ガラスの仮面44
前回の発行(2009年1月)から画期的な早さで出た「ガラスの仮面 第44巻」(美内すずえ、白泉社、420円)だが、もちろんまだまだ「紅天女」が誰になるんだか決まってない。というか二人の候補(北島マヤと姫川亜弓)の試演会もまだ開催されてなかったよ。この44巻を読み始めたばかりのあたりでは「もうさー、ヘレン・ケラーの時みたいにダブルキャストにすればいいじゃん」とか思ったんですが、「紅天女」の場合には上演権という大人の事情がからんでくるから事はそう簡単にはいかないのね。面倒くさいなあ。

さて前回だか前々回だかに衝撃の登場だったアイテム、携帯電話ですが、もー今回は北島マヤと速水大介(真澄様のお父様)がメアドの交換なんかしているんですけどーー。真澄様の秘書のヒト(名前忘れた)なんか、今はインターネットで知り合ってメールを交換するうちに愛情が育って、、、なんて真澄様に言っているんですけどーー。美内先生、もう、これ以上今風のアイテムを盛り込まなくて、いいです……。

それにしても30年以上続いているこの物語の決着は一体いつつくのか。一番皆が納得できる決着は、マヤと亜弓のどちらかが死んで、残った方がその意志を継いで紅天女を演じる、ってあたりでしょうか。でもそれじゃ月並みか。いっそのことマヤと亜弓で1年おきに交代でとか、衝撃の新人が登場して月影先生に気に入られあっという間に紅天女をかっさらわれて残されたマヤと亜弓が唖然とするとか、あんたたちじゃ話にならないって月影先生がやっぱり紅天女を演じながら舞台の上で息絶えるとか、いかがでしょうか。まあ、とにかく私が生きているうちに決着を付けて下さい。
関連記事
テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
最近何かで美内すずえのインタビュー記事を読んだよ(多分朝日新聞)。その中でも携帯電話について触れてたけど、「ガラスの仮面」は全然読んでないから、そのことがそれほど話題性があるとは思わなかったわ。わたし的には、「月影先生がやっぱり紅天女を演じながら舞台の上で息絶える」というオチが秀逸かと。結果的にこの話の主役は月影先生だったと。

>まあ、とにかく私が生きているうちに決着を付けて下さい
長生き勝負だね、こりゃ。先に「王家の紋章」に決着がつくかと。(未完というオチも含めて)
2009/09/14(Mon) 09:25 | URL | suika | 【編集
確か前の巻が出たときにも「王様のブランチ」に作者が出て説明してたよ。携帯電話の登場はかなりあちこちで言及されていたせいか、電話は出さざるを得ないコミュニケーション手段なのでどうしても今風にせざるを得なかったって。うーむ、あんだけアナクロだったらもういいじゃんか、って気もするけどね。

>生き勝負だね、こりゃ。先に「王家の紋章」に決着がつくかと。

「王家の紋章」の方は、作者の娘が協力している分、まだまだいくらでも続けられるよね。
2009/09/14(Mon) 14:17 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
新刊買ってしばらくしたら古本屋に売り叩いている私なので、時系列が全く分らなくなっているのですが、44巻に出てきたカメラマン、ハミルって確か亜弓さんの恋人になってなかった?詩織さんが自殺未遂していたように思ったけど、亜弓さんはかなり前に目が悪くなっていたような・・・・。

雑誌で掲載されて、単行本になっていなかった場面が、今書き直されているってことでいいのでしょうか?

結局決着が着かず「お前様の心の中に紅天女はおります」完 だったらどうしましょう・・・(--;)

『王家』はあの兄ちゃんがメンフィスの生まれ変わりなんだと思っているのですが。古代でメンフィスが死んで現代に戻ってきたキャロル、自分がメンフィスの生まれ変わりだと気づくライアン(でしたっけ?)。時を超えてまた会えた、おわり。読者って今どれ位いるんでしょうね。
2009/09/14(Mon) 22:18 | URL | エイト | 【編集
>44巻に出てきたカメラマン、ハミルって確か亜弓さんの恋人になってなかった?

そうそう、あのカメラマンが恋人になっていたのも、目が見えなくなっていたのもすっごーーーーーく昔の話だったよね。あれが雑誌に掲載されてたのって、もしかして10年くらい前? そこまではいかないか? なんか中途半端な連載はやめて単行本に専念してちゃっちゃと描き上げてほしいですよ。

>結局決着が着かず「お前様の心の中に紅天女はおります」完 だったらどうしましょう・・・(--;)

うひゃーーーーー、一番ひっくり返ってしまいそうなパターンだが、あり得ないでもない……。

>読者って今どれ位いるんでしょうね。

「想像もつきませんね……」by 中延さん
2009/09/14(Mon) 23:50 | URL | tsumire→エイトさん | 【編集
私も『花とゆめ』で最初から読んでいたんですけど(歳がバレるか)
もう最近は完結したらまとめてマンガミュージアムで読もうと考えています…。
待ちくたびれる。

最近私も美内すずえのインタビュー記事読んだんですけど(多分日経)
ラストシーンはもう決まっているのでそこに向かってどう持っていくかということでした。
勿体つけてないで早ようしてほしい。
美内センセに何かあったりしたら未完で終わってしまうわよー
私達も漫画漫画という歳でなくなっていっちゃうし…(涙)
2009/09/15(Tue) 22:45 | URL | BOOKO | 【編集
>私も『花とゆめ』で最初から読んでいたんですけど

つまり私とそれほどには変わらない、ということでしょうか(笑)。いや、ほんと待ちくたびれて、新しい巻が出ても「まだ終ってないかよ」などと言ってしまうのはいかがなものかとも思うんですがね。

>私達も漫画漫画という歳でなくなっていっちゃうし…

えっとーー、この年になっても漫画を読んでいるということは、まだまだ読み続けるっつーことですよ。ふふふ。
2009/09/15(Tue) 23:53 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック