいには「あいつーーーーー!」と天に向かって絶叫する。

すっかり荒れる人事グループ、12月の給与処理が終わっても気が休まることはない。年が明けたら年末調整に間に合わなかった社員や、年末調整書類記入後に異動が生じた社員の分の再年末調整があるからだーーー。しくしく。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
会社も人数が多いと大変になりますね。
P子の会社は100名いるかいないかなので誰が結婚して扶養家族が増えたとか子供が生まれたとかは、そう数ある事でもないのでほぼ覚えていました。それでも書類に不備が有る時は内線やメールだと正しく修正してくれるとは限らないのでアポ無しで突撃していました。
まぁそれでもちゃんと確認しない社員のおかげで地方税の特別徴収納付書が届いてから青くなったり赤くなったりしていました。
不思議なのですが、なぜtsumireさんの会社の人は逃げるんですか?払い過ぎた税金が戻って来る貴重な機会なのに??

が、異動の為、今年はその知識が一切使われませんでした。
2008/12/08(Mon) 21:43 | URL | P子 | 【編集
うちは社員が1000人以上いるからなあぁ……(遠い目)。でも毎日こーゆーことばっかりやっているとかなり覚えちゃうけどね。え?このワタナベさんって確かこのあいだのメタボ検診で検診機関から「大至急専門病院で検査しろ」って言われてた人だなーとか。このM部長、この前の賞与の時に、給与口座の第2金融機関(給与を2種類の金融機関に分けて振り込むことができる)は奥さんには秘密だから、給与明細(第1第2金融機関への振込金額明細も記載されている)をなんとか変えてくれって、給与を締めた後に土下座しにきてたよなー、とか。

>なぜtsumireさんの会社の人は逃げるんですか?

年末調整から逃げているのではなく、私から逃げているだけなのがミソですよ。何せ10年以上前に社内報の編集をやっていた時の、原稿取り立てぶりが今でも社内の伝説になっちゃってるから、皆、理由もなく怯えてたりすんだよなー。
2008/12/08(Mon) 22:47 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
伝説の女かぁ。それも立派な理由では?電話をかけるほうは「自分のことくらい、きちんと書けよ!」って思うし、かけられる方は「いちいち細かいことにうるせーんだよ!」とか思うのでしょうか。それにしても給与明細って変えられるの?うちの夫の会社も第二金融機関を指定できるんだけど、なんか疑惑がもくもくわいて出たぞー。いしいひさいちの「ののちゃん」で、おばあさんが「朝の散歩が楽しい」とキャラにないことを言うので、マツコさんが「なんで?」と聞いたら、「以前かけてあった息子世帯の表札が、ある日突然はずされてたりする」ってセリフがあったけど、そんな感じで、tsumireさんも♪人生色々~♪をかいま見ちゃってるわけね。
2008/12/10(Wed) 22:53 | URL | suika | 【編集
Kさんが庶務ってどうなの?って感じだけど、君はB型的完璧主義なとこあるから、やるからには徹底的にやりそうだな・・・。
suikaさんもいうように、人生が垣間見える辺り、案外ネタ探しにうってつけの仕事かもしれないね。

>私から逃げているだけ
君の眼鏡越しのするどい目つきで見られると、おじさん連中は、年末調整事項以上のモロモロを見透かされそうで、怖いんじゃない?
実はてっぺん増毛してる・・・とか。

私的少女漫画史、もう少しで我らが学生時代だね。楽しみにしてまっせ。
2008/12/10(Wed) 23:17 | URL | oha~ | 【編集
>それにしても給与明細って変えられるの?

あ、ごめん、給与明細を変えてくれ、じゃなかった。M部長は給与明細を奥さんに渡してなくて、第2金融機関の事はヒミツ(自分のおこずかい?)、でも前回の賞与のときにM部長には特別上乗せ分が出て第1金融機関への振込額がどんと増えちゃったので、特別上乗せ分を第2金融機関のほうに振り込んでくれお願いだー頼むーーーと土下座、でした。

>うちの夫の会社も第二金融機関を指定できるんだけど、なんか疑惑がもくもくわいて出たぞー。

うふふ、みんな色々やってるよ~(←煽ってみたり)。

>tsumireさんも♪人生色々~♪をかいま見ちゃってるわけね。

年末調整はネタの宝庫。
2008/12/11(Thu) 10:31 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>やるからには徹底的にやりそうだな・・・。

別に完璧主義者じゃあないが、どうせやるならきちんとやりたいよね。でも別に社員の皆様を追い詰めているわけじゃないんだけどなーーー。これでも昔に比べると随分と丸くなったんだが(←当社比。もちろん体型のことではない)。

>実はてっぺん増毛してる・・・とか。

うちの会社のおじさんたち、そういう推測を楽しめるようなおじさんじゃないのよ。やっぱハゲかヅラか増毛か?って、それなりのおじさんじゃないと面白くもないし楽しくもないわ~。

>私的少女漫画史、もう少しで我らが学生時代だね。楽しみにしてまっせ。

まだそこまでたどり着けないーーー。
2008/12/11(Thu) 11:40 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック