C75まだ召集令状の現物は届いていないのだが、金曜日の夜にはメールで今度の夏の舞踏会(コミックマーケット76)の当落情報が届いていました。今回のショバはなんと東(東京ビッグサイト東ホール)。

 風眠舍 8月16日 東地区“P”ブロック-55b

うわーーん。今の部署になってから驚異的に仕事が忙しくて今回こそは本当に「なんだかいけなさそうな気がする~~」「(新刊なしも)あると思います!」(→天津木村で)。一応印刷会社の入稿締め切り日をチェックしてみる。

 7月27日 表紙入稿〆
 8月3日 本文入稿〆

……2ヶ月、ないですやん。きょ、今日から頑張ろうか、な……(←ちょっと、弱気)。

しかし最初、通知メールの「東地区(東ホール)」配置という文字を見てビックリ。ここしばらく西ホールだったのに東ホール配置って、何!? 今回始めてネット申し込みしたから何か不備とかあるいは申込ジャンルを間違えた!? と検索してしまいました。そしたら「創作少女漫画」は今回は東配置でした。あー、びっくりしたー。なお助っ人の同僚M様のジャンル(創作JUNE)は西ホール配置らしく、「(本拠地の東からM様がメインでお買物をする西への)移動がつらいです~」とつぶやいていました。

ところで昨年末に参加した冬の舞踏会の参加記を全然書いてなかったなーと思い出してネタメモを見てみたんだけど……もう半年近くたっているもんだから、どういう内容だったか思い出せない。ちなみにメモの内容は以下の通り。

・絶妙な配置
・イスタンブールのオタク
・スタッフの通夜
・漫画家志望の外人
・DAIGOの姉
・BL専用ブックカバー
・28日の同僚M様

「絶妙な配置」……前回のC75では私の活動ジャンルである創作少女漫画と、私が本を買っている旅行記関連、評論・情報、手作り小物系、歴史系、そして同僚M様のメインジャンル創作JUNEが全部同じ日の西ホールになるという素晴らしく絶妙な配置で、さして移動せずに色々お買物できて喜んでいたのだ。しかし今度の夏はまた別々のバラバラ配置。私はM様のように国境超え(東ホールと西ホールを結ぶ連絡通路を抜けること。通勤時の山手線満員電車並の混雑で恐ろしく時間と体力と気力を奪われる難行)をする気力なんぞないので今度はスペースでまったりとしていることであろう。

「イスタンブールのオタク」……確か常連さんぽい方がやってきて海外旅行話をしていったのだが、イスタンブールのまさかここで?というような場所ですっごーく濃いオタク外人に出会った、という話だったような気がする。

「スタッフの通夜」……本を手にとって下さった準備会スタッフの方とお話したのだが、別のスタッフの方が前々日くらいにに突然死して通夜になって告別式に参加してもう大変で……という話だったような気が。

「漫画家志望の外人」……本を手にとって下さった外国人の彼氏連れの女性の方が、同人誌の出し方についてあれこれ聞いてきたので簡単に説明したり、スペースに置いてあった印刷所のチラシなどを渡したりしたのだが、どうやらその彼氏が漫画家志望らしく、どうやったら漫画家としてデビューできるのだろうかということを聞いてきたのである。それで、雑誌社の漫画賞に応募したり、出版社に持込したり、アシスタントから足がかりをつかんだり、同人活動で編集さんから声を掛けられることもあるとか、まあ簡単に説明したらいたく感謝されたのだが、あの外人さん、どうしてるかなー(顔は全然覚えてないけど)。

「DAIGOの姉」……前回は同僚M様の他にM様のヨコシマ仲間(つまり腐女子な)のT嬢が手伝いにきてくれたのだが、西の腐海(創作JUNE)であのDAIGOのお姉さまが出している本を買ってきて見せてくれたのだ。私は腐海事情にはまったく疎いのでT嬢が色々説明してくれたのだが、本を買った時にT嬢はお姉さまに聞いたそうである。「DIAGOさんって、おうちでもあんな感じなんですか?」と。おいおいおい……。そしたらお姉さまは「はい、そうです」とキッパリ答えたそうだ。うーむ。しかし昨日の「ウチくる」(フジテレビ、日曜12時。6月7日のゲストはDAIGO)なんかを見るとDAIGOって元々頭は悪くなくてしかも空気を読むのが非常にうまいのがわかるので、多分お姉さまも弟の営業の邪魔をしないようにああいう答え方をしたんだろうなあと言う気がするね。

「BL専用ブックカバー」……確か同僚M様が買った本に専用のブックカバーがついているものがあって、それの優れ所は、電車の中でも読めるように挿絵を隠せるような仕様(見開き2ページの半分を覆えるようになっている)になっているのだという。カバーをかけてあって挿絵がない本ならパッと見、そっち方面の本だとはばれないけど挿絵があっちゃあ完全にアウトだもんね。

「(12月)28日の同僚M様」……何を書きたかったのか全く思い出せない。やっぱりこういうのはすぐに書き留めておかなきゃダメね……。
関連記事
テーマ:同人活動
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
「なんだかいけなさそうな気がする~~」も「今回こそは本当に」も、まぁいつものこととは言いながら、確かに仕事忙しそうだもんねぇ。でも奥様、常連さんがかなりお見えになるショップなのに、冬に引き続き夏も新刊なしでは、「富樫ショップ」とあだなされても文句を言えないかも。
「BL専用ブックカバー」……確かに挿絵があっちゃ完全にアウトだけど、本の半分を隠してる時点で限りなくアウトのような気もするなあ。
世間一般には、五十路はもうあまり無理しなくてもいいって空気があるかと思ってたけど、私、完全に主婦ボケしておりました。仕事、大変そうだけど、体に気をつけて、テレビ見なくていいから、花見もやめていいから、漫画も読まなくていいから、新刊頑張ってね!(訳 死ぬ気になって描かんかい!オラッ!)
2009/06/09(Tue) 08:14 | URL | suika | 【編集
そう、毎回言っているんだけど毎回なんとかギリギリで出せていたわけなんだけど、今回は本当に出せないかもしれない。だから電車の中でもまだ6月の今からネタ出しにうんうん言っているくらい……ええ、いつもももっと早くやれって話だがな……。

>「富樫ショップ」

……さして描かないのに客とかファンがいっぱいの店……いいかもしんない……(私ってば、疲れてる?)。

>世間一般には、五十路はもうあまり無理しなくてもいいって空気があるか

えーーー、そんなにお年寄りをいたわる雰囲気ある? だいたい団塊の世代がまだピチピチしているのに(←いいすぎか)その下の世代なんかいたわってもらえないよー。
2009/06/09(Tue) 09:11 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック