東京国際映画祭「笑う警官」 笑う警官
昨日の夜はTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催中の東京国際映画祭で映画「笑う警官」を見てきました。

 ・東京国際映画祭/特別招待作品「笑う警官」(公式サイト)
 ・東京国際映画祭 映画「笑う警官」会見(毎日新聞)
 ・映画『笑う警官』の角川春樹監督、世界配給へ猛烈アピール (オリコン)

事の始まりは濃いハゲタカ廃人のseiuさんから「大森南朋の舞台挨拶付きの「笑う警官」のチケットがありますが、行かれますか?」というメールをいただいたことによる。私は鷲津政彦激ラブではあるが、残念ながら鷲津政彦を演じていた大森南朋個人のファンではない。俳優としての大森南朋には多少の興味があるが、映画やドラマ作品本体以外の部分での俳優さんの活動や行動には全く興味がないのである。そんな私が今回このイベントに行ってみようと思ったのは、舞台挨拶というものを今まで一度も見た事がないので一生に一度くらいは見てみてもいいかもしんない、という「興味本位」以外の何者でもない。今年の私の標語は「拾えるチャンスは拾っておけ」である(笑)。これも何かのご縁かもしれん。まあ、生大森南朋を見る事で大森南朋のファンになりでもしたら、それはそれで幸せなのかもしんないしなーと思ったのも事実だが。

さてその(私にとっては人生初の!)舞台挨拶だが、映画が始まる前にスクリーン前に皆さんぞろぞろと登場(その様子は上記毎日新聞の記事参照)、もちろん主演の生大森南朋の姿もしっかり捕獲したものの、ついハルキ(監督の角川春樹)にも目が行ってしまう。えっとー……なんでしょうかね、ハルキ、一言で言うと腹話術師が持っている人形みたいだった。その異様さに目が釘付けだ(←今回の注目ポイントはそこじゃねぇーーー!)。そして助演の宮迫博之だが他の俳優さんたちと比べるとなんか遠近法が狂っているのか?と思うくらい顔がでかくて、まるで小学生の男の子が普通に立っているようにも見えてしまう。まあ、せっかく俳優としてあの場所に立っているのに、ご本人のサービス精神からいつもの「宮迫です」のポーズを決めなきゃならないのはある意味気の毒かもしれんよなあ。また松雪泰子はその表情も併せてバービー人形みたいだった。

そして問題の生大森南朋だが。いやあ、スタイルがすごくよくてビックリだ。私が座っていた席なんざ結構後ろの方(座席は舞台から階段状にどんどん高くなっていくので上の方)なので上から見下ろす形になるというのに、本当に足が長い! そしてその衣装もあいまってまるで韓流スターが立っているみたいだった。なるほどなあ。この間本屋で立ち読みした「日本映画navi」の大森南朋写真を見た時は、そのアイドルか韓流スターのブロマイドのような写真に噴き出しそうになったのだが、いやはや、あの実物ならあのアイドル写真も納得である。実物の大森南朋は、確かに本当にかっこよかった。眼福である。ただしあの生大森南朋を見てしまっても、やっぱりファンになることはなかったがな(ま、興味本位だし)。あ、そうそう肝心の(肝心??)おでこだが、髪をかき分ける仕草は何度かあったもののおでこは全く見えませんでした。残念。もしかしてあそこでおでこが全開になっていたらファンになっていたかも(笑)。

しかし、あの大森南朋が、あの鷲津政彦になるのかと思うとしみじみ不思議でしたよ。役者ってすごいな。またあの大森南朋がマリオ(スーパーマリオブラザーズ)にしか見えない「笑う警官」って一体?と思いつつ映画鑑賞に入ったのだが、まだ映画公開前なので(公開は11月14日から)映画「笑う警官」の感想は公開後に浮上させます。まあ一言で言うと「もったいないなあ」でしたが。→2009年11月14日「映画「笑う警官」

映画鑑賞後は、濃いハゲタカ廃人のnanakoさんとEさんの3人でお茶をしたのだが、見た映画は「笑う警官」だったというのにもちろん当然のことながら(え?)「ハゲタカ」トーク全開! ちなみに上記写真の眼鏡スタルクアイズ(鷲津眼鏡)はEさんのものである。眼が全く悪くないのに鷲津眼鏡を買ったというEさんに、私もnanakoさんもつっこみまくりだ。いやあ、楽しかった。映画ではなくハゲタカトークが。あれ? 私,何しに昨日六本木まで行ったんだったっけ?(笑)
関連記事
テーマ:東京国際映画祭
ジャンル:映画
コメント
マリオ、でしたね…
何度「…ハ●キ…●ろす!」と心で呟いたかしれません…@@
(ああ、性格の悪いわたくし…)
あれほどの逸材を使ってマリオにしたのは
お前だぁぁぁぁああああぁぁ~~ッ!!

ハ●キの腹話術人形的な愛くるしさに
ほだされちゃったのかなぁ…
南朋さん…(遠い目…ってか涙目ToT)
2009/10/24(Sat) 10:33 | URL | seiu | 【編集
昨日はseiuさんのおかげで色々楽しめました。ありがとうございました。

>何度「…ハ●キ…●ろす!」と心で呟いたかしれません…@@

ふははははは。いやあ、あれは大森南朋に愛があればそうつぶやくのも無理はない話です。愛がなくても「なぜこれだけの俳優を使ってこんなことに!?」と私も見ている間ずっと思いましたからね。

>ハ●キの腹話術人形的な愛くるしさにほだされちゃったのかなぁ…

子どもの頃の刷り込みがいかに恐ろしいかっつー話もあるよね。
2009/10/24(Sat) 10:52 | URL | tsumire→seiuさん | 【編集
あ、びっくりした。ついにtsumireさん、スタルク買っちゃったかと思った。いいねぇ、目が悪くなくても買っちゃうファン心。対抗してtsumireさんも携帯、鷲津とおそろにしちゃえば?スマップも乗り換えたら?って言ってるし。(ほんとはわたしが替えたいところだが、今の携帯を買ってまだ一年しかたってないから、ちょっと無理だなぁ)
ああでも、マリオなのね………いちおう試写会に応募しといたけど、はずれたら映画館はパスかなぁ。

>いやあ、スタイルがすごくよくてビックリだ。
じゃあなんで「着せ替え人形政彦ちゃん」は、あんなに足が短いんだろう………

>あそこでおでこが全開になっていたらファンになっていたかも
一人のハゲ専ファンをつかんで、既得の多数の女性ファンを逃がすのは、愚の骨頂(笑)

>何度「…ハ●キ…●ろす!」と心で呟いたかしれません…@@
激しく分かるような気がするわぁ。あの大森南朋をマリオに変身させちゃあねぇ、そりゃファンに呪い殺されても文句言えねーな、腹話術師。
2009/10/24(Sat) 11:24 | URL | suika | 【編集
>子どもの頃の刷り込みがいかに恐ろしいかっつー話もあるよね。

たとえば、私が神とも崇めた萩尾望都さんには
何をされてもいいとか…
(いや、どうなにをされるかわかんないけど)
そんな…感じなら、ちょっとはわかる^^;
2009/10/24(Sat) 11:55 | URL | seiu | 【編集
私の顔にスタルクは似合わなすぎる……。

>対抗してtsumireさんも携帯、鷲津とおそろにしちゃえば?

えーーー、softbankに変えるつもりはまったくないなあ。メーカー的に好きになれない。それに第一、携帯は去年の秋に落として買い替えたから私も買って1年しか経ってない。さらに今の携帯アドレスが気に入っているのでこれを変えるつもりはない。……あれ?私ってば意外と鷲津への愛がない?(笑)。

>いちおう試写会に応募しといたけど、はずれたら映画館はパスかなぁ。

suikaさんは鷲津だけでなく大森南朋のファンでもあるでしょ。ファンは映画館での鑑賞をケチっちゃダメだよ。「普通の映画」でただ単に観客が入らなかったっていうんならまだしも、「ハルキの映画」で客が入らなかったとなると、大森南朋の黒歴史になっちゃうんだから、suikaさんは映画館で見なくっちゃ。ファンならマリオも楽しめ(笑)。

>じゃあなんで「着せ替え人形政彦ちゃん」は、あんなに足が短いんだろう

そうなんだよね。よっぽどクレーンカメラを高く上げて撮影しちゃったのか?
2009/10/24(Sat) 12:38 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
おつかれさまでした。
>またあの大森南朋がマリオ(スーパーマリオブラザーズ)にしか見えない「笑う警官」って一体?と思いつつ映画鑑賞に入ったのだが

えっとそれって映画の佐伯がマリオに観えるの?

2009/10/24(Sat) 13:32 | URL | 朋 | 【編集
>えっとそれって映画の佐伯がマリオに観えるの?

気になるでしょ? さあ11月14日以降に劇場にLet's GO!
2009/10/24(Sat) 13:35 | URL | tsumire→朋さん | 【編集
>気になるでしょ? さあ11月14日以降に劇場にLet's GO!

うん凄く気になる。
11月14日は第二土曜日なんで初日の初回は行けないけど
レイトで観に行く予定だよぉ~。

ハゲタカは第一土曜日だったから初日の初回に行ったけどさ

あっ~それにしても早く観たいよ
どんな佐伯警部補の姿観れるのか?楽しみなんで
昨日は笑う警官シリーズ第四弾座り読みしてきた。
2009/10/24(Sat) 17:50 | URL | 朋 | 【編集
視力は悪くないです。
眼が全く悪くないのに
鷲津眼鏡を買う事は

イケナイ事でしょうか?

いずれ必要になるであろう
遠視近視乱視用に

今のうちに眼鏡を買おうと
生まれて初めての眼鏡を
スタルクアイズにしました。テヘ

「笑う警官」いろんな意味で笑っちゃいました・・・。

濃いハゲタカ話 楽しい時間を過せて幸せです。
2009/10/24(Sat) 18:55 | URL | E | 【編集
>いずれ必要になるであろう遠視近視乱視用に

間違ってもそれは老眼用の「スタルクアイズ」ではないと(笑)。でもすっごく厳しい先生みたいで、鷲津とは違った意味でかっこよかったですよん。

>「笑う警官」いろんな意味で笑っちゃいました・・・。

ふふふ、つっこみだしたらきりがなかったですねぇ……。

>濃いハゲタカ話 楽しい時間を過せて幸せです。

昨日は楽しかったです。
では年末にはそのスタルクアイズでの「彼」のお姿なりきりを楽しみにしています(笑)。日にちが違うから多分会えないでしょうけど。
2009/10/24(Sat) 21:13 | URL | tsumire→Eさん | 【編集
廃人いろいろ・・・
こんばんは。
朝方の夢は、tsumireさんにブログの指導をされているものでした(苦笑)
昨夜の印象が強烈だったせいでしょうか。

それにしても、Eさんも含め3人とも映画以降にハゲタカ廃人になったとは・・・
ロケ地やグッズ、中の人とリアルにこだわり広げつつ極めているEさん、
作品をとてつもなく掘り下げていくtsumireさんに比べてそんなに広げても掘り下げてもいない私(笑)
でも、ハゲタカ愛だけは一緒になって確認できてうれしゅうございました♪
2009/10/24(Sat) 22:41 | URL | nanako | 【編集
諸々、気になります。
舞台挨拶レポ、楽しくも羨ましく読ませていただきました。
そんなにカッコイイ大森南朋さんを見てもビクともしないtsumireさんはすごくカッコイイです。(はぁと)

「笑う警官」舞台挨拶の模様は、今朝の民放ニュース系ワイドショーで流れていましたが、主役を差し置いて、宮迫ひとりが映っているカットばかり使われていて、ちょっと残念でした。
お茶の間的には、宮迫の方が知名度高いってことなんでしょうかね。(南朋さんファンの方ごめんなさい。)

>>あそこでおでこが全開になっていたらファンになっていたかも(笑)。

う~~ん、惜しいッ!
鷲津ラブ+南朋さんラブで大変なことになったら、ブログに書かれる記事がどうなるか見てみたかった気がします♪

それにしても、tsumierさんの記事と皆様のコメントを拝読するにつけ、「笑う警官」へのいろいろな興味が膨らみますよ~。
マリオかぁ…。
「もったいない」かぁ…。

もうメチャクチャ気になります。
…ハッ、これってハルキの思うツボ?
2009/10/24(Sat) 23:59 | URL | 美冬 | 【編集
>どんな佐伯警部補の姿観れるのか?楽しみなんで

そうねぇ……(遠い目)。まず大事な事は「余計な事は考えないで見る」「決して期待しないでみる事が大事」っつーことでしょうか。あるいは大森南朋佐伯コスプレPVとして見る、というあたりでしょうか。

>昨日は笑う警官シリーズ第四弾座り読みしてきた。

映画見たら原作読みたくなりましたよ。
2009/10/25(Sun) 00:07 | URL | tsumire→朋さん | 【編集
>朝方の夢は、tsumireさんにブログの指導をされているものでした

ブログの指導!? もっとこまめに更新しろとか? あるいはもっとオチを考えてネタを構成しろ、とか(笑)。もしかして指導していた私はスタルクアイズとかかけていたでしょうか(笑)。

>Eさんも含め3人とも映画以降にハゲタカ廃人になったとは・・・

私の知る限りでもドラマは見ていたけどハマらず今回の映画でハマったという人は何人かいますからねぇ。もしかしてドラマの方は「日本経済の再生と鷲津の魂の救済の物語」としてあまりにも完結しきっているというあたりで、付け入る余地がないのかもねぇ。

>そんなに広げても掘り下げてもいない私(笑)

いやー、今度の「ハゲタカ」を見てしまうと心穏やかでいれそうにないから見るのを躊躇しているという乙女なハートに、感動致しました(笑)。ほんとよ♡
2009/10/25(Sun) 00:18 | URL | tsumire→nanakoさん | 【編集
>そんなにカッコイイ大森南朋さんを見てもビクともしないtsumireさんはすごくカッコイイです。

ふふ。だってそこにいたのは鷲津じゃないし(笑)。もしかすると鷲津コスプレの生大森南朋だったら胸を打ち抜かれていたかも。それにスタイルがよくてかっこいいというのは、まあ、客観的な事実に近いことですけど、好き嫌いはまた別の話ですよね~。

>鷲津ラブ+南朋さんラブで大変なことになったら、ブログに書かれる記事がどうなるか見てみたかった気がします♪

それは私も想像がつかないですねぇ。今よりももっとハジけて行動しちゃうのかしら。……面倒くさそうだな(←ファンになる資格なし)。

>もうメチャクチャ気になります。…ハッ、これってハルキの思うツボ?

気になるでしょ? 多分色々な楽しみ方、遊び方(突っ込み遊び?)ができる作品だと思います。是非、劇場に足をお運びくださいませ(←鷲津の中の人の「黒歴史」を少し阻止したい(笑))。
2009/10/25(Sun) 00:29 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
やっぱり役者を活かすのは良い脚本や演出なのかな?
よい出会いがあるかどうかで役者人生変わっちゃうもんねぇ~
南朋さんは今回は黒歴史でもいい出会いしてるもんね。
私たちもかっっっこいい鷲津にもっとあいたいしっ!(^_-)-☆

でも怖い物見たさで映画館行って皆様のお怒りの仲間入りをしたいと思ってます~(笑)
2009/10/25(Sun) 15:12 | URL | BOOKO | 【編集
>やっぱり役者を活かすのは良い脚本や演出なのかな?

難しいところですよねぇ。よい脚本と演出でもそれを生かすことが出来ない役者さんもいるわけですし、脚本や演出の力を超えてすごいパワーを出し切る役者さんもいますしね。

>よい出会いがあるかどうかで役者人生変わっちゃうもんねぇ~

なんか大森南朋のインタビューを読むと「(「笑う警官」との出会いは)今思うと、運命かもしれない」とか「自分のやるべき作品なんだろうなと感じました」とか言ってて、「笑う警官」に対しては非常に肯定的ですよね。

>でも怖い物見たさで映画館行って皆様のお怒りの仲間入りをしたいと思ってます~

是非、劇場でご覧になってみて下さい。未熟者の私には理解出来てないあの映画の素晴らしさを、BOOKOさんなら見いだせるはず……、きっと、多分、おそらく……(笑)。
2009/10/26(Mon) 00:14 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック