チルドレン
大森南朋「風、グッジョブ」キャンペーン第3弾「チルドレン」である。今日返却しなきゃならないのに、今日みてるだなんて、8月31日の磯野カツオか?

[作品紹介]
「人気作家伊坂幸太郎の短編集「チルドレン」を映画化したヒューマンドラマ。家庭裁判所の調査官が自身も苦悩しながら地道な努力で小さな奇跡を起こす。『機関車先生』の坂口憲二が内向的な主人公を熱演し、本作で新境地を開拓。彼を振り回す先輩役に『ヴァイブレーター』大森南朋、ヒロイン役に『天使の卵』の小西真奈美と若手実力派俳優たちが集結した。バラバラに見えた登場人物たちの物語が優しく結び付くラストは必見」(Yahoo!映画紹介より)

普通に面白かったです。もともとはWOWOWで放送した物が劇場公開されたそうだが、なるほど、閉じたメディアであるWOWOWだけでの放映はもったいないかもね。お話自体はハートウォーミングストーリーというやつで、安心して楽しく見られる代物なのだが。しかしなんだね、これの主人公って本当に武藤(坂口憲二)? 話の構成と進行とキャストではそりゃ武藤が(っつーか坂口憲二が)主人公なんだけど、武藤の同僚である陣内(大森南朋)のキャラの立ち方が尋常じゃないでしょ。

コメント欄で皆さんから随分と陣内のスピンオフを見たいという書き込みを見たけど、そりゃこれは見たいわ。陣内面白すぎる。Amazonの評を見たら原作では陣内が(ほぼ)主人公として描かれている(他人の視点でそれぞれの陣内が描かれている)と書いてあったけど、だったら陣内主人公でそのまま作ってくれればよかったのに。でもやっぱり大森南朋が主人公じゃ地味すぎるのか。もちろんこの「チルドレン」の中では神経質で堅物な武藤との対比でなおのこと陣内のハチャメチャぶりが際立っているようにも見えるのかもしれんけど、だったら武藤の生真面目な面接シーンと同じくらい陣内の面接シーンを増やして、相互に流した方が武藤のまっすぐさがもっと際立つんじゃありませんか、監督様(と、陣内の出演場面倍増依頼)。でもオープニングの銀行強盗のシーンでわざわざ全員にお面をかぶらせていて誰が誰だかわからない状況なのにも関わらず、それでもやっぱり陣内が際立っているあたり、確信犯なのかもね。

この陣内、ふざけたことやっててもその実誰よりも現実的で「チルドレン」の事を考えているから、居酒屋で一度非行に走ったガキは一生変わらないんだよなどとほざくオヤジに「そもそも大人が恰好良ければ、子供はぐれねえんだよ」「俺たちは奇跡を起こすんだ。ところで、あんたたちの仕事では奇跡は起こせるのか?」と喧嘩を売ったり、路地裏で同級生に殴られている男の子を(陣内が)殴ったり、補導された少年との面接で「白いカラスを見た」「白いカラスなんかいるわけねーだろ」と言い合いになってどんどんエスカレートしていったり、どれも面白く、痛快でもある。

もちろん話の本筋は、謎の万引き少年親子(三浦春馬・國村隼)と彼らをフォローする武藤のエピソードや、武藤が思いを寄せる女性(小西真奈美)と武藤の空回りぶり(え?)がメインで、そっちもまあよかったんですけどね(←とってつけたよう?)。

さて今回の大森南朋「風、グッジョブ」ポイントはラストですよ。まさに風が吹いてまたいい仕事をしています。それに学生時代の大森南朋の写真も出てきたときは、「なんだ、その傾向がもうあるじゃん」とつぶやいてしまった私だ。

で、このDVDを返却しに行ったついでに、今日こそは「M」にチャレンジ!と思って18禁コーナーに足を踏み入れてみました(9月5日「いまさらながら、そこはアンタッチャブル。」)。今日はアダルトコーナー内は誰もいませんでした。チャンス! ……しかしなんだ、あたり一面アレなパッケージばかりでどれがどれなんだかさっぱり区別がつかん。パッケージがどれも似たような表紙ばかりなんだもん。一面肌色。せめてアートなエロコーナーみたいな場所においてあるのかな?とか思いつつ探してみたものの、結局わからないまま、先週同様にすごすごと引き返して来てしまいました(とほほ)。まあ次回は素直に店員さんに持って来てもらうことにするよ。

なお、今日新たに借りたのは大森南朋と玉山鉄二共演の「プリズナー」、パッケージ写真をみただけでも大森南朋の状況がやばいのはアリアリな作品です(←何から何まで作品の楽しみ方を間違っています!)。でも3本(第5話)もあって、見るのに気力体力時間を食いそうだなあ。大丈夫か?
関連記事
テーマ:映画
ジャンル:映画
コメント
あらま。わたしもこちらで皆様の推薦文を読んで、「チルドレン」、tsumireさんとほぼ同日同時刻に見てました(「キャッチボール屋」も借りてきたけど、まだ見てない)。ほんと、陣内いいね。証拠品を記念に持ってきちゃうあたりお茶目だし(あの仕事をしてて)、白いカラスを黒の薄いカラスって言い張ったシーンがまた良かった。脇の、所長さんや居酒屋の面々もおいしゅうございました(ちょっとネオ山大学とかぶったけど)。それにしても三浦春馬、少年のときはあれほどイケてなかったのねぇ。「ブラッディマンデイ」の精悍さは全然感じられなかったわ。個人的には、陣内さんがブルース・リーの人形で腹話術してくれるところも好きだ~♪
2009/09/13(Sun) 10:12 | URL | suika | 【編集
まあ、シンクロニシティ~。私達やっぱり運命の赤い糸で結ばれているのね(え……?)。

陣内は面白いし武藤もいいキャラなんだからスピンオフじゃないにしても、こんどは陣内視点で武藤を描くというようなのでもいいよね。……でもあれは主役じゃないからいいのか?

>それにしても三浦春馬、少年のときはあれほどイケてなかったのねぇ

あれはちょっとびっくりだよ。今、女の子のような美青年だもんね。もしかして「お直し」したのかと思っちゃったよ。
2009/09/13(Sun) 13:22 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
ちょっと奥様!わたくし今日の午後、おやつのつもりで「タイガー&ドラゴン」の茶の湯の巻の大森南朋を見たんだけど、金髪のチャライ鷲津って感じで(←すでに鷲津じゃない?)、こちらもなかなかおいしいじゃないの。出番もそこそこあったし。知らないうちに見てたんだなぁ。でもちょっと太ってたか………
2009/09/13(Sun) 20:23 | URL | suika | 【編集
奥様、ちょっと興奮してらしてよ(笑)。大森南朋は作品選んでないんじゃねーのか?っつーくらい色々出てますから。

でも私も「タイガー&ドラゴン」はかなりきっかり見ていたのに、大森南朋の印象なんかこれっぽちもないよ……。じゃ、今週末はタイガー&ドラゴンを借りてくるとするか。

>わたくし今日の午後、おやつのつもりで

おや? おやつが「タイガー&ドラゴン」だとするとメインは一体?
2009/09/13(Sun) 20:47 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
チルドレン
久々に観たくなった。
でも人に貸してるので
長い長い殺人でも見るか?
それともDr.コトー診療所2006の7&8話を観ようかな。

「タイガー&ドラゴン」も気になるので今度レンタルしてみます。
2009/09/14(Mon) 08:43 | URL | 朋 | 【編集
『チルドレン』いいでしょ?もう陣内さん大好きっす。
ふざけて武藤の首を締めるシーン、覚えてます?あの腕&手のセクスィ~なこと!
1回目の本屋へのお遣いは"スラムダンク全巻"!
私もスラダン、大好きなので、「スラダン」は、脚本どおりなのか、
陣内(南朋さん)の好みなのか凄く気になるぅぅ~。
何かのインタビューで「スラダンの最終巻、何度も読んでいるけど、読むたびに泣けます」っておっしゃっていたので(←もちろん、陣内じゃなく南朋さんへのインタビューね。)このチョイスは南朋さん?

カラスの件で、机を2回叩くのは演出なのかしら?それともアドリブ?
『チルドレン』を見ていたら、この頃から南朋さんファンになっていたと思われます、はい。

この週末、お芝居のDVD『LENS』を見たんですが、
あの鷲津臭皆無の南朋さんに、ついに鷲津臭発見!
コメディなんですけど、髪をオールバックでかためて、オデコ丸出しなので、
いつもの眉&目じゃダメ!ってことになったらしく(←想像)、
眉&目力が鷲津風なんですよ(あくまでも"風"ですけど)。
鷲津さんがこんなところに!
まぁコメディなんですけどね(←しつこい?)

カーテンコールで男5人が手をつないで挨拶するんですが、
南朋さんと小林賢太郎さんの手のつなぎ方がぎこちなくて、これまたGood!

"お芝居の楽しさ"がわかるものになっていると思いますよ。
このお芝居が椎名林檎さんの「百色眼鏡」に繋がっていたんですねぇ。
tsumireさん、suikaさん、ぜひぜひ見てくださいませ。
(朋さんはもう見てますよね?)

tsumireさん注目のオデコですが(←だから間違ってるってばぁぁ~)、
前髪で無理に(広い)オデコを隠していない分(こらこら)、自然に見えましたけど^^;
2009/09/14(Mon) 10:33 | URL | Macky | 【編集
>「タイガー&ドラゴン」も気になるので今度レンタルしてみます。

なんだか随分と懐かしいような気もすると思ったらもう4年前のドラマだったのね。そりゃ大森南朋の「お」の字も記憶にないわ~。
2009/09/14(Mon) 13:12 | URL | tsumire→朋さん | 【編集
Mackyさん、休み明けは突っ走りますね、うふふ。

>眉&目力が鷲津風なんですよ(あくまでも"風"ですけど)。

鷲津風……これまた微妙な表現を(笑)。お芝居にはまったく心惹かれないけど、「鷲津風」という言葉には弱い私……。ま、今のところ「プリズナー」に全然手をつけてないのでまだまだ先だなー。

>前髪で無理に(広い)オデコを隠していない分(こらこら)、自然に見えましたけど^^;

……わかりました、では「プリズナー」の次にチャレンジしてみましょう(え!?)。しかしなんだな、やばい人達ってみんな最初は前髪で誤魔化すよなあ。
2009/09/14(Mon) 14:10 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>「タイガー&ドラゴン」の茶の湯の巻の大森南朋を見たんだけど、

「第3話です。第3話といえば、片山監督です。
そしてゲストは大森南朋さんです。
この間、雑誌「anan」の好きな男特集を読んでたら、大森さんのインタビューが載ってて、
「最近うれしかったことは?」という質問に「タイガー&ドラゴンの3話にゲスト出演したこと」って答えてくれていたんです!感動しました。ありがとうございました。
こちらこそ、大森さんにBOSS片岡役をやってもらえて幸せでした。」
(「タイガー&ドラゴン」公式HP内"磯Pのここだけの噺"から抜粋)

「タイガー&ドラゴン」も「Dr.コトー診療所2006」も「恋する時間」「夫婦。」
「ブスの瞳に恋してる」もな~んも見ていなかったし、
インディーズ系の映画も、H系の映画も、そもそも邦画をほとんど見ていなかったので、
南朋さん認知が遅れたのも仕方ない!と、己を慰める今日この頃。
『蟲師』「クライマーズハイ」は見たけど、まったく琴線に触れずスルー。
っちゅうことは、たとえ、連ドラを見ていたとしても、鷲津さんに出会うまでは、
"大森南朋"に興味を持てなかった公算大ですね。
鷲津政彦、恐るべし!
2009/09/14(Mon) 14:44 | URL | Macky | 【編集
>Mackyさん、休み明けは突っ走りますね、うふふ。

パソコンが直ってきたら、24時間365日走らせていただきます!
携帯でコメントは読んでいるんだけど、さすがにカキコはメンドーなんですよね。
いよいよ深谷、近づいてきましたね。楽しみ♪
2009/09/14(Mon) 14:47 | URL | Macky | 【編集
>いよいよ深谷、近づいてきましたね。楽しみ♪

楽しみすぎて……日にちが近づくにしたがって緊張して眠れないかも(って、遠足待ちの小学生かよっ!)。
2009/09/14(Mon) 16:50 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>鷲津政彦、恐るべし!
いやいや、Macky さんのほうが恐るべしですから(笑)この溢れんばかりの情熱、思い込んだら命がけ、わたしの時間とお金は全てあなたのものという姿勢は、オタク体質のいい見本です。(てか、このブログとコメント欄、鷲津のハーレムみたいになってるし)最初、BOSS片岡って役名を見たとき、最終回近くの対抗暴力団のボスと勘違いして、頭の中でどうしてもその時の役者の顔と大森南朋が結びつかなかったんだけど、そうじゃなくて、「やばいよー、きてるよー」の方でした。「チルドレン」、まだ手元にあるので、もう一回見て「武藤の首を締めるシーン」の腕&手のセクスィ~っぷりにやられてきます。
tsumireさん、映画の方は冬まで(多分)DVDにならないんでそ?だったらそれまでドラマの方も検証してみて~。眼鏡が変わったことで二年の時間の流れをあらわしてるのかと思ったら、突然以前の眼鏡をかけるシーンが入ったりしてるんですけど。まぁフケ専のtsumireさんには、ドラマの鷲津は味付けが薄いかもしれないけど、たまには懐石料理もいいじゃん。でこはもう充分広いし。映画もあと深谷を残すのみなんでしょ?(←怪しいもんだけど)頼む~
2009/09/14(Mon) 17:07 | URL | suika | 【編集
>いやいや、Macky さんのほうが恐るべしですから

……似たもの同士……(ぼそっ)。

>だったらそれまでドラマの方も検証してみて~。

えーーー、だって映画は2時間で見た回数は20回、それにひきかえドラマは6時間で、私、見た回数はまだ3回程度なんですけどーー。まだまだ道は険しいわ~。

>突然以前の眼鏡をかけるシーンが入ったりしてるんですけど。

あら、suikaさんたら、本格的にハゲタカ廃人道に深入りしはじめたのね。うふふ。まあ、ドラマ版検証にはえらーく時間がかかると思うんですけど。とりあえずふちなし眼鏡と上部フレーム眼鏡では、ふちなしの方がソフトな印象、ドラマ版の上部フレーム眼鏡は冷たくて人を跳ね返すような印象がありますよね。鷲津の眼鏡は鷲津の心情を表現しているのと同時に、対峙している人物の心情や状況を映し出していたり、反射していたりすることがありますよねん(多分)。

前半部分(1話~3話)までの鷲津の武装度が非常に高いというのがミソなのでわ。第1話の冒頭を見る限りでは、鷲津は日本に戻ることを全く考えていなかった、だから意に反して帰国したことで(上部フレーム眼鏡で)武装する必要があったんではないかと。後半部分(第4話~第6話)は鷲津の魂の救済編ですよね。前半部分と違って非常に弱い部分の鷲津が出てきているんじゃないですか。後半部分のどこらへんでどの眼鏡をかけているかチェックしてないのでよくわからんですが、もしかしてことさら武装する必要がある場面だったんじゃ?
2009/09/14(Mon) 17:33 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
Mackyさんへ
>"お芝居の楽しさ"がわかるものになっていると思いますよ。
このお芝居が椎名林檎さんの「百色眼鏡」に繋がっていたんですねぇ。
tsumireさん、suikaさん、ぜひぜひ見てくださいませ。
(朋さんはもう見てますよね?)

それが!!観てません
ってか探してる途中なんですよ
田舎なので・・・あるか?
今は≪M≫も探してるんですよ。

もうすぐWOWOWで17日だったかなぁ~南朋さんが出た!!映画やるはず
≪きみの友だち≫ってのが深夜にあるけど
どんな内容なんでしょうか?
またチョビット出演でしょうかね。


そう私も鷲津政彦さんに会えなければ
大森南朋さんと言う俳優さんに出会うこと無かった。
今は怖いくらいハゲタカDVDと南朋さん出てる映画&ドラマDVDを観てます。

元々スーツ&ネクタイといい男の後ろ姿が好きでして
それに当てはまるのが鷲津政彦だった訳で・・・。
いつになったらテレビ版ハゲタカDVD飽きるのでしょうか?(しばらくは無理でしょうけどね)

それにしても「恋する時間」「夫婦。」 CM「au」とか観てたのにスルーだったのがもったいなかった。
2009/09/14(Mon) 19:18 | URL | 朋 | 【編集
Mackyさん:
>鷲津さんに出会うまでは、"大森南朋"に興味を持てなかった公算大ですね。
朋さん:
>鷲津政彦さんに会えなければ大森南朋さんと言う俳優さんに出会うこと無かった。

歴史時間は次の2種類で表記される。すなわち、鷲津以前と鷲津以後である。鷲津元年は西暦では2007年であり、本年は鷲津暦3年である。……あれ? なんか「20世紀少年」?
2009/09/14(Mon) 20:18 | URL | tsumire | 【編集

まーさひーこくーん、あーそびーましょー

うーん、tsumireさんの検証(妄想)、やっぱおもしろいわ。確かにホライズンのあのじじぃが鷲津を日本に派遣しなきゃ、まだ彼はアメリカでお金稼いでたはず。あれ?あのじじぃ、ふけててはげててtsumireさんのつぼにすっぽり。もう鷲津はやめてあっちにしとけば?(←ライバル蹴落とし)映画は確かに二時間だけど、映画館まで往復する時間がかかるじゃん。ドラマDVDならお茶の間で鷲津があなたのためだけに買い叩いてくれるんだよ。しばらくはドラマDVDに溺れちゃえ。

>今は怖いくらいハゲタカDVDと南朋さん出てる映画&ドラマDVDを観てます
ウハハハ、朋さん、このブログは管理人、コメンテーターともに同じ病にかかっております。鷲津暦三年にウィルス大拡散!ワクチンは映画版「ハゲタカ」DVD?あ~、PS3買っちゃいそうで恐い~。ブルーレイかーーー???
2009/09/14(Mon) 20:43 | URL | suika | 【編集
じじぃ……クラリスか。ちゃんとハゲててちゃんとじじぃなのになんで心惹かれないのかしら。もしかしてくそ暢気にNaviTimeなんかやっているからじゃないのか?(←関係ありません)。

>映画館まで往復する時間がかかるじゃん。

そんな時間なんか気にならないもーん。その点家でDVD見ていると家族にしょっちゅう邪魔されるかんね。集中して見られやしねぇ。子供1人でこんなに邪魔されるんだったら、suikaさんとこみたいに3人もいたら一体どうなるんじゃーーー!

それに今週の夏休みの宿題は「プリズナー」なの。危機感溢れる大森南朋の頭部をじっくり観察するのさー(←非常に問題な鑑賞態度)。

あ、そうそう、ブルーレイの「ハゲタカ」、画面がビューチホーなだけでなく、日本語字幕も付いててナイスみたいよ。私も映画の「ハゲタカ」はブルーレイで見たいような気もするんだよね。12月にはFFも出る事だし、PS3は買いで決まりだね!
2009/09/14(Mon) 23:56 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
鷲津眼鏡の件、なんだか気になって来ちゃったじゃないの。せめて眼鏡の種類がそれぞれなんて言うのか(眼鏡をかけ続けて30年以上になるのに、種類なんか全然知らなかったよ)、調べてみたよ。

縁なしが「ツーポイント」っていうのは知っていたけど、上部フレームタイプは鷲津タイプのものは「ブロウバー」って言うんだね。私が普段している全面フチありは「フルリムタイプ」と。
http://www.meganepark.biz/kiso/kiso.htm

まあ、まずはどの場面で鷲津がどの眼鏡をかけているのか、一覧表を作る事からはじめないとなーー(遠い目)(だいたい本放送が終ってから2年半も経っているんだからこーゆー検証をしているサイトも探せば絶対あるんだろうけど)。しかし全部チェックすると6時間だよ、6時間。気になると調べたくなってしまう自分の性格が憎い~~(←これが勉強とか仕事に生かせばよかったのに、そういうことではあまり動かないんだよなー)。でも「プリズナー」を見終ってからね。
2009/09/15(Tue) 06:43 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>これが勉強とか仕事に生かせばよかったのに
そのセリフはオタク全般に寄せられる不朽の賛辞じゃん♪趣味嗜好(だけ)に全力投球するのがオタク道。そしてtsumireさんは資料好きだから、こりゃ期待出来そう~。わたしも同じく眼鏡は三十年以上かけてるけど(これでデーモン閣下と年がどっこいってバレちゃうね)、眼鏡の種類なんて全然知らなかったよ。
子供は三人いてももう大きいので、夕食後は各自の部屋に撤収するからそっちは問題ないんだけど、隣家の勝手口が開閉するたびにほえるバカ犬(室内飼い)が大問題。でも富士真奈美のホテルの部屋にいる鷲津を見て、「ツバメ~♪」などと喜びながら、犬が咆えるたびに巻き戻すのもそれはそれでフフフッ♪(←完全に腐っとる)
2009/09/15(Tue) 07:55 | URL | suika | 【編集
おっはようございます。
suikaさんへ
>ウハハハ、朋さん、このブログは管理人、コメンテーターともに同じ病にかかっております。鷲津暦三年にウィルス大拡散!ワクチンは映画版「ハゲタカ」DVD?あ~、PS3買っちゃいそうで恐い~。ブルーレイかーーー???

うははっ今はワクチン早く欲しいぃ~

昨日は久々の残業だったので!!
テレビ版ハゲタカ観れなかったのが残念無念(そんなんで良いのか?)
ってことで本日はニコニコ動画を楽しむしかないな・・・。
2009/09/15(Tue) 09:13 | URL | 朋 | 【編集
>富士真奈美のホテルの部屋にいる鷲津を見て、「ツバメ~♪」などと喜びながら

ちょ、奥様、奥様、それはかなり腐りかけでございますわよ。そりゃ私もあの場面を初めて見た時はいくら大河内社長(富士真奈美)とはいえ、女性が一人で泊まっているホテルの部屋に男性が一人で訪問するのはいかがなものか、とは思いましたが(なんだ、私も腐りかけか……)。っつーか、もしかしてDVD買ったんですね?(笑)

じゃ、10月まで手をこまねいて待ってないで、飯田まで映画を見に行っちゃえば~。ぐっとオトナの魅力の鷲津があなたを待っているわよ(はぁと)。ま、ドラマ版のようなほくそ笑みは見せてくれないけどね。
2009/09/15(Tue) 14:09 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>そりゃ私もあの場面を初めて見た時はいくら大河内社長(富士真奈美)とはいえ、女性が一人で泊まっているホテルの部屋に男性が一人で訪問するのはいかがなものか、とは思いましたが(なんだ、私も腐りかけか……)。

やっと理解した。
ツバメの意味が?でした(遅っ)

あのシーン鷲津さんキョロキョロ(?)してましたよね。
2009/09/15(Tue) 14:33 | URL | 朋 | 【編集
>うははっ今はワクチン早く欲しいぃ~

まるで新型インフルエンザのよう?(笑)
2009/09/15(Tue) 15:43 | URL | tsumire→朋さん | 【編集
鷲津の眼鏡は
大森さんが本能で着けたりはずしたりしていたそうなので(セミナーより)
多分チョイスも自身でされていたと思う。
(「鷲津になるには時間がかかる」と言った大森さんが選んだという事は
鷲津が選んだということ)

tsumireさん、お待ちしてます~(笑)
   ↑
 無責任なこと言ってる
2009/09/15(Tue) 23:15 | URL | BOOKO | 【編集
>大森さんが本能で着けたりはずしたりしていたそうなので

その話を前に聞いた時は驚いたよ~。本当に鷲津になりきっていたんだねぇ……。大森南朋、やっぱスゲーよ。

>tsumireさん、お待ちしてます~

とりあえず簡単なやつを作ったのでこれからアップします。でも期待しないでね(笑)。
2009/09/15(Tue) 23:49 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
さて、今日は課題は『サル』です。
「『13階段』の水橋研二や『アイデン&ティティ』の大森南朋らが出演したサスペンスホラー。自主製作映画の資金繰りのため、高額な新薬人体投与実験の治験アルバイトに参加した若者たち。しかし、軽い気持ちで臨んだ彼らに恐怖が襲い掛かる。 」
(「キネマ旬報社」データベースより)

映画自体はどうでもいいんですが(←よくない!)、これまた凄いですよぉぉ!
2003年の映画なので、南朋さんは31歳、役柄では25歳。
でも、どうみても40歳overなんですよねぇ~。
生え際だけちょっと白くして、ダサダサ四角メガネで変身してるんだけど。
もう、オヤジ臭プンプンっすよ。

お宝映像は、入浴シーン!(おっ、皆さん、ここで食いつきましたね?)
治験のため入院していて、お仲間と大浴場で入浴してるんですよぉぉ。
ただ、この演出が甘い!
水橋君は洗い場から湯船まで歩くバックショットがあるのに、南朋さんは、もう湯船に肩までつかってるんですよ。
もう、普通、逆でしょう!
わかってないんだから!(←何を?)

枯れた南朋さんに興味がある人はぜひ!
(水橋君が南朋さんに注ぐ視線に"愛"を感じるのは私だけでしょうか?
二人、以前は雑誌で連載もってたしなぁ。そうそう、お話は、たいしたことないっす。)
2009/09/18(Fri) 11:21 | URL | Macky | 【編集
えーー、ホラーなの!? サスペンスだけじゃなくてホラーなのぉ……? ホラーはパスしたいなあ。

>でも、どうみても40歳overなんですよねぇ~。もう、オヤジ臭プンプンっすよ。

ちっ、私の琴線に触れる単語を……(私の琴線って、一体どうなっているんでしょうか)。

>南朋さんは、もう湯船に肩までつかってるんですよ。

確かにわかってないな。逆じゃないにしても両方とりあえずフルシーン用意しておけばどこかで食いつく客もいるにちがいないのに(え?)。

>そうそう、お話は、たいしたことないっす。

つまりホラー作品としてきちんと見るよりも、飛ばして肝心なシーンだけ見ておけ、と。ううううむ。どうしようかなあ。でも私、この間借りてきた「プリズナー」、ここんとこおバカなハゲタカ検証をやっていたのと、TVドラマネタを仕込んでいたせいで、まーーーったく見てないんだよねぇ。時間がたつのは早いわ~。1日48時間ほしい(って、そしたら今の倍、仕事をしなけりゃならないのか?)。
2009/09/18(Fri) 11:32 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック