昨日の道頓堀川でカーネル・サンダース像発見のニュースには、阪神ファンではない私でも「おおおっ!」と思いましたが。

 あの!? カーネル・サンダース像見つかる 道頓堀川(朝日新聞)

それは、あの「カーネル・サンダースの呪い」を広めた番組「探偵!ナイトスクープ」ゴールデン放送枠進出(3月15日、19時)記念だったのか。

 「呪い」火付け役、救出喜ぶ 探偵!ナイトスクープ(朝日新聞)

「探偵!ナイトスクープ」は上岡龍太郎局長の時にたまに見ていたけど、この間たまたまこのゴールデン進出の予告かなにか?を見たら、局長が西田敏行になっていてびっくりだよ。なお、当時のプロデューサーの松本修は「祝福してくれているとしか思えないタイミング」と言っているという。このゴールデン版の「探偵!ナイトスクープ」にも引き上げられたカーネルおじさんが……出演したりはしないか。

なお、この松本修の「全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路」(新潮文庫、820円)はこの番組内で「バカ」や「アホ」という言葉の謎を追求していった経過を描いたものだが、面白くなおかつ、実録ミステリーの傑作といっていいですよ。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック