4月5日の新宿御苑14月5日の新宿御苑22週間もブログを書くのをさぼって何やっていたかって、「原稿、描いてました」とか言っても信じてもらえないよなあ、やっぱり。もちろん原稿なんか描いてなかった訳だが。この季節と言えばやっぱり花見ですよ、花見。もう、仕事が年度末年度始め処理でむちゃくちゃ忙しいのに、会社をサボって、あるいは平日の朝の朝食前に、あるいは夕方に早退をしてとにかく花見、花見、花見のこの1ヶ月。朝一で井の頭公園に行ってその後小石川後楽園、その後外堀公園、あるいは六義園に行った後に新宿御苑、というようにはしご花見も有り。

ひっそりソメイヨシノ私の花見三昧っぷりに同僚のNさんはしみじみと「桜にしみじみするのって、自分が年をとって人生残り少なくなってきたって感じるのにシンクロしているよね。自分はあとどのくらい花見をできるんだろうか、ってさ」と言ったのだった。確かに、今年の春は「桜がこんなに美しいと思って花見をできるのも、長くてあと30回くらいかなあ」なんてしみじみしたもんですよ。……あーーー、辛気くせーなー。

さて一番上の写真は桜(ソメイヨシノ)が満開で天気もからりと晴れていた4月5日の新宿御苑。いつもは東京では珍しいくらいの広々とした空間が広がる新宿御苑なのに、この日はどこを見回しても人、人、人だらけ。自分もこの場所に来ているのにも関わらず、「なんでこんなに来ちゃっているんだよう」などとつぶやいてみる。いやー、あんまりにも人だらけなんで絶対オバマの大統領就任演説の時に集まった聴衆ぐらい(200万人?)の人間はいるだろ? いや、もしかして東京都の人口の100分の1くらいは来ているはず! とか思ったのに、この日のNHKのニュースでは「新宿御苑では約7万人の人が花見を楽しんでました」とか言っててびっくりだよ。7万人でこんなんなら、オバマの就任演説の聴衆ってどんだけだよ。

その右の写真はトイレ前で多分家族待ちをしているオヤジ達。標識によっかかってもうぐったりしてましたよ。

4月6日の早朝の公園山桜今年は平日の朝、会社に行く前に、いつもより早起きをして子どもの弁当と朝食の用意をした後に近所の公園の桜を見るということをいたしました。早朝の公園のいいところは花が満開なのに人がほとんどいないことだ。まあ広場にはラジオ体操をしているジジババの軍団がいたが。右の方の写真は山桜だが、若いときは桜と言ったらソメイヨシノばっかり見ていたもんだが、最近は山桜とか大島桜みたいな花の方にしみじみするなあ。ソメイヨシノって遠くから見ると絶世の美人なのに、近くで見るとそんなに趣がない感じに思えるな。

しだれ桜花海棠左はしだれ桜、右は桜じゃなくて(同じバラ科の花だけど)花海棠。

花見の場所取り飲むべきか飲まざるべきか井の頭公園も花見の名所だが、ここは開かれた場所のせいか昼間に行ってもまず酒の匂いがしますよ! ……そういえばアルコール持ち込み禁止のはずの新宿御苑でも酒のにおいがしてびっくりしたが。でも、やっぱり花の下でひっそりと飲むのもいいよね、と思いつつスーパーでどの酒を飲もうかと物色もしてみる。ワンカップはちゃんとフタがあるヤツじゃないとだめだよなあとか、ワンカップ1杯だけだとちょっと飲み足りなくないか? でも300ml瓶を持ち歩いてグビグビ飲んでいる中年女って、どうよ? いや、300ml瓶をペットボトルホルダーに入れて飲めばいいんじゃないのか? いっそのこと500mlの緑茶のペットボトルに酒を入れておくというのはどうだろう?? そして桜の下の飲むなら「上善水如(じょうぜんみずのごとし)」かなあ、「出羽桜」もいいけど近所の西友にはワンカップがないんだよなあ。いやいやここはぐっと濃いめの酒で「菊水のふな口」にしておくというのはどうかな? まあ「澤の井の辛口」でもいいしね、などと邪心だらけだ。結局、今年の春は桜の下では酒は飲まなかったのだが。

花吹雪の証拠桜を踏みしめる4月に入ってからは仕事が忙しくて休みを取りづらいので、天気の移り変わりを常にチェックして、最高に晴れたソメイヨシノの超満開の日に、会社を午前休取って、またもや新宿御苑に。ここはソメイヨシノの本数も半端じゃないので桜吹雪がそれはそれは見事なのだが、でも他にも色々な花がまだまだこれから満開を迎えるので、両方楽しめてそれはそれはうっとりとする光景だ。もう、心の底から「今日は、午後も会社休んで花見していてええええええ!」と思ったが、さすがにそれは出来ないのだった(だって、忙しくて毎日8時9時まで残業三昧ですよ)。

4月9日の新宿御苑2新宿御苑の桜並木左の写真は、一番上の写真と同じ場所でとったのだが、この人ごみの違いときたらどうよ。

長州緋桜八重桜(ウコン)左は「長州緋桜」という名前の桜、右はウコンという種類の八重桜。うっすら緑色がこれまたきれいな花だ。

八重桜(江戸)八重桜(一葉)左は八重桜の「江戸」、右は「一葉」。桜は見てても飽きないなあ。

しかし、昨日近所の公園に行ったらそこはソメイヨシノが圧倒的に多いところなのでほとんどの桜が散って葉桜となっていた。それで「これでもう桜の季節も終わりかぁ」と思いつつ家に帰ったら、なんか燃え尽きてしまったのか、体が重くてなんだか気分も悪く、だんだんと頭も痛くなってくる始末ですよ。のども痛くなってきたので風邪をひいたのかもしれない。そんな訳で今朝は久しぶりに朝からドリンク剤を一気飲みしてやっとこさ出勤したのだが、3月末から昨日までとにかく駆足で花見三昧したツケがくるのはこれからだ。ふぅ……(遠い目)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
>原稿、描いてました」とか言っても信じてもらえないよなあ、やっぱり。

信じねーよ。そういうことに関しては、すっかり心の荒んだわたし。でもそういえば、そろそろ夏コミの準備を始める時期なのか?年に一回の新刊発行なら(別にそうと決まったわけじゃないけど)、冬でもいいよねぇ(ウフ)などと逃げないようにね。
ほんと、花見三昧してるんだねぇ。まぁ300mlもワンカップも世間様から見たイメージは同じということに、うわばみOLは気づいてないみたいだけどさ。ていうか、最初は飲んでることを誤魔化そうとしてた筈が、いつの間にやら舌なめずりものの酒のチョイスに邪念の方向が変わってるし。
そうそう、そういえばわたしもここ数年、花見の時には「あと何年この桜を見れるのかなぁ」って思うようになりました。順調に成長してるってことか?(でもチューリップとかひまわりとか見ても同じ思いが心をよぎらないのはなぜ?儚さ不足の問題?)
うちの夫の職場では、今頃インフルエンザが大流行!tsumireさんも気をつけてね~
2009/04/14(Tue) 08:21 | URL | suika | 【編集
おおっ美しい!
東京は八重桜も満開なんだねえ。チーバより早いね。
私も年々桜追っかけおばさんに。しかし今年は鎌倉に行った時は1~3分咲き、その数日後お墓参りでやはり少し早くて、来週の週末が満開かなぁ・・と思ってたらわずか2日後に満開。
週末には散ってたよ・・・。
急に気温が上がってあっと言う間だったね。咲いてから寒くなると長持ちなのに残念。
あわててご近所をあちこち回りました。
総武線はKさんに見下されてる(笑)けど、市川のしだれ桜は一度見にきんさい。
樹齢300年で、すごく迫力あるんだよ。この樹を見ると、「たまずさの怨霊」を思い出すのよ。その名も「伏せ姫桜」っていうしね。ソメイヨシノより早めに咲くので、来年ぜひどうぞ。
ご案内しますよ、総武線の見所を。家賃も安いし、住みたくなるかもよ~。あっでも知事、森田健作だっけ!





2009/04/16(Thu) 22:44 | URL | oha~ | 【編集
>そろそろ夏コミの準備を始める時期なのか?

やだなー奥様、まだ春よ、春。春のうちは夏の事は考えないものよ(←明らかな逃避)。ま、夏コミ用のサークルカットには「お花見ブック出します!」って書いちゃったけど、結局まだ何もしてねーなー(←開き直り)。

>順調に成長してるってことか?

ええ、着実に老人力が成長してきてますよ。忘却力も着々とついてきているし、体の方も崩壊力(?)がパワーアップしてきているしな。

>うちの夫の職場では、今頃インフルエンザが大流行!tsumireさんも気をつけてね~

そうなのよ、同僚のNさんがどうやら先週インフルエンザだったらしいんだけど、あまり熱が高くならずにいつまでもぐずぐず体調の不良が続く嫌なタイプのインフルだって言ってたよ。冬が終わったからって油断が出来ないな。suikaさんもダンナさんともども風邪やインフルにはくれぐれもお気をつけて(風邪もめっきりひきやすくなったよね)。
2009/04/19(Sun) 23:55 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
桜は本当に油断が出来ないね。私もあちこち見て回ってここの桜は来週末当りが見頃だろうと思って見にいっても、すっかり散りきっていたりしてさ。本当に花の命は短いわ。

>樹齢300年で、すごく迫力あるんだよ。

それはぜひとも見て見たいねぇ……。でも仕事がさ、今の部署になってからは年度末年度始めの忙しさは尋常じゃなくってさ、近場でお茶を濁すばかりよ。遠くの古木の桜を一目いてみたいと思いつつ、もしかしてそれは定年後の話かなあ、とか思って見たり。

>ご案内しますよ、総武線の見所を。家賃も安いし、住みたくなるかもよ~。

えーーー、だって「超教育的見地」からコミケを追い出した県だしー、知事があのモリケンだしー。
2009/04/20(Mon) 00:01 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック