最近、めっきりテレビドラマを見ていない……。一体どうした事だろうか。ここら辺(この、気力の衰えっぷり?)も更年期を疑いたくなる訳ですよ(3月6日「音もなく忍び寄る影」)。せめて第1回くらいは見て見ようと思ったものの、結構挫折。

そんな中、コンスタントに見ているのがフジ月9「ヴォイス~命なき者の声~」かな。全然期待してなかったのだが、自然にすっと見れるのがいいかも。この手の法医学者ドラマ好きの同僚の練馬のS嬢は「名取裕子の「法医学教室の事件ファイル」とか「きらきらひかる」みたいなドラマを期待したら肩すかしをくらうね。大体いざとなったら瑛太が顔に手を当てて極端な推理をくりひろげるし」とか言っていたが、そんなー、「きらきらひかる」はプロの法医学者達のドラマで、これは学生達の群像劇だもんね、期待しないでみるとなかなかいいですよ。

でもって、結構ハナから全く期待してなかったのがフジ火9「メイちゃんの執事」だったのだが……子どもが毎週必ず見るので必然的に目に入ってくるのだが、これまた「ヴォイス」とは全く別の意味でついつい見てしまう。火曜日のここいらの時間帯のドラマは「有閑倶楽部」とか「イケメンパラダイス」とか、おバカ学園ドラマ枠という気もしないでもないのだが、あまりのバカバカしさに結構釘付けかも。典型的な漫画みたいな悪役のルチア様(山田優)とか、まったくもって漫画みたいなキャラの忍(向井理)とか、イケメン執事にちやほやされる主人公・メイ(榮倉奈々)とか、その他色々。

そして結構期待していたのが、フジ火10「トライアングル」だったのに……第1回目を見てがっかり。登場人物がどいつもこいつも思わせぶりで何か秘密があるようでいて、なんかこう、ドラマの構成がバラバラという感じで、思わせぶりな何かが伏線として生きている感じがまったくしない。でも話だけは気になるので先週分まで録画したまま時間があったら見ようと思っていたのに、結局2話以降を見ないままずるずると過ぎてしまったので、ついに先日全録画分を削除してしまいました。で、練馬のS嬢に「結局、犯人は誰かまだわからないんでしょ?」と聞くと「まだわからないけど、だいぶしぼられてきたね」との事なので、この調子で最終回のオチもS嬢に聞いちゃえばいいっかあ(←邪道)。

そして「ヴォイス」の他にコンスタントにみているのがテレ朝金11「歌のおにいさん」ですよ。でもこれは結構もったいないドラマかも。せっかくあの低体温な大野を「歌のおにいさん」にするという設定をしておきながら、しかも歌のおにいさん(戸次重幸)と歌のお姉さん(片瀬那奈)のハイテンションぶりがナイスなのに、なーんか普通のいい話に終わっているのが残念。まあ、最終回までみるけどね。

日テレ土9「銭ゲバ」は……なんでまた今「銭ゲバ」? とか思ったものの、第1回目をみた限りでは結構今風なドラマになっていてしかもドラマとしてしっかりとした作りになっていて、結構見させてくれるドラマでした。でも、マツケンが「~ズラ!」っていうのがすっごく気になって、おまけに土曜の夜9時に見るには暗すぎて、リタイア。

NHK日8大河ドラマ「天下人」は、結局1回目と2回目しか見なかったなあ。野郎が沢山出て来る大河ドラマは好きなのに、我ながらどうしたことか。まあ、まだまだ9ヶ月以上やっているからいつでも見られるけど。

というわけで、今日届いた「ザ・テレビジョン」の春の新ドラマ情報をなんとはなしに眺めているところだが、本当に3ヶ月なんて一瞬だね。
関連記事
テーマ:ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
「ヴォイス」、拾い物だったわぁ。毎回派手な話じゃないところがいいかな。瑛太もほんわかしてて嫌味じゃないし。「トライアングル」は最初見たとき、役者のギャラが大変だろうなぁと、変なところに感心しちゃったんだけど、ここにきてどんどんお片づけが始まって、ほんとに顔見世興行だったんだなぁと納得。ま、小日向さんはまだ出てるから、十分満足でございます。「メイちゃん」はその流れからきてるのかぁ。それで納得。でも山田優はあの役には年を取りすぎてるんじゃないか?ま、そんな細かいことにこだわるのが馬鹿馬鹿しいような設定だけど。それにしても奥様、今期はテレビ視聴に関しては本当に不調だったね。それともその気にさせるドラマがいよいよ枯渇してきたってことか?ところで、トップ画像のきれいな花はなんという植物でしょうか?ずいぶん葉っぱが青々としてるけど、東京はもうぽかぽか陽気なの?
2009/03/12(Thu) 09:36 | URL | suika | 【編集
「土曜の夜なのに暗すぎて気がめいるからやめてくれ」との夫のブーイングにもめげずに「銭ゲバ」にはまってる私ずら。
今風というより、ど貧乏な銭ゲバの少年時代の暮らしと大金持ちの暮らしぶりの落差が60年代テイストを感じるわ。でもよく考えたら再び貧富の差はこれくらいある訳なのね。

「天地人」は私もリタイア。
これってNHKの朝ドラの旅館の女将モンの脚本家だったのね。それを知ってたら、始めからパスでした。
ついブッキーにほだされて見てたけど、どうにも臭くてついていけん。

NHKの白州次郎ドラマはNHKらしく丁寧に作ってあっておもしろいのだが、主演があの口の臭いお兄さん(ガムのCM?)なので、CMのイメージがどうもちらついてしまって・・・。
2009/03/12(Thu) 22:03 | URL | oha~ | 【編集
瑛太って、なんだか年齢不詳ぽいねぇ。大学生といわれればそういう気もして来るし、社会人といわれれば頼りないながらもまあいるだろうし。そういえばヴォイスは登場人物みんなが色々なマニアなところも面白かったわ。

トライアングルはとりあえず小日向さんはまだ死んでないのね(堺雅人が死んだのは練馬のS嬢に聞いたけど)。……あらすじサイトの記事さえ読まないのはいかがなものか……。

>東京はもうぽかぽか陽気なの?

まだまだ寒いのよ、これが。上の花は雪柳なんだけど、実は去年の3月の写真。うちの近所じゃまだちょこっとしか咲いてないんだけど、先々週新宿御苑に行った時にやっぱりちょこっと咲いていたから、実際にはまだ早いけどフライングしてます。でもそろそろ桜の写真にしよーかなー。
2009/03/13(Fri) 06:50 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>ど貧乏な銭ゲバの少年時代の暮らしと大金持ちの暮らしぶりの落差が60年代テイストを感じるわ。

あー、なるほど、確かに少年時代は「昭和の貧乏」のイメージだよね。現代描写では現在の「派遣切り」とか「格差社会」を描いている感じだけど。

>NHKの白州次郎ドラマはNHKらしく丁寧に作ってあっておもしろいのだが、

伊勢谷なんとかが主演だよね。私も見よう見ようと思いつつそのままになってたわ。第1回目が朝日かフジの50周年記念特番と重なっていたからかなあ。でも「口が臭いお兄さん」って、アナタ……。私もこれからそう呼んじゃいそうじゃないのよー。
2009/03/13(Fri) 06:56 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック