映画「ハゲタカ」DVD
実はまだ本編は見てないのだが、コメンタリはDVDコメンタリ鑑賞会に2回参加、および自宅で2回再生して聞いて(見て)いる。その時に本編の音が小さいので字幕をつけてみているのだが、今回この字幕には著しく不満だ。「ハゲタカ」は映画上映時につけられていた字幕が本当に優秀なのだ。

・2009年07月08日「映画「ハゲタカ(字幕版)」5回目鑑賞
・2009年09月22日「映画「ハゲタカ」21回目鑑賞(深谷シネマは遠かった編)

上記記事でも書いたが、映画上映時の字幕もまた、「ハゲタカ」という作品の一部といってもいいくらい素晴らしいものだった。画面に表示される単語や文字の一つ一つが選び抜かれたもので、しかも作品世界を本当に投影しているものだった。例としては(上記記事でも書いたが)、一番最初に表示される「(風の音)」という文字と、一番最後に表示される「(風が鳴る音)」という文字である。どちらも同じ背景映像で表示され、背後に流れる効果音は(多分)同じである。しかし違って表記されるのは何故なのか。その違いはそこに、風の音を意識して聞いている人物がいるかいないかの違いである(つまりそこで風が鳴る音を聞いているのは、鷲津なのだ)。この違いは大きい。そしてこの言葉選びのセンスの鋭さには脱帽なのである。

しかし、今回このDVDについている字幕はごく普通の、外国語映画についている日本語字幕とほとんど同じで、台詞しか載ってないのである。しかも、たまに実際に言っている台詞と違っているし。最初、喋っているスピードと、表記されている文字を読むのではスピードが違うから省略して短縮表記するのもしかたがないか、と思ったのだが、よくよく考えてみたら、映画上映時についていた字幕はほとんど喋っていた台詞と同じ台詞が表示されていたのである。そしてそれは特に長過ぎるということもなく、自然に目に入って来ていた。さらに映画上映時の字幕では効果音、音楽、説明文字表記等が追加されていて、普通の外国語映画についてくる日本語字幕よりは格段に情報量が多かったのである。でも文字が多すぎて読み切れないということは全くなかった。

今回本編に字幕がつくという情報はかなり楽しみして待っていたのに、こんな字幕だったとは!! 映画上映時についていた字幕をどうしてつけてくれてないんだーーー。普通の人にはあんな字幕は必要ないというのなら、字幕を2種類つけて選べるようにしてくれたらよかったのに。あんな秀逸な字幕はないのに、もう見る事はできないのか。くーーーー、残念。
関連記事
テーマ:邦画
ジャンル:映画
コメント
ドラマの字幕のほうも、言い方が微妙に違う箇所がちょこちょこあるんだよね。言ってる意味は一緒なんだけど、なんでしゃべってる言葉を正確に書かないのか不思議。特に語尾の「~ではないですか」とか、「~じゃないんじゃないですか」みたいな所を「~じゃないでしょ」って感じに変換されちゃうんだよねぇ。字幕は持って回った言い方が嫌い?でもそれじゃ、雰囲気が違ってくるんだよぉ。tsumireさんは映画館での字幕が特に気に入ってたから、よけい納得できないよねぇ。なんか、権利みたいなことでもあるのかなぁ。廃人や熱烈なファン以外は、あまり字幕にはこだわらないのかしら。

>あんな秀逸な字幕はないのに、もう見る事はできないのか。くーーーー、残念。
その字幕を作った人がここを見てたら、さぞかし喜ぶだろうなぁ………
2010/01/20(Wed) 01:10 | URL | suika | 【編集
ものすごく初歩的な質問でごめんなさい。
コメンタリーとか字幕っていうのは、どのようにしたら鑑賞できるのでしょうか?
tsumireさんとこのブログで「あ、そうだ、確か特典でついてるってかいてあったなぁ」と、思い出したのですが、どのようにするのかわかんなくて・・・。
本編の方のディスクでみるんですよね?
2010/01/20(Wed) 17:36 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
やっぱり嫌だ!
こんばんは★
先日は、素敵なコメンタリー鑑賞会を開催して下さりありがとうございました。
ほんと~に楽しかったよぉぉぉ!
嵐のような皆様のコメントを拝見するだけでなんだか尻込みしていましたが、
字幕に関しては、やっぱり一言言いたい!
と思っていましたが、きっちりtsumireさんが書いてくださったのですっきりしましたので、全面賛成とだけ言いたい(笑)

ハゲタカノベライズもそうでしたが、わざわざ上映後に音声を文字化するのであれば、忠実にやっていただきたい。
忠実でないならば、こちらが納得できる理由を示してほしい、などとうるさい事を思っちゃうんですよねぇ。
だって、あれだけ緻密な製作をしているのにどおして???って思いますよね。

思ったんですけど、tsumireさんが大友さんに連絡を取って、ファンが納得できるように製作物のチェックをしたり、ファン待望の写真集やムック版の企画やチェックをするっていうのはどうでしょう?
NHKにしてみれば、大きなお世話かもしれませんが、そういうチェックが甘い気がします。
すごくいいものができるはず。いいものって、一般人はそこまで求めないのかなぁ。。。
2010/01/20(Wed) 21:00 | URL | nanako | 【編集
えーと、まずは取り急ぎ。

コメンタリは本編ディスクのメニュー「Play」(全編再生)、「Scene Selection」(場面選択)、「Audio&Subtitles」(音声&字幕)、「Keyword from HAGETAKA」(ハゲタカ用語解説)のうち「Audio&Subtitles」を選択。すると以下の画面が出てきます。

Audio(←音声)
・ドルビーデジタル5.1chサラウンド
・ドルビーデジタル2chステレオ
・コメンタリー

Subtitles(←字幕)
ON
OFF

ここでAudioは「コメンタリ」を選択。字幕を入れたい時はSubtitlesの「ON」を選択。今現在選択中のものに鷲津マークがつきます。そしてトップメニューに戻って「Play」で再生すればコメンタリと字幕を楽しめます。ちょっとわかりにくいですよね。
2010/01/20(Wed) 22:09 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
>なんでしゃべってる言葉を正確に書かないのか不思議。

もしかして脚本データに手を加えているだけだったりするのかね? だから演出担当が脚本をその場でどんどん変えちゃったり役者さんのアドリブでどんどん台詞が変わる「ハゲタカ」では違いが目についたりすんのかなー。他のドラマの字幕がどうなっているんだかよくわかんないけどさー。

>字幕は持って回った言い方が嫌い?でもそれじゃ、雰囲気が違ってくるんだよぉ。

そうそう。持って回った言い方でもその場面ではその台詞のその言い回しがすごく生きているんだからさ、ちょっとでも違うと違和感大だよ~。なんとかしてほしいよな。

>廃人や熱烈なファン以外は、あまり字幕にはこだわらないのかしら。

元々外国語映画の日本語字幕って意訳だらけだからね(戸田なっちの字幕なんか超訳だそうだし)。それに慣れちゃっていると多少の違いはし方がないって麻痺しているかもね。しかも映画「ハゲタカ」の上映時字幕のような、字幕まで作品の一部と化しているようなものって、他にはそうそうないのかも。
2010/01/20(Wed) 22:22 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
こんばんは。
そうでしたか…やはり、映画の字幕と違っていたんですね。
私は字幕版を深谷で1回鑑賞しただけだったので、今回、コメンタリ音声で聞くときに字幕を出してみて、「あれ?自分の記憶と違う気がするけど…ボケたかしら。」と思っていたんです。
あまりにも色々と妄想と願望にまみれた私のハゲタカ脳が記憶を捏造していたか?って。(笑)

深谷で見たときに、tsumireさんがあげられた冒頭とラストの風の音の表現にしてもそうですし、確か「紙を叩き付ける音」というような表現もあった記憶がありますが(違っていたらごめんなさい。)、ト書き部分まで登場人物の心情が映されていたので、観ながら「あ、そうなのか」と気づいたり、自分が受け止めるときに輪郭や色がクッキリして入ってくる(抽象的な表現ですみません。)感覚がしたりして、とても良かったのです。
なので、「へえ、日本映画でも字幕付で観るのも良いなあ。」と思っていたのです。
それが、DVD/BDでは、自分の記憶と違ったので、おかしいな、と落胆していました。
映画上映時の字幕は、監督と脚本家がチェックしているのだろうから、そのままパッケージに入っていると思い込んでいたので、驚きました。
うーーん、どうしてなんでしょうか…。
tsumireさんが仰るとおり、字幕も含めて作品なのですから、納得いかないし、せっかく楽しいコメンタリ音声を聞いても、字幕をだすと、寂しくなってしまうのも残念です。
2010/01/20(Wed) 23:37 | URL | 美冬 | 【編集
週末、三茶には行けないけど家で字幕版上映だ~♪と本編を観はじめること暫し。…な、なんじゃ、これっ!と憤慨し思わず某コミュにコメントしたのですが、見進めて行くと割と台詞に忠実な部分もあるので、情景描写はないものの、台詞は字幕上映版と一緒のものであって、自分の記憶の中で美化しすぎていたのだろうか?と弱気になり、コメントを削除してしまっていました(苦笑)。

でも、やっぱりそうだったんですね。
なんでまたわざわざいかにも字幕調な語尾に改悪してしまったんでしょう(泣)。
ディスク化するにあたり、字幕は別途データ化する必要がありそうな気はするけれど、何故せっかくの字幕上映版を元ネタにしないのだろうか?残念でなりません。
2010/01/20(Wed) 23:48 | URL | FoxNoodles | 【編集
こちらこそnanakoさんにご参加いただいて本当に楽しい鑑賞会になりました。ありがとうございます。

>だって、あれだけ緻密な製作をしているのにどおして???って思いますよね。

本当、もったいないですよね。もうすでにあるものを使えばいいだけなのにさ。あれかな、字幕製作についてはDVD版の場合は指定の関連会社とか子会社にしなくちゃならない、っつーような慣習とか契約があるとか? それともあの映画上映時の字幕の素晴らしさをDVD製作者は全くわかってないとか??

>大友さんに連絡を取って、ファンが納得できるように製作物のチェックをしたり、ファン待望の写真集やムック版の企画やチェックをするっていうのはどうでしょう?

ふふふ、nanakoさんはいつもプロデューサー的発想にいきますよね。先日の渋谷の鑑賞会でも、「ハゲタカ続編」製作に向けて我々は何をしたらいいかという議題では、そのためのファンドを作ってはどうかと言ってましたもんね。

まあ、私達が何かを行動しなければ何も起こらないのは確かですから、せめて字幕についてはなんらかのアクションは起こしたいですねぇ。その場合、大友Dに訴えるのが効果的なのかどうか……第一今は「龍馬伝」でそれどころではないだろうし。うーむ。
2010/01/21(Thu) 00:48 | URL | tsumire→nanakoさん | 【編集
>「あれ?自分の記憶と違う気がするけど…ボケたかしら。」と思っていたんです。

そんな。年がら年中ボケっぱなしの私ならともかく、美冬さんがそんなに気弱になるなんて(笑)。もちろんボケなんかじゃありませんよーーー。犯人は東宝だ、東宝。

>確か「紙を叩き付ける音」というような表現もあった記憶があります

はい、ありました。村田さんがBWPの資金調達先の情報を持ち帰った時の「だとすれば原資は2000億ドル、20兆円!」という台詞を聞いて鷲津が持ってた資料をデスクにたたきつけるんですよね。で、字幕に(資料がたたきつけられる音)という説明が入るので鷲津、相当ムカついているんだなというのがことさらわかるんですよね。

あるいは劉一華からの伝言メッセージ、「もしもし……」(絶え絶えの息)「鷲津か……」(弱々しい息)「俺だ……」、、、、「その車に……乗せてくれよ」(嗚咽)「なあ、鷲津……」(鳴き声)「頼むよ……!」(嗚咽)という説明字幕ですよね。聞こえるのは声だけなのに劉の最後の悲痛な叫びが目に訴えかけられてくる字幕でしたよね。

>自分が受け止めるときに輪郭や色がクッキリして入ってくる(抽象的な表現ですみません。)感覚がしたりして、とても良かったのです。

そうなんですよ。音声と映像だけでなく、そこに文字が入ってくる事でより鮮明になっていたんですよね。今更DVD仕様の変更はないでしょうけど、字幕はねぇ、ほんと、あの上映時字幕で見たいですよね。
2010/01/21(Thu) 01:24 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>自分の記憶の中で美化しすぎていたのだろうか?と弱気になり、コメントを削除してしまっていました

FoxNoodlesさんもこれまた気弱なご発言を(笑)。あれはあきらかにそんじょそこらの字幕とは違うものでしたよ。私は視聴覚障害者向けの字幕初体験だったせいもありますが、鮮烈な体験でしたねぇ。

本当に惜しいですよ。せっかくあるものをどうして使わないのか。

>なんでまたわざわざいかにも字幕調な語尾に改悪してしまったんでしょう

改悪されているのは語尾だけじゃないですよ。これほど作品世界を投影した優れた字幕を採用しないと言うのは、これは作品の一部破壊と言ってもいい行為です。本当に残念です。
2010/01/21(Thu) 01:41 | URL | tsumire→FoxNoodlesさん | 【編集
ありがとうございました<(_ _)>
やっと、鑑賞方法がわかりました!お礼をいうのが遅くなってすみません。まだ、全部は見てないのですが、取り急ぎお礼まで。
ありがとうございました。

途中までみた(聞いた)感想。
大友監督、ホントおもしろいですね。一杯飲んで(笑)るのかと思うほど。いろんなシーンで「ここ、かっこいいよねぇ」とか「ここ、いいよなぁ」とか、ホメまくりで、笑えました。
南朋さんの発言がわらえるよね。「中延さんは鷲津絶対好きだよ」とか、なるほど、やっぱりそう思って演技されてたんだぁ。南の島のすけすけ衣装??気になるなぁ。
あと、「ごんた顔」って聞いて「できるかな」のごんた君を思い出しちゃったよ。あ、でも大友さんはもしかしたら「ごんたを言う」(子供が愚図って駄々こねること)っていう意味で言ったのかな?「ごんたをいう鷲津はごんた顔」ってか?

字幕は皆さんおっしゃるように、はしょってるとこが所々ありますね。映画館での字幕はみたことないので、わからないんですが、DVDのは洋画の字幕みたいにアバウトですね。
私もtsumireさんがおっしゃってるような、丁寧な字幕で見てみたかったです。あ、でも劉さんの日本名とか経済用語なんかは、字幕で漢字がわかってなるほどとよりよく理解できました。

話が横になりますが、一昨日、三軒茶屋に行ってきました。ホントにレトロ(というか年季が入った)映画館ですね。やっぱ、大きい画面の鷲津さんはいいよね。tsumireさんみたいに、冷静に画面の隅々までみるぞぉ!と思ってたのに、最後のほうは涙ボロボロで全然ダメでしたゎ(苦笑)
美冬さんに「それは恋です!」とか「ぶるーうぉーるさんは、とおりゃんせのメロディを聞くと涙腺オープンのスイッチが入ってしまうんですよ」と指摘されて、なるほど…と自分自身をデューデリした一日なのでした(笑)
2010/01/23(Sat) 11:30 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
私ったら、DVDが届いてからもう1週間になるっていうのに、まだ本編をちゃんと見てないんですよねー。どうでもいい場面を止めて数字や文字を読んだり、写真に落としてにまにましたりはしているんですが。いかんなー。

コメンタリの大友Dのキャラがいいですね。あのカランカランという音からいって、しかも後半に行くに従って「悪い監督」になっているあたり(笑)、多少アルコールが入っているような気もしますけど。

>一昨日、三軒茶屋に行ってきました。ホントにレトロ(というか年季が入った)映画館ですね。

最近見ないタイプの映画館でしょ。椅子には穴が開いていてお尻や腰にきますからね。私も昨日は見に行こうと思って仕事をなんとか必死に片付けていたんですが、ダメでした。くーーー、残念。でもまたどこかで上映があったら、見に行きますよ。やっぱりねー、テレビ画面で見るとなんかこう、色々とフラットなんですよねぇ。

>美冬さんに「それは恋です!」とか指摘されて

え? 今まで恋に気がついてなかったんですか?(笑)
2010/01/23(Sat) 23:15 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック