Z公園1流星の絆 最終回(12月19日放映)。あーー、とうとう終わっちゃった……。面白かったなあ。こんだけシリアスな背景と暗い影をもつキャラクター達を描きながら、ところどころに挟まれるコメディパートとのバランスが本当に絶妙で、本筋のミステリーを壊す事なくおちゃらけすぎる事もなくうまくブレンドされていて、素晴らしゅうございました。また、前回までは犯人捜索の謎を追う経緯を描きながらもちょっとミステリー色は薄かったのだが、今回は解決編(最終回)だけあって殺人現場に残された傘の謎から、功一 (二宮和也) が真犯人に気づくまでちゃんとミステリーしてたよ。もっとも功一が柏原(三浦友和)に話があると二人で戸神邸から離れたのが昼間だったのに、ジョージクルーニーに着いたらあたりは真っ暗で、二人してどんだけ歩いたんだよとか思いましたが。

でも今回一番気になったのは、あの時点で犯人が逮捕されてちゃんと時効が停止したのかどうかという事だ。確か時効成立の時刻までに送検・起訴をしてなくちゃいけないんじゃなかったっけか?  時効成立サスペンスの名作「田舎刑事 時間よ、とまれ」(テレビ朝日、1977年)の場合は確か犯人が逃亡中に海外に行っていた期間があったために結局本当の時効が延長されていたわけだけど、柏原の場合子どもの病気があったからそれはないだろうしね。もしかして萩村宛の報告書と一緒に起訴に必要な書類も準備してあったとか?(でも死ぬつもりだったんだからそれはないようなあ……)。ううむ。

そして屋上で語る三浦友和を見て、そういえばかつての赤いシリーズもTBSの金曜夜10時(あれ?9時だったっけ? 10時は「ザ・ガードマン」だったっけ?)だったよなあとしみじみいたしました。友和初登場の「赤い衝撃」(1976年11月5日~1977年5月27日)からもう32年ですよ。ほんとにまあ、渋いおっさんになっちゃって。なんか主役でも脇でもない感じの独特のポジションにいるよなあ、結構。

今回はアリアケ3兄弟(二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香)や戸神親子(柄本明、要潤)、刑事組(三浦友和、設楽統)もよかったけど、本筋には全然関係ない人たちもよかったですよ。ジョージ(尾美としのり )の毎回のノリも、結局最初から最後まで一体何者だったのかわからなかったサギ(中島美嘉)も、そして詐欺被害者の中でダントツの登場率の妄想係長・高山久伸(桐谷健太)も、その他諸々の皆さんもブラボー。でも桐谷健太、「ROOKIES」でも結構キャラが立っていたのに、もうこの妄想係長のイメージが強力すぎて、しばらくはテレビで見ても「妄想係長の人」って言っちゃいそうだ。

Z公園3ところでドラマの最後の方で、池のある公園で語る泰輔と功一を見て思わず「あーーーーーっ!」と叫んでしまったよ。こ、こ、この公園は私が土日によく散歩に行く公園ですよ! ←左の写真の右側の枯れ木が11月29日に行った時はそれはそれは紅葉がきれいで、何枚か写真を撮ったのだが(↑一番上の写真)、ドラマの中の同じ場所の紅葉の赤さから言って私が散歩に行った前後の時期に撮影をしていたんじゃないだろうか。この公園は桜の木が沢山あって花見の名所として知られているのだが、モミジ(楓?)の木はそんなにはないので、すぐにどこかわかるのだ。しかしこの間の土日に行ったら紅葉はかけらもなくってすっかり枯れ木だらけになっていたが。

Z公園2そして11月末に行った時はこのモミジの木の下にダンボールの猫の家があったのだが、先週行ったらなくなってたなー。撮影のためにどけちゃったのかなあ。

さて今クールのドラマもあらかた決着がついたようだし(でも「ブラッディ・マンディ」の最終回とその前とそのまた前の回をまだ見てない私。だめじゃん……)、そろそろ来年1月からのドラマもチェックしてみるかぁ。
関連記事
テーマ:流星の絆
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
なにぃぃーー、ロケのためにネコの家を強制立ち退きーー!!もしそうだったら、おばちゃん、がっかり。(←怒りはしないけど)
そのままあったほうが味があっていいのにぃ。それとも公園の管理組合がテレビ撮影用に気を利かせて撤収しちゃったか?てか、なんでそんなもん、写真に撮ってあるの?ネタ収集本能の悲しい性か?
それにしても流星の最終回、お母ちゃん、お父ちゃんが刺された時点で逃げなきゃ。ぼーっとしてないで、大声出して逃げなきゃ。貧乏神の二宮も、これまでそれなりにハンサムぶってきたけど(個人的には全然そう思わんが)、最後のコックさんの帽子をかぶった顔は、前髪なしの横っちょフワフワで、もう徹底的にイケてなかったわ。本気でアリアケ続けるなら、帽子やめるか坊主刈りだな。(世間には、希少種だけどハゲラブって変わった趣味のお局OLもいることだし)
「ブラッディマンデイ」、まだ見てないんかい。最終回・・・・・・・・・・ふぅぅ・・・・・・・・・・感想、以上。
赤いシリーズ、百恵ちゃんが才能あるスプリンターって役の割には肉付きが大変よろしかったなぁ。あの頃のアイドルはみなさんふっくらしてて、今ほどガレガレの子はあまりいなかったね。(榊原郁恵、河合奈保子、柏原芳恵等々)
ところで奥様、今年も年末に「ガキ使」の罰ゲームはありまして?
2008/12/25(Thu) 21:57 | URL | suika | 【編集
なにげにこのドラマってP子の行動範囲でも撮影していたんです。撮影が終わってから気が付いて悔しかった~~~!!

ブラッディマンデイ・・・・ふぅぅ・・
2008/12/25(Thu) 22:53 | URL | P子 | 【編集
Kさんのご近所の公園は 私も20年前ほど前は毎週のように散歩してたもんだが、ここはいろんなドラマでよく使われてそうじゃん。ラストフレンズにもしょっちゅう出てたし。見てないけど、きっと「ぐーぐーだって猫である」にも使われてたに違いない。っていうか原作の場所そのものか。

横須賀は母方の実家があるので、子どもの頃は毎年のように遊びに行ってたもんだが、子ども時代が昔すぎるせいかロケ地に見覚えがなかったわ。横須賀の子どもはもっと語尾が「じゃんじゃん」言ってた気もするが、まあ「じゃん」はもはや方言でもないか!?

私は友和を見ると、百恵ちゃんを思い出すのと同じ位、忌野清志郎を思い出してしまうのだよ。高校の同級生でキヨシローのボディガード的友人だったという友和。昔々そんな話を聞いて、なにげに気に入ってしまったのかもしれない・・・。






2008/12/26(Fri) 23:15 | URL | oha~ | 【編集
>ロケのためにネコの家を強制立ち退きーー!!

今日、ドラマの方を巻き戻して(←死語)見て見たよ。そしたらなんとあの猫の家が写っていたよ!(泰輔の足元のところ)
http://blog-imgs-31.fc2.com/k/i/r/kiritani/IMG_7626.jpg
……もしかして撮影用のフェイクだったのかもね……。

>ネタ収集本能の悲しい性か?

はい、ついつい何かありそうだと記録してしまう手癖の悪いワタクシでございます。

>本気でアリアケ続けるなら、帽子やめるか坊主刈りだな。

それ以前に、刑務所のなかって坊主じゃなくても大丈夫だったのかと思ったよ。

>ところで奥様、今年も年末に「ガキ使」の罰ゲームはありまして?

まだ、来年のドラマどころか年末年始のドラマもバラエティもチェックしてなくて、そしてこれから年賀状を書かなくちゃ、な土曜日。そして明日は30日の有明用のチラシを作らなくちゃな日曜日。明後日はまだ会社だしなー。
2008/12/27(Sat) 18:08 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>ブラッディマンデイ・・・・ふぅぅ・・

えーーー、二人からお墨付きの「ふぅ……」かあああ。これから年末年始帰省で留守にするからたっぷり録画できるように余計な録画済み用分を削除しようと思っているのに、これじゃあうっかり見ずに削除しちゃいそうだ……。
2008/12/27(Sat) 18:10 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
>Kさんのご近所の公園は……はいろんなドラマでよく使われてそうじゃん。

「ぐーぐー」や「ラストフレンズ」で使われていたのはI公園だよ。私が散歩に行っているのはZ公園。いくら私でもI公園に行く時は電車で行くよ~。I公園は「ガラスの仮面」にも登場したよね。

横須賀の方は今回色々出てたみたいね。
http://location.la.coocan.jp/ryuseinokizuna.html

>子ども時代が昔すぎるせいか

なんかこのドラマを見ていると、有明3兄弟の子ども時代の描写に入ると、ついうっかり自分も子ども時代の気分でいたりするんだけどさー、おかあさん(りょう)がレシピノートをコンビニでコピーしたという描写で、「えーー、そんなに最近の事かよ!」(当たり前だが自分の子ども時代なんてコンビニも簡単に使えるセルフコピー機もなかったもんね)と我に返った次第だよ。まあ15年前じゃつい最近だよね(遠い目……)。
2008/12/27(Sat) 18:24 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック