「ハゲタカ」もいよいよ本当の終わりが近づいている。そんな訳で先週のうちに新宿ピカデリーの今日の分のチケット(レディースデイで1,000円)を予約したハゲタカ廃人の私だ。しかし私ときたら今月一体何回会社を早退したのだ。もうそろそろ同じグループのリーダのY岡さんの顔も部長のM山くんの顔も正視出来ません! でも結局3時には予定通り会社をでた訳だが。

そしたら下りエレベーターの中でもっと上の部長と一緒になってしまって私的には非常に気まずいことに。そして部長は私の帰り支度を見て言ったのだった。
「あ、(早く帰って)今日はお母さん、するんだぁ」
「……」←笑ってごまかす。
多分私が子ども(10歳)の小学校の保護者会か何に出るために早退しているのだと誤解している模様。ゴメン、部長。小学校はもう夏休みですからっっっ! 保護者会は9月になるまでありません!

さて今日の注目ポイントは前々回の疑惑、「鷲津ファンドはインサイダー取引をしたのか?」である(7月17日「映画「ハゲタカ」7回目鑑賞」)。うわ-、いきなり難題。経済の事にも金融の事にもまったく疎い私が一体何をとちくるっているんだか。「株式公開買付、金融商品取引法、相場操縦禁止、、」と金融関連用語を早口で言えるようになったとしても道のりはまだまだ遠い(←遠いどころか間違っている)。とにかく株のことなんにもわかってないのに、いいのか? さらにネタバレ含むが……もう、いっかあ。とりあえずちょっと空行は入れておきます。










まず、今回の一連の株取引およびファンドの動きとしては

鷲津F(鷲津ファンド)…ライオンソース訴訟で敗退、「傷心の鷲津代表」(←雑誌の見出し)(大森南朋)は海外にトンズラ→芝野(柴田恭兵)がやってきて説得
アカマ・MGS銀行(アカマの筆頭株主)…鷲津Fにアカマへの友好的買収(ホワイトナイト)を依頼
BWP(ブルーウォールパートナーズ)…アカマへのTOB(株式公開買付)発表、買付価格1,300円、買付期間1ヶ月
鷲津F…アカマへの対抗TOB発表、買付価格1,400円、買付期間は記者会見では未発表(ただし買付期間は最大でも20日以上60日以内ということになっている)
鷲津F・BWP…買付ビッド激化
BWP…アカマ株買付価格2,200円
鷲津F…打つ手なくしょんぼり→劉(玉山鉄二)にちょっかいを出してみる→(多分)マスコミにBWPの背後にCLIC(中国の国家ファンド)がいる事をリーク→鷲津が「面白いアイデアを思いつい」てドバイへ金策に走る
アカマ…鷲津Fを切って、BWPと提携する事を公表
鷲津F…(多分)アカマへのTOBはまだ中止していない?
鷲津F…アカマのFA(フィナンシャル・アドバイザー)であるスタンリー・ブラザーズへ買収提案をする
BWP…スタンリーとCLICを仲介(実は裏で西野が暗躍)、スタンリーはBWPからの買収に応じ、BWPはスタンリーの発行済株式と優先株の引き取りを発表
鷲津F…東京市場閉会間近でスタンリーのオルトX200億円分を解約し「すぐにいつもの口座に振り込んでおいてくれ」と宣言、なおかつスタンリーがすぐには資金手当ができないよう裏で手を回す。
MGS銀行ロンドン支店…スタンリーからの融資依頼を拒否
世間(表に出ている状況)…スタンリーが200億円を何とかできないという「噂」が拡がり、スタンリー株投売りが始まる
鷲津F…スタンリー株を「売って売って売りまくる」(アカマ株は売っていない)
世間…スタンリー株暴落、ついでにアカマ株も暴落、さらに連鎖的に世界的な経済危機状況となる
BWP…CLICの指示により(多分)アカマへのTOB中止発表?
鷲津F…アカマ再建試案を練っているところから(←劉からの最後の電話の直前シーン)、(多分)アカマの経営を左右できる程度の株数を取得。もしかするとBWPがTOBを中止した事により流れ込んできた分? あるいは株価がガクッと下がった事により保留者から流れてきた分もあり?
鷲津F・MGS銀行…アカマに社長交代を指示
アカマ…臨時取締役会開催、アカマ株暴落の上にスタンリーに何十億も無駄遣いしちゃって社長交代
MGS銀行…芝野に社長就任を要請

えーー、もしかしてこれはインサイダーよりもまず「風説の流布」じゃないのー?? ほら、「ビッグマネー」(2002年、フジ、原作・石田衣良、出演・長瀬智也、植木等他、脚本は「ハゲタカ」の林宏司)で最後に長瀬が逮捕された案件ですよ(←全ての知識をテレビドラマで得ている……)。株価操作のためにとんでもない噂とか情報をながしちゃいけませんっつーやつだ。……違うのかな。200億円手当できなかったのは噂じゃなくて事実だからいいのか。でも原作なんぞを読んでいると、スタンリーほどの会社が200億円ぽっち(しかもアメリカドルだと2億ドルちょっと)をなんとか出来ないってあるかなあとか思うのだが。傘下のファンドがオルトXからみで赤字を出しててその補填のためにとんでもないことになっているというのが本当にもうシャレになんないレベルだから?? それとも今回のコレが世界市場の時間差攻撃だから? ただ単に原作のスケールが無駄にでかすぎるのか?

どうも基本的なことをわかってないのが大問題だけど、日本の証券取引所だとまず値幅制限(株価の異常な急騰・暴落を防ぐために、株価の1日に変動できる上下の範囲を制限すること。制限値幅の限界まで上昇することをストップ高、下落することをストップ安という)があるからアカマ株も底なしには暴落しないよね? その点ニューヨーク証券取引所は値幅制限がないからスタンリー株は暴落しまくりだし、当然その影響から日本の証券所の株も激落するだろうけど。あれ? そういえば確か鷲津と飯島(中尾彬)がアカマの古谷社長(遠藤憲一)に最後通告する場面では、「スタンリーに乗せられてのアメリカ株式市場に上場」とかなんとか言っていたからどっちもニューヨーク証券取引所の話? だから鷲津ファンドの会議室のモニタにはアカマとスタンリーの株価グラフが同時に映し出されていてなおかつ両方ともどんどん下がりつつけていたっつーことか。

ではアカマ株とスタンリー株の大暴落がニューヨーク証券取引所での話だとして(鷲津ファンドが公開買付を発表したのは東京証券取引所上場の方のアカマ株だと思うけど)、アメリカでのインサイダー取引に関する規定が日本同様にあり、多分日本よりも格段に厳しいものであると想定してみるが、アメリカの法律は皆目見当が付かないのでとりあえず日本の法律に照らし合わせてチェックしてみる(とかいってて日本の金融商品取引法もこれっぽちも理解してないんだが)。

まず、インサイダー取引とは「上場会社または親会社・子会社の役職員や大株主などの会社関係者、および情報受領者(会社関係者から重要事実の伝達を受けた者)が、その会社の株価に重要な影響を与える「重要事実」を知って、その重要事実が公表される前に、特定有価証券等の売買を行うことをいい、金融商品取引法で規制されています。インサイダー取引は、金融商品市場の信頼を損なう代表的な不公正取引です。インサイダー取引を禁止する理由には、主に「投資者保護」、「金融商品市場への信頼確保」が目的とされております」(カブドットコム証券より)ということで、会社関係者がその立場でだけ得られる公表前の情報を元に株とかの売買しちゃいけません、っつーことだ。そしてこの「会社関係者」の中には株式公開買付等関係者も含まれるのである。また、公開買付者等関係者でなくなった後も1年間は各種インサイダー禁止規定が適用される模様。

そこで鷲津ファンドのインサイダー取引疑惑だが。まず鷲津ファンドではアカマへは株式公開買付をしていて、なおかつBWPとアカマが業務提携を発表したとしても(多分)公開買付の中止をしてなくて、さらに暴落時にも(多分)アカマ株は売っていない。だいたい、鷲津は世間にどう思われようともアカマを何とかしたいと思っているわけだから買うことはあっても売ることはないし、公開買付実施中は公開買付以外の方法で株を購入する事は出来ないという基本的な規定があるから、公開買付以外の売買はしていないはずである。だから、アカマに対してはインサイダー取引には当らないと推定。

一方、鷲津ファンドはスタンリーへは「買収提案」をしている。「買収提案」の中身が気になるところだが、主な買収方法である「相対取引」「市場内取引」「株式交換・移転」「公開買付(TOB)」のうち、あまり時間がないので(BWPにアカマのTOBを中止させるための時間は公開買付期間である1ヶ月以内?)TOBは実行しなかったものする。さらに第三者割当増資による株式の取得も株主総会の特別決議やら取締役会決議が必要なため、それもなしとする(これもそれもアメリカの法律がどうなっているんだかさっぱりだけど、とにかく基本的には日本と同じだとして)。

後々、必要以上にとにかく「売って売って売りまくる」ためには主要株主(総株主の議決権の10%以上を有するもの)であったか(売るだけの株があったか)、あるいは空売り(証券会社から株を借りての売買)するしかないと仮定する(←まったくわかってないのに断定)。また、やっぱり時間がないのでスタンリーの他の株主に対して何らかの手段も講じなかったものとする(プレミアムをつけて買付の約束をするとか)。さらにいくらなんでも基本的な禁止事項、「役員または主要株主による自社株の空売り行為の禁止(日本の場合、金融商品取引法第165条)」にも触れていないものとする(いくらなんでも鷲津ファンドの法律担当が止めるはず)。

主要株主だった場合、結局議決権総数の3分の1以上の保持だと拒否権を行使できてしまい、スタンリーとBWPの提携に異議を唱えることが出来てシナリオが狂ってしまうので、3分の1以下であるとするが、だとすると「売って売って売りまくる」程には売り切れないんじゃなかろうか。そこで「主要株主」ではないと推測する。するとやっぱり「売って売って売りまく」ったのは空売りということになる。

だいたい、(シナリオ通りに)スタンリーがBWPの方の買収提案に応じたんだから、鷲津ファンドは実際には買収行動はしていない可能性のほうが高いんじゃなかろうか。だってもともと本当は買収する気なんかないんだし。スタンリーの役員でも主要株主でないなら空売りするのは全然OK? でももしかして、そもそも「買収提案」をする事で、実際に買収行為を行わなくてもなんらかの法的な縛りが出て来るのかなー。あるいは他の方法で売買をあやつっていたのか? あー、やっぱりわからん(←株のことも法律のこともわかっていなさすぎだよ。)。

でも専門監修が4人もいて(経済監修:森生明、経済考証:勝又幹英、金融考証:鎌田伸尚、法律考証:南賢一)インサイダー取引になるかもしれないことに気がつかないなんて、あるわけないよね。

という訳でもう少し色々勉強してからまた「ハゲタカ」を見ようかなと思っている今日この頃(←まだ見るんかいっ)。ええ、東宝の12作品共通前売券が実はまだ1枚残っているのよ。ふふ(とか言ってて来週当りあっさり「アマルフィ」なんか見てたりして)。
関連記事
コメント
あと一回見に行ったら10回ということでキリもいいのでは?株とか投資などとは全く無縁の生活を送っておりますので、インサイダーなんて言葉もたまに新聞で見るくらいだけど、tsumireさん、ハゲタカのおかげでここまで勉強したんだねぇ。そしてさらに勉強を重ねると。やっぱりこの情熱と成果は新刊に生かすべきでは?ハゲタカ本だったら、この勢いなら睡眠時間を削っても出せそうなんだけどなぁ。(出すときは教えてね。それまでにドラマのDVDを見て予習しておくから)
2009/07/23(Thu) 00:05 | URL | suika | 【編集
>あと一回見に行ったら10回ということでキリもいいのでは?

そっかぁ、キリはいいっかぁ……。あれ? キリがよけりゃいいって問題だったっけ?

インサイダー取引は……私は会社で実は従業員持株会の事務局の仕事もしているので、まあ見かける単語だな。あちこちの申請書に「私はインサイダー情報は取得していません」って文章があらかじめ印刷してある。で、そりゃわしらのようなヒラじゃインサイダー情報なんか持っている訳無いじゃんとか思いつつ処理しております。

>やっぱりこの情熱と成果は新刊に生かすべきでは?

そうなんだよねぇ……。でも思い入れがありすぎるのか、玉山鉄二の顔は描けても鷲津政彦(大森南朋)の顔が描けない(気に入らない)っつーところだ(←結局描いているんかい)。ちょっと時間的に今回はパスかなあ(ため息)。
2009/07/23(Thu) 06:38 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
わあ、Kさんすごいよ。私はまるっきり経済が分からずなんでこれほど面白かったのか!?と自分に疑問。ファンドとか株とか知識があれば更に楽しめたんだろ~なぁ、とちょっと残念。

ドバイの王子に連れの女性が、孫の代にも優れた日本製品を残したいだろう、とか言ってたじゃん。だからあのお金は、すぐに利益が出せなくても石油王がアカマに投資するんだな、って思ったんだ。だからスタンリーの買収話になったとき、あれっあのお金使っちゃうの?と。で、その後、なるほどスタンリーと中国をだます見せ金だったのか、と勝手に納得。でもそれじゃあファンドマネならぬクロサギになっちゃうのか!?

>玉山鉄二の顔は描けても鷲津政彦(大森南朋)の顔が描けない

まぁ、ではまずは「劉編」ということで♪
2009/07/23(Thu) 23:10 | URL | oha~ | 【編集
>私はまるっきり経済が分からずなんでこれほど面白かったのか!?と自分に疑問。

いやあ、この話は経済が判らなくても私やoha~さんのようなド素人が見てもちゃんと理解できるように作ってあるんだと思うんだけど。

>だからあのお金は、すぐに利益が出せなくても石油王がアカマに投資するんだな、って思ったんだ。

多分、あのお金は何かに対して(アカマとかスタンリーとかじゃなくて)の出資じゃなくて、王子が「君は面白いな」「何を考えている?(みたいな台詞)」からして、きっと何をしようと鷲津個人が気に入って運用をまかせたんじゃないかと思ったけどね。

>まぁ、ではまずは「劉編」ということで♪

だって、劉には何にも思い入れないしーー。
2009/07/24(Fri) 00:07 | URL | tsumire→ oha~さん | 【編集
疑問について
私は某証券会社に勤務するCFP資格保有の会社員で、うちの奥さんはドラマ時代から鷲津政彦にはまっています。
私が寝た後も深夜までネットを見たり投稿したり、イベント等に参加したりと鷲津派の一人です。私はドラマの時は解説役をしており、映画も二回見て(奥さんはその何倍)おります。

私のわかる範囲でtsumireさんが疑問に思った事をお答えしたいと思います。

まず200億くらいスタンリーが用意できないか?
想定の状況では、スタンリーはすでに自転車操業状態です。世界各国の売り上げは本社が傘下ファンドの通常の債権払い戻しや解約の資金に当てていると思われ、日本スタンリーにはキャッシュはありません。また保有する株や債権を現金化するには、五時寸前というのは、市場も閉まり、時間外取引(200億の現金が何処にある?)しかなく、また五時過ぎれば、鷲津の解約発注は翌日付けとなり資金ショートはおきません。
同じくロンドンでも市場の閉まる寸前にMGSに断わりを入れさせたのは、市場で200億つくるために株や債権を投売りする事も避けられればさけたかったんでしょう。
ニューヨーク市場が開く時刻には、そこに鷲津ファンドからの空売りの大量注文が重なり、一気にスタンリー株の暴落を招きました。
それを可能にしたのは、ドバイの資金です。空売りする信用注文には、証拠金がないと各証券会社は注文を受け付けません。市場を揺るがす位の空売りなら数千億は必要だと思われます。そのためのドバイ資金です。
結果スタンリーの破綻、アカマ株の暴落によりTOB価格を当初より大幅に引き下げても取得可能となりMGSの用意した二兆五千億以下で株式の取得と債務の整理(MGS以外の)は行えたでしょう。
またドバイには、スタンリー株の空売りによる莫大な利益により、巨億のリターンとこれからの資本主義の焼け野原ニューヨークで戦う鷲津の資金バックになってくれる信用を得たものと思われます。

なお買収提案をした鷲津ファンドにスタンリーは最初から応じていないし、デューデリの内部情報も提示されていないので、空売りがインサイダーには当てはまらないでしょう。

王子が鷲津に出資した理由としては「腐ったアメリカを買い叩く」に賛同し、ユダヤ資本の独占の一角を崩す目的もあったのではと推測します。



2009/07/26(Sun) 11:14 | URL | なんちゃってCFP証券マン | 【編集
こんにちわ、ご丁寧なプロの方の解説、本当にありがとうございます。金融の「き」の字も全く理解していない私のヨタ話(しかも今のところ情報源はWikipediaと証券会社のお知らせページのみ……)にこんなに丁寧にご回答いただきまして恐縮です&本当にありがとうございました。おかげさまで謎は解明できてすっきりしました! 特にドバイ資金の使い方、証拠金だったんですね……。去年、信用取り引きをしていたらしい同僚のオジさん達が悲鳴をあげていたのを思い出します。「(追証のための?)金策に忙しくて仕事なんかしてられない!」とか。ふふ。

で、昨日はここんとこの謎究明をメインにまた見に行ってしまったのですが(←大馬鹿)、そこら辺を中心にあらためて見てみると、結構言い逃れが可能な余地が残してあって、本当にうまいなーーと思いました(アカマとBWPの提携記者発表では、「(これから)前向きに対応して行く」とあくまでも予定である旨匂わせたり)。

さて、勝手な事を色々書いていたものの、

>なお買収提案をした鷲津ファンドにスタンリーは最初から応じていないので、デューデリの内部情報も提示されていないので、空売りがインサイダーには当てはまらないでしょう。

ほっとしました。色々とありがとうございました。あともう1回ほど生半可なヨタ話を書く予定ですが、お暇なおりにでもツッコミいただければとても嬉しいです(笑)。
2009/07/26(Sun) 12:52 | URL | tsumire→なんちゃってCFP証券マさん | 【編集
即日解約できないというのが気になる
今頃 解決済みのことにコメントつけて申し訳ありません。中年男のハゲタカファンです。ただ、映画はまだったの一回しか観てなくて、ハゲラーの間では、パシリです。

で 次のブログの解約問題が気になって夜も眠れません。で昼寝してます。(ウソ)

http://hidetoshi-iwasaki.cocolog-nifty.com/1/2009/06/post-ab38.html

こういう権威のある方が断定的に
「投資銀行スタンリーの証券化商品を買い集め、一気に換金の請求をかけて、スタンリーが資金手当てに失敗するよう仕組むあたりは、現実にはありえません。」

と言われると、なんだあれは空想の上の作戦なのか、と思ってしまいましたが、2ちゃんねるなんかでは、そうでもないような書き込みがある。

まったく例外のないルールはないと思いますので、「鷲津は前例のない方法でやった。」とでも取れる事実があれば熟睡できそうです。

2009/09/11(Fri) 12:24 | URL | oisan | 【編集
こんにちわ、私はまったくもって詳しくもなんともないのですが、解約には45日ルールというものが、通常は適用されるらしいですよね。解約する場合には45日前までに通告しておけ、というもののようです。

ただ、(これは推測ですが)「45日ルール」といっているぐらいですから法的な根拠ではどうなのか?という気がするんですけど。法的に何か決まっているならわざわざ「45日ルール」なんて言い方はしないはずで、多分金融商品取引法第何条によれば、というような表現になるような気がするんですけど。

つまり業界の慣習としてこういうルールがあり、今まではここから逸脱するところはなかったのではないかと思います(あーー、まったくわかってないのに勝手なことを言ってますが)。だから鷲津ファンドの場合も後々あちこちからすっごく顰蹙を買う可能性はあるかもしれないけど、そして今まで前例がなかったかもしれないけど、絶対無理ではない(法的にアウトではない)のかもしれません。

>こういう権威のある方が断定的に

権威がある方が例外的な方法をオススメするような書き方はできないのではないかと……。
2009/09/11(Fri) 13:04 | URL | tsumire→oisanさん | 【編集
tsumire様

さっそくありがとうございます。
解約ルールは、業界の自主ルールと2ちゃんねるでは書いてましたが、どこかに文字になったデータがないか探してみたけどみつからず。
金融商品取引法関連の政令、省令じゃないので法的拘束力はないと考えればいいのでしょうね。

権威のある方の経歴をみて、また、びびってしまいました。
モルガン、メリル、リーマンのマネージング・ダイレクターを経験したおられる。ゆえにあっちの業界サイドで判断されるのでしょうが、「現実にはありえません。」 と「法的にアウトではないが、そのような例はない」では、けっこう受ける印象が違ってきます。
2009/09/11(Fri) 16:02 | URL | oisan | 【編集
>法的拘束力はないと考えればいいのでしょうね。

それはまた何とも言えないんですが。もちろん法律にはまったく疎いので何も言えないんですけど、法律として明文化されていない事でも、長い間慣習として続けられて来た事に対しては、ある程度法律も柔軟に対応している場合もありますよね。インサイダーや株式公開買付みたいな事だとかなりはっきり細かいルールが定められているんですけど、解約ルールはもしかするとかなりグレーなのかも。

>「現実にはありえません。」

うーん、鷲津ファンドは実際にはないので、現実にはありえないのは確かかも(笑)。

ただ45日ルールについてはあちこち検索してみたら、どうやら東証の通達っぽいことを書いているサイトがあるし、あと45日じゃなくて30日前に解約を通告してくる場合もあると書いてあるサイトもありましたね。
2009/09/11(Fri) 17:45 | URL | tsumire→oisanさん | 【編集
tsumire様

アンケートでお忙しいのにありがとうございます。

デリバティブ関連の約款なんぞも観てみましたが、30日とか45日とか出てきませんでした。探し方が悪いのかな。

さて、先月末のニュースですが
「中国国有企業デリバティブ契約の一方的破棄可能」

http://jp.reuters.com/article/financialCrisis/idJPJAPAN-11272920090831

こんなのも、30日、45日ルールで支払いですかね。中国側は即金を要求するのだろうか?
破棄と解約は違うから、すぐ用立てしなさいと言うのか。

もしや映画ハゲタカが火をつけたか。

2009/09/12(Sat) 04:59 | URL | oisan | 【編集
>アンケートでお忙しいのにありがとうございます。

アンケートは最終日までは特にすることは何もないので別に忙しくはないです。熱いコメントを沢山いただいているので、お返事を書いてたらこっちもどんどん勝手に妄想が膨らんでしまうのが大問題ですが(笑)。

>デリバティブ関連の約款なんぞも観てみましたが、30日とか45日とか出てきませんでした。

えっと、私本当に株にも法律にもまったくうといので全然わからないんですが(←じゃあ書くなよ)、まず金融商品取引法自体にはなーんかそういう解約にかんするとりきめみたいなのはなさそうな雰囲気ですよね(ざっとナナメ読みしただけですけど)
・金融商品取引法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO025.html
運用細則がどこか他にあるのかなー。さっぱりわからん。

暗黙の業界のルールとか、東証からのお達しとは置いておくとすると、個々の証券会社の約款とかの中には色々ありそうですよね。ぐっとスケール小さく(笑)、今手元にある三菱UFJ証券のなんたら約款とか見てみると、これの解約条項には「お客様が当社所定の方法により解約をお申し出になった場合(に解約できる)」「前条に基づく解約に際しては、お客様の振り替え決済口座に記載または記録されている振替株式等および金銭については、当社の定める方法により、お客様の指示によって、監禁、反対売買を行なったうえ、金銭に寄り返還を行ないます」。と、いちいち「当社の定め」とか「当社所定の方法」というご指定があるんですよね。じゃあ、「当社の定め」ってどこにあるんだよ、と見てみてもよくわからない(あああーーー)。

まあ、一番いいのはスタンリーブラザース証券の約款・規定集を見てみる事ではないでしょうか(笑)。

あとこんな記事とかありますけど。
・13日の金曜日に大暴落!?ヘッジファンド保有株処分
http://www.zakzak.co.jp/top/200902/t2009020532_all.html

>中国側は即金を要求するのだろうか?

なーんか一個人とか一企業ではなく、中国みたいな国が「早く早く、お金返してよ!」なんて言ってたら、「あれ? 中国、やばいんじゃね?」てな気もするんですけど(そんなことない?)。
2009/09/12(Sat) 09:10 | URL | tsumire→oisanさん | 【編集
tsumire様

いろいろありがとうございます。
13日の金曜日はいろいろ有名ですねえ。

スタンリーは一応投資銀行で、ヘッジファンドと違うので、この45日ルールは該当しないのかもしれません。

権威ある御方の表現も

『毎月第2木曜日までに受け付けたものが翌月月初に現金化される』

とありますので、30日より短い。
投資銀行で統一的なルールってあったのですかね。

で あのオルトX購入が、鷲津ファンドじゃなくて鷲津政彦個人で買っていたら、買って10日以内ならクーリングオフでいけるのじゃないか。まあ200億くら持ってますなあ。

まあ サブプライムのイカサマ商品解約するのに、あっち側のルールに従う必要もない、って法律なら別ですが、スタンリーも応じたのですから、契約自由の原則だと、強引に言ってもいいのじゃなかろうか。

中国は現金よりも覇権がほしいのでしょう。
2009/09/12(Sat) 11:30 | URL | oisan | 【編集
すんません。

デリバティブは、個人であってもクーリングオフの対照にならないみたいです。

訂正です。なんか難しい。
2009/09/12(Sat) 12:10 | URL | oisan | 【編集
やっと見つかりました。といっても投資信託のケースぐらいしかなくて、オルトXのようなCDOの一種は皆目わかりません。

で 目論見書補完書面というのに書いてることが多いみたいで、ある証券会社の場合は

「原則として解約請求受付日から起算して4営業日目から販売会社において支払い
ます。」

と比較的短め。まあ即日というのが現実的にはないのでしょうが、この「原則として」が曲者で、力関係で決まると。

後は、プロの方のフォローをお願いするとして昼寝します。

今朝早かったのは眠れなかったというより、早朝覚醒です。老化だな。
2009/09/12(Sat) 13:31 | URL | oisan | 【編集
いきなり、こちらにコメントしてすみません。
「お付き合いアンケートコーナー」(何じゃそりゃ?)から、とんできてしまいました。

tsumireさんと全然関係ないコメントで申し訳ないんですが…

もしかして、oisanさんって、某新聞社の掲示板に「ハゲタカネタ」を書き込んでる方ですか?
(違ってたらごめんなさい)
2009/09/12(Sat) 16:17 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
ぶるーうぉーる様

そうです。oisanで検索すると私のような中年親父がたくさんでてきますが、「おいさん」は、ほぼ標準語だったんだな。
2009/09/12(Sat) 18:09 | URL | oisan | 【編集
oisanさん、色々とご丁寧な書き込みありがとうございました。ボケッと見てて調べもせずに勢いで書いている事が多いので(笑)、色々勉強になりました。ありがとうございます。

2009/09/12(Sat) 20:58 | URL | tsumire→oisanさん | 【編集
再度、よけいな書き込みです。
また、tsumireさんと関係ない書き込みですみません。

oisanさんへ
私もその掲示板サイトに書き込んでいます。
名前を変えてるんですが、同一人物です。向こうの名前は「ふらわっち」です。(わかりました?)

tsumireさんへ
向こうのサイトでも、オルトXの件で書き込んでたのですが、こちらのブログで合流するとはびっくりです。
では、また妄想ネタ(笑)に戻ります。

2009/09/12(Sat) 21:21 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
うわー、つい検索してしまいましたよ。前にチラッとだけ見たことがあった掲示板ですが、全然読んでませんでした(掲示板は苦手かも)。お二人とも熱く濃い書き込みをしてらした(している、進行形?)ですね。これからはたまに見に行ってみようと思います。

でも、上記掲示板に載っていた2chのスレッド読んでみたら、ここが貼られてて超ビックリ……。まあもちろん本編の方ではなく(笑)、コメント欄のなんちゃってCFP証券マン氏の書き込みを参照してたんだけど。あーーー、このトホホなブログがこんな風におおっぴらに(いや、インターネットは最初からオープンなんだけどさーーー)。この2、3日でやけにアクセスが増えたと思ったらこれのせいだったか……。

なお、本編のトホホな記事を読まずとも、以下のURLを使っていただければと思います(なんちゃってCFP証券マン氏に断りもなくですが……)。
http://kiritani.blog4.fc2.com/blog-entry-1583.html#comment3753
2009/09/12(Sat) 22:33 | URL | tsumire | 【編集
上記のtsumireさんのコメント見て、つい私も行ってしまいました(笑)

遡ると書きたくなる事いっぱい。
これもきりが無いですね~(^^ゞ
2009/09/13(Sun) 01:27 | URL | BOOKO | 【編集
皆さん、熱いですよね。私も読んでて(って、書き込み量がはんぱじゃないからまだ全然読んでないんだけど)、今更ながらに書き込みたくなりましたよ。やりはじめたらキリがなくなるからやらないけど。
2009/09/13(Sun) 06:44 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
ぶるーうぉーる様

やっと書き込み。今朝観ていたのですが、ちょっと家の用事で今やっと落ち着いて見てます。

なんとそうでしたか、世の中は狭い。
この解約問題にこだわった理由を、ちょっと向こうに書いているのですが、まだアップされませんねえ。そんなまずいことは書いてないはずですが、あちらは検閲おっとサイト運営者様の事前チェックが入るので遅いです。

tsumire様

すみません。突然 闖入しまして。
こちらのブログは先月末からハゲタカ関連を読ませていただいていたのですが、なかなか追いつきませんでしたが、インサイダーのことが目について、ついでに解約問題もやっていただければとコメントさせていただいた次第です。
2チャンネルの方は、だれだったのでしょう。やっぱ気にしてる人がいたのか。

BOOKO様

あちらでは比較的真面目に論語と算盤をやっております。ということになっていますが、まだ数ページしか読んでおりません。

ちなみに角砂糖は、原作の方の飯島さんが、コーシーに入れるのが好きで、4つも一度に入れる。ドラマでは出てきてませんね。中尾さんは梅干しがお好きか。

2009/09/13(Sun) 14:08 | URL | oisan | 【編集
あ 今 掲示板を見たら出てきてました。うーん 運営者様ここを見たのかな。偶然でしょうが。

で 問題の映画レビューですが、やほーのハゲタカのところの、6月8日のレビューの中にあります。
星ひとつを探すとわかりますが、ぎょーかい側の論理でいえば、確かにリアリティーはないのかもしれない。しかし、映画を見るのは、ぎょーかい側の人間ばかりじゃない。ドラマの監査法人に対して、公認会計士の多くからクレームがあったらしいけど、違法とかウソと言えない範囲のことであれば、社会的には許されると思います。

スタンリーに仕掛けた解約の時差攻撃は、経済版トラトラトラとも言える奇襲攻撃で極めて痛快。
今日買った副島さんの本によれば、リーマンショックを仕掛けたのは、ロシアだそうでして、ニューヨーク債権市場で、リーマン債を投げ売りしたことが発端だとか。

やっぱあの作戦は、リアリティーがあったわけです。ぎょーかい側の感覚に合わせるとスケールが小さくなっていけません。
2009/09/13(Sun) 15:15 | URL | oisan | 【編集
>で 問題の映画レビューですが、やほーのハゲタカのところの、6月8日のレビューの中にあります。

それらしいレビューを見てみましたけど、そんなに気にするような内容ですかね。リアリティがないと評価している割にはリアリティ欠如の具体例と検証がほとんど書いてないので、あなたはそういう感想なのねという印象でしたが。あり得ないと言われても、私達は実際にあるファンドのドキュメンタリーを見に来ている訳ではないですしね。確かに好きな作品にケチつけられていい気分はしないでしょうけど、全く同じような評価しか付かない作品よりも、いい評価もあれば悪い評価もある作品の方が、それだけ作品に厚みがあって、見る人のそれぞれに訴える物が違う幅のある作品なのだともとれるのではないでしょうか。

それに金融監修や経済監修者が4人もついている作品です。現実にはありえないとしても、監修者の方達だってエンターテインメント映画として許容範囲と判断されたのではないでしょうか? 映画はリアリティだけあればいいってものでもないですし。

また、原作者の真山仁も原作の「レッド・ゾーン」を書くにあたって、一番あり得ない設定にしたのに書いている途中でどんどん現実が小説に近くなって来てしまったために当初予定していたラストを変更したと言っています(立ち読みした雑誌のなので出典不明)。今、ありえないことがこれからもありえないことなのか、ど素人の私なんぞには皆目見当がつきません。
2009/09/13(Sun) 18:57 | URL | tsumire→oisanさん | 【編集
oisanさん
あちらの掲示板にアップされてましたよ。
私も書き込みました。ボツにならなきゃいいけど…

tsumireさん
真山仁さんのインタビューが載ってる雑誌は「週間東洋経済7月25日号」です。
(家にあるんで、確認しました)
「レッドゾーン」のラストが変わったと書いてあったので、もとのラストはどんな話か気になってしまった。
鷲津さんはミスしなかったのかなぁ?
2009/09/13(Sun) 23:32 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
>真山仁さんのインタビューが載ってる雑誌は「週間東洋経済7月25日号」です

ああ、なるほど。どうもありがとうございます。ジュンク堂で立ち読みしたのは覚えているんだけど(笑)。

>鷲津さんはミスしなかったのかなぁ?

鷲津のミスって、原作「レッドゾーン」のあの一番最後のオチのことですか? どうなんでしょうね。あのマヌケっぷりは結構好きなんですが。秋晴れの空の下を飄々と歩きだす鷲津のあのラストシーンはこれからの季節ですね。
2009/09/13(Sun) 23:46 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
tsumire様

確かにユダヤでは全員一致は無効というから、反対意見にめくじらたててるわけにはいかないですね。

ただあそこのレビューの中でも、評価の低い人でもドラマとの比較とかであって建設的意見が多かったですね。

ぶるーうぉーるさん 様

わりと最近はそのままアップされることが多いです。傾向がわかってきたか。
「2ちゃんねる」は使えないですなあ。
「某掲示板サイト」に書き換えられます。
2009/09/14(Mon) 08:23 | URL | oisan | 【編集
ああ 言い忘れた。

レッドゾーンのあの最後のところは、やっぱインサイダーに拘り続けた部分なのでしょう。
鷲津はあくまでも合法を貫く。
しかし政治的陰謀の部分はなんなんだ。
ベルボックスみたいなのが本当に出てくるかもしれませんねえ。
越法規的措置か?
2009/09/14(Mon) 08:32 | URL | oisan | 【編集
>ベルボックスみたいなのが本当に出てくるかもしれませんねえ。

えーーー、それはやめてほしいですね。あれがあればなんでもOKになっちゃうじゃないですか。水戸黄門の印籠とおんなじですよ~。
2009/09/14(Mon) 10:26 | URL | tsumire→oisanさん | 【編集
こんな時間に目がぱっちり覚めたので、ちょっとだけ。

tsumire様

J民党政権時代はあんなものがあったのかな。フルフォードさんが好きそうな陰謀論ですが、真山さんも最初のハゲタカで、2冊ほどフルフォードさんの本が参考文献になっていたのにⅡでは入ってなかったですねえ。
ベルボックスはフルフォードさんの発想ではなかったのか。

水戸黄門の印籠ですか、うまい。

解約問題、ちょっとねかせて、またシルバーウィークにでも、糠をかきまぜておきますか。いい味が出てくるかもしれません。

そのまま忘れてしまうかもしれませんが。白州次郎もあるし。
2009/09/15(Tue) 02:49 | URL | oisan | 【編集
oisanさんは本当に色々と読み込んでらっしゃるんですね。すごいです。私ももう少し勉強せんと、書けば書く程色々ボロが出て来てしまいます(とほほ)。

白州次郎は楽しみですね。私は第1話も第2話も全然見てなかったので結構期待しています(伊勢谷友介には何の興味もないけど)。
2009/09/15(Tue) 06:13 | URL | tsumire→oisanさん | 【編集
tsumire様

いえいえ 積ん読、睡眠導入剤的読書で頭に残りません。海馬まで到達しとらんぞ。

フルフォードさんのはブログを少々読むぐらいで、そんなに信じてるわけではないのですが、たまに気になることを書いてます。
今月末大変なことがあるのでしょうか。
米中経済摩擦はタイヤで起きつつあります。ありゃ焦げやいので気をつけてもらわねば。

連休中に白州次郎を見るために、がんばっておかねばなりませんが、ちょっとただいま、時間調整です。まああの時間まで残業することはないですけど、休みはほしい。

何を書こうと思ったのだったか。
ああ 労働基準法に30日ルールがあったのでした。解雇予告を30日前にしないといけない。しないときは一カ月分の給料を払う。

あの解約も、多分オルトXの目論見書補完書面には、ちゃんと解約後の支払日が書いていた。しかし、ただし書きがあって、日数分の遅延損害金を差し引いてもらえば、即日返金すると書いていた。

鷲津も知っていたのが、そんな細かいことあそこで言うと、クライマックスが白けるので、あとから別の電話で中延さんが、スタンリー担当者に「200億の5%、年365日の日割計算で15日分差し引いていいですので。」と低い声で言った。
うひょー4100万ほどになりますな。正確にはスタンリーは、199億5900万ほど都合がつかずに破綻したということに。

カット場面集でDVDに入っとらんかな。

と、居眠り中の夢でした。
2009/09/15(Tue) 11:42 | URL | oisan | 【編集
また、おじゃましま~す。

oisanさんへ

あちらのサイトにもレスしたのですが、決してoisanさんが調べたレスを否定したわけじゃないので、気を悪くしないでくださいな。
書き込みだけだと、なかなか意図が伝わらないよね。
もうちょっと国語の勉強、まじめにしとけばよかったな…
むこうのサイトに書き込んでる時も思ったけど、oisanさんって、ほんと知識豊富ですよね。いや、tsumireさんも私に比べたら、ほんとすごい、お二人とも尊敬します。

tsumireさんへ

私も「白洲次郎」楽しみです~。
そういえば、白洲正子役の中谷美紀さんと、南朋さん、来年「スイートリトルライズ」で共演するんですよね。
夫婦でW不倫って、なんかすごそうな話だ。

「ハゲタカ」から大森南朋ワールドに入った私としては、南朋さんが恋愛とか演じるのが違和感あるんです。
なので、その違和感を払拭しようと(笑)、「やわらかい生活」を借りてきました。
まだ、全部観てないので、み終わったら感想書き込もうかな。
チラッと見た感じでは、南朋さんのおでこは…あんまりみえないですね。
と、いうか前髪がゆがんだみたいに見えて(わざとかな?)微妙ですな。
2009/09/15(Tue) 14:20 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
>あの解約も、多分オルトXの目論見書補完書面には、ちゃんと解約後の支払日が書いていた。

とすると、悪いのはちゃんとそこら辺を確認せずにさっさと金策に走った坂本さんということですね(笑)。

>カット場面集でDVDに入っとらんかな。

エキストラに参加された方々の話ではカットされた場面は相当あるようですよね。楽しみです。
2009/09/15(Tue) 19:27 | URL | tsumire→oisanさん | 【編集
>「ハゲタカ」から大森南朋ワールドに入った私としては、南朋さんが恋愛とか演じるのが違和感あるんです。

鷲津が恋愛シーンをやらかすならそりゃ違和感ありまくりですが(それはそれでどんなことになるのか、見てみたいような見たくないような)、大森南朋ってそんなに違和感ありますかね。鷲津とそれ以外のキャラって、かなり距離があるようにも思うんですけど。

>チラッと見た感じでは、南朋さんのおでこは…あんまりみえないですね。

皆さん、そんなに大森南朋の額をアピールしてくださらなくてもいいんですよぉぉぉ!(笑)。いや、私は勿論いいんですけど(え?)、普通の女性はハ……じゃない、おでこの面積が広い男性は避けたいんじゃないんですか?(笑)。でも愛する人ならハ……じゃない、おでこの面積が広くてもいいのか。うーむ……。
2009/09/15(Tue) 19:35 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
また夜中に目がぱっちり覚める。
老化でしょうな。

さて
ぶるーうぉーるさん(様は堅苦しいのちょいと変えます。あちらは格式を重んじるとしますか)

ぜんぜん気にしておりません。どころか、 「ハゲタカにおける真実の追求」という大きなテーマからすると、枝葉末節にこだわりすぎていたかな、と思っております。

「知識豊富」という点は否定しておかんといかんな。ネット歴だけは長いので、検索上手にはなったから、コピペがほとんどで、消化不良です。
ハゲタカが、イメージトレーニングになるので、少しものの読み方も変えていかんといかんかなあ、と、リーマンショック一周年の昨日、決意を新たにしました。(なんちゃって、そんなに意気込むと長続きしないのですが)

tsumireさん

あの電話を受けたのが坂本さんでしたか。映画スタッフの美術さんたちは、あのオルトXのパンフなんかもかなりリアルに作ったそうで、ほんとに「ただし書き」を入れていたとしたら大したもんだ。まあだいたい業者側に都合のいいことは、虫眼鏡でみないとわからんぐらいに小さい字で書いてます。

やっぱDVDは2枚組になりますかねえ。カットシーンだけで、2時間近いかな。はやいとこ予約したいが、金もためねばなりません。

2009/09/16(Wed) 04:04 | URL | oisan | 【編集
ちゃちゃを入れに参りました。

ぶるーうぉーるさん、
『やわらかい生活』借りちゃったの?
あれは見なくていいのに。
南朋さん、全然恋愛してないっす。
長い片思いの上に、きっぱり振られてますし、出演シーンなんて5分もないと思いますよ。
トヨエツがいい味出しているので、映画としては見てもいいけど・・・

それよりも『春眠り世田谷』の方がいいかも。
お子ちゃま向きではないので、お若い方にはお勧めしませんが、
ダメダメ男に対して「困ったちゃんね、この子は」と思えるレディにはお勧めです。

じゃ、本来の鷲津ハーレムに移動しま~す。
失礼しましたっ<(_ _)>
(♪疾風のように現れて~疾風のように去ってゆく~♪←お年、バレバレ・・・)
2009/09/16(Wed) 09:19 | URL | Macky | 【編集
いろいろ考えておると、あの鷲津、飯島ラインの共謀で、スタンリーにロンドンで資金を作らせなかった部分は、詐欺にあたるのだろうか?

という疑問が出てきたのですが、あまりに法律的すぎて益々不眠症になるので、やめておきましょう。

まあ経済戦争ですからね。戦時国際法なんて経済の世界にはまだなかろう。

続編映画で経済版東京裁判なってあって、インドのパール判事みたいな人に救われてめでたしめでたし。というような夢を今夜見れたら最高です。
2009/09/16(Wed) 12:10 | URL | oisan | 【編集
念のため考えてみました。

鷲津ファンドは、解約金手にしなかったんだなあ。そのままスタンリーは破綻して、チャプター11とやらで再建しようとしたのか、破産してしまったのか。

まあ空売りで儲けたのは、別の行為。
で、ここのブログの本文飲用します。

鷲津F…東京市場閉会間近でスタンリーのオルトX200億円分を解約し「すぐにいつもの口座に振り込んでおいてくれ」と宣言、なおかつスタンリーがすぐには資金手当ができないよう裏で手を回す。
MGS銀行ロンドン支店…スタンリーからの融資依頼を拒否
世間(表に出ている状況)…スタンリーが200億円を何とかできないという「噂」が拡がり、スタンリー株投売りが始まる

このあたりに、例の料亭で、鷲津、飯島会談はなかったですなあ。

スタンリーがMGS銀行ロンドン支店を頼るように仕組んでいましたですかねえ。表向きはたまたま頼らざるを得なかったかっこうか?

鷲津、飯島の共謀話は、テレパシーの世界だったかな。アイコンタクトもできない状態だったですな。

いずれにせよ立証がほとんど困難ということで、この問題はお開きにしましょう。

2009/09/16(Wed) 17:42 | URL | oisan | 【編集
あ 飲み込んではいけなかったですな。
「飲用」->「引用」でした。

監修者の方々がぬかりなくやっているでしょう。

2009/09/16(Wed) 17:47 | URL | oisan | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/16(Wed) 19:16 |  |  | 【編集
>スタンリーがMGS銀行ロンドン支店を頼るように仕組んでいましたですかねえ

ただ単にスタンリーブラザース証券日本支社のメインバンクがMGS銀行だったんじゃないんですか?

>鷲津、飯島の共謀話は、テレパシーの世界だったかな。

そんなーー。金融の世界にテレパシーとか以心伝心なんかありませんよ(笑)。最初の三者会談以来、定期的に連絡は取ってたんじゃないんですか? 仮にも2.5兆円のシンジケートローンを動かそうっていうんですから。

なお解約問題ですが、さきほどプロの方からこちらに寄せられた情報によると、即日解約可能な金融商品はいくらでもあるとのことです。oisanさん、とりあえず安心してご就寝くださってもいいみたいですよ(笑)。キーワードは「私募債」「MMF」「GX」など。私には詳細は全くわからないので、聞かないで(笑)。
2009/09/16(Wed) 22:44 | URL | tsumire→oisanさん | 【編集
Mackyさんへ

おっしゃる通りでした…しくしく…
南朋さんの出番、ほんとにちょっとですね。
まぁ、トヨエツはかっこよかったけど、最後に亡くなっちゃうんですね…しくしく
(さっきとは別の意味で)
寺島しのぶさんは艶っぽいですなぁ~(おじさんのセリフみたい)

でも、ひとつわかったこと、それは、南朋さんが仔犬系だということです。
花束を渡して緊張してる顔が、かっ、かわい~い。
って、いい大人の男性にかわいいと言うのって、どうなんだか…
明日、返却しに行くので、おすすめの「春眠り世田谷」をさがしてみますね。

oisanさんへ

相変わらず、掘り下げてますね。ふっふっふ
(なんの笑い?)
あちらのサイトもなんか、私とoisanさんだけのレスばっかになってきましたよね。
そんなんで、切られないのかちょっと心配ですが…
あと、お怒りをかわなくてよかったです。(ホッ)
2009/09/16(Wed) 23:07 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
tsumireさん

おー ありがとうございます。

>即日解約可能な金融商品はいくらでもあるとのことです。

これでひとつ安心。プロの方ありがとうございます。

あのあたり展開が早すぎて、あれよあれよで、後でネットでみなさんの情報で、理解しようとしてきたのですが、DVDが出たら遅回しで何度もみないといけませんねえ。

昔買った刑法の本と格闘してますが、さっぱりわからん。

ぶるーうぉーるさん

うー また3連投してしまいました。
今日はセーブします。
2009/09/17(Thu) 05:36 | URL | oisan | 【編集
今あれこれ検索してたら、東宝のサイトに慶応大学の時のが出てました。

http://www2.toho-movie.jp/movie-topic/0905/06hagetaka_ti.html

法学部の学生がおらんな。だれか考えていてもよさそうなもんだが、おじさんの思考回路では手に負えません。
2009/09/17(Thu) 05:54 | URL | oisan | 【編集
詐欺の件はお開きといいながら気になっておりました。

なんか微妙なんですが、偽計による業務妨害にはなりそうな。
あんまりつっこむと藪蛇ですので、ここらでほんとにお開きにしましょう。
2009/09/17(Thu) 12:19 | URL | oisan | 【編集
おっと誤解されるといかんので。

解約と融資拒絶が表向き別々の行為であればなんの心配もないので、共謀関係を敏腕検事に立証された場合が心配なのですが、ロンドン支店の者が、飯島さんなのか、誰からの指示なのか、まったく意識してなくて、単にサブプライム問題で経営が不安定な投資銀行には融資しないようにというMGS銀行としての方針というなら、まあ心配ないのじゃないですかね。

と詳しくはプロに聞かねばわかりませんが、偽計というのは、「他人の思い違いや不注意に乗ずること」を言うので、当てはまる部分はあります。

お 昼休み終了。間に合うか。
2009/09/17(Thu) 12:58 | URL | oisan | 【編集
しまった。

「スタンリーブラザース証券日本支社のメインバンクがMGS銀行」からするとさっきのはあまりに不自然。

早いところ送ろう。また練り直し。
2009/09/17(Thu) 13:45 | URL | oisan | 【編集
なかなか眼鏡部屋が盛り上がってます。

tsumireさん あの一覧表すごいです。
今度 印刷してじっくり見ます。

さて 

(信用毀損及び業務妨害)
第二百三十三条  虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

ここにも風説の流布が出てくるのですが、やはり虚偽ではないので、こっちにはあたらず、偽計の方になるのだろうけど、業務妨害より信用毀損のような。
しかし、刑法の本には、偽計による信用毀損は実際にはあまりないと書いてます。この意味をじっくり考えると、そう心配ないのかな。と。結果的に株は大暴落しましたが、ロンドンでのたった一回の融資の拒否が営業妨害とまでいえるのかどうか。

ソロスが、ポンド空売りでイングランド銀行を破綻に追い込んだといいますが、あの方、罪に問われたことはない。

飯島さんが、黙秘権で黙り通せば、切り抜けるのでしょうが、それでは、お子様たちが、映画ハゲタカを見たときに、このおじさんたちは正義の見方と説明しにくい。

詐欺師を騙す詐欺師クロサギを小学生はどうみたのだろうか?正義の味方とみたのか?

などと考えて、できることなら、無罪を勝ち取りたい を今夜の夢にするとしましょう。
2009/09/17(Thu) 17:54 | URL | oisan | 【編集
oisanさん

いやぁ、ほんとにずっと200億の件、追求してらっしゃるんですね。
ほんとに、尊敬します。
そういえば、映画の試写会舞台挨拶で、玉山さんが「次回作は黄色いハゲタカで…」と言ってたそうですが、黄色じゃなくて、白もあり得るんですかね。

はたして、ハゲタカ2は(あるのか?)
黄色いハゲタカ(インド)or白いハゲタカ(ロシア)??

あと、個人的質問で申し訳ないんですが、体調がいまいちと書き込んでらっしゃったけど、その後いかがですか?
ここのところ、oisanさんと交代みたいな感じでず~っと書き込み続けてたので、会ったこともないのに、なんか友達感覚になってしまって、偉そうにすみません。

あ、tsumireさんはじめ、他のみなさんも友達気分になってます。ごめんなさい。
ここにコメントするのが、楽しみになってるので、このブログで皆さんと交流できるのがうれしいです。
2009/09/17(Thu) 22:10 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
ぶるーうぉーるさん

ああ ぎっくり腰 思い出しました。
すっかりとは言えませんが、かなりいいです。そろそろ筋トレで腰痛予防に入らねばなりませんが、メタボで腰のキレが悪いです。腹筋が霜降り状態か?食べるとうまいかも。

続編予想(妄想)を語りだすと長くなりますが、まず、ミカド&ハーディでテレビ連ドラ、次の真山さんの大作で映画。
と勝手に思ってます。

大作の兆候として、小説現代5月号の膀胱じゃなかった「傍聴前夜」というので、芝野、飯島エピソード1みたいなのがあったのですが、短くてなんか中途半端な終わり方でした。
過去と現在を行ったりきたりする小説を書きたいとインタビュー記事にありましたので、これが次期ハゲタカではないかと見ています。

映画で原作とかなり隔たりができてるのですが、核となる部分は小説からもらってるでしょうから、次のハゲタカ小説が出てくるころには、何らかの企画話があるかもしれません。

200億の追求 あ尊敬されるようなことはできてないのですが、刑法の本がほこりをかぶっていたのでちょいと勉強したくなった次第。

ハゲタカ見て経済の勉強始める人が多いですが、刑事もの見て刑法や刑事訴訟法を勉強しようなんて人は少ないはず。私もそんな動機でやったわけではなくてお受験がらみです。あ司法試験とかじゃありませんので。ありゃ橋のも棒にもかからない。
笑う警官見た人は刑法勉強し始めるかな。
2009/09/18(Fri) 05:16 | URL | oisan | 【編集
いろいろ検索しておりましたら、またハゲタカの法律問題クレーム

http://plaza.rakuten.co.jp/goldastray/diary/200906280000/

芝野さんは執行役員のまま「社長」になったのであって、「代表取締役」になったとか言ってましたっけ。

会社法上は、執行役員で社長があり得ます。ほらあのライブドアの、弥生会計の人。

まあ こんな勘違いはほっとくとして、詐欺、信用毀損、業務妨害疑惑は、結局、共謀関係の問題なのですが、ここのところを本格的に調べるには、学者の難解な説明を読まねばならず、シルバーウィークがなくなってもいかんので、勝手にストーリーを作って逃げるとします。

MGSロンドン支店長は、フィナンシャル・タイムズを愛読しており、特にジリアン・テッド記者の記事を注目していた。サブプライム証券化商品には特に注意しており、アメリカの著名な投資銀行であっても、緊急の融資申込みには極めて慎重に対処するよう行員を指導していた。
そして、運命のあの日、スタンリー・ブラザーズが200億円(日本円じゃなかったですなあ。)の融資を緊急に泣きついてきた。
フィナンシャル・タイムズの独自情報で、スタンリーの格付けは大幅に落ちていたので、MGS日本本社との縁は知らないわけではなかったが、焦げつきリスクを恐れて、担当者は融資を断ったのであった。
もっともそういう仕掛けを遠回しに作っていったのも、世界的策士飯島の存在があればこそだった。(下手な小説ごっこ)

という作り話をしても、画面構成上おかしなところは出てこなかったですかねえ。

ちなみにジリアン・テッド記者は、副島さんも持ち上げています。「聖女」なんだそうです。
http://snsi-j.jp/mail/diary.cgi?no=2&past=86

他にも私の持ってる「反経済学講座」なる本の著者も、ジリアン・テッド記者の情報を最優先しているそうです。
2009/09/18(Fri) 12:03 | URL | oisan | 【編集
すっ、すごいです!

oisanさんの論文(?)、仕上がりましたね。
「何のために働くのか、何のために戦うのか」って、もちろん、200億の件のためだよね(笑)
と、思うくらいでしたよ。

tsumireさんも、もし時間があれば、あちらの掲示板サイトをのぞいてみてくださいな。
一番最後(11ページっていうのかな)にかきこまれてます。
oisanさん、勝手に書き込んでごめんなさ~い。
2009/09/19(Sat) 23:41 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
ぶるーうぉーるさん 

宣伝ありがとうございます。

tsumireさん

勝手にお名前を使わせていただいております。すみません。それといろいろご協力ありがとうございました。

論文ちゅうか感想文のかっこつけバージョンですが、刑法の部分は、ちょっと怪しいので、採点されると点は低いはずです。

ひとつ記憶が怪しいのが

「融資拒絶はロンドン支店の判断であり、飯島が教唆していれば別だが、当時、スタンリー破綻の可能性は、欧米市場において公知化され、ロンドン支店側の判断による拒絶と推定される」

のところで、飯島さんとロンドン支店の関係者が画面に出てきたですかねえ。
教唆というのは専門用語ですが、指示、命令のようなことで、さすがにそこはカットして、匂わせるだけだったと記憶してるのですが、どうだったですかねえ。

今日は、子供の試合で早起きですが、まずまず熟睡できました。




2009/09/20(Sun) 04:23 | URL | oisan | 【編集
改めて「なんちゃってCFP証券マン」」さんのコメントを読み直してますが

「同じくロンドンでも市場の閉まる寸前にMGSに断わりを入れさせたのは、市場で200億つくるために株や債権を投売りする事も避けられればさけたかったんでしょう。」

ここがカギなんでしょうねえ。
2009/09/20(Sun) 04:58 | URL | oisan | 【編集
そうか その気になれば、スタンリーはロンドン市場でなんとか、200億調達できなくもなかったが、MGSの融資がありそうだったので、時間まで粘ったところが、蹴られたと。

世界地図と、各国時間の入った説明図かなにかを、DVDのおまけにつけてくらんかな。
2009/09/20(Sun) 10:29 | URL | oisan | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
メタルギア Xboxの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「メタルギア Xbox」へ!
2009/07/24(Fri) 09:32:29 |  メタルギア Xbox
吉本興業wo 民放数社が組成したファンドが株式公開買付け(TOB)を実施 ... warabesadakoのわらべさだこ@デイトレ日記の記事、吉本興業wo 民放数社が組成したファンドが株式公開買付け(TOB)を実施するとの報道です。(続きを読む) 上場企業のTOB事情 上場企業の提携?...
2009/07/30(Thu) 15:22:35 |  超最新ニューーース!