実家納戸全景 実家納戸先住民族
田舎の実家から遠く離れて暮らしている皆様なら身に覚えがあるとは思うが、私は不要な本や雑誌類は捨てるかBOOK OFF行きにしているものの、資料的価値があってなかなか捨てられないものや思い入れがあって捨てられないものは帯広の実家に送っている。さすがにもういい大人なので(←去年の行動を省みて自分でもあまり大人感は感じないのだが(笑)、それは置いておく)なるべく帯広の実家の納戸収納は頼りにしないようにはしているのだが、去年は、ここ数年ほったらかしにしている新聞記事のスクラップ作業を夏休みの間にやっておこうと思って実家送りしたまま、納戸に置いてあったのだ(参照:2005年08月17日「ナンシー関が抜けた穴は大きい。」)。

これからちょっと時間があるから、このほったらかしにしていたスクラップ作業を東京でやろうと思って、今日東京に戻る前に実家の納戸を発掘してみた。写真右は納戸の本来の先住民族だが、私の漫画本・雑誌の山の陰で小さくなっている。

実家納戸本棚の古雑誌 実家納戸雑誌バックナンバー
雑誌「LaLa」の創刊号からずっととってあるバックナンバーとか、「別冊マーガレット」や「別冊少女コミック」、「ぶ~け」の古い号とか、今は読み返さないけど、老後にはきっと読み返しているはず……(おいっ!!)。ちなみにりんごや缶ビールが置いてあるのは、ここが(納戸全体が)冷蔵庫代わりになっているからである。なんたって今日も最高気温が2度だしな。

実家納戸ベータのビデオ 実家納戸新聞切り抜き
新聞記事のスクラップ箱がなかなか見つからないので置いてある箱を片っ端からあけてみたら、はるか大昔に送っていたベータビデオの箱を発掘。うわー、これはどれも今も見てみたい番組ばかりだ。持ち帰ってプリントショップにダビングを頼んでもいいのだが、確か以前やってもらったときは1本5,000円くらいしたし、第一古い磁気テープだから再生できるかどうかもわからない代物だ。なによりもテープの規格がベータだというのがガンですよ(遠い目)。またどこかでやってくれないかなあ……。

さて、あちこち発掘してたらやっと目的のブツを発見(写真右)。さっそく東京に送り返すことにする。ふっ、次の同人誌の新刊は「ハゲタカ2」の目がなければ(ないないない。まだ今は……)、古いテレビドラマネタのエッセイコミックにしようかなあなどと半年先のこともにらみつつ、そして結局はまた帯広に送り返すような予感もしつつ、帰り支度をする私だ。はぁ~、こんなにダラダラした休日を過ごしていて本当に社会復帰できるのか? 明日久しぶりに会社に出社してもしばらくはリハビリ状態かも(←ダメ社会人)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
い、いつの別コミですか…?!
LaLaも相当スゴイ…
なんだか一度お邪魔したい気が…
おたく元祖としては…^o^/

イカ天…コスモス…
相当シュミかぶってます…^^;
2010/01/05(Tue) 11:53 | URL | seiu | 【編集
>明日久しぶりに会社に出社してもしばらくはリハビリ状態かも
今日、日本で一番つぶやかれてる言葉は、「明日、会社に行きたくねー」かも。少なくとも我が家では、本日の流行語大賞決定です。
実家が広いといいよなぁ。わたしは逆に実家に帰るたびに、「残して言ったものを処分しろ」と母親から脅迫されてたよ。
今はなんでもかんでも捨てる人間に変わってきたので、大事なものも思い出の品もさっさか捨てちゃう。(代表的な例として、子供が小さい頃、保育園や小学校で作った作品やランドセルなど)
ちなみに別マは、くらもちふさこが「おしゃべり階段」を描いていた頃かしら~?山手線と円なんてふざけたネーミングも、あの絵と重なるとかっこよく思えたから不思議。(しみじみ)
2010/01/05(Tue) 12:23 | URL | suika | 【編集
VHSなら
貴重なものはダビングを引き受けても良かったのですが。
2010/01/05(Tue) 12:28 | URL | otakutalker | 【編集
懐かしいな~別マ。わたしもこのお正月少しだけ本の整理をしました。その捨てる候補にくらもちふさこの「アンコールが3回」が。
Kさんのように頼れる納戸がないわたしの部屋は、本を整理しない限りかなり大変な状態であります。わたし以外の入室禁止です。なので今回こそは捨てるぞ!と臨んだのですが。ついつい読んでしまい、捨てる気を捨ててしまいました。(バカバカ!)そう、わたしの部屋は今年も魔窟から脱却できないままなのでした…。
せっかく東京に送ったその資料、どうかただの往復になりませんように。冬の学習を夏に生かしてくださいませ。(どの口が言うかね~)
2010/01/05(Tue) 12:30 | URL | TARAKO | 【編集
>い、いつの別コミですか…?!

今回、別マの方は手にとってついうっかり読み返しちゃったんですけど、別コミは見なかったもんでいつごろのものか思い出せないんですが、背表紙の絵(多分大島弓子の「ジョカへ…」あたり)から行くと1973年9月号からなんじゃないかなー。

>なんだか一度お邪魔したい気が…

ふふふ、いらして下さいよ、同じ北海道じゃありませんか~。ただしうちの母が非常に偏屈なので(笑)、私が帰省している盆か正月の方が無難です(笑)。

>イカ天…コスモス…相当シュミかぶってます…^^;

「コスモス」ね、最初のバージョンのやつを、今でもとにかく見たいんですよねぇ……。
2010/01/05(Tue) 23:22 | URL | tsumire→seiuさん | 【編集
>今日、日本で一番つぶやかれてる言葉は、「明日、会社に行きたくねー」かも。

「明日、会社に行きたくねぇーーーーーーーっ!!」(絶叫)。さっき東京に戻ってきたんですけど、さっそくため息しかでねーや。とにかく「明日、会社に行きたくねぇーーーーーーーっ!!」

>ちなみに別マは、くらもちふさこが「おしゃべり階段」を描いていた頃かしら~?

ほほほ、くらもちふさこや槙村さとるがデビューする前でございますよ、奥様。美内すずえがアドベンチャー巨編「赤い女神」や「燃える虹」、「13月の悲劇」なんぞを描いていたり、和田慎二の「銀の髪のアリサ」とかが載っていたあたり。

「おしゃべり階段」……なつかしいやねぇ。実家の納戸には私が買ったやつと妹が買ったヤツで2セット置いてあるよ。
2010/01/05(Tue) 23:30 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
懐かしい~!LaLa&別マ。
’81年LaLaっていうとあの「日出処の天子」や「綿の国星」なんかの頃かな?
suikaさん、同世代ねえ(笑)「おしゃべり階段」。確か主人公が薄毛だった?あれっ?それは「いつもポケットにショパン」か?・・・なんか20年後の老人ホームの会話のようになってきたな(笑)

確か30年程前、帯広のお宅にお邪魔した時、すでに君のコレクションの量にびっくらした記憶があるのだが、君の実家の許容量はどうなってるの!?4次元洞窟にでも通じてるとか?
2010/01/05(Tue) 23:31 | URL | oha~ | 【編集
くーーーーー、そうですよね、VHSならもう少しなんとかなるんですけど……でもあの当時のオタクはみんなβだったじゃあありませんかーー(泣)。
2010/01/05(Tue) 23:33 | URL | tsumire→otakutalkerさん | 【編集
>Kさんのように頼れる納戸がないわたしの部屋は、
>本を整理しない限りかなり大変な状態であります。

ええ、私の場合、東京の家がもちろん魔窟化してますよ(泣)。いい大人がそんなに実家をあてにはできないしさ。それに、なんせどんどん実家に色々送り続けてきたつけがきててて、あの実家の納戸の整理整頓とか収納物の把握がかなり難しくなってきているしね。

>。ついつい読んでしまい、捨てる気を捨ててしまいました。

漫画本を捨てる時の落とし穴だよね、つい読んじゃうのは。捨てなくてもついうっかり手にとったらやばいことになるから、私は「ガラスの仮面」のようなたちの悪い漫画は奥の方にしまってあります(笑)。

>冬の学習を夏に生かしてくださいませ。

夏になったら冬の時の記憶なんかすっかり忘れているに決まっているじゃありませんカー(反省の色、なし)。
2010/01/05(Tue) 23:49 | URL | tsumire→TARAKOさん | 【編集
>確か主人公が薄毛だった?あれっ?それは「いつもポケットにショパン」か?

主人公が薄毛……そんな記憶の方がばっちりっつーことはやはりoha~さんはハゲ専……(違います)。でももうすでに20年後じゃなくて今現在老人ホームのような状態になっているような気も。

>君の実家の許容量はどうなってるの!?4次元洞窟にでも通じてるとか?

実家の納戸は、東京の今の家の居間よりも広いからね。まあ、田舎なんてそんなものよ。あーーー、今の東京の家の魔窟化をなんとかするためにも引っ越したい……。
2010/01/05(Tue) 23:56 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
>確か主人公が薄毛だった?あれっ?それは「いつもポケットにショパン」か?

はい~。薄いのはショパンの麻子ちゃんです。
「つむじがハゲっぽい」って季晋ちゃんとピアノを教えた男の子が2人で笑ってた。

「おしゃべり階段」は、何で加南ちゃんは中山手君みたいな偏屈っぽいのが好きなんだろ?って
当時まだぴゅあ~だったワタクシは思ってましたです。
今は『屈折鷲津』愛してますけど♡!!
(…え?もしかして私が屈折したのか?)

「銀の髪のアリサ」懐かしいです。
妹が和田慎二好きで部屋にたくさんありましたよ。
私も欲しいな~『納戸冷蔵庫』
でも冷蔵庫の中で本の整理するのは辛そうだ(寒がり)

歳とともに休暇前の仕事をきれいさっっぱり忘れてしまう様になってしまって
休み明けは情けなくて呆れます。
リハビリして治ればいいけど…徐々に悪化している気が(T_T)(T_T)
2010/01/07(Thu) 01:15 | URL | BOOKO | 【編集
>今は『屈折鷲津』愛してますけど♡!!

でもセンは、なんだっけ、あのロンドンに行ってた子よりもまだ屈折してなかったんじゃなかったっけ?(うろ覚え)。「おしゃべり階段」っていつ頃の作品だっけとチェックしてみたら1978年だったのね。あー、もう私のエドガー・ポーツネル(ええ、何百年分も屈折している男です)は姿を消している……(「ポーの一族」の連載終了は1976年)。

>「銀の髪のアリサ」懐かしいです。

あ、ごめん、間違えました。「銀色の髪の亜里沙」(1973年掲載)でした。このころは美内すずえの冒険ものや和田慎二のミステリー巨編が本当にわくわくドキドキで楽しみでしたね。

>でも冷蔵庫の中で本の整理するのは辛そうだ

ええ、真冬の北海道でも素足で外に出ても平気な私が、この納戸には冬は素足では入れません。夏はいいんだけどね。

>リハビリして治ればいいけど…徐々に悪化している気が

もしかすると、そのうち徐々に悪化している事にきがつかなくなるようになるのかも……(遠い目)。
2010/01/07(Thu) 06:49 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
エッチ
前戯上手い人待ってます☆あたしも気持ちよくしますから
http://www.ktoo.biz/moeee.html
2010/01/09(Sat) 03:31 | URL | エッチ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック