そういえば子どもの頃、読書感想文を書くのが何よりも嫌いだったなあ。本を読むのは大好きだったけど、なんで好きなものをただ好きとだけ書いて終っちゃダメなのか、本当に納得できなかったもんですよ。なのに、今の私ときたら一体どうしたことだい? 今年の夏は「ハゲタカ」感想文オンパレードだよ……。でも書いているのが苦にならないというか、書かずにはいられないというかね。書く事でそうだったのかと判る事もたくさんあったし、また、皆様のコメントでいろいろわかることもたくさんあったし。読書(映画鑑賞)感想文、悪くないかも。

さて、東京地区ではいよいよ今週金曜日8月28日の渋谷シアターTSUTAYAの「ハゲタカ」最終上映(午後6時15分)でついにおしまいとなる(深谷シネマの話はこの際置いておく)。「コミックマーケット76に行ってきました。」(8月22日)でも書いたけど、私は映画は映画館で観る主義なので、映画としての「ハゲタカ」終了にはひときわ寂寥感がつのる訳よ。DVDが出るのはそりゃあ楽しみだし、絶対リピート鑑賞するにきまってはいるけど、でもそれはやっぱり映画とは違うしねぇ。なもんで、今週はできれば毎日行きたいところだ。無理だけど。

で、今日は久しぶりに出社したらやっぱりたまっていた仕事が山になっていて(泣)、「これは私に渋谷に行くなということか?」などと暗くつぶやきながらお仕事を片付けておりました。しかし「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず」ですよ(意味不明)。いてもたってもいられずに漂泊の思いのまま渋谷にGO!(さらに意味不明)。

今週の渋谷シアターTSUTAYAの「ハゲタカ」スクリーンは先週と違ってかなり小さめ。劇場に入ってまず「スクリーン、小さっっ!」とつぶやいてしまいましたが、いやー、今回非常に参ってしまったのは、本編上映の前に入った予告編です。今まで見てきた「アマルフィ」とか「ゼロの焦点」「火天の城」のような大作、「ココ・アヴァン・シャネル」や「グッド・バッド・ウィアード」のような佳作っぽい作品、「しんぼる」や「カムイ外伝」のような、ま、いいんじゃないのー?的作品とは打って変わって、超B級映画3連発の予告編にヘトヘトになっちまいました。あーうー。こっちは仕事帰りだってえのに、体力気力を削がれる事この上なし。もう本編が始まって東宝のいつものロゴが出てNHKエンタープライズのいつものnepのロゴを見たら本当にほっとしたよ。

そんな訳でもうすぐ終る事だし(こればっかり)、もう余計な事は何も考えずに今度こそ無我の境地で見よう!と決心していたのに……集中力がなさすぎるのか? また余計なところばかり見てました。今回は音楽を重点的にチェックしなおかつ芝野(柴田恭兵)にもちょっと目を向けてみようとか思ってしまったんですね。しかし音楽問題は……難しかったよ。私にはムリ。普通にiPodで映画サントラ版を聴いている限りではそれぞれの曲の識別がかろうじてつくのだが、映画本編の方を見ていると、「朱雀」「や「拿羽」「鋭觜」のようなわかりやすい曲はともかく、何故か「脆き翼」、「零れる羽」、「創」、「迷翔」、「旋翼」あたりの区別がつかない。あれ? これって「脆き翼」だっけ? 違ったっけ?と思う間に次の場面に移ってまた別の曲がかかり、あれ、これはえっとーー、てな具合ですよ。まあ、これはDVDが出ない限りはとやかく言えんわ、私には。

以下、サントラ版を聴いていない方には意味不明になってしまいますが。

それでもまあ、「朱雀」が劉一華(玉山鉄二)の表のテーマ曲だとすると(「中国が日本の企業に出資してはいけませんか」の場面と、スタンリー・BWP(CLIC)調印場面。でも朱雀って中国の神獣だから、日本の神獣であるイヌワシ--ハゲタカと対になっているわけだよね)、「飛べない鳥」「脆き翼」が裏のテーマ曲?(あれ? 「弔想」だったっけ?「創」だったっけ?) どんだけ脆いんだ、劉……ってな感じだし、また、アカマ・MGS銀行・鷲津ファンドの三者会談の「おねがい、ホワイトナイト(はぁと)」な場面でかかってた曲が「逼拍」なのもぷぷぷ、ですよ(いやもしかすると、この場面で使う曲にわざわざ「逼迫」と言うタイトルをつけたセンスに「乾杯」か?)。事態がとんでもないことになっているというのに「今を乗り切れば本当になんとかなるんですから、だからもう少しなんとかお願いしますよ」という多重債務者みたいな台詞を平気で言うんだもんね。どんだけ馬鹿なんだ、古谷社長(遠藤憲一)。あと、鷲津ファンドのアカマ自動車TOB発表会見で流れた曲、映画版サントラに入ってねーよ! ドラマ版のサントラに入っているのかなあ。

「拿羽」がかかっている場面はどれもがんがん攻めに入っていていいですよね。最初の方のBWPミーティング、劉の「じゃ、始めようか。アカマ株を買い占めろ」から、鷲津(大森南朋)の南の島での「うっせぇ!」、東洋テレビでの「TOBです!」までの一連の場面、「貪欲が善の時代は終わった」から始まるオルトX説明場面と200億円解約場面、そして一番最後、エンディングで「ROAD TO REBIRTH」と「His Wings」の後の真のラストで流れる「拿羽」。ここは鷲津の「I Shall return」ですよ(コメント欄のBOOKOさんからの指摘で初めて気が付いたんだったけど)。

またスタンリー株投げ売り、アカマ株大暴落のシーンで流れる「涙の日」がいまさら言うまでもないけど、これまたいいですね。「拿羽」や「鋭觜」のような大げさな攻めの曲じゃなくて、かといって「His Wings」のようなこの場面を肯定するかのような曲でもなく、世界を葬り去ろうとしている鷲津のレクイエムに、より「世界の破滅」の静かな大きさがじわじわと感じられます。しかもねー、翌朝の一息ついてざわついている鷲津ファンド内のメンバーの中で、鷲津一人、個室にこもって終焉のグラフをじっと見つめているのですね。破壊者の孤独っつーかさ。

そして「ハゲタカ廃人的バカンス」(8月19日)でも書いたけど「折れた翼」ですよ。常盤橋門跡で倒れこむ劉、アカマ自動車再建案策定の鷲津ファンド会議室、鷲津ルームでひっそり仕事をしている携帯電話、土砂降りの雨の中の紙幣、劉の伝言を聞いて顔色を変えてゆく鷲津、雨の中の倒れている人影、アカマ自動車臨時取締役会、それをリポートする三島(栗山千明)とそれを見つめる鷲津、までに流れる一続きの曲。最初悲しげな曲がやがて希望を思わせる曲調に変わって終るのに、なぜ「折れた翼」という寂しいタイトルがついているんだろうと思っていたのですが、ここもコメント欄のBOOKOさんからいただいた情報によれば、これはドラマ版で使われた「神の鳥」と「巣立ち」という二つの曲を併せたものであるとの事、なるほど~、これは憎い組み合わせですよ。劉の死をただの死にしないための、劉の魂はアカマの魂となって必ず再生するのだと言うメッセージだったのね。ううううむ。

というわけでまたもや無駄に長くなってしまったので、芝野の話はまたこの次に(この次、あるのかよ)。
関連記事
コメント
深い!きっと佐藤直紀さんも本望でしょう、ここまで聞き込んでもらえたら。

私は、ドラマ&映画のサントラは購入済みなんですが、ほとんど聞いてません。
「ごめんなさい、ごめんなさい」(←城石イチ風に。※良い子のみなさんは、知りませんね、城石イチ。『殺し屋イチ』のイチ君です。このセリフを言うとき、デフォルトで鼻水と涙がついてきます^^;)

私は水曜日に行きます。あれ?tsumireさんも?
いよいよ20回目前ですね。頑張れ~!
2009/08/25(Tue) 09:51 | URL | Macky | 【編集
実は私は音楽は超苦手なので、残念ながらほーんと聴いた印象をライトに書いているだけなんだけど、本当に深いことを書いている人はすごい(らしい)ことを書いてますよ。もう、私なんざ意味もわかんないくらい(え?)。

>私は水曜日に行きます。あれ? tsumireさんも?

行きたいなぁ……。行く算段はしているんだけどさーー、今週の追加業務の方が手ごわいんですけど。
2009/08/25(Tue) 10:51 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>鷲津ファンドのアカマ自動車TOB発表会見で流れた曲

あれは、ドラマ版に入っていますが「戦場」という曲ですよ。ドラマ本編では三葉のバルクセールで資料開示の「アラン」「中延さん、コピー機入れて」の一場面でしが使われていませんが。
「飛べない鳥」は私も劉の裏のテーマだと思っています。「脆き翼」はドラマ版では「ヒト」というタイトルで、結構使われている曲です。
そしておっしゃるとおり、「折れた翼」は「神の鳥」と「巣立ち」の2曲をあわせていますが「神の鳥」はドラマでも一番ウルっと来る曲で涙なしには聴けません~そして「巣立ち」というタイトルのとおり、この曲がかかるところは前向きなシーンで、タイトルとドラマが本当、一体感ありますよ。
2009/08/26(Wed) 05:55 | URL | み~ | 【編集
おはようございます。
18回目鑑賞ありがとうございます。
映画版ハゲタカ☆サントラは購入してコピーを車内で聞いてます。
爆音でね(苦笑)
ロック大好きなんで!!
爆音が基本となる。

流石に2曲目は・・・少し抑えるこの頃です(汗)

曲を聴きながら映画の場面を思い出してます

が!!

もしかして違うかなぁ~?などと考えたり

何せ5回しか観れなかったし
ここのスペースでまた新たな発見を探すぞ
2009/08/26(Wed) 08:28 | URL | 朋 | 【編集
み~さん、すごぉぉい!
"音"に敏感というか、"音"に対する記憶がある人って尊敬しちゃうんですよ。
私は、まったくダメ。。。残らないんで。
そもそも海馬が、ちゃんと働いてくれないんです、私のせいじゃないもん。

さて、今日は、私にとって最後になるかもしれない『ハゲタカ』を見に渋谷に出陣です。
"探究"はtsumireさんにお任せして、今日も私は、無我の境地で見てきま~す。
2009/08/26(Wed) 10:31 | URL | Macky | 【編集
>「中延さん、コピー機入れて」の一場面でしが使われていませんが。

ああ、あの場面! なるほど~。沼田さんが「あんた達、すごいね…」というところですね。迷っていたのですがドラマ版サントラ、ポチッとしてしまいましたよ(またリターンのない出資を……)。

>「飛べない鳥」は私も劉の裏のテーマだと思っています。

「折れた翼」に「脆き翼」、「飛べない鳥」……劉、寂しいなあ。だからこそ「折れた翼」が「神の鳥」と「巣立ち」の2曲から構成されているのがせめてもの救いですねぇ。

私には音楽的素養が全くないので(何せ楽譜が読めない)、基本的なことも理解できてないとは思うんですが、やっぱり、「ハゲタカ」は音楽も素晴らしすぎるよね。
2009/08/26(Wed) 10:46 | URL | tsumire→み~さん | 【編集
あまり爆音で聴くと難聴になってしまいませんか?

場面を思い浮かべながら聴いていると、うっかりすると、どうも変な表情になってしまうこともあるみたいなので(私だけか?)、注意しないといけないかも(笑)。

>ここのスペースでまた新たな発見を探すぞ

それは間違っている、、、、かも……(笑)。
2009/08/26(Wed) 10:53 | URL | tsumire→朋さん | 【編集
>"探究"はtsumireさんにお任せして、今日も私は、無我の境地で見てきま~す。

そろそろ私も本当に無我の境地で見ようと、いや見たいと思っております(常に邪念だらけなのが憎い……)。

私は今日も見たいとなんとか仕事の山を片付けておりますが、、、、わからん。まあ、行けた所で今日はギリギリに駆け込んで終わったらダッシュでかぼちゃの馬車に乗らなきゃならんのですが。
2009/08/26(Wed) 11:27 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
え~!
映画が早く終わるから、見た後、プチ・オフ会?なんて思ってたのに。。。
まぁ、かぼちゃの馬車は時間厳守(←ホント?)ですから今回は仕方ないですけど。。。

やはり『ハゲタカ』を見る日は、朝から顔がニヤけて困ります。
ホントに上映終了しちゃうんでしょうか?困った・・・
2009/08/26(Wed) 12:58 | URL | Macky | 【編集
仕事がギリギリまでかかるうえに、子どもに「今日は仕事で遅くなるけど、なるべく早く帰ってくるから」と虚偽の申請をしてあるのさ。

ところでさ、鷲津がマンダリンで劉を待ち伏せしていた時にソファで座って待っていたって気がついていた? 私全然気がついていなかったよ(18回見てるのに! ちなみに情報源は本日のmixi)。劉が階段を降りるシーンで0.5秒ほどソファに座り込んでいる鷲津が映っているんだって。多分「おい、守山!」の声で立ち上がったんだろうね。という訳で本日もし見れたとしてもまたもや無我の境地は無理のようだ。

>ホントに上映終了しちゃうんでしょうか?困った

ちなみに9月の深谷シネマの「ハゲタカ」は、なんと、字幕上映ですって。
2009/08/26(Wed) 13:28 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
おぉぉ!字幕ですか。
深谷までの路線検索しておかないと。
映画だけ見てたんじゃ、鷲津ファンドの社員名とかなかなかわからないですものね。
楽しみが増えました!

>ソファで座って待っていたって気がついていた?

え?う~ん、たぶん私の視力じゃわかんないと思います。
いつもより前寄りの席にしてみたんですけど、今日。

そうそう、テレビ版で、鷲津さんが西野屋に偵察に行って、旅館裏で治と話しているシーン、1カットくらい、鷲津さんの分け目が逆(左分け)になっていません?
治が手前側にいて、鷲津さんが奥。「うちのお客さんにゴルフ場に興味のある人はいない」あたりだったと思うけど。
気のせいかしら?

tsumireさんは最終日(28日)、出陣します?
2009/08/26(Wed) 13:51 | URL | Macky | 【編集
深谷・・・遠い・・・あまりに遠い。
職場から1時間30分、自宅から2時間30分・・・(大前提:特別料金のかかる電車には乗らない)
しかも期間が短い(9/20~26までなんですね)。
でも行くんですけどね、結局。
だって、"誇り高きハゲタカ廃人"だから。
2009/08/26(Wed) 14:40 | URL | Macky | 【編集
ふっ、結局間に合わなかったよ。午後2時半に予定3時間の会議が入ってしまった私の深い絶望を察してくれたまえ。それでも5時半には終わるはずだと思っていたのに、他の連中、もとい、同僚の粘りによって会議が延びて延びて、午後6時15分にやっと開放された時は泣きそうになってしまったよ……。思っていたよりもまだまだ見たりてなかったことにさらに愕然だ。ふぅ……(遠い目)。

>tsumireさんは最終日(28日)、出陣します?

今日見れなかった以上、絶対出陣しますよ。まあ、もうMackyさんは出陣されないでしょうけど、もし行かれるようでしたらブログ右柱のメールフォームよりご連絡下さい。見終わった後、プチオフ会(打ち上げ?)でもしましょうか……。

深谷は何せ字幕だからね、最後の最後の確認のチャンス(何の?)だからさー、多分会社を休んでいくことでしょう(はぁ)。

まあ、何はともあれまだ残業しているわけだけど、今は脱力感MAXで仕事にならねぇ。
2009/08/26(Wed) 18:19 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>Mackyさん

横レスすみません。

>そうそう、テレビ版で、鷲津さんが西野屋に偵察に行って、旅館裏で治と話しているシーン、1カットくらい、鷲津さんの分け目が逆(左分け)になっていません?

あそこ、水道の前の鏡に映ってるんですね!
2009/08/26(Wed) 20:39 | URL | み~ | 【編集
Mackyさん
>>鷲津さんの分け目が逆(左分け)になっていません?
み~さん
>あそこ、水道の前の鏡に映ってるんですね!

わざわざDVD見て確認しちゃったよ! 確かに鏡に映った姿でした。み~さん、もしかしてドラマ版の全ての場面を全部覚えているの!? すっげー。私はほとんどの場面に霞がかかっているよ……。
2009/08/26(Wed) 22:21 | URL | tsumire | 【編集
こんばんは。

tsumireさん お疲れ様で~す。
かぼちゃの馬車に乗って帰路に着かれた頃だと思ってましたよ(笑)
28日の渋谷はかなりの廃人率だと思われますがどうぞ楽しんで来てくだされ!
楽しい鑑賞日記にも期待です。(でも羨ましいな~っ。濃い廃人劇場!!)

さて話は戻って音楽へ。
「ハゲタカ」の音楽が印象深いのは台詞が極端に少ないというのもありますよねー。
心情や状況を音楽で表現しているものね。(ナレーションなんかで邪魔されないし)
私も難しいこと細かいことダメなんですけど、以前に大友さんが
「ストーリーが難しいから音楽の力を借りて煽動してあげる」
ということを言っていて、私はしっかりそれに乗っかってしまって音楽を呼び水にしてうるうるしたりしているのだ。
思惑通り。たーーんじゅん(笑)

それにしても、コメントのぶら下がり方凄いですね!賑やかで楽しいわー
2009/08/26(Wed) 23:24 | URL | BOOKO | 【編集
昨日はヤケクソついでに(え?)結局映画が終わる時間くらいまで残業をしてしまって(ま、金曜日には必ず映画を見るためにもだけど)、「予定通り仕事で遅くなって」帰宅してしまいました。とほほ……。28日、本当に行けるといいなぁ……。

>「ハゲタカ」の音楽が印象深いのは台詞が極端に少ないというのもありますよねー。

ああ、そうですよね。無駄な台詞や無駄な言い訳がないというか、なさ過ぎですもんね。かといって決して音楽が浮いている訳でも前に出過ぎている訳でもなく、曲が流れるとそれぞれの場面がリフレインして……そして第3者に「あんた、何変な顔しているのさ」とか言われちゃうわけですが(笑)。ただ映画館によっては曲と台詞の音量バランスが相当悪いみたいなのが残念ですよね。

ところで昨日、子どもが録画していた「世界仰天ニュース」を流し見していたら、BGMに「ハゲタカ」の曲が結構使われていました。多分使い勝手がいい曲が多いから(!?)これからもどんどんこうやって色んな場面に使われていくんでしょうね。
2009/08/27(Thu) 06:35 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
み~さん、tsumireさん
お手数をおかけしてすみませんっ!そうですか、鏡ですか・・
寝室の小さい画面ではわからんかったでしゅ(←言い訳になってます?)

BOOKOさんもご一緒に騒ぎましょう!
(・・・ひと様のプログですが。でもtsumireさんのブログだし。
※私とtsumireさんは一面識もありません。
共通点は、"誇り高いハゲタカ廃人"だというただ一点のみ!
でも、明日、いよいよご対面が叶うかも♪
すべてはtsumireさんの今日のお仕事の頑張り次第!)

それから、ソファで座って待つ鷲津さん、わかりませんでした。
「おい、守山」のシーンで、画面右端に、確かに鷲津さんが待っているフロアが
ちらっと映るんですが・・・。
明日は思いっきり前寄りの席で見ようかな。

tsumireさん以外にも、明日、出陣される方はいらっしゃるのでしょうか?

そうそう、『日本映画navi vol15』を読み返していたら
NYのバーのメイキングシーンの小さい(ホントに小さい)写真が載ってました。
(唐突に「お前(呼ばわりだよ、この人は・・・)、人を殺したことがあるか」のシーン。)
楽しそうに談笑しているスタッフと鷲津さんと劉さん。
『ハゲタカ』ってメイキングはご法度の映画のような気もするんだけど
こんなシーン、やはり映像で見たいなぁ・・・
2009/08/27(Thu) 09:49 | URL | Macky | 【編集
>共通点は、"誇り高いハゲタカ廃人"だというただ一点のみ!

え?誇り高かった? どうも他の正統なハゲタカ廃人(?)の皆様よりもおバカ度が高いような(笑)。あ、でもおバカ度が高いのは私とMackyさんだけか(←決め付け)。

>すべてはtsumireさんの今日のお仕事の頑張り次第!

そのために昨日も夜9時まで仕事いたしました! まあ、無理だとは思うけど明日は無我の境地で見るために、今日こそは本当に不純な目的(マンダリンの鷲津探し)で渋谷に行きたいとまだバタバタしているのさ~~。

>tsumireさん以外にも、明日、出陣される方はいらっしゃるのでしょうか?

明日の廃人出陣率は高そうですが(でもまだ座席予約は全然ふさがってないよね)、ここに書き込んでくださっている廃人の皆様は東京在住じゃないみたいですけどね。

>そうそう、『日本映画navi vol15』を読み返していたら

……またチェックしなくちゃならない本が増えちゃったよ、ぶつぶつ(といいながら顔が綻ぶ)。
2009/08/27(Thu) 10:09 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>み~さん、もしかしてドラマ版の全ての場面を全部覚えているの!?

たぶん大雑把に(笑)100回以上観てるから(爆笑)でも、細かいチェックは全く苦手!主に感情に重点を置いてみてるんで(汗)
2009/08/28(Fri) 00:35 | URL | み~ | 【編集
横レス(って言うのですか?)すみません。

>み~さん
>細かいチェックは全く苦手!主に感情に重点を置いてみてるんで(汗)

100回かどうかは数えてないから分からないけど(笑)ここのところは同じです!!!

2009/08/28(Fri) 01:42 | URL | BOOKO | 【編集
み~さん
>たぶん大雑把に(笑)100回以上観てるから
BOOKOさん
>100回かどうかは数えてないから分からないけど

うわ~、私、ドラマ版はリアルタイムとDVDを買った直後と夏休みに見たのでまだ3回しか見てないよ~。普通に考えたら3回は別に少なくない数字なのに、ここでは全然見てないうちに入ってしまいますね(笑)。

それだけドラマ版のほうを見こんでいるとさぞかし映画のほうの見方も違ってくるんだろうなあと思うとうらやましいです。

私なんざDVDを買ってから第1話をはじめて見たので(リアルタイムでは第1回だけ見てなかった)、鷲津がクラリスに「日本を買い叩け」と言われた時点では日本に帰ることなど全く考えてなかったということに初めて気がついた次第ですよ(とほほ)。だから沢山の鎧を着けて日本に上陸したのね~っつーか。じゃあ、劉もまた……とかね。まだまだ何もかもが見たりないわ……。
2009/08/28(Fri) 06:46 | URL | tsumire | 【編集
>3回しか見てないよ~。

ふっ。
おっと失礼!つい苦笑が・・・

常に反省&向上心を忘れない私は、ちゃんと復習しましたよ、み~さん、tsumireさん。
確かに鏡でした。どうして気づかなかったのでしょう?
これでは3回"しか"見ていないtsumireさんを笑えません。

改めてドラマ版を見ると、すごく表情が豊かに見えます、鷲津さん。
ただ、数字の「5」と「0」の書き順が"ヘンではありませんか?"(←中延さん風に)
ホライズン社内で、サンデートイズの債権を買い集める説明をしているときに
ホワイトボードに「350」と書いているんですが、う~ん・・・

み~さん、BOOKOさんとちょっと違って、私はひたすら鷲津さんのお姿だけを追っております。
だってかっこいいんだもぉぉん♪
2009/08/28(Fri) 09:30 | URL | Macky | 【編集
>ただ、数字の「5」と「0」の書き順が"ヘンではありませんか?"

わたくし、この夏に本当に久しぶりにドラマ版を見たわけですが、まず思ったのは「鷲津、字ヘタッッッ!」でしたよ。書き方が変という以前に、下手。あの字だけ見ると天才ファンドマネージャに見えない……。私としては字を書く場面がなかったとしても、大森南朋には「ハゲタカ2」のためにもう少し字を書く練習をしてほしいです(笑)。ま、次の舞台はアメリカだから特に日本語を書く場面はなかろうが。

さてこの週末は4回目のドラマ鑑賞と、今度こそ「クライマーズハイ」を借りなくては。
2009/08/28(Fri) 10:09 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>ま、次の舞台はアメリカだから特に日本語を書く場面はなかろうが。

南朋さんの字が下手←日本が舞台はNG
南朋さんの英語の発音が怪しい←英語圏が舞台はNG
う~ん、困った。
やはり英語圏以外の外国を舞台にしないとまずいかも。
ここはやはりドバイかな。
不動産バブルが弾けて、なにやら不穏な状態らしいし。
『ハゲタカ3』は中国、『4』までには英語をマスターしていただいて、アメリカを買い叩いてもらいましょう。
休日には、NY・トライベッカにあるBarでサックスを吹いてもらおうっと。
原作通りにピアノでもいいかな?

『5』ロシア、『6』はインド、『7』はブラジル。(←まんまBRICsだわ)
商売繁盛だ、鷲津ファンド。
(『釣りバカ日誌』『男はつらいよ』を追い越せ追い抜け!)

っちゅうことは、海外事業所も開設する必要があるかしら?
USA・Officeは"何もかも見えるようになったであろう"アランを呼び戻して・・・
佐藤浩市さんを官僚役でもなんでもいいからレギュラーにしていただいてっと・・・
あぁ妄想が止まらない!

そうそう、DVDでWOWOWドラマ『プリズナー』を見てたら、
タマテツが署名するシーンがあったんだけど、南朋さんに輪をかけて、残念な字でしたよ。
あんなにお顔は綺麗なのに。
2009/08/28(Fri) 11:55 | URL | Macky | 【編集
>やはり英語圏以外の外国を舞台にしないとまずいかも。

でも日本語を書かなくて、英語を話さなきゃいいんだから、まず日本が舞台のときは絶対文字を書かない、英語を話さない。これで全然OK。英語はいっそ吹き替えってのはどう? 大昔の映画なんかだとよくあったみたいだけど。ま、文字を書く手を吹き替えっていう手もあるしな(……どんだけ下手なんだか)。

>海外事業所も開設する必要があるかしら?

まあ、映画の始めの方で「日本には用はない」と言っていて、なおかつドラマ版の最後で「(ファンドビジネスができないということは)死ねという事だ」と言っているんだから海外展開は必須だよね。でもまあとりあえずは「ハゲタカ2」でアメリカでの足場を固めてからだな……って、私たち一体なんの企画を立てているのやら。

>タマテツが署名するシーンがあったんだけど、南朋さんに輪をかけて、残念な字でしたよ。

うわーーー……。字がうますぎる男も嫌味だけど、残念な字だと知性がまず感じられなくなっちゃうのがなあ。字を書くシーンがなくて本当によかったね……。
2009/08/28(Fri) 13:13 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
さくらんぼ 冗談じゃない ワーク各教科20ページ分くらい意見文読書感想文人物画 とか宿題あるんだけどーうん・・ 意見文はもう終わってるし?コースプリントが泣きたいほど本気で終わってない。 でもってワークはー社会だけ終わってて理科は半分、国語も半分、英語手つけ?...
2009/08/25(Tue) 08:14:35 |  最新!最旬!ニュース速報