行列48時間
先週の金曜日に紆余曲折を経て最終回を迎えたあの「行列48時間」の再放送が決定。

 「行列48時間」年末再放送決定!!(NHKドラマスタッフブログ)

森繁久彌御大ご逝去のあおりをくらって放送延期だのスペシャルバージョン最終回の放映だのになって、森繁久彌と言えば「駅前シリーズ」とか「社長リシーズ」とかの映画があったよなあ(←いくらなんでもリアルタイムでは見ていない)という感慨の前に、「森繁~~、オマエというやつはーーー」と、実に大人げない反応をしてしまった私です。

でもまあ、先週の最終回はとてもうきうきしながら楽しく見終えることができました。しかし83分スペシャルの最終回を浮かれて見終わったら、横に澤の井(日本酒)の四合瓶が空っぽになって転がっていたのは一体どう言う事であろうか(笑)。しかもメモを取りながら酒を飲んでいたらしく(←他人事のよう)、新聞のチラシの裏にぎっしりと乱れた字で「バカバカしい緊迫感」「空気読めなさ過ぎがまたナイス」「狂いがちなトントン拍子が素晴らしい」「トイレに行けないのがNHKの弱点」(←2回分を一気に放送したので休憩時間が全くなかったからと思われる)「渡辺いっけい、ナイス!」「これは「外事警察」のB面」「俺、どこで間違えた!?(渡辺いっけいの台詞)」「福袋買って、うちに帰るんです(國村隼の台詞)」「あれ? 点と線は……つながらない(渡辺いっけいの台詞)」などと色々書き込んでましたよ。

なお、翌日同僚の練馬のS嬢に「Kさんが5話と6話が一緒になったスペシャルバージョンの放送っていっていたから、予約録画を1回分しかしてなかったのよ。それなのにちゃんと普通のバージョンの放送が2回続けてあっただけじゃないの。見ようと思ったら途中で録画が切れてて、最後がどうなったのかわからないから教えてよ」と言われたものの、酔っぱらっていたのでよく覚えていないと答えてすっかり顰蹙を買っております。あいたたた。ちなみにS嬢は映画「ハゲタカ」を見て以来(参照:「布教活動をする女達」)、「行列48時間」「外事警察」と見るようになって「やっぱりトシを取るとNHKなのかしらね」と言ってます。

そんな「行列48時間」の年末の再放送が決定とのお知らせが。放送予定は以下の通り。

12月29日(火) 23:10~23:53 <第1回 福袋と包丁>
12月29日(火) 23:55~00:38 <第2回 カワイイ女 >
12月29日(火) 【00:40~00:45 ニュース 】
12月29日(火) 00:45~01:28 <第3回 宝福タイホ>

12月30日(水) 23:55~00:38 <第4回 衝撃キッス>
12月30日(水) 【00:40~00:45 ニュース 】
12月30日(水) 00:45~01:28 <第5回 正月に死す>
12月30日(水) 01:30~02:18 <最終回 最期の奇跡>

「<総合テレビ>では「最終回スペシャル」として1本化されての放送となった、幻の「第5回」と「最終回」が、再放送では皆さまにご覧いただけます!!!」ですってよ。最初っから「第5回」と「最終回」は分けて放送しておけ!

そして今週号(12/9、Vol.1687)の「anan」の第2特集は「その懐に抱かれたい♥ 哀愁キュートなOVER50紳士録」というオヤジ俳優特集。ここで1番最初に取り上げられているのがこの「行列48時間」の主人公・宝福を演じた國村隼でした。他には伊武雅刀、平田満、蟹江敬三、岩松了、などなど。ここで岩松了(「時効警察」の署長、「あしたの、喜多善男」では怪しい精神科医)を持ってくるのもなかなかナイス。もちろん小日向文世さんや中延さん(志賀廣太郎)のお写真も載っていました。でも「anan」は他に読む所がないから、中身は明日にでも図書館に行って読んでみることにしよう。
関連記事
テーマ:NHK
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
奥様、駒子の似顔絵、ナイス!でも、いっけいは私情が入ったか、かわい過ぎでっす。管理官、よかったね~♪「見込み違い。管理官の見込み違い」って、はっきり言われてた(笑)彼、仕事はデキそうなのに、部下からはちょっと軽く扱われてるのかも。わたしはてっきり行列の一番目の人も刑事かと思ってたよ。宝福、あんなにいいポジションをキープしてたのに、デパートが開店したら入り口でぼーっとしちゃって、ダメダメじゃん!(主婦のお節介根性)
まぁ再放送するなら確かに年末がタイムリーだよね。それにしても奥様、四合瓶が空っぽて………さすが。(それっくらいじゃ、人間ドックには何の影響も無いってことなのね)

上記のおやじ群、嫌いじゃないけど、抱かれたかないなぁ(たとえ懐でも)
フェロモンが足りないのかもしれん。
2009/12/04(Fri) 19:14 | URL | suika | 【編集
ああ、よかった~。S嬢と同じく録画に失敗しちゃったのさ。
我が家の場合、機械が勝手に途中で止まるという腹の立つ壊れ方をしてるのよ。

ほんと駒子似てる!右下の刑事も!(笑)
この調子なら鷲津さんも楽しみ~。劉は整いすぎてて似顔絵には描きにくそう。

「anan」がオヤジ特集!?
友人がNHK(BSかも?)で70年代のミュージシャンやら作家やらの対談番組の再放送を見て、「昔の男って触っただけで孕ませそうにやらしくてびっくりした」と言ってたわ。まあ出てたのが徳大寺有恒とかだったらしいが(笑)
で、草食系男子に飽き足らない女子がオヤジ狩りか!?と一瞬誤解。
それにしてはユニークすぎるチョイスだなと思ったら「哀愁キュート」ね。納得(笑)。
國村隼さん、「パコと魔法の絵本」のオカマさんもキュートでした。
2009/12/04(Fri) 22:24 | URL | oha~ | 【編集
>でも、いっけいは私情が入ったか、かわい過ぎでっす。

え?そうかなあ。酔っぱらった勢いで描いているからかも(笑)。本当に面白いドラマだったねぇ。絵に描いたようなバカバカしい緊迫感が実にナイスで楽しかったなあ。悪意のない誤解が、風吹けば桶屋がもうかる式にどんどん展開して行くのも楽しかったし。また登場人物が手堅いオヤジばかりだったのもよかったな。「外事警察」もそうだけど、民放じゃなかなかやってくれないよね。まあ、「深夜食堂」(日本テレビ?)みたいなのもあるけどさ。
2009/12/04(Fri) 23:30 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>この調子なら鷲津さんも楽しみ~。劉は整いすぎてて似顔絵には描きにくそう。

いや、鷲津はすごく難しい。本当に鷲津は描けない。適当な人物の方が簡単に描けるな。だいたい鷲津は場面場面でかなり表情が違うから特に描きづらいのよ。そして仮になんとか描けたとしても、自分で納得出来ないのがこれまたすごく嫌。なんど鷲津を描こうとして失敗して破り捨てたことか……ふぅ。

>「昔の男って触っただけで孕ませそうにやらしくてびっくりした」と言ってたわ。

まあ確かに昭和の男どもは濃いからね。触ったら手に油が着きそうという(笑)。
2009/12/04(Fri) 23:39 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック