今期はだらだら怠けてほとんどドラマを見ていない私(3月11日「2009年1月期ドラマ感想」)。相変わらずでございます。そして一昨日、会社でのランチタイム。

私「今週あたり、ドラマの最終回ラッシュだね」
Nさん「結局、ドラマはほとんど見てなかったわー」
私「私もー」
Nさん「でもこの間、坂口憲二のドラマ(「本日も晴れ。異状なし」)の最終回は見たよ」
練馬のS嬢「派出所の警官の話だっけ? どうなったの?」
Nさん「南の島にやってきて色々頑張って、でも一旦島から離れて、結局島に戻ってきました、めでたしめでたし」
S嬢「なんだ、そりゃ。見も蓋もないな」
Nさん「「銭ゲバ」も最終回だけみたんだけど、何がなんだかさっぱりわからなかったわ。結局松山ンイチは死んだの?」
私「死んだみたいよ。全然見てないけど」
Nさん「事故で死んだのか自殺なんだかさっぱりわからないんだけど」
私「自分で死んだみたいね。全然見てないけど」
S嬢「1回目は見たんだよね?」
私「うん。ドラマとしては結構ちゃんとした作りのドラマだったよ。でもなー、すっげー重くて土曜日夜9時には見たくないっつーかさ」
Nさん「そうねぇ」
私「一言で要約すると、金のせいで振り回された人生のオワリ、っつーことか?」
S嬢「そういえば月曜日にさ、十津川警部シリーズが9時からやるからさ、夕食早めに済ませてお風呂にも入って、9時には準備万端でテレビの前に座って待ってたのよ」
S嬢は2時間ドラママニアなのだ。
S嬢「それでテレビが始まるのを今か今かと待っていたら、始まったのはWBCだったのよーーーー! 仕方ないからこの日は「ヴォイス」を見ちゃったよ」
Nさん「そういえば「トライアングル」も最終回?」
私「私、第1回目しか見てないのに、昨日の最終回見ちゃったよ」
Nさん「どうだったの?(←もちろん、見てない)」
S嬢「もうね、なんなのよ、あれ。今までずっと見ちゃった私の時間を返せ!って感じ」
(ネタバレがあります。注意)
私「広末が死んでてびっくりしたよ」
S嬢「広末が死んだのは2週間くらい前だよ」
私「ゴローちゃんの登場シーンがさ、どれもみんなスマスマの場面にしか見えなかったよ」
S嬢「無駄に熱い感じだよね」
私「今までの2回から10回までの話を全然見てなかったから昨日見ても判らないところがかなりあったんだけど、あれってさ、11回も放送しなくてもいい話じゃない?」
S嬢「その通り! 無駄に人が死に過ぎなのよ」
私「第1回の時にやたらと回りの登場人物がみーんな怪しかったけどさ、昨日の話を見た限りじゃ登場人物もあんなに必要ないと思うんだよね。長くても3回ぐらいでいいんじゃないの?」
Nさん「どういう話なの?」
S嬢「25年前に江口洋介が好きだった葛城佐智絵が殺されて、唯一の目撃者だった江口洋介が医者だったのに時効が過ぎてから警官になって現場に戻って来たら、殺された佐智絵の代わりに引き取られた広末の実の兄が殺されて、佐智絵が殺された時に佐智絵の母親の愛人だった新藤が殺されて、江口洋介を庇おうとして広末が殺されたんだけど、その前に山の別荘で江口洋介の両親と兄が死んでいるのよ。犯人は小日向文世で小日向文世の妹が葛城佐智絵の父親の会社で働いていたんだけど、横領の罪を着せられて自殺したのを恨んでの犯行だった、っていうんだよね。でも、もう、訳判んない。どれも死ぬ必要があるとは思えないし。だいたいね、パリに行ったり上海に行ったりする必要も全くないし」
私「私は(昨日の最終回で)一番最初に北大路欣哉が最初に出てきて過去に何かありげな顔でしゃべっていたから、こいつが真犯人?と思いつつ見てて、小日向文世が10時30分くらいに取調室で色々しゃべっていても聞いてる方が納得できない話なもんだから、絶対裏に真犯人がいるんじゃないかとまだ思ってたし、10時50分くらいになってもまだどんでん返しがあるんじゃないか?とか思っちゃったよ」
S嬢「まったくだよ。もう行き当たりばったりで書いているとしか思えない話でさ、ちゃんと原作本(「トライアングル」)があるって知ってびっくりだよ。でも批評がさ、ドラマがあんまりにも進まないからいいやって思って原作本を読んでみたのに結局最後までモヤモヤだった、って感想が載ってて、なんだ、原作もそういう話なんだ、と思ったわ」
私「なるほど、ドラマは原作に忠実だったっつーことか。ところでタニショーは何をやらかしたの?」
S嬢「進藤って男が色々人を強請ってたんだけど、タニショーが殺して捕まったのよ」
私「へー。佐々木蔵ノ介が第1回ですごく怪しかったのに、怪しい表情のままタニショーに手紙書いていたよね」
S嬢「結局犯人でも悪人でもなかったのにね。で、最後に捕まった代議士がなーんか突然出てきて突然捕まって、一体、何?って感じだよ」
私「えー、今までの話をみてないから判らないけど昨日の最終回を見る限りじゃ、数々の殺人事件の捜査が進むと圧力がかかってすすまなくなるとか言ってたから、その圧力をかけた張本人なんじゃないの? でもなんで今までの事件に圧力をかけてたの?」
S嬢「ぜんっぜん、わかんない」
Nさん「……もしかして私も最終回だけはみておけばよかったかなあ」
S嬢「話のタネにはなったかもね」
Nさん「Kさん(←私のことだ)はそろそろ新番組チェックをしてるんじゃないの?」
私「うーん。ザ・テレビジョンの新番組情報はまだチェックしてないなあ。そろそろチェックしておくか」
S嬢「また期待はずれかもしれないけどね」
私「でもS嬢には2時間ドラマがあるからいいじゃん」
S嬢「WBCさえなければね」

結局めちゃくちゃコキ下ろしながらもダメドラマ「トライアングル」について熱く語ってしまった訳だが、もしかして製作者側のねらいはそこか?
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
うっわーっっ、ネタバレ!!まだ最終回見てませんでしたよ(泣)猛ダッシュでラス前までこぎつけてたとこでしたー。まぁ小日向さんと分かった以上、彼の演技を楽しみに見るから、それはそれでいいけど。外見だけでなく、そんな役柄まで愛しのケビン・スペーシーとそっくり(はあと)小日向さん、途中で片付けられなくてよかった(そりゃ犯人だったら最後まで残ってるか)
ここで最終回見ました。感想。ライフルって、そんなに簡単に手に入るものなの?小日向さん、どの段階でゴルゴ13並みの腕前を身に付けたの?大杉漣、葛城幸が養女に来た当時、ヅラをかぶってたけど、そこにそれほどのリアリティは必要か?(風吹ジュンの老けっぷりは放置なのに)結局、堺雅人も広末涼子も江口洋介の身代わりに殺されちゃって、なんて不幸な兄妹なんだ。ここの部分の運命が一番残酷かも。で最後に、自分のせいでこの世に二人きりの身内となった妹を軽ーく日本に置き去りにして、薄情な兄はリヨンに旅立ってしまうわけね。ナンジャラホイなドラマだったなぁ………(でも小田和正の曲は良かったけど)
2009/03/21(Sat) 01:06 | URL | suika | 【編集
>うっわーっっ、ネタバレ!!

うわーーーー、ごめん! 放送してから2日もたってたし、本編の方ははじまって10分もしないうちに捕まっちゃったし、ほとんど見てなかったドラマだからつい軽くあしらっちゃったよ。本当にすまん。今更遅いけど、次の犠牲者(?)を出さないために、一応問題の箇所は記事を折っておきました。

>ライフルって、そんなに簡単に手に入るものなの?

私も他にも色々疑問だったんだけど、もしかして私が見ていなかった2回から10回の間に描かれていたのかなあとか思ったんだけど、違ったのね。

それにしてもこんだけむやみやたらと必要もないのに殺されちゃったり殺人をそしできなかったりした挙げ句、最後に遠くにトンズラって、もしかして江口洋介は現代の金田一耕助??
2009/03/21(Sat) 21:46 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
「銭ゲバ」は夫もなにがなんだかさっぱり分からん!と隣でいちゃもんつけとったけど、あれはダイナマイト巻き付けて爆発する間に、風太郎の望んでた幸せな人生が語られる悲しい話だったのよ~。
で、この彼の夢見た幸せな生活っちゅうのが、全くごく平凡な生活なワケよ。ここが不憫だし、普通の生活も難しい派遣労働とかの現代社会を批判してると私は見たね。

「トライアングル」まあ、これほど思わせぶりなドラマも珍しく、これはこれで新ジャンルミステリーかも!?
それにしても小日向さん、確かに犯人と分かってからの顔演技がケビン・スペーシーそっくりでびっくり。


2009/03/21(Sat) 21:53 | URL | oha~ | 【編集
>あれはダイナマイト巻き付けて爆発する間に、風太郎の望んでた幸せな人生が語られる悲しい話だったのよ~。

「銭ゲバ」、最終回すら見なかったので流れしかしらないんだけど、なんだかテレビ版の方の「エヴェンゲリオン」のような……。

それにしてもこのところの松ケン、「銭ゲバ」「DMC」「デスノート」とビジュアルからすごいことになるキャラが多いよなあ。次は「カムイ外伝」だし。

>これはこれで新ジャンルミステリーかも!?

えーーーーーーーーーー! もう、既にあるジャンルの中では評価できないってことか?
2009/03/21(Sat) 22:11 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック