劉一華経歴 鷲津政彦人事書類
さて昨日は子どもを北海道のおばあちゃんのところに送り出し、家人も仕事で忙しいということなので、同人誌即売会用のチラシを用意したあとは、やったぜレイトショォォォォーっつーことでまたもや「ハゲタカ」を見てきた訳です。なお、おばあちゃんのうちに着いた子どもから夜に電話があり、またしつこく「いまどこにいるの?」と聞かれて「吉祥寺」と答えると案の定「もしかしてまたハゲタカ? もう5回目じゃないの?」と言われましたよ。するどいなあ。でも「いや、違うよ、買い物してるだけだよ。だってハゲタカもう終っているし(ほとんど、な)」と答えると「ふうん。そうなんだ」と返事して終ったのだが。いやいや、ごめんごめん、「ハゲタカ」5回目じゃなくて16回目だから。

さて、この時点で渋谷シアターTSUTAYAの「ハゲタカ」上映スケジュールは8月21日(金)までとなっている。私が北海道に帰省するのは8月18日(火)の夜で、東京戻りは8月23日(日)。そうなるとあと最大限見ることができたとしても8/15、8/16、8/17の3日間だけ、しかも8月16日はもう疲れきっていて映画どころじゃないはずなので、実際には最大2日、でも今度の月曜日に片付けることになっている仕事の量が半端じゃなくて、もしかすると残業三昧!?な可能性もあり、したがって最悪もう見られるのは今日だけかもしれない! これがラスト「ハゲタカ」になるかも、と思いつつ劇場に向かいました。

するとそこには予想外の光景が。シアターは地下1階の階段を降りたところでもぎりのおにいさんがいるのだが、階段の上まで行列ができているのである。うひゃーー、何事? もしかして「ハゲタカ」関連のイベントでもあったのか? そういえば前日ここで見た人の感想でも100人ほど入っていたと書いてあったっけ。な、な、何が起こったのだ……。しかしシアターの席についてから、思い出しましたよ。8月14日から16日まで、日本全国だけでなく世界中からよりぬきのオタクが50万人ほど集まるイベントがあるじゃないですか! しかもそのイベントで扱うジャンルのうちTV・映画・芸能は8月14日(金)だったよーーー。これはもしかしてそっちから流れてきたんじゃないのか? ……真相は謎だが、多分この予想外の客の入りに、渋谷シアターTSUTAYAは上映期間を延長したんだな。今朝チェックしたら8月28日までの上映スケジュールが入ってましたよ。「18:15~20:35」という小さい子どもがいる兼業主婦には非常にビミョーなスケジュールなのだが、それでもないよりはいいもんね。渋谷シアターTSUTAYA、ブラボォ!

でもまあ、昨日の時点ではこれで最後かもと思いつつの16回目鑑賞ですよ。そしたらもうあと1回みられるかどうかわからないのに色々謎が噴出してきて、もうどうしたらいいのーー!? な状態だ。たかが映画にどうしたらいいのもこうしたらいいのもないもんだが。

差し当たっての疑問はアカマ自動車・MGS銀行・鷲津ファンドの三者会談を、一体誰がセッティングしたのか、である。だってあの料亭のシーンで床の間らしき場所を背にして上座と思われる場所にすわっているのは、アカマの古谷(遠藤憲一)である。そしてその隣、奥の方がMGS銀行頭取の飯島(中尾彬)で、手前側がスタンリーのデイブである。そしてその向かい側奥がアカマの執行役員をしている芝野(柴田恭兵)で、その隣が鷲津(大森南朋)、一番前が中延さん(志賀廣太郎)だ。あの床の間の位置から行って上座が古谷の席になるのか飯島の席になるのか微妙だが(花が一番奥にあるから飯島の席が一番の上座かな?)、アカマの筆頭株主である銀行頭取が上座にいるのはともかく、「うちの会社をなんとかたすけてちょ!」とお願いする人たちが上座で、お願いされる人が下座って何だ? じゃあ、この三者会談は一体誰がセッティングしたのよ? 下座の位置から行って鷲津ファンドがセッティングしたの?? 芝野に「会うだけ会ってやってよ、お願い!」と泣きつかれたんだとしても、自分からこういう場を設けるのかなあ?と疑問に思った訳です(いや、まあ本当にどうでもいいことだけど)。芝野がセッティングしたんだとすると芝野が一番手前に座っているべきだろうし。まあ、そうすると鷲津達が遅れて登場した時に絵にならないというのはあるんだろうけどさー。鷲津がセッティングしたんだとするとそりゃ一体何故? ホワイトナイトを断るのだとしてもここで一つ、恩を売っておこうって腹か?

追記:8月31日、ドラマ版DVDをダラダラ見ていたのだが、鷲津と誰かが密談する時は相手側から持ちかけられた会談でも鷲津が用意した料亭を使っているので、今回もセッティングは鷲津ファンドの方でやった、だから鷲津達が下座なんだね、きっと(まあ、納得)。

あと、アカマ自動車で最初の株主応募状況発表の時に「Ver.4」という数字と芝野だか古谷だかが投げ出した資料に「200?年2月1?日」と日付がはっきり出ていました。うわーー、うっかりしててちゃんとした数字を見逃しちゃったよ。とりあえず最初のこのシーンは第4回で2月中旬に行なわれたんだとすると、やっぱり、BWP(ブルーウォールパートナーズ)が1月中旬にTOBをかけた期間が「1か月」って発表していたのが辻褄が合わないですよ。ここはどう聞いてもちゃんと1ヶ月って言っているんだよね。でもこのあと第8回応募状況発表結果があり、それで古谷が「鷲津をこれ以上待てん」と言ってBWPとの業務提携発表をすることになるんだから、TOB期間は1ヶ月じゃなくて2ヶ月の間違いなんじゃないのか? うーん、わからん。

追記:8月17日、第4回株主応募状況発表の資料には「2008年2月11日」という日付が表示されていました。えーーーーーー!? 2008年? しかも「スタンリー破綻」の見出しが出ている3月24日の新聞だが曜日表示が(月)なの。3月24日が月曜日なのは2008年で、2009年は火曜日なのよ……。「ハゲタカ」の美術さん、ちょっとちょっとーー!

そして、上記写真画面(左)だが、ここに劉一華の経歴が映し出されている。1976年中国湖南省生まれ(←これはリアル劉一華のデータだが)、プリンストン大学、ハーバードビジネススクール出(すっげー、超一流! そりゃ鷲津の出身校を無名の三流大学呼ばわりするわ)、2004年BWP設立と。んん? えっとー鷲津が日本に帰国したのが1998年で、アメリカに5年いたことになっているから渡米したのは1993年、するとそのとき劉はまだ日本にいるわけですよ。この時点でまだ17歳だし、「都内の公立高校を卒業し苦学してアメリカに渡り」と若槻(野村修一)が説明しているから高校を卒業しているのも確かと思われます。鷲津が渡米してすぐにホライズンに入社した訳じゃないとして、劉がその1年後の1994年に渡米してよっぽどの秀才ですぐにプリンストン大学に入ったんだとすると、鷲津と劉がであったのはその直後なのか? 大学に入ったばかりでホライズンのインターンになっているって一体なんだ? 大学のカリキュラムの一環か? あるいはものすっごーい秀才で大学は飛び級で半年くらいですっとばしちゃったのか? でも急がないと鷲津は1998年には日本に帰っちゃうよ!

訂正:8月17日、若槻くんは「都内の公立中学を経て苦学してアメリカに渡り」と言ってました。若槻くん、苦学して渡米って、そんなあやふやな事言わないでいったいいつ頃渡米したのかちゃんと断言してくれよ……。そんなわけで劉がアメリカに渡った時期が不明になってしまいました。苦学して、ってどのくらい何をしてたのかなあ。下手すると鷲津より先にアメリカに行っていた可能性も出てきちゃったよ。

って、感じで疑問点がどっと出てきちゃったの。あと1回しか見られないのに! うぎゃーー、とか昨日は思ったんですが、ま、まだ2回ぐらいは見られるから、そこは置いておいてもいっかあ。なお、これは別にあら探しをしている訳じゃないです。きちんと作り込んであるのでどこかに正解があるような気がしています。
関連記事
コメント
>きちんと作り込んであるのでどこかに正解があるような気がしています
ええ~っ、そうかぁ?なんか製作者サイドが「もう勘弁してください」って泣きを入れてる姿が目に見えるようなんだけど。とにかく奥さん、何回映画を見ても疑問は尽きることはないと思われるので、今後はDVDで楽しんでくださいませ(でも、いつでも見れると思うと意外と見ないんだよね)。それにしても母親の他愛のない嘘にコロッとだまされてくれる子供はかわいいね。
2009/08/16(Sun) 22:34 | URL | suika | 【編集
まあ、こんだけやっていると、あれ~??な部分も色々見つかっちゃってはいるけどさーー。でもダメな子ほどかわいいっていうでしょ(←「ハゲタカ」はダメな子じゃありません!)。

>今後はDVDで楽しんでくださいませ

チッチッチッ!(←指ワイパー)。私は映画は映画館で観る主義なの。ドラマ版はもともとテレビドラマだったからテレビで見るのは当たり前だけど、映画は本来映画館で見るものだから、私的にはDVDで見るのは「映画を見る」とは言わないのよ~。

>母親の他愛のない嘘にコロッとだまされてくれる子供はかわいいね。

まあ、だまされてくれるのもあともうすこしだよね。そのうちこっちがだまされるようになるんだよねぇ(遠い目)。
2009/08/17(Mon) 07:05 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
16回目だぁ~
劉一華の経歴をちゃんと読んでなかったv-388

後2回と言わず全部で20回は見れるのでは・・・。

私は5回でしたけどDVDで我慢しますわv-409
2009/08/17(Mon) 08:48 | URL | 朋 | 【編集
tsumire様

今日は出陣なし?
私は、さすがに禁断症状が出てしまい、思わずオンライン予約しちゃいました。

しかし、さすがTSATAYA。
製作に関わっているとはいえ、ここまで延ばしてくれるのは
素晴らしい!
グッズも東宝任せにしないでTSUTAYAも作ってくれればいいのに。。。

難しい検証はtsumireさんにお任せして
無我の境地で、鷲津さんに浸ってこようっと。

2009/08/17(Mon) 08:55 | URL | Macky | 【編集
私は映画は映画館で見たいんですよ。映画とテレビは全然違うんですよねぇ……。特に自分の日常生活が色々バタバタしていて、30分以上は誰にも邪魔されずにテレビを見ることができないという状況にあってはなおさらのことです。

DVDはもちろん買ってもちろん見ますが、私にとってそれは映画の名残でしかないんです。DVDで見る「ハゲタカ」は映画とは違うのです(当たり前)。ふぅ。
2009/08/17(Mon) 09:29 | URL | tsumire→朋さん | 【編集
>今日は出陣なし?

現在、鋭意努力中。行くよ、行きますよ、行きたいんですよ!! だから泣きながら仕事を片付けているんですが先週まで夏休みをとっていた上司が憎い……。

>無我の境地で、鷲津さんに浸ってこようっと。

私にそんな日はくるのか……。
2009/08/17(Mon) 09:33 | URL | tsumire→ Mackyさん | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/17(Mon) 10:59 |  |  | 【編集
劉の経歴?に関しては実はわたしも少々疑問を持っていました。
あえてあまり触れないようにしてましたが…

劉と鷲津さんは7つ差らしいので
渡米当時だと劉はやっぱり17歳。
日本に帰る時でも22歳。
そうすっと政彦M&A成功クリスマス時期は劉せいぜい20歳、本人27歳くらい??
20歳であの発言聞くのは影響おっきいな~~~^^;

芝野さんの読んでる書類を一時停止してみてみたい!!

2009/08/17(Mon) 13:00 | URL | seiu | 【編集
>あえてあまり触れないようにしてましたが…

やっぱり触れちゃ、だめよね……。次回のテーマは「結局、劉一華とは何者だったのか」なので(←まだやるか)、とりあえずまだ途中なんですが、こういうのも作成中です。
http://blog-imgs-15.fc2.com/k/i/r/kiritani/keireki.gif
鷲津と劉が自分の基盤となる組織を作ったのが同じ2004年なんですよね。

>芝野さんの読んでる書類を一時停止してみてみたい!!

でも芝野さんが読んでいる書類はリアル劉のデータだから、子どもが3人いるんだよね。
2009/08/17(Mon) 13:40 | URL | tsumire→seiu さん | 【編集
表、わかりやすいですね!

そう一体何者だったのか…

かくいう私は劉に勝手に名前(本名)をつけて遊んでいます^^;
あははははh~
2009/08/17(Mon) 14:29 | URL | seiu | 【編集
あれー、いま表見たら「都内の公立高校」が「公立中学」と間違っとる……。ダメじゃん。まあ、まだ途中と言うことで。

>かくいう私は劉に勝手に名前(本名)をつけて遊んでいます^^

じゃ、私はなんていう名前にしちゃおうかなー(え!?)。
2009/08/17(Mon) 14:45 | URL | tsumire→seiu さん | 【編集
ちょっとバカンスに行ってる間にしっかり記録更新してたのね~。
渋谷、またまた延長とは、「ハゲタカの夏」はまだ終われないねえ。
劉の経歴の謎、Kさんが解明してくれるの楽しみにしてるわ。でもそもそも彼は名を借りた劉とは同じ年なの?もっと若い気もするが、するとますます天才になっちゃうか?
・・・しかし金融面に関しては当然きちんと辻褄合わせてるんだろうけど、まさかここまで、すみずみあまねく精査してくる人間を制作サイドは想定してなかったかもねえ・・・。
もし「2」を作る話があったら制作者、Kさんにチェック頼んできたりして(笑)。生鷲津も見られるし、いいわ~。次はインド人のハゲタカか?誰がやるんだろう?香取慎吾はどう?(あらっKさんのハゲタカ廃人菌に感染したのか?妄想が・・・)
2009/08/17(Mon) 23:17 | URL | oha~ | 【編集
なんとか仕事をやっつけて17回目鑑賞に間に合いましたよ!

もしかしてMackyさんは白っぽい洋服の方だったでしょうか? 始まる前にお声かけしようかと思ったのですが席を立たれたので、じゃ帰りにご挨拶しようと思っておりました。がしかし。終わってから振り向いたらもういない! 逃げ足早っっ!(←非常に失礼です)……という訳で運命の怪しい糸に操られてすれ違う真知子と春樹だった(←いつの話だよ)。

今回は失礼致しました。またそのうち、機会があれば今度はお会いできるのを楽しみにしています。

でも今回は仕事を一気に片付けようとしたもんだからそのせいでかえって疲れてぼけっとしちゃったよ。酒と寝不足の他にこんな落とし穴があったとは不覚……。
2009/08/17(Mon) 23:38 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>でもそもそも彼は名を借りた劉とは同じ年なの?

もちろん同い年とは限らない。ただ、いくらなんでもリアル劉の年とそんなに大きく年齢は違わないはずで、誤差は前後2、3歳ってところじゃないかなあ。ただし栄養状態が悪くて14歳くらいなのに11歳で通ってしまっている可能性もあり。でも、まあそんなこといってたら話が進まないので、とりあえず1976生まれで固定しておきます(←勝手に!)。

>すみずみあまねく精査してくる人間を制作サイドは想定してなかったかもね

そんなこたあない。私なんざ思いつきで妄想書いているだけだもん。まだまだ全然ツッコミが足りないと思うけど。でも生鷲津を見られる機会が本当にできるのだとしたら(おいおいおいっ!)もっと突っ込んじゃおうかしら(←大馬鹿)。

>香取慎吾はどう?

えーーーー。香取慎吾がインド人役をやるのはいいけど(香取慎吾は異形の役がよく似合う)、「ハゲタカ」キャストには大反対。それから「ハゲタカ2」のメイン舞台はアメリカだかんね(←勝手に決めつけ)。
2009/08/18(Tue) 00:29 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
昨晩は、胸にドピンクのバラを刺してお待ちしていたのに、
お話できずに残念でした。。。
神保町で、映画雑誌を漁っていたら(収穫あり♪)、映画館着が開演時間
ギリギリになってしまい、ちょっち焦ってしまったです。
映画終了後は、お迎えの馬車(※カボチャ製)の発車時間もあったので、
夜逃げのように帰途についてしまいました。ホント残念です。

tsumireさんの次回出陣はいつですか?
私は26日は確実。それ以外は未確定です。

”無我の境地”、無理でした。
tsumireさんの懸念のシーンが気になってしまって、
目を皿のようにして見入ってしまいました。

DVDが発売になったら、大友さん、林さんをお招きして、
少人数で大突っ込み大会をしたいですね。
気になるシーンで再生一時停止!
「この会合、誰がセッティングしたんですか?」
「TOBの期間は2ヶ月じゃないんですか?」
「登場人物全員、コーヒーに砂糖かミルクを入れていたんですか?」(←くだらな過ぎ)etcetc
楽しいだろうなぁ。。。(うっとり)

次回はアメリカ舞台ですか。
済みませんが、登場人物全員、日本語が堪能、という設定でお願いできますか?
鷲津さんの英語の発音を聞いていると、ちょっと苦しいものがあると思うんです。
アラビア語とか中国語のように、あまりメジャーでない言語だったらいいんですが、
英語はあまりにメジャーすぎる。危険です!

そういえば、南朋さんも大好きな監督、三池さんの作品『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」は全編英語。香川さんがどこかの雑誌に書いてましたけど、日本側キャストがみんなアメリカ人と流暢な英語で会話をしていて驚いたそうです。
そう、佐藤浩市さんも英語が堪能らしいです。
じゃ、『ハゲタカ2』に出てもらいます?
『クラ・ハイ』では上司と部下でしたけど、今度は同等の相棒として。
クリスマスの時期を挟みましょう!
で、クリスマスパーティですよ。正装でパーティ出席。
キャー!カッコイイだろうなぁ、二人とも。
もちろん、鷲津ファンドメンバーもアメリカに行くんでしょうから、
村田さんも正装。これまたステキ!中延さんは・・・

で、夏のシーンではクルーザーでのパーティ。
夏のカジュアルな服装もカッコいいでしょう!
で、いつお仕事するのか、って話ですよね。ま、それはあっちに置いておいてっと。

・・・”妄想”って楽しいですね♪
2009/08/18(Tue) 09:48 | URL | Macky | 【編集
>映画雑誌を漁っていたら(収穫あり♪)

おお? それは「ハゲタカ」的収穫?

>tsumireさんの次回出陣はいつですか?

それがまったくわからない。せめてあと2回は見たいんですがね、何分にも表向きは普通の社会人兼真面目な主婦を装っているので(全然装いきれてねーよ)、その隙をどうねらうかだなー。TSUTAYAの最終日はしっかり押さえたいところだし、できれば水曜日も押さえたいと思っております。でもわからん。まあ26日に行けそうだったら、次は紫のバラの人でよろしく。

>DVDが発売になったら、大友さん、林さんをお招きして、

この2人をお招きしたら、突っ込むところはそこじゃねえーーー。まずはとにかく次の「ハゲタカ2」を押さえる! それから「ハゲタカ2」の公募エキストラ枠の詳細を聞き出す(え? そこ? そこかよっ!)。

>次回はアメリカ舞台ですか。

とりあえず鷲津が「資本主義の焼け野原」に行っているからね。でもさ、アメリカにいるままだと鷲津(大森南朋)の英語があやしいという以前に、映画でもNHK土曜ドラマでもやってくれなくなっちゃうから、なんとか日本に戻さなきゃならないんだよな。うーん、どうしようかなあ(←お前が考えることじゃねーよ)。

>佐藤浩市さんも英語が堪能らしいです。じゃ、『ハゲタカ2』に出てもらいます?

そうすると柴田恭兵の立場が危うくならないかしら。でも年齢的には柴田恭兵-佐藤浩市-大森南朋か。じゃ、今度の敵は佐藤浩市で。役職はは金融庁か財務省の政務次官って設定でどうかな(←だからお前が考えることじゃねーよ)。

なんか一生分の妄想をこの夏に使い果たしたような気がするんですが……。
2009/08/18(Tue) 11:06 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>それは「ハゲタカ」的収穫?

残念!『笑う警官』的収穫。
野中さんも言ってたでしょ?「次だよ、次、次!」って。

>何分にも表向きは普通の社会人兼真面目な主婦を装っているので・・

(・・・装っていたのか。。知らなかった。。公私共に思いっきり弾けているのかと思ってた・・・。)


>まずはとにかく次の「ハゲタカ2」を押さえる!

それは、ホレ、この間の企画会議(いつ?)で決まったし。
DVD発売の12月には、そろそろ脚本も出来てるから大丈夫(^_^)V

>役職はは金融庁か財務省の政務次官って設定

それは敵対関係というより、「官僚たちの夏」って趣ですが。(←ちょっと由香風。)
敵役でもいいけど、泣かしちゃイヤよ。それから死んじゃうのもダメ。
『ハゲタカ3』(え?)で鷲津さんとタッグを組む余地を残しておかないと。

>一生分の妄想をこの夏に使い果たしたような気がするんですが……。

大丈夫。妄想というのは決して枯れることがないものですから。(経験者談)
2009/08/18(Tue) 12:53 | URL | Macky | 【編集
>残念!『笑う警官』的収穫。

「笑う警官」かあ。見てみたいけど、監督がハルキだしな。

>装っていたのか。。知らなかった。

うふふ。はじける時ははじける。はじけない時はひっそり。

>それは敵対関係というより、「官僚たちの夏」って趣ですが。

「官僚たちの夏」のような「正しい官僚」じゃないのよ、佐藤浩市は(でももちろん、本当は……って理由があって)。一応佐藤浩市が目論む金融政策の邪魔になるのが鷲津ファンドの動きという設定かな。……それじゃああんまり派手な話にならないなあ。とりあえず芝野がアカマの次に取り組んでいる企業の再生に、鷲津と佐藤浩市が絡む三つ巴、となると舞台が日本でOKだよな。……でも話が地味になりそう。どうしようかなー(←だからお前が考えることじゃねーよ)。資本主義の焼け野原と日本、そしてEUを巻き込む陰謀の影に佐藤浩市あり? 最後はとんでもないことに!

>妄想というのは決して枯れることがないものですから。

記憶力は枯れていく一方なのに、妄想力は汲めども尽きぬ泉なのか……。
2009/08/18(Tue) 13:06 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>それは「ハゲタカ」的収穫?

残念!『笑う警官』的収穫。
野中さんも言ってたでしょ?「次だよ、次、次!」って。


映画雑誌ってなんていう雑誌名でしょう?
『この映画がすごい!』ならありますが
南朋さんのスーツ姿の写真へのコメントのところが笑えます。
2009/08/18(Tue) 13:41 | URL | 朋 | 【編集
朋さん

「日本映画navi Vol.13」と「日本映画Magazine Vol.7」ですよぉん。
両誌とも2008年冬頃のヤツで、写真がGood!
例によって、映画の役柄臭ZEROのいでたち(T_T)ですが、ステキですよぉん。

インタビュー記事の中で
記者「ドラマ『ハゲタカ』以来、社会派映画が続いてますね」
南朋「そうですね。当事は『ハゲタカ』の影響がこんなに大きくなるなんて想像していなかったので」云々
ですって。
逆に言えば『ハゲタカ』での見事な演技っぷりが、角川監督のお眼鏡に叶ってしまったわけで、南朋さんにとって、よかったかどうかは・・・

松ケン(not松平健.松山ケンイチの方)も角川監督に恩義があるそうで、1シーンだけ”謎の男”で出てるようですね。
ま、松ケンが1シーン出たからって、興行収入が増えるとも思えませんが。

柴田恭平、佐藤浩市、大森南朋・・・
確かに地味。でも、だからといって、恋愛はナシ!
もう地味でも男臭くても、平均年齢が高くても、スーツ着てメガネしてればいいじゃないですかっ!
エンディングは、男三人が夕日を背に握手・・・ありえないですね、失礼しました。

>今度は佐藤浩市を最後にやっちゃうか。

だから浩市さんを亡き者にする方向はやめてくださいよぉぉ(T_T)。
まだまだ働き盛りなんですから。
(ドラマ『クラ・ハイ』では、浩市さんばかりを目で追って、南朋さんをスルーしていたなんて、今では信じられない。でも、当事は、鷲津さん経由の南朋さんを知らなかったし。仕方ないですよね。)

12月には『笑う警官』の舞台化があるそうで、キャストやストーリーが気になるところではあります。

ドラマになった『警官の血』の映画化も進行中だそうで、ま、こっちは佐伯さん話じゃないから放っておいて、『警察庁から来た男』『警官の紋章』はどうなるんでしょうか。
『笑う警官』の成績次第かな。う~ん、"望み薄"ってことですかね、やはり。。。
2009/08/18(Tue) 17:23 | URL | Macky | 【編集
Mackyさんへ
ありがとうございます。
図書館にあるかなぁ~?
無くとも・・・
Mackyさんがインタビュー記事の中を抜粋して頂いたので嬉しいです。
(きっと古本屋に行ってしまうと思うけど・・・)

>松ケン(not松平健.松山ケンイチの方)も角川監督に恩義があるそうで、1シーンだけ”謎の男”で出てるようですね。
ま、松ケンが1シーン出たからって、興行収入が増えるとも思えませんが。

うん1シーンの話は昨日知り驚きました。
17日のスポーツ新聞に掲載されてたようで
>興行収入が増えるとも思えませんが。
に1票入れます。


>『警察庁から来た男』『警官の紋章』はどうなるんでしょうか。
『笑う警官』の成績次第かな。う~ん、"望み薄"ってことですかね、やはり。。。

小説は読み終わってるのですが
佐伯が主役って感じでは無いですが
でも重要な役なので続編を祈りたいですね。
2009/08/19(Wed) 09:01 | URL | 朋 | 【編集
朋さん

(主が留守の間に伝言板にさせてもらいましょう!)

『日本映画Magazine』はカラー2P。
社会派云々の記事はこちらにありました。
『日本映画navi』はカラー6P(!)
2Pが撮影風景写真。
ビリヤードをしている佐伯&津久井、サックス・ピアノ演奏をしている佐伯&津久井の
(小さい)写真もあり。

続刊2冊は佐伯さん主役じゃないんですか。それは残念!

『笑う警官』のポスターが掲出され始めているようです。
う~ん、楽しみのような怖いような。。。
2009/08/19(Wed) 10:11 | URL | Macky | 【編集
ただ今移動中
ふふふ、今現在札幌から帯広に向かう電車(北海道では「汽車」と言う)の中です。

伝言板代わり? ……ちょっとちょっと君達! どんどんやってくれ(笑)。私も楽しく読んでいます。ハルキ、頑張っているのか……。大森南朋の黒歴史にならなきゃいいが。

なお、「ハゲタカ」17回目鑑賞記他はまた後ほど。さすがに携帯からの本文記事書き込みは無理。
2009/08/19(Wed) 11:59 | URL | tsumire | 【編集
(キャッ!主に見っかっちゃった♪)
北海道はもう秋の気配でしょうか?

持参されているであろう、経済のあんな本やこんな本、ちゃんと読んで、
自著執筆の準備をしてくださいね~

帯広のレンタルビデオ屋さんに『キャッチボール屋』『ヴァイブレータ』『チルドレン』『殺し屋イチ』
『プリズナー1~3巻』があることを祈ってます。

>大森南朋の黒歴史

黒歴史、既にたくさんある気がするので、今さらひとつ増えたくらいじゃ、びくともしないのでは・・・

そうそう、斉藤和義さんの「come on!」のPV見ました?
南朋さん、カッチョいいですよ!
ゆずの最新PV「虹」にもご出演。
うひょひょ。

今日のレディースデイは、『アマルフィ』を見てきます。
渋谷で見るので、ホントは『アマルフィ』の後、レイトショーを見に行きたいけど、今日は友達と一緒なのでそれも出来ず。。。

夜、レンタルした『プリズナー』を見て、南朋さんを補充しまーす。
2009/08/19(Wed) 13:25 | URL | Macky | 【編集
帯広到着
無事帯広につきました。寒っっっ! 秋なんてもんじゃねーよ、東京でいえば初冬だよ。これは油断すると風邪ひくかも。あと、他人(といっても母親のだが)のパソコンの使いづらいことと言ったら!

あんな本やこんな本を読む前にまた新しい本を買っちゃったので(「池袋ウエストゲートパーク」の新刊)、まだ手をつけられそうにない上に、……同僚のNさんに貸してあったドラマDVDを返してもらったので、持ってきちゃったの。うふ(←本当に、バカだ……)。そしてビデオもレンタルできたりしたら忙しすぎるな、私。どうするんだ。

>黒歴史、既にたくさんある気がするので

へーーーー、そうなんだ……。

>斉藤和義さんの「come on!」のPV見ました?

見た。ふっ。……でも「役者・大森南朋」には興味がないわけでもないけど、大森南朋個人にはあまり興味がないんだよな~。

>今日のレディースデイは、『アマルフィ』を見てきます。

まあ、「アマルフィ」。6月7月は劇場に通い詰めたから予告編を何度も見てしまったもんだったわね……(遠い目)。では見終わったら、こちらのページもお読みになられるのもいいかも(あくまでも見終わってからよ! でももうチェック済みか)。
http://hakaiya.web.infoseek.co.jp/html/2009/20090801_1.html

さて、私も落ち着いたら「ハゲタカ」を補充しようっと。
2009/08/19(Wed) 15:23 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
Macky さんへ

>続刊2冊は佐伯さん主役じゃないんですか。それは残念!

『警察庁から来た男』は宮迫さんが主役?
でも重要な役ですよ

『警官の紋章』は松雪さんだけど
やはり別件の事件も絡んでくるので

上記と同じく重要な役です。

今!!小説が手元に無いので
受験時に元職場さんの友人に預けてる
ハゲタカも・・・早く読みたいのですが
一応3回は読んでるのでv-398我慢してます。

>『笑う警官』のポスターが掲出され始めているようです。
う~ん、楽しみのような怖いような。。。

こりゃぁ~楽しみですねv-388

>そうそう、斉藤和義さんの「come on!」のPV見ました?
南朋さん、カッチョいいですよ!
ゆずの最新PV「虹」にもご出演。
うひょひょ。

斉藤和義さんの「come on!」のPV見ました。

ゆずの最新PV「虹」はどんな感じなんでしょうか?


tsumireさんお疲れ様です。
17回目の感想楽しみにしてますね
2009/08/19(Wed) 16:49 | URL | 朋 | 【編集
さすがに”アマラー”にはなりませんでした。
邦画なのに南朋さんが出ていない、
エンドクレジットの一人目が「大森南朋」じゃない、
という状況が、異様に居心地が悪く、ストーリーどころじゃなかったですよ。
体質が変わってしまったみたいです。
ハゲタカ体質。

ゆずのPV、視聴できるようですね。
ブログに詳細に書かれている人がいたので。

http://pokemari.blog69.fc2.com/blog-entry-3055.html
2009/08/20(Thu) 13:15 | URL | Macky | 【編集
>17回目の感想楽しみにしてますね

今、実家でドラマ版全6話見ちゃったら、映画版第17回目の感想がクリアされちゃって、どうしようかなーっつー感じです(笑)。
2009/08/20(Thu) 17:18 | URL | tsumire→ 朋さん | 【編集
>体質が変わってしまったみたいです。

そんな大森南朋絶対主義だとこれからいろいろ支障が出てくるのでは(笑)。多分さー、アマラーになっていた方が、人生楽で楽しいものになってしまっていただろうに、私たち、辛い道を選択してしまったのね……(遠い目)。
2009/08/20(Thu) 17:24 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
Mackyさんへ
いつもありがとうございます。

映像URL入れました。(今!!見っけたのです)
事務所で見てるので音無しなので
画像のみで観てましたので
しっかり案内されたブログへ行って読んできました。

虹って歌は?で聞こえてないの(苦笑)


tsumireさんへ

>今、実家でドラマ版全6話見ちゃったら、映画版第17回目の感想がクリアされちゃって、どうしようかなーっつー感じです(笑)。

えぇぇぇえええええええええっ
そんなぁあああああっv-399

思い出そうv-398
2009/08/20(Thu) 17:38 | URL | 朋 | 【編集
朋さん
心配ご無用。
立派なハゲタカ廃人であらせられるtsumireさんが書かないわけないじゃないですか、17回目感想。
私たちが帰宅した頃には、アップされてますよ。
2009/08/20(Thu) 17:46 | URL | Macky | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック