三軒茶屋シネマ
ハゲタカ映画祭」を入れたらついに30回目だけど、それは置いておいて。さて、三軒茶屋シネマで映画「ハゲタカ」の上映が一昨日から始まっている。本当は一昨日見に行きたかったのだが、何せ一昨日はお昼から夕方まで(12:00~18:00)NHK BSハイビジョンでドラマ「ハゲタカ」の再放送があったためにそっちの方を見てしまって行けなかったのだ。

DVDで何度も見てきたくせになんでいまさら再放送を!?と思われるだろうが、やっぱり本家本元での放送は嬉しいものなのよ。それにBSハイビジョンなので画像もビューチホーだし。しかし常に雑念だらけの私は、DVDも一緒に流して画面を同期させ、BSハイビジョンの画面がどれだけきれいなのかをいちいち見比べてしまいましたよ。鷲津(大森南朋)や芝野(柴田恭兵)の顔がアップになってもそんなにきれいでありがたいと言う感じはないのだが(まあ、もともと「ハゲタカ」の登場人物に美しさは求めてないし)、文字とか細部のくっきり感が格段に違ってさすがでした。ブルーレイにちょっと心動いちゃったよ。

あと、昼飯時に酒を飲んで、しかも「休日なんだからいいじゃん」とちょっと多めに飲んでしまったせいか、第4話の鷲津の台詞「会長、あなたが死んでも会社は、大空電機は、生きつづけねばならないのです」を聞いたら安心して(後半編で一番好きなシーンなので)、そっからうっかり眠っちまったです。そして気がついたら第5話の鷲津がテクスンのリー社長に振られて別荘でやさぐれているシーンになってたよ。酒で人生を誤るとはこういうことか!?(違)。まあこの後すぐ、後半編で次に好きな西野とのテレビでの対決シーンと、風グッジョブ場面になったので目をしっかり見開いて見ちゃったけど。

と言う訳で映画「ハゲタカ」鑑賞ですが、いやー、三茶シネマ、久しぶりに見たタイプの映画館だった。非常にレトロで懐かしい感じっつーか(←極めてソフトで前向きな表現)。座席もスクリーンもトイレも昭和の映画館に来たって感じを満喫致しました(←オトナな表現)。あと、多分私の気のせいだとは思うのだが、音とか音楽に微かな、微妙な違和感がたまにあったんだよなー。私は元々耳がそんなにいい方ではないし、音楽に対するセンスもゼロなのでほとんど大抵のこの手の違和感は気がつかないのだが、昨日は疲れていたのか、たまにあれ?と思う箇所があって、微妙に声や音が軽めに高めに感じられたんだよなあ。12月の疲れがここにきてぶり返したのか?

それにしても今回はDVD発売直前っつーことで今までよりも格段にいろんな情報が耳に入りすぎてて、いまだかつてないくらいに雑念だらけの鑑賞に! いちいちここに未公開部分が入るのか?とか思っちゃったりしてさ。ちなみに現時点でわかっている未公開部分は

・ライオンソース裁判~鷲津の絶望
・西乃屋旅館前~由香、治を訪ねる
・アカマ自動車応接室~劉の土下座
・鷲津と芝野~日本の誇りと希望
・ドバイから帰国した鷲津と余裕の劉一華     
・守山の告発~ストライキのビラ配り
・さ迷う守山~アカマGTとの出会い
・劉一華の壮絶な最後~ノーカット版

この未公開場面が時系列順に並んでいるのだとすると、上記未公開部分が入る箇所は、アカマGTを見つめるチビ劉がどこに入るかよくわからんけど、ライオンソース裁判→中国の劉→2008アカマGT新車発表会→来日したBWPメンバーの会話→南の島でやさぐれている鷲津と、「きちゃった♡」な芝野の会話→劉「アカマ株を買い占めろ!」→東洋テレビ「TOBです!」→アカマ自動車、古谷(遠藤憲一)と芝野の会話→アカマ自動車西安川工場(劉の土下座)?→守山(高良健吾)を狙う劉、って順番か? 土下座したその足で寸前まで土下座していた相手を陥れるために守山をスカウトって、劉一華やるじゃん、だよな。

そして、鷲津と芝野~日本の誇りと希望は、アカマ自動車・MGS銀行・鷲津ファンドの三者会談の前か後か?と思ったけど、三者会談の時の芝野の表情を見たらもしかすると三者会談のあとなのかもなー(前だとあまり時間もなさそうだし)。ドバイから帰国した鷲津と余裕の劉一華ってのは2人の会話があったのか、それともただ単に2人の対比シーンだけなのか。そして問題の劉一華の壮絶な最後~ノーカット版。やっぱりここはこのシーンを本編に入れないでおいて本当に正解ですよ。だいたい今現在公式サイトで公開されている未公開部分の劉の最後場面が美しくないというのは置いておいて、ここは劉の声だけで見る側に劉の最後を想像させる方がずっと劉の悲痛な叫びが伝わるし、鷲津の衝撃度も違って見えるんですもん。まあ、ここでこのシーンが入ってたらそれこそ主役は誰なんだ!?って話にもなるが(笑)。でも入ってなくてほんと、よかったです。

そして公式サイトの特報に入ってて本編に入ってなくて、DVDの未公開シーン一覧にもない場面がありますよね。誰の手はよくわからないけどアカマ自動車社長室あたりでミニカーのアカマGTを手のひらで転がす場面とか、電話をかけている芝野が「一体ヤツらのバックは誰なんだ?」と言っている場面とか(あの口調から言って相手は鷲津? 事実調査チームの佐藤さんじゃないよなあ。そして鷲津から色々情報を聞いているから即座に、「一気に300円も吊り上げるなんて、それだけでも2400億もの追加資金が必要になる」とか「この価格は絶対ありえない。絶対ペイしない」とか言えたっつーことかしら)、鷲津がかっこ良くジャケットを羽織るシーンとか(笑)。これも見てみたいよなー。

……とか思いながら見ていた訳ですよ。またね、何せ前日にドラマ「ハゲタカ」を一気見してからの鑑賞なので、「3kg増量しただけでこの貫禄って何? 身長が178cmなら(公称)3kgなんか誤差のうちじゃん、もしかしてあの貫禄は気合いか? 私なんかこの正月の食っちゃ寝生活で3kg太ったけど(身長164cm)誤差どころかあからさまに増量感ばっちりなのに!」とか(笑)。玉鉄と栗山千明の場面では「そういえば、熱愛発覚……」とか。マンダリンで劉が階段をおりてゆく場面では、その階段の先の座席に、先日座ったばかりなので「劉が降りてきたら真っ正面から見られたわね」とか(2009年11月29日「11月23日ハゲタカ廃人の休日」)。

1ヶ月半ぶりの再会なのに、こんなにも雑念だらけとは! こうなったらまた見に行くしかないぜ、そしてこの次こそは無我の境地で!(←多分、また無理だろうが……)。
関連記事
テーマ:日本映画
ジャンル:映画
コメント
>そしてこの次こそは無我の境地で!(←多分、また無理だろうが……)。
予言します。この次もぜっってーー無理っっ!!
そしてこの部分、「こうなったらまた見に行くしかないぜ」←雑念があろうがなかろうが、また見に行くくせに(笑)

それにしてもドラマ「ハゲタカ」を見るといつも思うんだけど、特殊メイクもしていないのに、なんで(ストーリー上は四年)実質二年しかたってないのに、映画「ハゲタカ」であんなにフケちゃったのかなぁ、鷲津。額の面積だけの問題?ライオンソース裁判による心労のせいとは言えないよね。裁判シーンですでにフケフケだもん。気合?気合で貫禄3㎏プラス年齢十才?(それくらい老けて見えます)
鷲津コスプレで舞台に立っている画像はそれほどでもないのにな。不思議だ………
2010/01/11(Mon) 19:11 | URL | suika | 【編集
また見るのか~い?
私もハイビジョン一挙放送見たよ~
って今日見たんだけど。
(その後『外事警察』も『リミット』も見てしまって何もしない休日~)
いや~おもしろかった!
何でリアルタイムに見なかったんだろ・・・
後半の株主総会の場面も見ごたえあってテンション上がったし、
龍平とのTV討論もイカしてたし・・
そして、ラストの三島製作所に鷲津がやっと・・って場面には目頭が熱くなったぞ。
映画DVDレンタルになったら見るわ~
2010/01/11(Mon) 20:23 | URL | きこり | 【編集
>予言します。この次もぜっってーー無理っっ!!

ま、ね。今までが今までだしな……(遠い目)。

>実質二年しかたってないのに、映画「ハゲタカ」であんなにフケちゃったのかなぁ、鷲津。

一昨日ドラマ「ハゲタカ」の再放送を見て再確認したんだけどさー、鷲津のハゲっぷりはドラマ時から映画にいたるまで実はあまり変わってなかったよ。つまりドラマの時点で既に(略)。老けっぷりは確かに2年分以上なんだよなー。でも大森南朋自体は3、4年前でも今でもあんまり変わってないみたいなんだから、これも気合なんじゃないのか? 私も大森南朋を見習って、確実に増えた3kgを気合で増えてないように見せなくちゃ(違)。
2010/01/11(Mon) 22:10 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
もちろん、見にいくよ~
私は今日は「刑事の現場」を見ようと思っていたのに、なんだかんだと他のことやっててつい見逃しちゃったよ……。でもきっとDVDで出るよね(もう、出てる?)。

>映画DVDレンタルになったら見るわ~

1月15日でございますよ。でも、期待せずに見てね(←ちょっと気弱)。ドラマファンの方には不評の場合もございますので。
2010/01/11(Mon) 22:25 | URL | tsumire→きこりさん | 【編集
わ~い、ドラマ版DVD持ってなかったけど、一挙にブルーレイに録画したワ♪
ハイジビョンって、うちのアナログTVでも芝野さんのデコボコお肌が一層くっきり見えちゃうんだ~。
ドラマ版久しぶりだけど、いいねえ若鷲津。

>実質二年しかたってないのに、映画「ハゲタカ」であんなにフケちゃったのかなぁ、鷲津。

私も初め、こんなに若かったっけ?・・・とびっくりしたんだけど、7年前の回想シーン(特に3回目辺りの芝野と喪服で三島製作所にいるシーン。「あんまり思い詰めるな」とか言われてる)のアップを見て、ちゃんと7才若い顔なんでびっくり!言うまでもないけど、同じとき撮ったドラマなのに・・。
大森南朋ってすごい熱演型って訳じゃないし、表情豊かって訳でもないけど、やっぱ地味に(?)すごいかもこの人!・・・としみじみ思ったわ。

2010/01/11(Mon) 23:17 | URL | oha~ | 【編集
>ドラマ版久しぶりだけど、いいねえ若鷲津。

「若鷲津」って言うとなんだか関取のようなネーミングのような(笑)。

>ちゃんと7才若い顔なんでびっくり!言うまでもないけど、同じとき撮ったドラマなのに・・。

大森南朋のカメレオンぶりもすごいんだろうけど、NHKのスタイリストさん(今回の「龍馬伝」で言うなら人物デザイン担当?)の力も偉大ななのかも。だいたい基本はゆるゆるのあの大森南朋から、あの「鷲津政彦」を作り上げたんだもんね。しかも原作とは全く違うキャラで。当時のインタビューとか読むと、大森南朋とスタッフで話し合いながら作り上げたとか言ってるし。
2010/01/12(Tue) 06:42 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
こんにちは~
土曜日にがんばって録画したものを、改めて少しずつみています。HDDの容量が少ないので「早くDVDに移動させなきゃ」と思ってあせあせしてます。(そうしないと家族がうるさいので)
画像がどうかなぁと思ってたんですが、さすがハイビジョンはきれいですねぇ~。芝野さんの顔の凹凸とか(すみません)飯島さんのお肌のてかり具合(笑)がよくみえます。(それがいいのかよくわからんが)
一番画質がいいのにしといてよかった。でもブルーレイのほうがもっと綺麗なんだろうなぁ~(うっとり)

しかし改めてみるとやっぱ、若いよね、鷲津さん。4年のあいだに彼を老けさせた(笑)ものはなんだったんでしょうか。
あと、気になったのは鷲津さんの唇だけがやけにピンクっぽくみえたことですね。他の人はそんなに感じなかったけど。それでその唇がやけにガサガサしているようにみえるので、リップクリームをぬってあげたい!私がぬってあげましょう・・とかいうヘンなことを妄想(笑)してました。

>1ヶ月半ぶりの再会なのに、こんなにも雑念だらけとは! 

無我の境地でみるのは、はるか遠い道程なんですかね。
池袋は行けなかったので、今度こそリベンジ!の予定です。

2010/01/12(Tue) 12:10 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
>HDDの容量が少ないので「早くDVDに移動させなきゃ」と思ってあせあせしてます。

うちも家族がお互いに「早く消してよ、次のが録画できないでしょ!」と主張しあってます(笑)。一人一台ないと永久に続く領土争いですよ。

>芝野さんの顔の凹凸とか(すみません)飯島さんのお肌のてかり具合(笑)がよくみえます。

みんな柴田恭兵の顔のでこぼこには敏感だな。今日、会社でも土曜日の「ハゲタカ」をみた同僚が開口一番に「ハイビジョンだと柴田恭兵のお肌が気になった」って言ってましたよ。

>4年のあいだに彼を老けさせた(笑)ものはなんだったんでしょうか。

多分芝野があれから次々と問題を持ち込んできた上に(←根拠のない断定。でも「おまえが言っていたように相当な荒療治が必要になる。ほぼ不可能に近い」とか平然と言ってたしー)、裁判に負けて荒れた生活してたもんだからあんなになったのね……。これで資本主義の焼け野原になんか行ったらさらにどんだけ老け込むんだか。

>あと、気になったのは鷲津さんの唇だけがやけにピンクっぽくみえたことですね。

もう、土曜日の記憶なんかかけらもないな。

>>1ヶ月半ぶりの再会なのに、こんなにも雑念だらけとは! 
>無我の境地でみるのは、はるか遠い道程なんですかね。

私の場合はね……(遠い目)。もうどうしようもない病気みたいなものだから。でもぶるーうぉーるさんなら大丈夫なのでは。

>池袋は行けなかったので、今度こそリベンジ!の予定です。

22日までやってますもんね、私も次こそは煩悩をなんとかしたいと、、、、

2010/01/12(Tue) 17:35 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック