ガラスの仮面第43巻4年ぶりに新刊が出た事が、ニュースになる「ガラスの仮面」(美内すずえ、花とゆめコミックス、420円)だが、先週、新聞を見たら結構大きめの広告がどかんと出ていてびっくりだよ。先週の「王様のブランチ」(TBS)のブックレビューのコーナーでも特集コーナーが出来ていたし。なんでも次の巻は今年の夏に出るんだそうですよ。……もはや私が生きているうちに完結のするのは無理なんじゃないのかという気もしていたが、6年、4年、半年(←あくまでも予定)と着々と短くなってきているなら、まだ望みはあるってことかしらね。なんか、もうね、早いところ決着を付けてくれよ、と思うのはやっぱり私がトシをとって気が短くなってきているせいなのか?

ガラスの仮面の新刊は……初めて読んだのは大学1年生の時で、体育の授業を受けるために川越にある校舎まで通っている時に途中の本屋さんで第1巻を買って、それからやみつきになってそのときまでに出ていた3巻までを一気に買ったんだったっけなあとか。ずっと死にかけている月影先生は、現実時間では30年以上生きているよなあとか。「ガラスの仮面」って今見るとすごく古くさい絵柄だけど、でも連載当時ですら古くさい絵柄だったからそれは変わらないまま一貫しているんだよなあとか。今レトロマンガとか復刻本ブームだからそれはそれでいいかもね、とか。まあ、ストーリー進行なんかよりも、「ガラスの仮面」にまつわる思い出(30年分だよ、30年分)の方が走馬灯状態というのはいかがなものか。うーむ。

さて43巻の方はやっとこさ「紅天女」に向けてちびっとだけ前進したような感じですが、でも読んでいると桜小路くんのガールフレンドの舞ちゃんって、人の携帯を黙って盗み見したり色々後つけたり粘着質でストーカーっぽいやな女……とか思ってしまうのは私が薄汚れたオトナになってしまったせいか?? 桜小路くんもなー、純愛っぽいけどうも素直に見れないや。かといって紫のバラの人(速水真澄)にもいいかげんにしろといいたくなったり。

あ、そうそう、マヤが途中で紅天女になりきって色々自然と宇宙を感じる場面を見て、美内先生、やっぱりあっちの世界から戻ってきてなかったんですかーーーーー!?と一瞬思ってしまいました。いや、山本鈴美香と違って、ちゃんとこっちの世界に戻ってきているからこそ新刊も出ているんだけどね。どうかこのまま、順調に描き進めて「ガラスの仮面」を、私が生きているうちに決着つけて下さい(ちなみに美内センセイはもうすぐ58歳になられます)。どうかよろしくお願い致します。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
学生時代、「このライバルの姫川あゆみがちょっといいのよぉ」って話してくれたのを思い出しました。
作者がTVで最終回はもう決まっているって言っていたけど、それが読めるのはホントにいつなのかねぇ。(遠い目…)
ここまで付き合ったらもう最後を見届けないと、これまでの時間は何?ってなことになるから、やめたくてもやめられない人が実は多いのではないかと思っているのはわたしだけではないはずでございます!
2009/02/02(Mon) 21:40 | URL | TARAKO | 【編集
>学生時代、「このライバルの姫川あゆみがちょっといいのよぉ」って話してくれた

まあ、そんなことを言っていたこともあったのか、30年前に……。亜弓さんも最初は通り一辺のいじわるなお嬢様だったのに、本当にマヤと一緒に成長してきた感じだもんね。最初が同年代(←おこがましい?)の目線だったのに、いまや親戚のおばちゃん目線だよ。亜弓さんも幸せになってほしいもんだわ。

>やめたくてもやめられない人が実は多いのではないかと思っているのはわたしだけではないはずでございます!

そうなんだよね。ここまで来たんだから、っていうのは大きいわ~。でも先は見えそうで見えないわね。
2009/02/03(Tue) 00:54 | URL | tsumire→TARAKOさん | 【編集
>もはや私が生きているうちに完結のするのは無理なんじゃないのか
まぁtsumireさんが先か作者が先かくらいの長丁場で考えるべき作品なんだろうねぇ。
でもあちらの世界を紹介されても、興味の無い読者には退屈じゃない?山本鈴美香がまだ「七つの黄金郷」を描いてたとしても、その中に神様の話を延々と描き込まれたら引いちゃいそうだもん。でもほんと、絵柄がつくづく昭和だよねぇ。
2009/02/04(Wed) 22:50 | URL | suika | 【編集
さっき、同僚のT田と話してて「とにかくさっさとけりをつけてくれ」という意見で一致したんだけど、T田は「いっそのこと結末は2種類用意して、結末AコースBコースで分けてコミックス出したらどうかね? その方が本だって2倍売れると思うけど」って言ってたよ。まあ、それはそれでありかもなあ。

なお、山本鈴美香はあっちの世界に行く途中で、プチフラワーにあっちの世界の漫画を連載していたよ……。
2009/02/05(Thu) 09:55 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック