龍馬伝 第3回
龍馬伝 第3回(1月17日放映)。初々しい龍馬(福山雅治)の青春ドラマに対して、もう、漫画のキャラとしか言いようがない岩崎弥太郎(香川照之)の奇天烈キャラと「殺しても死なない」ようなたくましさとパワー。薄い福山vs濃すぎる香川照之、もちろん元々が対照的だった所に来て、演出でもさらにそれを強調させているもんだからさー、まあ、福山の負けだよね(何の勝負だ!?)。

[あらすじ]
「江戸での剣術修行を許された龍馬(福山雅治)は、溝渕広之丞(ピエール瀧)とともに土佐を出発する。そこに岩崎弥太郎(香川照之)が現れ、江戸行きの手形はもらったが、金がないから同行させてほしいと願い出る。土佐に残った武市半平太(大森南朋)は、剣術に打ち込んでいた。加尾(広末涼子)は龍馬への思いを断ち切れなかった。四国最後の番所で、弥太郎の通行手形が実は偽造したものだということが役人に見破られて…。」(NHK番組表より)

溝渕広之丞(ピエール瀧)と岩崎弥太郎の弥次喜多珍道中記……あれ? 後ろをひっそりと追いかけてくるのは龍馬? ……っつーくらい坂本龍馬、薄かった。弥太郎を庇ってチンピラに刀で襲われてもそれをさっさとかわしてあっという間に立場を逆転させてすごくカッコいいはずなのに、なんだか非常に心もとない。っつーかカッコいいから「だからダメなんだ」?(そんな馬鹿な)。まだ19かそこそこという設定なんだから仕方ないんだろうけど、でも岩崎弥太郎は龍馬と1歳違いという設定だ。20に見えないが香川照之だから誰にも文句は言わせないよ(本当か?)。ちなみに武市半平太は龍馬より7歳年上、そりゃみんなが「武市さん」って呼ぶ訳ですね。

そして今週の武市半平太(大森南朋)。うおーーーっ、黒半平太の片鱗が見えたよっ! 岡田以蔵(佐藤健)に「精進すれば……龍馬にも勝てるぞ」と言う時のあの表情。く、く、屈折しとる。悪鷲津ファンの皆様、いかがですか?(笑) そして橋の上で通り過ぎる上士に跪いて頭を下げつつ、奥さんに「ほんとは江戸に行きたいんでしょー?」と言われた時のことを思い出して(いえ、もちろんこんな口調ではありませんが)半平太が見せる深い葛藤と鬱屈ですよ。様々な、自分の中に渦巻く複雑な感情を、ちゃんと見せてくれるんだもんなー、ありゃ大森南朋ならではですねぇ。しかも半平太の映し方からいってもなんか一瞬、本当に「もしかしてこれって、武市半平太伝?」とか思っちゃったよ。まあ少なくとも龍馬伝ムックの中で言っていたように「龍馬、弥太郎、半平太の3人を中心にした群像劇」で進んで行っているのがよくわかりました(2009年12月22日「平均年齢が下がり気味(2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」)」)

お話自体は先週よりもソフトな感じでわかりやすいような気がしました。物語がなじんできたから? それとも演出が変わったから? 龍馬父(児玉清)と弥太郎父(蟹江敬三)がそれぞれ息子に見せる愛情の形の対比とそれを受け取る側の見せ方もよかったですし、自分の力ではどうしようもない事に対する無力感の表現や、でもそれに対してただうなだれて諦めるのではなくなんとしてでも這い上がって行こうとする弥太郎に、やっぱ頑張れーとか言っちゃいそうになって、これまた「もしかしてこれって、岩崎弥太郎伝?」とか思ってしまいますしね。弥太郎は諦めないんですよね。今回は引き下がったけどでもいつかはまたのし上がってくる。それが本当に感じられてしまうんだもんな。

そういえば風呂に入りながらうすらぼんやりと、福山龍馬のあの薄さと青春ドラマっぷりは、紡木たく描く漫画のキャラ? じゃあ香川弥太郎は誰が描くどの作品? ちばてつや? いや違うな、あのくどいまでの濃さとパワーはもしかして「リングにかけろ」の車田正美か?と思ってしまった私を許してくれ。もっとも大森半平太については職人技を見せてくれる作家で複雑で微妙な表情を見せてくれるキャラを描きそうな誰か、とは思ったものの全然思い浮かばなかったが。

さて龍馬伝カテゴリですが、まだ保留。なーんか福山龍馬(だけ)が出てくると、坂本龍馬に一切興味がない人生を送って来ただけにどうでもよくなっちゃって(「プロフェッショナル」を見た時はそこそこ龍馬ってどういうヤツ?とか思ったんだけど)、もしかしてこれって映画「ハゲタカ」における守山(高良健吾)のポジション??とか、思っちゃダメだよなー。主役なのに!
関連記事
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
なんかねぇ、切ないねぇ、武市さん。
私が菅井きんだったら、頑張って元気なふりして
「わしは大丈夫やきぃ、江戸さ行ってきぃ~」
って送り出すのになぁ。
それを信じて武市さんが今と違って行き来に時間のかかる
江戸に行くかどうかわかりませんが。

『ディアドクター』の八千草母さんは、娘さんたちの生活を乱したくなくて、
体の不調を隠し通そうとしてました。
ま、最終的には親の不調に気付けなかった子供たちは
後悔する事になるんでしょうけど。
お互いがお互いの足かせになるまいって気を遣いあって
結果が悪いと切ないですねぇ・・・

私の中では当然ながら「武市伝」です♪
で、何しろ、心配性の南朋母なので、
今後の半平太についてもいろいろ心配ですが・・・。
2010/01/18(Mon) 11:00 | URL | Macky | 【編集
先日に引き続き、こちらからもお初にお目にかかります。tsumireさんの大森=マヤ、香川=亜弓説に大きく頷いた者です。
橋桁をバーン!する半平太には、ついつい鷲津を重ねて見てしまいました。
今後ともよろしくお願い致します。
2010/01/18(Mon) 12:32 | URL | FoxNoodles | 【編集
>なんかねぇ、切ないねぇ、武市さん。

切ないだけじゃないところがまたいいよね。

>私が菅井きんだったら、頑張って元気なふりして
>「わしは大丈夫やきぃ、江戸さ行ってきぃ~」
>って送り出すのになぁ。

でも菅井きん、しゃべってないからね、多分もう相当ボケも進んで幼児化しているんだろうな。だから尚のこと半平太を頼りにしちゃってて半平太もそんなばーちゃんを捨てられないんだろうなー。半平太もばーちゃんに理性があるなら説得もするし、体が不自由なだけなら奥さんに任せて1年くらいなら上京しちゃうんだろうけどさ、幼児化したばーちゃんはやっぱり置いていけないだろーなー。

半平太は確かに倫理観が強いかもしれないけど、ただ単にまっすぐなだけではない。そこは弥太郎にも通じるものがあるんだけど、自分の力ではどうしようもないものに道を阻まれているんだよね。その苦悩の表現が香川弥太郎も大森半平太も素晴らしい。

>『ディアドクター』の八千草母さんは、娘さんたちの生活を乱したくなくて、

結局、昨日は「ディアドクター」も見たんですね、あの三軒茶屋シネマのあの椅子に座って6時間近くも!! 私も見に行きますよ、まだまだ。今度こそ邪念なしに見たいからっっ!

>今後の半平太についてもいろいろ心配ですが・・・。

半平太なら心配ないでしょ。「龍馬伝」なら心配かもしれないけど(笑)。
2010/01/18(Mon) 14:48 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
こんにちわ、先日は楽しかったですね。また、FoxNoodlesさんがたまにボソッと発言されると、おおっと思うことも多く、筋金入りの廃人歴を感じます(笑)。

>橋桁をバーン!する半平太には、ついつい鷲津を重ねて見てしまいました。

そうなのよ、思わず「鷲津かよっ!」と突っ込んでしまいましたよ(笑)。

>今後ともよろしくお願い致します。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2010/01/18(Mon) 14:56 | URL | tsumire→FoxNoodlesさん | 【編集
tsumireさん、こんばんは。先日の鑑賞会に参加できずに残念でした。

香川弥太郎、歯まで汚して(虫歯でしょうかね?)すごいですよね。対して、龍馬は綺麗すぎ。そばにいて欲しいのは綺麗方だけど、画面で見ると負けている気がします。

香川弥太郎は漫画にしたら『ナニワ金融道』でどうでしょう?
2010/01/18(Mon) 21:04 | URL | エイト | 【編集
わたしゃ今回は以蔵が切なかったですねぇ………もちろん佐藤健が好きだとか芝居がうまかったというのでは更々無く、この頃から徐々に(というか、すでに)半平太の魔力にからめとられて、ちょっと誉められたら、あーんな嬉しそうな顔をして。いずれ半平太に言われるままに人斬りになっていくんだなぁと思って。悪い奴だ、半平太。(大友監督も「鷲津、悪いよねぇ」って言ってたし←全然関係なし)半平太の魅力は、あの屈折してるところだと思う。誠実な人柄ゆえに自分の欲望を通せず、でも龍馬に嫉妬して、それでも龍馬が好きで。てなことを大森南朋がメイキングで語っておりましたが、さすが役をきちんとつかんでらっしゃると今更ながら感心しちゃった。悪鷲津ファンとしては、半平太にはこれからどんどん悪くなっていくと同時に、哀しみもどんどん背負っていただいて、また胸をきゅんとさせていただきたい(乙女かよ)。そうなったあかつきには、「弥太郎伝」ではなく、「半平太伝」と紫舟さんに題字を書き換えていただいてもOKなのでは?(あれ?そもそも何伝だっけ?)追記 龍馬に水をかけさせたときの半平太の笑顔、素適でございました。
2010/01/18(Mon) 21:24 | URL | suika | 【編集
香川弥太郎の歯、私もまじまじみちゃいましたよ。でもなんか金歯っぽいものが見えたような気もしたんですが、あれは気のせい、もしくは汚れですよねぇ?(笑)。

>画面で見ると負けている気がします。

もう、明らかに負けですよ。ステージの上に立つと奇麗なカリスマなんでしょうけどねえ。

>香川弥太郎は漫画にしたら『ナニワ金融道』でどうでしょう?

なーるほど、ポンッ。あのパワーと下品さとギラギラした感じ、確かにそうかも。あれから大森半平太は誰だろう?と考えてみたんですが、結構よしながふみとか、波津彬子、吉田秋生、高野文子もありかな?とか、福山龍馬は羽海野チカというセンもなくはないかもなどと妄想してみたり(脱線しすぎ)。
2010/01/18(Mon) 21:27 | URL | tsumire→エイトさん | 【編集
>あーんな嬉しそうな顔をして。いずれ半平太に言われるままに人斬りになっていくんだなぁと思って。

そうなんだよねぇ。キャストを聞いた時は随分と若い子を連れて来たもんだと思ったけど、今回のあの子犬のような笑顔が今後の破滅への道につながる最初の一歩なんだもんねぇ。

そして半平太。これから奥様好みの複雑で誠実でキレるワルっぷりをどんどん見せてくれるんじゃありませんか? 私は鷲津は悪鷲津にはあんまり興味ないんだけど、半平太は黒半平太OK鴨。しかしさー、「ハゲタカ」の大森南朋のコメンタリを聞いてつくづく思ったんだけど、大森南朋って本当に理屈ではなく感覚で役を掴んでいる人なんだねぇ。なんか色々感心しちゃったよ。

>哀しみもどんどん背負っていただいて、また胸をきゅんとさせていただきたい

奥様、私達もう結構なトシなので本当はそんなに胸キュンが続いたら健康上問題がでてくるのでわ(笑)。
2010/01/18(Mon) 22:07 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>香川弥太郎は漫画にしたら『ナニワ金融道』でどうでしょう?

そうよそうよ!奥さま、私もそう言おうと思って・・・
さらに
>大森半平太については職人技を見せてくれる作家で複雑で微妙な表情を見せてくれる・・・

・・・は、よしながふみって思ったのよ~。かすかな表情の変化で感情を表すのがうまいじゃん!
ああ、こんなに漫画だと意見が一致するのに、鷲津の良さは未公開シーンを見ても分からんかった(笑)
でもインタビューの大森さんは考える時の顔とかかわいくて好きだわ~。

ところで三者会談の後のラウンジの鷲津の後姿、そんなに問題あった?よく分かんなかったなぁ。ちょっとデブに見えたけど(スーツのサイズ小さくね?)。
2010/01/18(Mon) 22:12 | URL | oha~ | 【編集
>鷲津の良さは未公開シーンを見ても分からんかった

未公開シーンでは鷲津のよさはこれっぽちもわからん(あ、suikaさんあたりはこれには異議があるかもしれんけど)。本編の枯鷲津がどーんと構えているところがいいじゃあございませんか。大森南朋個人には興味がないのでインタビューも別にいいや。

>ところで三者会談の後のラウンジの鷲津の後姿、そんなに問題あった?

えーーー! あのでっぷりとした後ろ姿に変なしわが寄ったスーツ、ひどすぎでしょう!? まあ、他の場面でもスーツの袖が短すぎたりしているからスタイリストさんが悪いというのもあるかもしれんが。でも撮影のために増量したって言う話もあの背中で納得だよ。

あっ、さっさとDVDの感想を書かないと「龍馬伝」記事なのに鷲津の事ばかり書いてしまうううう(笑)。
2010/01/18(Mon) 22:35 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
お邪魔致します。

>>今週の武市半平太(大森南朋)。

あっ、tsumireさん、とうとう、こんなコーナーまで立ち上げてしまわれましたのね。
ブログのカテゴリに『龍馬伝』は無いのに。(笑)
そう言えば自分も『龍馬伝』カテゴリ作ってませんでした。
長丁場なんで、早々に作って途中退場しちゃったら恥ずかしい気もするので、もう少し様子を見てから、と私も保留中です。
で、何なら『武市半平太』というカテゴリを作っちゃおうか、なんてことを思っとりますよ。

>>悪鷲津ファンの皆様、いかがですか?

むふふ…っ。いいですねぇ~~くろはんぺん…いや、黒半平太。
もう、自分を律しようとする力では内から膨れ上がるものを抑えきれなくなって、欄干たたいちゃったり、いたいけな以蔵を黒く魅了しちゃったり、ギシギシ軋んできてる感じが、時々でちゃうのが、たまらんですね。
鷲津といい、半平太といい、自分に憧れる若者を惑わせますわね…罪作りだわ。

柴田恭兵さんも度々おっしゃっているように、南朋さんは哀しみを表現できる力が図抜けていますよね。
やはり、黒く哀しく美しく、な半平太は南朋さんにしかできないでしょう。
どんどん、複雑に陰影ある武市さんになっていって、ときめかせていただきたいです。
うーーん、龍馬には、好感は持つけど、まったくときめかないのになぁ。

>>20に見えないが香川照之だから

「坂の上の雲」では16歳から演じてましたが、本番前に「16歳、16歳…」と呪文のように唱えていたそうです。(笑)
ま、弥太郎は強烈に汚してて、年齢が良くわからないから「20歳、20歳…」って唱えなくても、大丈夫ですね。
それに、香川照之だから、誰も文句は言いません。(笑)

つて、全然、主役のこと忘れてますけど、私(汗)
2010/01/18(Mon) 23:04 | URL | 美冬 | 【編集
黒半平太で盛り上がる今日この頃、
ディスカスからきた『新・置換日記』(勿論当て字。。。自主規制中。)を見ている私って・・・
可愛すぎる、大森南朋。
この顔が、黒鷲津→黒半平太に成長(違)するなんて信じられない!
人類の神秘。。。

史実があるから仕方ないけど
半平太には幸せになってほしい。
すでに、菅井きんを「お義母さん」と読んでしまいそうな勢いです。
あぁ、みなさん、引かないでぇ~
2010/01/18(Mon) 23:35 | URL | Macky | 【編集
>「龍馬伝」記事なのに鷲津の事ばかり書いてしまうううう(笑)。
早く、早く映画「ハゲタカ」DVDの記事を書いて~~~
あれこれ言いたくてたまらないんだよぉぉぉ(泣)

でも一言だけ
>ところで三者会談の後のラウンジの鷲津の後姿、そんなに問題あった?
問題ありありっス!!てか、あの背中のせいでカットされたのかと思うくらい、ひどいスーツの横しわだった。どっきりバーのサスペンダーごしの背中や、「売って売ってうりまくれ」の背中など、とても3kgの増量とは思えん。数字が本当だとしたら、シャツの下に貫禄下着を着ていたのかと思うほど(泣)
上記の発言でoha^さんがいかに鷲津に興味がないか、今更ながらよーく分かりました。
2010/01/18(Mon) 23:52 | URL | suika | 【編集
>ブログのカテゴリに『龍馬伝』は無いのに。

ふっ……たった今、「龍馬伝」カテ、作っちゃった。でもカテゴリー、「武市半平太」というのもアリだったというのには気がつきませんでしたよ。変更しちゃおうかなー(笑)。まーねー、カテゴリを作った動機というのが「龍馬伝」に大分のめり込んで来たからとかなんとかではなく、自分で自分の記事を検索する時に便利だから、という理由だからなー。

>早々に作って途中退場しちゃったら恥ずかしい気もするので

でも大河は1年近くあるから、途中退場しても仕方ないですよ。民放の普通のドラマは3ヶ月単位なんだし。私も「篤姫」は10話ぐらいでリタイアしたし、去年の「天地人」なんか1話でリタイアしたもんなー。

>鷲津といい、半平太といい、自分に憧れる若者を惑わせますわね…罪作りだわ。

でも半平太はこれから意図的にやっていきますからね(多分。史実の方を全然調べてないけど)、鷲津よりもワルですよ。

>やはり、黒く哀しく美しく、な半平太は南朋さんにしかできないでしょう。

そうだよねぇ。他の人がやったら多分もっとわかりやすいけど深みがないキャラになっちゃいそうな気がするな。

>うーーん、龍馬には、好感は持つけど、まったくときめかないのになぁ。

まあ、悪鷲津と黒半平太がお好きな美冬さんにも、枯れ鷲津とハゲが好きな私にも、福山龍馬にはときめく要素がまったくないじゃん。

>全然、主役のこと忘れてますけど、私

え? 弥太郎と半平太じゃないの?(笑)
2010/01/18(Mon) 23:59 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>ディスカスからきた『新・置換日記』を見ている私って・・・

ま、全然別の意味で悪いヤツの話でしょ?(笑)でも「新・置換日記」の大森南朋はどんなもんだか見て見たいな(この好奇心が問題だよ)。しかし実は「たとえ世界が……」をまだ見てない私だ。えっとー、もう3ヶ月くらい見ないまま借りっ放し。ダメだ、こりゃ。

>可愛すぎる、大森南朋。

なんだ、かわいいのか。じゃあいいや(あれ?)。

>すでに、菅井きんを「お義母さん」と読んでしまいそうな勢いです。

ちゃんと介護をやらないと、半平太に嫌われるよ。頑張ってね。
2010/01/19(Tue) 00:14 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>早く、早く映画「ハゲタカ」DVDの記事を書いて~~~

書きたい事は沢山あるんだよう。コメンタリも特典映像も未公開シーンもあれもこれも、さらに先週参加したDVD鑑賞会の話も一昨日見に行って来た映画「ハゲタカ」の話もーーー。

しばし待て。
2010/01/19(Tue) 00:16 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
ご無沙汰しております。

龍馬伝、諸事情により、今まで全く観ていなかったのですが、
半平太に悪鷲津の片鱗が見えるということで、早速来週から観てみようと思っています(笑)

番組表の「龍馬伝」のラテ欄に3人しか名前を書くスペースがない時でも、南朋さんの名前が
書いているのを見つけると、立派になったなあ~と関心すると共に、ニヤっとしてしまいますね。

>早く、早く映画「ハゲタカ」DVDの記事を書いて~~~

私も早くコメントしたいですー。
家にブルーレイレコーダがないにも関わらず、ブルーレイ版を購入してしまいました…。

>ところで三者会談の後のラウンジの鷲津の後姿、そんなに問題あった?

あの、スーツのしわ、超気になりますよっっ。
なんか、ひと回りおっきくなっちゃったような。。。

あと、マンダリンの「お前は誰なんだ?」のおでこ。
他のシーンに比べて、異様に広くないですか??
2010/01/19(Tue) 14:40 | URL | sun_hour2001 | 【編集
こんにちわ。

>半平太に悪鷲津の片鱗が見えるということで、早速来週から観てみようと思っています

おおお、ここにも悪鷲津流れの黒半平太移行組が!(笑)。でもやっぱり、まだあんまり黒くないうちから見なくちゃね。

>私も早くコメントしたいですー。

今、晩飯の鮭を焼きながらコメンタリ編を書いております(笑)。あと、もうちょっと。ちなみに特典映像編はさらに別記事だ。本当に書けるのかな、私。

>あと、マンダリンの「お前は誰なんだ?」のおでこ。
>他のシーンに比べて、異様に広くないですか??

確かに映画本編の中では屈指の広さですが、でもドラマ編と通してみると、実はドラマ編にはもっとすごい場面がありましたよ。ハゲ好きと言われる私でも「こ、こ、これは……」と思ったもんね。どこだったっけなー。横顔なんだけどすさまじい後(略)。
2010/01/19(Tue) 19:37 | URL | tsumire→sun_hour2001さん | 【編集
>大森半平太は誰だろう?と考えてみたんですが、

『六三四の剣』の東堂修羅は駄目ですかね?すげーマイナー・・・・

oha~さん とのやりとり見ていて思ったのですが、tsumireさんはハゲは良くてデブは苦手ですのん?
2010/01/19(Tue) 23:01 | URL | エイト | 【編集
>『六三四の剣』の東堂修羅は駄目ですかね?

うわーん、知らないです。今度立ち読みしてきます(え?)。

>sumireさんはハゲは良くてデブは苦手ですのん?

別に苦手ではないです。鷲津がマツコ・デラックス並みのデブになったらさすがにいやだけど、まあ、あと10kgくらいなら増えても大丈夫かなー。ただ、あのラウンジシーンの、あの背中は許せない(笑)。
2010/01/19(Tue) 23:54 | URL | tsumire→エイトさん | 【編集
黒ペェタが好き!
先日は大変楽しい時を過せた事を幸せに思います。
>東堂修羅…私好きです。主人公のライバルでクールイケメン。
2010/01/20(Wed) 00:18 | URL | ダテ眼鏡スタルクE | 【編集
車内で読むのは間違ってる?
昨晩は週末に行った『劉の故郷』の写真のUPで手一杯だったので
(どーゆーレベルだ(~_~;)ここのコメントは朝の通勤電車内で読んだんだけど
美冬さんの「くろはんぺん」に噴き出しちゃったよ~~
はずかしかった……
皆さん言いたい放題でおかしくて咳する振りしてたけどにやけた顔はごまかせない!
(見られてると思うのは自意識過剰だ)

Cafe Tsumire…凄いCafeです(笑)

明日からは耳あて、眼鏡に加えてマスクも必要かな?
2010/01/20(Wed) 01:07 | URL | BOOKO | 【編集
茨城県湖南省への旅、お疲れさまでした。本当に映画日和のお天気で、よかったです。しかもBOOKOさん撮影のお写真が、晴れた空の下、本当に何もないまっすぐにつづく一本道の風景で、かつてそこに鷲津がいたかのような気にもなれるナイスなお写真でした。

>明日からは耳あて、眼鏡に加えてマスクも必要かな?

そんな、面倒くさいことを。お面をかぶればオールインワンでは(笑)。
2010/01/20(Wed) 01:46 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
先日はお疲れさまでした。
Eさんの妄想トリップも一緒に楽しませていただきました(笑)。

>黒ペェタ

……なんだか日本人というよりは、アフリカ系半平太?
2010/01/20(Wed) 01:51 | URL | tsumire→ダテ眼鏡スタルクEさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック