コミックマーケット77
12月30日は第77回コミックマーケットに参加してきました。当日スペースにお立ち寄りいただいた皆様、つたない錯乱日記(笑)の新刊「ハゲタカ廃人日記」を手に取っていただきました皆様、本当にありがとうございました(参照:2009年8月22日「コミックマーケット76に行ってきました。」)。今回はなんとか新刊を発行する事ができましたが、仕事の繁忙期と人間ドックと小学校PTAの仕事が重なる12月に同人誌の原稿を描くのは、もう絶対にやめよう……と心に誓いましたよ(とほほ)。連日残業三昧だった仕事の山がなんとか片付いたのが12月18日、同人誌の原稿を印刷屋に送ったのが12月22日、人間ドックを受けたのが12月24日のクリスマスイブ、それから1週間も日にちが経っていたというのに、12月30日は朝からぐったりとしていて、東京駅のドラッグストアでちょっと高めのユンケルを一気飲みしてしまいました。もう、寄る年並には勝てないっつーやつなのね。いやはや。

当日の助っ人(サークルスペースで売り子や留守番をしてくださる方々)はいつもの同僚M様と、今回サークルスペースは落選だった新潟の女教師S川の二人。M様は顔を合わせた早々に「今年はさすがにもう湖南省には行かれないんですね」と言ってくれましたよ(2009年10月26日「茨城県湖南省をめざせ」)。確かに10月11月は「まだあたりに緑色が残っていたら、(映画「ハゲタカ」の)ラストシーンとはちょっと違っているから、まだ行かない」とは言ったがな。今日は12月30日で、明日は大晦日だよ! そしてS川は「あー、知ってる、「ハゲタカ」。あぶデカの柴田恭兵が主役のやつでしょ」と爆弾発言を。「柴田恭兵が主役!? そんな話は聞いた事ないよ」という私に対して、「あの話は柴田恭兵が主人公以外の何者でもないでしょ。彼、あおぞら電機(←本当にこう言った)でがんばってたじゃん」「……」。私は12月のありとあらゆる疲れのピークがマックスに達していて、この日の朝もユンケルでなんとかかろうじて立っている状態だったために、もはやS川に反論する元気もなかったよ。

午前10時いよいよ開会し、ありがたい事に新刊を手に取ってくださる方やお声をかけてくださる方が沢山いてうれしかったのだが、やはり今回の新刊は読む人を選んでしまうせいか(ま、突然婦人科病棟に入院することになったいきさつを描いた前回の新刊も相当読者を選ぶ本だったが)、皆様のコメントもひと味違いますよ。

お客様A「ハマっちゃいましたかあ?(笑)」
私「ええ、大ハマリですよ。もう、どこに落とし穴があるかわからないっつー話ですよ(笑)」
お客様A「それは人生いたるところに、とだけ言っておきましょう。ふふふ」
私「……ナイス!」

お客様B「鷲津ってやっぱり受けくさいですよね」
私「え!? この本を手に取って、開口一番がそれですか!?(笑)」
ちなみに私のスペースの現在地(ジャンル)は「創作少女漫画」であり、新刊は映画「ハゲタカ」にハマった日常を描いたもので、決して腐女子向けの内容ではない。そして同人誌のジャンル分けについては「C77ジャンルコード一覧」参照の事。

お客様C「(映画鑑賞回数が)こんだけあるのはさすがにすごいですね」
私「来月(1月)にまた映画館での上映があるからまた回数が増えますけどね」
お客様C「こうなったらとことん極めた方がいいですよ、108回とかね」
私「もう、煩悩の数だけ、見てみろと(笑)」
お客様C「そういえば知り合いで除夜の鐘の数が801回だと思っていた女子がいましたよ」
私「えー! マジで?」
お客様C「マジで。もうこうなったらどんだけカップリングがあるんだって話ですよ」
私「ちょっとちょっと!」
ちなみにお客様Cは男性である。そして801についてはWikipedia(「その他 801 に関連すること」第1項)参照のこと。

そしてしばらく買い物の旅に出ていたS川が戻ってきて言うには。
S川「そういえばあっちの方にハゲタカ本があったよ」
M様「あら、それは早速K様(←私の事だ)に教えてくださらないと」
私「そうだよ、ハゲタカの本ジャンルは明日だから全然見られないんだよ。今日見られるんだったら見てみたいじゃないの」
S川「だって手に取ってみてみたらオヤジ二人がハァハァ言っている本だったんだもん」
私、M様「……」
M様「それはK様は読まないですわね」
私「それは私の管轄外だな」
S川「だろ? それにしても、同じ映画を29回ってよく飽きないな」
私「飽きてたら見てないっつーの」
S川「絶対おかしいよ、こんな本まで作っちゃってさ。もう、人として終わってるよな」
私「……」
「人として終わっている」という言い回しは自分に対して大きなダメージがあるか他人に対して大きなダメージを与えたときに使う言い回しで、他人に迷惑もかけず本人が満足している場合はそういう言い方はしないのだとか、若い頃「戦場のメリークリスマス」を12回見たと語っていたくせにとか、言いたい事は山ほどあったのだが、しつこいようだが何分にも12月のありとあらゆる疲れのピークがマックスに達していた私はまたもやS川に反論する元気などなかったのだった。S川は更に次から次とたたみかけるようにオタクな話題を振ってきたのだが、もはやぐったりして黙りがちな私に対して、「おまえ、本当にテンションが低いな」と言ったのだった。だって本当に疲れていたんだよ。

さてそんなこんなで午後3時には撤収準備を始めたが。
M様「とことん極めるなら、次の新刊は「ハゲタカ廃人日記2」ですかあ?(笑)」
私「いや、もうナマモノはこりごりだよ。鷲津が描けなくて本当に七転八倒したしな。次はいつもの日常ギャグ本かなー」
M様「でも、もしかして大河ドラマ本だったり?」
私「えー、でも8月じゃ大河ドラマまだ完結してないし」
M様「描く気、あるじゃないですか(笑)」
私「いや、本当にナマモノは今回でこりたよ。時代劇はもっと大変そうだし。それに来年はひっそりと過ごすのさ」
M様「……とりあえず年が明けたらやることは、湖南省に行く事ですよね!」
私「……!」
M様「でも明日(12月31日)は、札幌行きの飛行機大丈夫ですかね」
私「よりによって明日から北海道方面は暴風雪警報が出ているもんねぇ……」
M様「じゃ、そうなったらそれは次の新刊のネタということで」
私「……!」

という訳で昨日は札幌に無事着いて今日はひたすら食っちゃ寝生活三昧なので、次の新刊ネタの札幌遭難記はなくなったのだが、8月の時点でいったい何にハマっているのか全く見えない、「明日はどっちだ!?」な私だ(笑)。今度こそ、締め切りぎりぎりになって原稿を描く事がないようにしたいと……少しだけ反省しております(しみじみ)。
関連記事
テーマ:同人活動
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
明けましておめでとうございます
昨年中は大変素敵なおネタとどこよりも迅速かつ精密な上映情報を、本当に有り難うございましたv
本年もお邪魔させて頂きますので、何卒よろしくお願い致しますv

ところで、ご本買いました!!
Tsumireさんの描かれる鷲津さま、すっごいカッコイイですよーー!!
もっと描いて下さいーー!゜*。ヽ(*≧∀≦)ノ+*。
映画の鷲津の雰囲気をガッツリ掴まれてますね!すごい!
ドラマ版じゃなく映画版の鷲津だと判る、ってのがまた凄い!
私の中では『カッコイイ鷲津絵NO.1』です!
特に本の最後の方のラストシーンでの鷲津のやりきれなさを押し殺したやぶ睨みの表情、キューーンきましたvv
あの表情を描けるなんて!
巧い、巧いですTsumireさんっっ((*T∀T*))
是非このサイトにも描いて載せてて下さい~お願いします~♪♪
2010/01/02(Sat) 02:28 | URL | もえ | 【編集
あけまして
あけましておめでとうございます☆
もしや同じ北の空の下ですか??
こっちも雪降ってますヨ☆
コミケ盛況で良かったですね\(^o^)/
わたしも行ってみたかった。
冬祭り…
2010/01/02(Sat) 12:02 | URL | seiu | 【編集
ああ、やっぱり東京駅で腰に手をあててドリンク剤を流し込んでたか。お疲れ様でした。新刊仕上げてお祭りに参加するだけで、HPをほとんど使い果たしたご様子。柴田恭兵が主役という屈辱にも反論できないくらいへとへとだったのね。まぁもともと分かってもらえる人にだけ分かってもらえばいいというポジションのわしらだから(でも布教活動はするけど)、あおぞら電機で頑張るあぶデカと記憶したい方には、それも一興。
今年届いた年賀状の住所欄に、茨城県湖南省の文字を見てびっくり!年賀状だけの付き合いが続いている高校時代の友人からきてたものだったけど、去年まではその住所を見ても何も思わなかったのに、今年は目を皿にしてがん見してしまった。(もちろん友人は廃人ではないので、住所はリアルの龍ヶ崎市となっていたけど)
それにしても、少々腐り気味のわたしでも、「オヤジ二人がハァハァ言っている本」には食指が動かないなぁ。
やっとDVD発売まで二週間を切ったけど、しつこく地元の名画座の上映スケジュールを検索しているわたし。お近くの鷲津もいいけど、でかい鷲津も見たいんだよ~
2010/01/02(Sat) 12:21 | URL | suika | 【編集
あけましておめでとうございます。昨年中は楽しいコメントを本当にありがとうございました。

>ところで、ご本買いました

おおお、ありがとうございました。もえさんには当日の真っ白に燃え尽きてほんまもんの廃人になり果ててた私を目撃されてしまったかしら(笑)。この次はどうぞ遠慮なくお声かけくださいませ。

鷲津絵は……難しいですよ。どう描いても自分が満足することがないんですよね。それと、今までちょこちょこ鷲津絵の原稿をブログにアップしてきたのは同人誌製作の一環としてでなので、単独では多分もうやらないですねえ(クリスマスはやったけど)。ハゲタカ廃人の皆様の心の中にそれぞれ棲みついているハゲタカキャラ像をあまり壊さないようにしたいので。でもたまに図に乗ってやらかすかも(笑)。

こんな私ですが本年もよろしくお願いいたします。
2010/01/02(Sat) 15:10 | URL | tsumire→もえさん | 【編集
あけましておめでとうございます。同じ北の空の下、午前中まで家人の実家の札幌にいましたが移動して今先ほど帯広の実家に着きました。札幌はずっと吹雪でしたけど、帯広は晴れてますね。

>コミケ盛況で良かったですね

ありがとうございます。おかげさまでそこそこ順調でした。翌日のハゲタカスペースに委託をお願いした分も午前中で完売したようでうれしい限りです(エロどころか色気のかけらもない本なのに……)。

>わたしも行ってみたかった。 冬祭り…

でも6月とか、夏祭りには参加されるのでは(笑)。
2010/01/02(Sat) 15:17 | URL | tsumire→seiuさん | 【編集
>新刊仕上げてお祭りに参加するだけで、HPをほとんど使い果たしたご様子。

そうなのよ。そうでなくても鉄人パワーのS川に反論するのには余計なパワーが必要だしな。

>あおぞら電機で頑張るあぶデカと記憶したい方には、それも一興。

それもこれも大森南朋が地味すぎるせいもあるんじゃないのかと一瞬思ったけど(笑)、それ以前に熱血キャラ好きのS川の軌道修正なんか私には無理だったのよ(遠い目)。

>今年は目を皿にしてがん見してしまった。

ふふふ、お互い他には通用しない「ハゲタカアイ」でしか物を見られない体になってしまって……(笑)。

>お近くの鷲津もいいけど、でかい鷲津も見たいんだよ~

そうなのよっっ! ドカーーーンとくる鷲津に会いたいのよ! そして実は今朝までドラマ版を見てたんだけど、見れば見るほど「私が会いたい鷲津はこんな若造の鷲津じゃないわいっっ、もっと私に老け鷲津、枯れ鷲津を!!」と心の中で叫んでしまったよ。ドラマの悪鷲津ファンのsuikaさんがうらやましいといえばうらやましいわ……。
2010/01/02(Sat) 15:28 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
はじめまして
3日目該当ジャンル参加の者ですが、3日目に御本購入させて頂きました。

コミケが終了して時間がありましたので、ふと思いついて御本にカバーをかけ、早速旧常盤橋に行きました。

地方人で土地勘がありませんので、「ハゲタカ廃人日記」がなければ辿りつけなかったと思います。手書きの地図や下段の説明も大変分かりやすく、とても助かりました。
本当にありがとうございました。
どうしてもお礼を申し上げたかったので、コメントさせて頂きます。
失礼致しました。
2010/01/03(Sun) 13:20 | URL | tanaka | 【編集
こんにちわ、はじめまして。コメント、および同人誌のお買い上げありがとうございます。

そして、わざわざご丁寧にありがとうございます。情報自体はmixiの映画「ハゲタカ」コミュからお借りしたものとはいえ、同人誌の方はその情報をもとに自分が体験してみたことを中心に載せていますが、多少なりともお役に立ててよかったです。私も次回は該当ジャンル(笑)の本を直接手にとってみたいと思います。
2010/01/03(Sun) 16:16 | URL | tsumire→tanakaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック