今年一年、本当に早かったよ(遠い目)。特に後半は怒濤の半年だったなあ……。まあ、そんな訳でもう1月新ドラマの季節となってました。あーー、こんなこと書いている暇はないのだが(大掃除! 年賀状! 同人誌のチラシ作成! 同人誌のオマケ作り! 障子の張り替え! その他諸々!)。

1月11日、月8TBS「ハンチョウ~神南署安積班」(原作・今野敏「神南署安積班」シリーズ、脚本・石原武龍、P・橋本孝、演出・酒井聖博、出演・佐々木蔵之介、中村俊介、塚地武雅、黒谷友香、賀集利樹、山口翔悟他)。「佐々木蔵之介演じる魅力溢れる警部補・安積剛志を中心とする、若くて個性的な都会派刑事たちが活躍するこのドラマは、特殊な能力を持つわけでもなく、また大物の後ろ楯が存在するわけでもない等身大の刑事たちが、地道な努力の積み重ねによって、ひとつひとつの事件を解決していく物語です」(番組公式ホームページより)。特に見る予定はなし。

1月11日、月9フジ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-2nd season」(脚本・林宏司、P・増本淳、演出・西浦正記、葉山浩樹、出演・山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、児玉清、勝村政信、寺島進、杉本哲太、りょう、椎名桔平他)。「「ドクターヘリ」という一刻も早く患者のもとへ医療者を派遣し、現地で治療を開始する究極の医師デリバリーシステムの認知を高め、映像から緊迫感やスピード感そして救急医療現場での過酷な現状、さらには人の絆を強く感じさせられた『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』。(中略) 高視聴率という数字だけでなく、医療現場からも高いの評価を受けた1st seasonとスペシャルですが、ついに2nd seasonが帰ってきます」(番組公式ホームページより)。「ハゲタカ」脚本の林さんはこんなところでお仕事をしてました。大友組の「龍馬伝」が終るまではしばらく出稼ぎでしょうか(違)。前回は途中でリタイアしちゃったんだよなー。

継続、火9フジ「ライアーゲーム シーズン2」(原作・甲斐谷忍「LIAR GAME」、脚本・黒岩勉、P・志牟田徹他、演出・松山博昭他、出演・戸田恵梨香、松田翔太他)。11月から続いてます。煽り文句は「ドラマでサバイバル、映画でファイナル」ですってよ。どいつもこいつもっっ!

1月26日、火9フジ「泣かないと決めた日」(脚本・渡辺千穂、P・橋本芙美、演出・石川淳一、出演・榮倉奈々、藤木直人、要潤、杏、段田安則、木村佳乃他)。「榮倉奈々演じる新人OL、角田美樹は、思いやりがあって笑顔のかわいい22歳の女の子。トップクラスの総合商社に運良く就職が決まった美樹だったが、新人にありがちなちょっとしたミスをきっかけに周囲の先輩社員たちから執拗な嫌がらせを受けるようになる…という壮絶なドラマ」(フジテレビNEWSより)。うわー、やな感じのドラマ……。

1月12日、火10フジ「まっすぐな男」(脚本・尾崎将也、P・吉條英希、浅井千瑞、演出・三宅喜重、出演・佐藤隆太、深田恭子、貫地谷しほり、遠藤雄弥、佐々木希、田中圭、渡部篤郎他)。「「まっすぐな男」とは、“これが正しいと思う”という確かな信念を持ち合わせ、目標を持って着実に、まさに、“まっすぐ”に人生を歩んでいる男。しかし、このドラマは、まっすぐな主人公が、間違った人々を正しい道に導くというだけの従来通りの筋書きにとどまらず、「まっすぐな男」に様々な試練や逆境も降りかかるのです」(フジテレビNEWSより)。脚本と演出が「結婚できない男」(2006年、フジ)コンビなので期待したい所ですが……でも佐藤隆太でまっすぐな男かぁ。あんまり魅力を感じないのだが。もしかしてまっすぐな男の行く手を阻むのは住本(渡部篤郎)か!?(「外事警察」じゃありません!)。

1月13日、水9TBS「赤かぶ検事京都篇」(原作・和久峻三「赤かぶ検事」シリーズ、脚本・佐伯俊道、P・武田功、演出・長尾啓司、出演・中村梅雀、菊川怜、原沙知絵、小野武彦、古手川祐子他)。「主人公の「赤かぶ検事」こと柊茂(ひいらぎしげる)は、司法試験に合格したエリートではなく、検察事務官出身の叩き上げ検事。決して強面タイプではなく、出身である名古屋弁の語り口が、法廷での緊張感の中に、どこかユーモラスな味を加えてくれる、ユニークなタイプの検事です。苦節何十年の経験、そして法律知識を駆使した法廷活動は人間味溢れ、一癖も二癖もあるエリート弁護士を打ち負かす爽快感は、通りいっぺんの法廷ミステリーにない醍醐味があります」(番組公式ホームページより)。私が「最初に見た赤かぶ検事はフランキー堺だったよ、と言うと同僚の練馬のS嬢に「そこまで古い話を持ち出さなくても!」といつも言われるのであった。

継続、水9テレ朝「相棒 season8」(脚本・與水泰弘、櫻井武晴、P・伊藤仁他、演出・和泉聖治、橋本一、出演・水谷豊、及川光博、益戸育江、岸部一徳他)。「警視庁特命係・杉下右京(水谷豊)と相棒・神戸尊(及川光博)が数々の難事件を解決する人気刑事ドラマ」(ザテレビジョン12月11日号より)。練馬のS嬢によれば、ミッチーになってから「相棒」ファンだったS嬢のお母様は「なんかつまらなくなったわ」と言って見なくなったそうです。

1月13日、水10日テレ「曲げられない女」(脚本・遊川和彦、P・櫨山裕子、演出・南雲聖一、出演・菅野美穂、谷原章介、塚本高史、永作博美他)。「女1人で生きていくってそんなに「カワイソウ」なこと?友達つきあいって、ムリヤリするもの?曲げた方が、生きるのってラクなの?でも、自分にウソはつきたくない!結婚・仕事・親・友人・子供・お金・老後・・・・・・降りかかる人生の様々な「モンダイ」に心揺れながらも「曲がらない」で生きたいの!そんな32歳独身女の物語」(番組公式ホームページより)。火曜日水曜日のこの辺りの時間帯のドラマって、イケメン男子物か、宙ぶらりんなポジションに悩む女性の話が多いような。脚本は「女王の教室」(2005年、日テレ)、「リミット-刑事の現場2-」(2009年、NHK)の遊川和彦、でも演出は「ハケンの品格」「ザ・クイズショウ(第2シーズン)」「おせん」「CAとお呼びっ!」の南雲聖一でかなりビミョー。それにしても火曜日が「まっすぐな男」(フジ)で水曜日は「曲げられない女」(日テレ)、どんだけ一直線なら気が済むんだ。

1月20日、水12TBS「新撰組 PEACE MAKER」(原作・黒乃奈々絵「新撰組異聞 PEACE MAKER」、脚本・山本清史、P・大橋孝史、演出・山本清史、出演・須賀健太、柳下大、遠藤章造他)。「このドラマは大人気を博した、黒乃奈々絵作のコミック『新撰組異聞 PEACE MAKER』が原作。 主役はありがちな土方、近藤…ではなく、新撰組のとある青年・市村鉄之助。両親の仇を討つために入隊した鉄之助を、近年も数々の映画で主演をつとめる実力派俳優・須賀健太が、またおなじみの沖田総司ら、新撰組の主要なキャラクターを、今をときめく若手俳優たちが颯爽と演じる」(番組公式ホームページより)。主人公が若手俳優と言うよりもまだ子役の延長感が強くて、申し訳ないけど老け専の私には管轄外でございます。

1月14日、木8テレ朝「853~刑事・加茂伸之介」(脚本・櫻井武晴、岩下悠子、P・井ド隆、演出・橋本一、森本浩史、出演・寺脇康文、富田靖子、菅原大吉、戸次重幸、金田明夫、田辺誠一他)。 「昭和の匂いを持った熱い男の刑事ドラマが登場!連続ドラマ初主演の寺脇康文が刑事ドラマの集大成を目指す!! 」(番組公式ホームページより)。売りが昭和感ですか……。

1月7日、木8NHK「とめはねっ!鈴里高校書道部」(原作・河合克敏、脚本・旺季志ずか、P・高橋史典、演出・森雅弘、出演・朝倉あき、池松壮亮、八嶋智人、葉月里緒奈、ダンカン、山本陽子、高橋英樹他)。「「とめはねっ!鈴里高校書道部」の舞台はとある高校の弱小書道部。柔道で全国にその名を馳せる女子高生と、帰国子女で書道と縁のなかった内気な男子高校生を主人公に、個性的な部員たちの織り成す勝負あり恋愛ありの熱血青春ドラマです」(NHKドラマトピックスより)。話は面白そうですが、メインキャストが全然知らない若手の皆さん。

1月14日、木9テレ朝「エンゼルバンク~転職代理人」(原作・三田紀房「エンゼルバンク ドラゴン桜外伝」、脚本・荒井修子、P・大川武宏他、演出・片山修、出演・長谷川京子、ウエンツ瑛士、村上知子、生瀬勝久、西岡徳馬、尾美としのり他)。「「今のままでは、あなたの価値0円です!」“人生逆転のヒント”満載の新感覚ドラマが誕生!『エンゼルバンク』が、あなたを成功へ導きます。長谷川京子が復帰後、初のドラマ出演!!」(番組公式ホームページより)。原作の方のサブタイトルには「ドラゴン桜外伝」とついているけど、2005年にTBSで放映した「ドラゴン桜」とは違う局だから関係ないかと思ったら、ハセキョーはなんと同じ役を演じている模様。

継続、木10フジ「不毛地帯」(原作・山崎豊子、脚本・橋部敦子、P・長部聡介、演出・澤田鎌作他、出演・唐沢寿明、和久井映見、多部未華子、柳葉敏郎、橋爪功、中村敦夫、佐々木蔵之介、小雪、伊東四朗、阿部サダヲ、天海祐希、遠藤憲一、原田芳雄、岸部一徳、竹野内豊他)。10月からひきつづいての放映、さすが、フジテレビ開局50周年記念連続ドラマ、キャストが豪華~(と、前回も同じことを書いたような気が)。見ないけど。

1月14日、木12日テレ「連続ドラマ小説 木下部長とボク」(脚本・大宮エリー、P・田中壽一他、演出・大宮エリー、出演・板尾創路、池田一真、田中直樹、宅麻伸他)。「自分の部下の名前すら覚えないド天然でミステリアスな"平成の無責任男"が何かと重苦しいこの時代に、明るい未来と幸せな気分を、あなたに! お見せします!」(番組公式ホームページより)。「平成の無責任男」ですって? 昭和の無責任男・植木等ファンの私に喧嘩を売っているのか?(違います)。

1月15日、金9テレ朝「宿命 1969-2010 ~ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京~」(原作・楡周平、脚本・坂上かつえ、P・森山浩一他、演出・内片輝、遠藤光貫、出演・北村一輝、小池栄子、上原美佐、松坂慶子、奥田瑛二、真野響子他)。「政財界の裏側を舞台に、権力に取り付かれた男と女の欲望を描く」「北村一輝が財務省エリート完了を熱演!」(ザテレビジョン12月11日号より)。まだ夜の9時だっていうのになんかとにかくギラギラしたドラマ。

1月15日、金10TBS「ヤマトナデシコ七変化」(原作・はやかわともこ、脚本・篠崎絵里子、P・石井康晴他、演出・石井康晴、出演・亀梨和也、手越祐也、内博貴、宮尾俊太郎、大政絢、大杉漣他)。「累計750万部を売り上げているはやかわともこの人気コミック「ヤマトナデシコ七変化♡」がついにドラマ化。カッコよすぎる自分に潜在的にコンプレックスを抱き、根は優しいくせについイライラと人に対して攻撃的に振舞ってしまう主人公・恭平と、“ブス”だというコンプレックスから“女”を捨て、暗闇と孤独の世界でしか生きていけない体質になってしまった超ホラー少女・スナコが織り成すラブコメディだ」(番組公式ホームページより)。ふーん。

1月8日、金11テレ朝「サラリーマン金太郎2」(原作・本宮ひろ志、脚本・深沢正樹、倉持裕、P・横地郁英他、演出・小松隆志、田村直己、出演・永井大、井上和香、青山倫子、細川茂樹、古谷一行、宇津井健他)。面倒だから番組内容紹介省略。全く心惹かれるポイントはなし。

1月8日、金12テレ東「マジすか学園」(原作・秋元康、脚本・森ハヤシ他、P・岡部紳二他、演出・佐藤太他、出演・前田敦子、大島優子、篠田麻里子、なちゅ他)。「「マジすか学園」は、AKB48のメンバーがヤンキーにふんして繰り広げるアクションあり、笑いありの青春ドラマ。AKB48をプロデュースしている、秋元康さんが企画と原作を務める」(毎日新聞より)。こっちこそ「マジすか!?」といいたいこの番組タイトル、いやいや番組名だけで判断しちゃいかんと思って公式ホームページを見てみたらAKB48総出演というのが一番の売りのようで……。

1月9日、土7:30NHK「咲くやこの花」(脚本・藤本有紀、P・佐野元彦、加賀田透、演出・佐藤峰世、出演・成海璃子、平岡祐太、余貴美子、寺田農、佐野史郎、松坂慶子他)。「土曜時代劇、初めての女性主役シリーズ「咲くやこの花」が新春を飾ります。地味に目立たず生きることが信条のヒロイン・こい(成海璃子)。しかし親の見えから、大江戸かるた大会に出るはめになり、江戸中の注目の的となります。さらに、仇討ちを志す浪人・由良(平岡祐太)があらわれ、こいの灰色だった日常は一変します。自分の変化にとまどいまがらも、前向きに、一人の女性として成長してく姿を描く、大江戸青春グラフィティー」(NHKドラマトピックスより)。土曜日のこの時間は多分テレビを見ていないな。

1月23日、土8TBS「ブラッディ・マンデイ」(原作・龍門諒/恵広史「ブラッディ・マンデイ 絶望ノ匣」、脚本・渡辺雄介、P・神戸明、演出・平野俊一、出演・三浦春馬、佐藤健、吉瀬美智子、松重豊他)。「2008年10月に放送され、大きな反響を得た『ブラッディ・マンデイ』。息をもつかせぬスピーディーな展開はまさに、日本版『24-TWENTY FOUR-』とも言われ、連続ドラマ史に新たな1ページを刻んだ。通常のドラマ視聴者と言われるteen層やF1.2層だけでなく、M1.2といった男性層の高視聴率を獲得し、終了時から続編を期待される中、満を持して待望の“シーズン2”が、2010年1月、土曜8時枠に帰ってくる!」(番組公式ホームページより)。前回は時間がなくて途中で見なくなっちゃったんだけど、最後どうなったんだっけ?

1月16日、土9NHK「君たちに明日はない」(脚本・宅間孝行、P・屋敷陽太郎、演出・岡田健、榎戸崇泰、出演・坂口憲二、田中美佐子、堺正章他)。「山本周五郎賞受賞の人気小説シリーズのドラマ化。主人公は、リストラ請負会社に勤める面接官・村上真介。真介は、不景気にあえぐ瀕死の会社に乗り込んで社員面接を行い、希望退職という名目で相手を退職に追い込むプロ。真介の面接相手は、“リストラ”という決定的な人生の危機に遭遇し、激しく動揺し、自己を見つめ直し、究極の選択を迫られる。「仕事」とは何か、「会社」とは何か。そして、「働く」とは何か?!人が働くことの意味を問い直し、日本の職場に、明るい「明日」を探したい」(NHKドラマトピックスより)。まあNHK土曜ドラマ枠なのでハズレはあまりないと思うけど(私としては好き嫌いがかなりあるけど)、「外事警察」の後に坂口憲二かあ。ちなみに脚本は「花より男子」「歌姫」の宅間孝行、演出は「篤姫」の岡田健。

1月23日、土9日テレ「左目探偵EYE」(脚本・秦建日子、P・伊藤響、演出・大塚恭司、出演・山田涼介、横山裕、石原さとみ、岡田義徳、片平なぎさ、田中要次他)。「このドラマは――左目の角膜移植を受けた中学生が、そこに映る映像に導かれ、犯罪組織により、幾重にも仕掛けられた陰謀を阻止する話である。-ちなみに、その角膜の持ち主は、主人公の最愛の兄であった・・・」(番組公式ホームページより)。10月3日に単発ドラマで放映された番組の連ドラ。脚本は「ビッグマネー」で林宏司(もちろん「ハゲタカ」の脚本家ですよ!)とともに脚本担当、そして「HERO」では福田靖ととも脚本担当だった秦建日子、演出は「女王の教室」「演歌の女王」の大塚恭司、そしてメインの出演陣はジャニーズな皆様。ま、よっちゃん(岡田義徳)もいるけどね。

1月3日、日8NHK「龍馬伝」(脚本・福田靖、P・鈴木圭、演出・大友啓史、出演・福山雅治、香川照之、大森南朋、広末涼子、寺島しのぶ、貫地谷しほり、大泉洋、渡辺いっけい、宮迫博之、杉本哲太、佐藤健、蟹江敬三、倍賞美津子、児玉清、里見浩太朗他)。番組内容紹介省略。脚本は「HERO」「ガリレオ」の福田靖、演出は「ハゲタカ」の大友啓史、出演者は実力派ぞろいで、これはもう鉄板でしょっっ!と思いつつもまだ油断はできない。

1月17日、日9TBS「特上カバチ!!」(原作・田島隆、東風孝広「特上カバチ!!-カバチタレ!2」、脚本・西荻弓絵、P・植田博樹他、演出・加藤新他、出演・櫻井翔、堀北真希、遠藤憲一、浅野ゆう子、渡辺いっけい、中村雅俊他)。「法律を駆使する “ 法テク ” を武器に、弱者を救うべく奮闘する、行政書士補助者の熱血ストーリー。行政書士とは、役所に提出する申請書類の作成などを行う資格保持者で、不況の嵐が吹き荒れる今、注目の職業とも言える。原作は 「 モーニング 」 (講談社) で連載中の田島隆&東風孝広による人気コミック。「 カバチ 」 とは広島弁で 「 屁理屈 」 の意味。原作の舞台は広島だが、ドラマでは東京が舞台となる」(番組公式ホームページより)。キャストによってはすごく面白くなりそうな話だと思うけど、櫻井翔と堀北真希かぁ……。

2010年1月ドラマは「龍馬伝」以外は結局何を見るのか、今のところまったく予測がつきません。
参照:
9月18日2009年10月からのTVドラマ
7月2日「2009年7月からのTVドラマ
3月28日「2009年4月からのTVドラマ
1月3日「2009年1月からのTVドラマ
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
メリークリスマスtsumireさん♪
君んちはお子さん小さいからちゃんと家族でクリスマスしたかな?
我が家は昨夜それらしき食事をしましたが、本日は子どもは友だちんちでパーティ、夫は仕事、で私ひとりワインを飲みながら(先週来客のため)録っておいた「外事警察」最終回を見るというかなり暗いイブの夜でした(笑)
いつもtsumireの新ドラマ紹介を楽しみにしてて、大抵3~4ケは要チェックなのだが、今回は私も「龍馬伝」以外ピンとこないなぁ・・・。
もしかして書き手のtsumireさんがハゲタカ愛に燃え尽きて来年の他のドラマにそそられてないから?
それでも土9NHKは見ると思うけど、「刑事の現場2」「外事警察」と私にとって土9時は暗~い時間が定着してるので(局は違うけどゼニゲバもこの時間だったっけ)、変に軽いと調子狂うわ(笑)
2009/12/25(Fri) 00:26 | URL | oha~ | 【編集
メリークリスマス~
いや、うちの子どもと来たら「片付けるのが面倒だから今年はツリーを出さなくてもいいよ」と言ってツリーも出してないし(どうせ片付けるのはおめーじゃねえ)、「みんなあまり食べないからクリスマスケーキもでかいのはいらないんじゃない」ということでケーキの予約も無し(欲しがるくせに全然食べないのはおめーだ)という実に寂しいクリスマスだよ。おまけに「どうせサンタはいないんでしょ」と捨て台詞。11歳にもなるとまったくもう(遠い目)。

>もしかして書き手のtsumireさんがハゲタカ愛に燃え尽きて来年の他のドラマにそそられてないから?

ハゲタカ愛に燃え尽きているわけじゃなく、同人誌の原稿疲れがまだまだ全然抜けきっていないせいもあるかも。本当に無理すると何日も後にたたるな。やらなきゃならないことがたくさんあるのになかなかエンジンがかからないよ。

ま、年明けて実際に色々見てみたら少しはそそられるかもねぇ。でも1月期はクセ物ドラマが少ないと思うんだよな。クセ物といえば1月期の北村一輝のドラマは激しくハズレの予感がするので一度見ておきたいかも(笑)。それから多分「コードブルー」「とめはねっ」「特上カバチ!!」「ブラッディ・マンデイ」は第1回目は見るかも。

あそうそう、ついでで申し訳ないけど、メールありがとう~。
2009/12/25(Fri) 01:36 | URL | tsumire→ oha~さん | 【編集
メリークリスマス?
そういや、世間はそうなのねぇ。確か朝、車のエンジンをかけたときにも、ナビに「メリークリスマス」って言われたような………
まぁ今朝の私は、こぶとりじいさんビフォアバージョンですよ。昨日は、世間がクリスマスだなんだと浮かれてるときに、痛み止め飲んでさっさと寝てました。
で、来期のドラマだけど、どれもあまり食指が動かないなぁ。tsumireさん、 oha~さんと同じく、確実に見るのは「龍馬伝」くらいか。
「ブラッディ・マンデイ 」は見るかもしれないけど、これも前シーズンの最終回には、腹が立ったもんなぁ。まぁ、JINを見せれらた後じゃ、あれですらマシに思えてくるけど。原作がまだ連載中っていうのは、要注意だね。(原作が終了していないから、ドラマの最終回が中途半端な終わり方でもしょうがないという擁護論には、賛成できないわたし)
どうせしばらくは、映画「ハゲタカ」のDVDを繰り返し見ることになりそうだから、テレビはいいや。
2009/12/25(Fri) 09:05 | URL | suika | 【編集
>まぁ今朝の私は、こぶとりじいさんビフォアバージョンですよ。

そういやイブは私は人間ドック、suikaさんは歯医者と、世間の賑わいとは全然関係ないところにいたんだったわね……。こぶとりばあさん、お疲れ様です。そして無事生還、おめでとうございます(笑)。イブの人間ドックは……特にいつもと変わりはなかったな。身長が1mm縮んでいて、トシをとったらやっぱり縮むのかと実感しましたよ。

>まぁ、JINを見せれらた後じゃ、あれですらマシに思えてくるけど。

見るほうも段々麻痺してきちゃうかもね。そしてそこに放送局がまた図に乗ってくる、と。

>原作がまだ連載中っていうのは、要注意だね。

そんなの、「原作がまだ連載中だからすっきり終了させられない」なんて建前っつーか表向きの理由であって、「視聴率がいいから続編や映画化のための終り方にしている」というのがあからさますぎるよね。現にいままでは視聴率がそれほどでもなかったドラマなんかいくらでも原作無視な終り方をしているんだからさーーー。

なんかさ、映画「ハゲタカ」がそこらへんの最初から続編を当て込んで中途半端な作り方をしているドラマの続編映画と同じくくりにされがちなのがなんだかなーだよ。そりゃ確かに映画「ハゲタカ」はドラマ「ハゲタカ」の続編かもしれんけど、それぞれちゃんと完成形で作られているんだから、一緒にすんなっっ!と叫びたいね。

>どうせしばらくは、映画「ハゲタカ」のDVDを繰り返し見ることになりそうだから、テレビはいいや。

あんまし自宅でDVDを見る時間がないんだよなー。
2009/12/25(Fri) 11:01 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 さて、もうすでに始まっているドラマもありますが・・・ 何か気になるドラマが少ないんだよな~σ( ・ω-;) 例によって、気になる順番にあげていきますね・・  コレはね、もう見るって決めてます(* ̄m ̄) 春ぐらいかと思ったら、早かったな~ 10月にスペシャル...
2010/01/07(Thu) 18:58:02 |  トリ猫家族