レッドゾーン上 レッドゾーン下
これがねー、文庫本じゃなくてハードカバーなもんだからお値段がお高いのが一番のネックなんだけど、まあ重いのが何よりも堪えるのよ。でも老体にむち打って電車の中で読んでいる訳だよ、「レッドゾーン(上)(下)」。だって何よりも映画「ハゲタカ」の原作と銘打たれていてはやはり読まざるを得ないでしょう。もちろん最初の「ハゲタカ(上)」「ハゲタカ(下) 」、その続きの「ハゲタカ2(上)」「ハゲタカ2(下) 」が面白かったのが一番の理由だけど。

いやー、読み応えがあって面白かったです。もちろん最初の登場人物のキャラクタ設定から映画・ドラマ版とは全く違っているし、映画の方は去年のリーマンショック問題から脚本を8割方変更したと聞いているので、映画は原作の影も形も無いんだろうと思って読み始めたのだが、そんなことはなかったよ。やっぱりこの本をベースにして映画は作られていたんだね。読みながらも映画はここの場面を応用して設定したのか~とか、あの台詞はここで使われていたのかとか、やっぱり映画版は派遣切り問題を盛り込まなくても良かったんじゃないのか?とか、あまり作者としてはうれしくないかもしれない読み方もしてしまいましたが。あと、映画自体はよく経済ドラマと言われているのに対し製作者側が「ハゲタカ」は人間ドラマだと言っていて、実際2回以上見るとメインで描かれているのは人間ドラマであると言う事がよくわかるのだが、小説版を読むのなおのこと、それが判ります。

小説は映画よりも企業買収の死闘ぶりがずっしりと描かれていて、サスペンス小説のような手に汗を握る展開で進み、中国のハゲタカにジリジリと追いつめられるアカマ自動車の動きやそれを取り巻く不可解な連中、自分からは意識する間も無く鍵を握る事になってしまってた主人公(?)鷲津政彦、そしてアメリカまでも巻き込んで描かれる現代の経済戦争が面白い。そしてその真ん中にいてひっかきかき回しているのが「どこにでもいそうな」(その実そんな事は決してない)日本人だって言う設定も実に痛快。これは現代の三国志だよ。食うか食われるか、領土(会社)を失わないために、領土を広げるために、あるいは世界の覇権を握るために参戦して来る海千山千の男達の物語だ。

何よりもスケールがでかいですよ。もちろん映画の方の、リーマンショックのトリガーを引いて世界経済を大混乱に陥れたのが誰だったのか……というオチも十分スケールがでかいが、やっぱり小説版の方が大風呂敷感があります。もっとも、話がでかくなりすぎてだんだんとホラ話の域に入ってきた感がないでもない。特にこの「レッドゾーン」での鷲津政彦の動きときたら「おいおいおい、007かよ!?」というような怪しい動きに巻き込まれてどんどん話が進んでいくので、たまにどうかと思うこともあるのよ。多分読む人によっては「ありえねぇーー!」という感想もありかもね。

それでもスピード感と緊張感と読み応えがあって存在感があるキャラクタが大活躍をするホラ話は私は好きなので、次の鷲津シリーズにも是非期待だ。どうやら作者・真山仁は結構やる気みたいなので気長に待てばいいのかもしれないが、でも年寄りは気が短いんだよ。待ちきれないよ。実のところ経済小説ってこの「ハゲタカ」しか読んだ事が無いのだが、このジャンルの他の作品もこんな感じでリアルタイムに社会情勢を反映させた経済戦争みたいな話が多いのかな? じゃ、せめて次の新作が出るまでの繋ぎに、他の作家の他の作品にも手を伸ばしてみようかなー。

あと、「ハゲタカ」「ハゲタカII」を読まないでも楽しめるとは思うけど、前作から引っ張ってきているエピソードがあるのが惜しい。これがあるために、前作、前々作を読んだ方がいいんじゃないかという垣根が出来ちゃっているかも。読まなくても多分全然OKだと思うし、また、私のような経済関係金融関係に全く疎い人間でもつっかえる事無く面白く読める作品でした。

で、映画との比較だが。もちろん映画は映画だし小説は小説なんだけど、でもこの小説版の方の鷲津って、ドラマ・映画版よりも遥かに得体の知れなさが底なしな感じで、それでいてドラマ・映画版鷲津に通じる魂をもったキャラクタで、これはこれで非常に魅力的だ。こう言っては何だが、この小説版のキャラの鷲津を演じる大森南朋で、この「レッドゾーン」をあらためて映画で見てみたい、と思いました。勿論、私は現行のドラマ・映画版「ハゲタカ」をこよなく愛しているが、でもこの全く別物の「レッドゾーン」も見てみたかったな。キャラクタタイプが大幅に違うのだが、大森南朋ならどちらの鷲津もきちんと演じ分けられるだろうしね。

小説版の一華(映画では玉山鉄二)はバカボン(バカなぼんぼん)で往生際も悪いので、映画版の方がはるかにスマートで人間的で、そして散り際が美しいキャラでした。一方芝野(映画では柴田恭兵)は、この話の中ではもしかするとあまり必要がないキャラかも。何だかアカマ自動車内部でもなく鷲津サイドでもなく中国サイドでもない立場からアカマ自動車内部を見せるためだけにいたような感じだ。あるいは世界の大企業のトップ対小さな町工場の現場という対比を描くためのコマ? この物語の中で芝野って、キャラクターとして本当に必要なのかなあ。それともこれは芝野に何の思い入れも共感も持てなかった私の偏見か? もちろん三島由香(栗山千明)はドラマオリジナルキャラなので出てきません。村田さん(島田久作)のポジションのキャラは小説版ではサムだが、これはそっくりそのまま村田さんだね。今回のこの話では中延さん(映画では志賀廣太郎)は出てきてないんじゃなかったかな?

あと残念なのはアカマ自動車の社長の古谷(映画では遠藤憲一)の描かれ方だ。小説ではアカマのいまだかつて無い危急存亡の時の社長としてふさわしい魅力的な人物として描かれている。しかし映画ではあまりにもわかりやすすぎる悪役(というかボンクラ?)として描かれているのでちょっともったいない感じもするのだ。まあ、2時間の映画でこれだけの複雑な話を理解してもらえるようにするためには仕方が無いのかもしれないけど。

なお、大団円で終わるかのように見えたこの物語の、一番最後の最後で鷲津に対して落とされる「爆弾」がこれまたこの物語らしくて実に小気味よく(ちょっと疑問は残るのだが)、ついつい口の端を少しだけゆがめて「ふっ」と鷲津笑いをしてしまいましたよ(←もちろん映画版のね)。

はぁ……。それにしても燃え尽きちゃったよ。映画ももう終わるし、原作も読んじゃったし、あとは豪華特典付きの映画DVDが出るまで、ひっそりと妄想しながらご隠居生活だ。もう、私の夏は終わっているのかもしれない……(←まだ夏コミ前なのに不吉な!)。
関連記事
コメント
「実のところ経済小説ってこの「ハゲタカ」しか読んだ事が無いのだが、このジャンルの他の作品もこんな感じでリアルタイムに社会情勢を反映させた経済戦争みたいな話が多いのかな? じゃ、せめて次の新作が出るまでの繋ぎに、他の作家の他の作品にも手を伸ばしてみようかなー。」

実は私は新聞広告に掲載されてた
企業法律小説ってのを読んでみた。
「第三の買収」牛島 信さん
新聞にはTOB(公開買い付け)ってのがあったので・・・

文庫本で724円+税(幻冬舎文庫)

この方の書いた小説で『MBOマネジメント・バイアウト』ってのを
今度購入して読もうかと思ってます。
2009/07/29(Wed) 08:50 | URL | 朋 | 【編集
エンゲル係数ならぬハゲタカ係数が、先月今月はえらいことになっているtsumireさんのお財布。オタクは自分の好きなことには投資を惜しまないからなぁ。いつだったか、アキバを舞台に商魂たくましいおやじたちが、オタクをターゲットにあの手この手で金を巻き上げようとしている姿を映したテレビ番組を見て、まるで自分の息子が被害にあっているかのような感じがして、ふつふつと怒りがこみ上げてきたことがあったけど(実際には、うちの息子はオタクではないし、カモという意味ではむしろわたしが家族の中で一番危ないかも)、このたびのtsumireさんのハゲタカ熱にはそういう危うさは感じられませんな。心ゆくまで溺れるが良いと思っとります。それはやっぱり酸いも甘いもかみ分けたおばちゃんということと、ハゲタカファンを狙って作れらた商品にひっかかっているわけではなく、もともとあるものにtsumireさんのアンテナが激しく感応してしまったってことだからかな。(あ、でも例のフレーム買っちゃったらどうだろ?)それにしても、燃え尽きちゃったのはハゲタカ熱だけなんだから、新刊発行の熱は冷まさないでよ!(もともと熱というものがあったとしての話)
2009/07/29(Wed) 15:43 | URL | suika | 【編集
>実は私は新聞広告に掲載されてた
企業法律小説ってのを読んでみた。

そういえば朋さんは読書家なんですよね。どうでしたか? 面白かったですか? 私もいいかげんWikipediaだけ見て適当な文章書かずにちゃんと資料を読んでからかかなくては、と反省しております。
2009/07/29(Wed) 23:29 | URL | tsumire→朋さん | 【編集
ハゲタカ係数……確かに先月今月無駄に高いわ~。映画チケットだけでなくドラマのDVDも買ったし本も買ったし、売れ残っていたグッズも買ったしハゲタカ掲載記事が載っている雑誌もかなり買ったし。でも私なんかかわいいもんだよ。他のハゲタカ廃人の方々なんか、鷲津携帯とか鷲津時計(SEIKOの10万円以上するヤツ)とか鷲津鞄(7万円くらい?)とか買いっぷりがすごいよ。もしかしてハゲタカオタクは日本の経済消費の拡大に貢献している? 

>新刊発行の熱は冷まさないでよ!

なかなかままならないものよ……。
2009/07/29(Wed) 23:37 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
う~ん
ハゲタカが良かったので
いまいちかなv-17
2009/07/31(Fri) 18:03 | URL | 朋 | 【編集
なるほど。私ももう少し色々物色してみようかなあ。
2009/07/31(Fri) 20:59 | URL | tsumire→朋さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック