会社で例によってお昼時。

S嬢「いつもいる場所にいないから、きょろきょろしてたら人目につかないところにいつものおばちゃんがいたのよ。でもブツを持ってなくてさ」
私「別のところで店を出しててその案内とかでもしていたの?」
S嬢「ううん、違う。それがさ、50mくらい離れた場所のビルとビルのすき間に隠れるようにして別のおばちゃんがいたのよ。いつものおばちゃんが携帯電話でその別のおばちゃんに連絡しててさ、じゃ、注文受けたから二つ渡して、って感じで指示してるの。で、そのすき間にいるおばちゃんのところにいって、あっちのおばちゃんに注文したんですけどっていうと陰から出してきて渡してくれるのよ」
私「うわー、なんか密売というか闇取引みたいじゃん」
Nさん「ただの弁当なのにね」

S嬢とNさんは会社の近所の道端にお昼時になると現れる放浪の日替わり五穀米弁当の店をいつも利用していたのだが、どうもその弁当屋は警察の取り締まりにあったらしくしばらく姿を消していたのである。警察には邪魔になるから店を出すなみたいなことを言われたらしい。おばちゃんの店の弁当なんて30個もないくらいの小さいワゴンで場所もそんな取るようなもんでもなかったのに。しかしそのおばちゃんの店がひっそりと復活していたのをS嬢が発見したのだが、それが上記のごとく、なんだか密売取引のやりとりのようになっていたらしい。

S嬢「それでいつものおばちゃんに携帯電話の番号を聞いて登録しちゃったよ、最新のメニューとか在庫を問合せできるように」
私「ウェブページとかあったら便利なのにね」
S嬢「弁当のメニューはCメールで教えてくれるって言ってたから感動しちゃったけど、でもさすがにインターネットはやらないみたいね」
Nさん「私も闇弁当のおばちゃんの電話番号、携帯に登録しちゃった。ほら」
見ると登録名が「闇弁当」と言う名に。
私「Nさん、帰宅途中に不審死とかしたらさー、その携帯調べられて、この「闇弁当」って一体なんだ? なんかダークサイドの組織に殺されたのか? なーんて絶対疑われるよね」
S嬢「私達もNさんの闇取り引きについて根掘り葉掘り聞かれるね」
私「いつも隠れて買ってました、とか」
Nさん「そんな死に方、しないように気をつけないと」

それは携帯電話の登録名称を変えるよりも格段に難しいとは思うが。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
うわー、都会の女たちは弁当ひとつも楽しんでるなぁ。いいねぇ、アドレスに「闇弁当」。(闇鍋だとなんだか間が抜けてるけど)
それにしてもその密売組織は、少なくとも二人以上の人間で構成されてるわけね。客引きとブツの渡し役と。まだ背後にブツの製造工場や運び屋もいるかもしんない。(おばちゃん二人で全部運営してる可能性もあるけど)もしかしておばちゃんず、この状況を楽しんでないか?
2009/02/19(Thu) 07:59 | URL | suika | 【編集
>都会の女たちは弁当ひとつも楽しんでるなぁ。

……ええ、他に楽しみがないっつーか、女子社員は年寄りばかりだし、社内でのおめでたいニュースもとんとご無沙汰だし、若い男子社員には何の楽しみもないし(う……)、弁当くらいなもんよ(遠い目)。

おばちゃんたちのノリもなかなかだよね。なお、件の弁当屋は隣の区で仕出し弁当屋をやっているらしく、弁当が350円という安さでまあまあの内容なのは、もしかして仕出し弁当のあまりじゃないのか?という疑惑もあり。
2009/02/22(Sun) 22:14 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック