龍馬伝 第4回
龍馬伝 第4回(1月24日放映)。ここんとこ頭の中で龍馬のテーマが鳴ってたりするのだが、それが気がついたらいつの間にやら「ゼルダの伝説」の曲にすり替わっとる(似たような曲があるのよ)。そうか、「龍馬伝」はハンシ・リョーマの大冒険ファンタジーだもんね(違)。弥太郎のトルコ行進曲みたいなテーマ(昔NHKでやっていた「阿修羅のごとく」でかかっていたみたいな曲)もいいし、サントラ(「NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1」)買っちゃおうかなー(早っっ!)。

[あらすじ]
「江戸の千葉道場に入門した龍馬(福山雅治)は、師範・千葉定吉(里見浩太朗)の娘・佐那(貫地谷しほり)の素早い剣に打ち込まれてしまう。龍馬が厳しいけいこを始める一方、佐那はひそかに龍馬に恋心を抱き始めていた。ある日、溝渕広之丞(ピエール瀧)に連れられていった飯屋で桂小五郎(谷原章介)と出会う。桂は日本に異国船が迫ってきていると説く。まさにそのころ、ペリー率いるアメリカ艦隊は日本を目指して航行中だった」(NHK番組表より)。

今回の演出は大友Dですよ。さて、花のお江戸にやってきてうきうき気分の坂本龍馬(福山雅治)ですが、根が真面目なんだかさっそく千葉道場にご挨拶。そこで千葉定吉(里見浩太朗。大仏みたいな顔だったな)の娘・佐那(貫地谷しほり)に負けちゃう訳ですが、田舎の保守的なな男女観を持っている人間にとっては(たとえ龍馬のようにかなり固定的観念にとらわれない人物であっても)、女性に負けたというのはちょっと衝撃だっただろうなー。

でも一方、佐那の方はいわば剣術ロボットとしてただひたすら剣の道を究め続けて来たのに、龍馬によって剣術の楽しさや、人とふれあう事の楽しさ(多分今まで道場での指導もしたことがなかったんじゃないだろうか)を知って、ロボットから人間に、女になってゆく。そうなるともう龍馬には勝てない。これはキャリアウーマンの挫折の物語でもあるよなー。今まで男も女もなくやってきたし実際に自分に勝った男はいなかった。実力は自分が一番と思っていたのに、そこにド田舎からやってきた異物によって、別の現実を知ってしまう。自分より強い男の前で無力感を噛み締め、しかもとーちゃんにも「だがお前は女だ。それを認めなければいけない時が来た」とか言われちゃってさ、心がささくれ立つ訳だよ。しかしなんだ、歴史の方をまだ全然チェックしてないのだが、確かこの千葉佐那さんという人は龍馬と婚約して龍馬が江戸を去ってもずっと待ち続けて終生独身だった人だよね(大昔、少女漫画で読んだような気がする)。本当にまっすぐな人だったのかもね。

そして今週の由美かおる。裸龍馬、キターーーーーッ! ……ちぇ、全然心動かないや。もしかして「水戸黄門」の由美かおるみたいに毎週定時に龍馬の裸シーンがあるのか?とか思ったけど、早くも黒船来ちゃうんじゃ、脱いでられないな(意味不明)。

定番(え? いつの間に?)、今週の武市半平太(大森南朋)。半平太の人望や実力もさることながら営業活動の成果もあって、塾の方も盛況。都会の千葉道場のカジュアルな剣術と違って、真剣を使ったリアル道場ですよ。しかし弥太郎(香川照之)に、龍馬がお江戸から戻ってくるまでだもんねとか「武市半平太にも嫉妬心があったかのう」なんて言われちゃうのよ、弥太郎、やなやつ最高だな(鳥かごを門にぶつけながら出て行くところもナイス)。核心を突かれて一瞬のたじろぎを見せる半平太ときたもんだ。黒くなってる黒くなってる!! あああ、半平太のじりじりする心境が伝わって来てやるせないわ~。ラストを見たくないばかりに「フランダースの犬」も見なかった私なので、実は悲惨な死に方をするとわかっている半平太には肩入れしたくないのだが……もう、すでにやられとる(泣)。

でもさ、先週の「龍馬伝」をにたにたしながら見ている時に子ども(11歳)に「大森南朋が出ているから見ているんでしょ?」と言われて「違うのっ、大森南朋じゃなくて武市半平太を見ているのっっ!」と意地になって説明していた私だが、実は大森南朋同様に歴史上の武市半平太にも興味は特段ないんだよな。大森南朋がやっている武市半平太だからやられちゃっているんであってさ。あ、そういえば私は携帯電話の待受けに写真は入れないのだが、秘匿ファイル(笑)に新しい写真を入れてにまにましながら見てそのまま放置してたら、子どもが私の携帯を見て一言、「あ、鷲津だ」と言ってたよ……。

今週の意味不明。魔性の女(?)・加尾(広末涼子)、何も弥太郎に弟子入り、じゃないか、えっとー勉強教わらなくても。土佐には他に塾がなかったのか? 君は一体なにがしたいんだい? これで最後の最後に実は龍馬の暗殺を指示したのは加尾だった、なんてことになると面白いかもしれないが。

ラスト、いよいよ黒船来航、町の混乱ぶりはなんかゴジラの襲来のようですよ。いっそテーマ曲も「ゴジラ」の曲っぽくした方がよかったんじゃないのか? そしていよいよ来週は加藤さん(田中泯)、キターーーーーッ! ……いえ、加藤さん(ドラマ「ハゲタカ」)ではなく吉田東洋でした。「失礼しました、つい熱くなってしまって」(by 鷲津政彦)(←美冬さんのマネっこ)
関連記事
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
>サントラ買っちゃおうかなー(早っっ!)。
ほんと、早いね。フォルダを作るのはなかなかふんぎりがつかなかったのに、音楽のハードルは低いですな。まぁわたしも「龍馬伝」の音楽は好きですが、夫がドラマの最初で「音楽 佐藤直記」って出るたびに「どっかで聞いたことあるな」と言い、「ハゲタカの人?」「うん、お父さんが見てるコードブルーも」という会話が、少なくとももう五回は繰り返されている。大丈夫か?そうとう進んでるんじゃないのか?

>里見浩太朗。大仏みたいな顔だったな
同感。しかも「助さんから黄門様に格上げ~」なんて雑念も入りまくり。いっけいは今回、特に目立つこともなかったね(ま、そういう役か)。裸龍馬にもほんと、これっぽっちも心を動かされず(基本、男の裸に心が動いたことないけど←女だったらある、という意味ではありません)、桂小五郎も変な顔で、やっぱこのドラマは弥太郎と半平太の二本立てだなと改めて認識しました。(まぁ仮に半平太の裸が映ったとしても、とっさに顔を眼鏡の彼と脳内ですりかえてしまいそうなので、正しい鑑賞は出来ないと思うけど)
でも半平太、加速度ついて黒くなっていくけど、こんなんで最後まで持つのかしらん。切腹する頃には一体どんな風になってるの?(「フランダースの犬」はわたしも同じ理由で見れなかった)

そういやわたしも、携帯の待ちうけは普通のものなんだけど、画面を横にすると鷲津が現れるので、子供が私の携帯でワンセグを見ようとすると、必ず「わっっ!」って叫んでる。(失礼ね。ふんっ)



2010/01/25(Mon) 07:52 | URL | suika | 【編集
P.S.
そういや、昨日の回は一瞬だけどアラン、じゃなくてティムが出てたね。
2010/01/25(Mon) 08:05 | URL | suika | 【編集
何気に感想の持ちようがかぶってて可笑しいです(笑)
りょまさんのおヌードには全く心動かされないけど
弥太郎の門にぶつかるとこは反応^^
黒船はゴジラ襲来でしたよね^o^/
しかしあの時の音響は平成ガメラでした。(雰囲気が)私的にはツボ☆
2010/01/25(Mon) 09:32 | URL | seiu | 【編集
>>サントラ買っちゃおうかなー(早っっ!)。
>ほんと、早いね。フォルダを作るのはなかなかふんぎりがつかなかったのに、音楽のハードルは低いですな。

だってー、カテゴリは1年間使うけど、サントラは1回買うだけだもーん。でもVol.1ってなっているってことはこれからどんどん出るってことか? じゃあ打ち止めになるまで(あるいは全部まとめたものが出るまで)やめとこうかなあ。

>まぁ仮に半平太の裸が映ったとしても、とっさに顔を眼鏡の彼と脳内ですりかえてしまいそうなので

えーーー、奥様、すりかえられますかあ!?(笑)私は無理だな。スケスケ衣装すら想像できないのにー。妄想力がなさすぎるのか。奥様を見習わなくちゃ(え?)。まだ半平太のほうがかなりはだけ気味なので想像できるけどなー。

>でも半平太、加速度ついて黒くなっていくけど、こんなんで最後まで持つのかしらん。

そうだよねぇ。なんか昨日の物語の進行状況と黒化からいって、もしかして半平太は夏前の5月頃にでも死んじゃうのか?とか思ったよ。そしたら夏コミ原稿は半平太本かなー(あれ?)。

>切腹する頃には一体どんな風になってるの?

真っ黒けだな。土佐の悪の帝王と化していて、大昔の中尾彬とか西村晃、金田竜之介みたいになっているかも(ひどい)。史実では牢屋の中でも色々気配りしまくりだったらしいけどな。でも奥様は悪鷲津と黒半平太には目がないから楽しみでもあるざんしょ?

>子供が私の携帯でワンセグを見ようとすると、必ず「わっっ!」って叫んでる。

11歳児に生温かい目で見られるよりはいいのでわ……(遠い目)。

>そういや、昨日の回は一瞬だけどアラン、じゃなくてティムが出てたね。

昨日は、夜8時に見て子どもに邪魔されたので10時のBS2でもう1回見て、最後に寝る前に武市半平太のところだけ見たんだけど、気がつかなかったーーー(見すぎ?)。
2010/01/25(Mon) 17:17 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
こんばんは♪

>>そして今週の由美かおる。

この一行を目にして、一瞬、御老公と一緒におえん(でしたっけ?)も出ているのかと思いましたよ。(笑)

男子の筋肉を露出すると視聴率が確実にアップするそうなので、それを狙って、龍馬以外も半裸大放出祭でしたが、私は全くトキメキなし。
鷲津スケスケ衣装候補だって、それにならなくて良かった!と思うくらいですので。
鷲津は固形物を咀嚼する姿すら想像できないので、生々しいことはフレーム外でお願いしたい…と思うファンなのでございます。
まあ、ストーリーに必要であれば、スケようが、生々しかろうが構わないんですが、やっぱり『ハゲタカ』の世界観と合致しないなぁ~と、勝手に思っているだけなので、スケスケや露出をお望みの皆様に異を唱えるつもりは毛頭ございません。

…って、ここは鷲津じゃなく、半平太コーナー(?)だった。

>>弥太郎、やなやつ最高だな(鳥かごを門にぶつけながら出て行くところもナイス)。

香川弥太郎は濃度が高いので、出演シーンは、あのくらいの分量で丁度いいかも。(笑)
にしても、あの去り方、本当にナイスでしたわ。
観ながら「サイコー!」と言ってしまいました。
そして、直後の半平太のブラックオーラが、じんわり膨れる感じも、黒半平太ラヴな私にはたまりませんでした。

>>魔性の女(?)・加尾

無自覚に惑わして弥太郎に「夜明けじゃー!」と勘違いさせる悪魔め!(笑)
加尾最強(最凶)伝説。新し過ぎて面白い!

>>来週は加藤さん(田中泯)、キターーーーーッ!

一瞬しか映らなかったのに、なんという存在感。
どう登場されるか、楽しみです。
それと、殿様(近藤正臣)が超濃厚な予感だし、黒船で来たペリーが日本を買い叩くし(嘘)、次回はコッテリしそうですよ。





2010/01/25(Mon) 22:19 | URL | 美冬 | 【編集
こんばんは。
今回は土佐の皆さんがあんまり出てなくて、ちょっとガッカリ…

>裸龍馬、キターーーーーッ!

ぷっ!(笑)福山さんって華奢な感じにみえて意外と筋肉モリモリ(言い方が古っ)なんですね。でも特になんとも感じなかったけどね(苦笑)
美冬さんがおっしゃってるけど、男子の上半身裸をみせると視聴率アップするんですかね。去年の夏に放送してた月9ドラマ(タイトル忘れた 山P主演のドラマ)を子供がみてたんでなんとなく見てたんですが、バスケの試合後の更衣室で男子の着替えシーンがやたらと多かった。「イケメンファン向けのサービスシーンか?」と思ってたが、視聴率よかったらしいです。なるほど!
南朋さんは「ヴァイブレータ」でだいたい見たからよしとしよう(笑)

しかし半平太もだんだん黒っぽくなっていきますね。当時の幕府からみるとテロリストみたいな感じかな?
ペリーが浦賀に来たのが1853年、半平太が切腹するのが1865年、あと12年しかないんですね。
ものすごい壮絶な切腹だったらしいですが、(三文字の切腹とか、ありえんだろー)南朋さんはどうやって演じるのでしょうか?今から、すっごい怖いんですが…

>実は悲惨な死に方をするとわかっている半平太には肩入れしたくないのだが

おどしちゃってすみません。「フランダースの犬」はしっかり見たんで、がんばって耐えるゎ。
2010/01/25(Mon) 23:09 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
>何気に感想の持ちようがかぶってて可笑しいです

そうなんですよ。でもいつもseiuさんの方が早くて出し抜かれちゃってるの(笑)。

>りょまさんのおヌードには全く心動かされないけど

福山のあの裸に心動かされる層って、絶対黒半平太には心動かされない層ですよねぇ……。

>しかしあの時の音響は平成ガメラでした。

え!? 平成ゴジラではなく平成ガメラ!? ううううむ、昭和の怪獣ものはかなり見ていて平成のゴジラも見ている私だが……平成ガメラは見てなかったーー。
2010/01/26(Tue) 00:05 | URL | tsumire→seiuさん | 【編集
>御老公と一緒におえん(でしたっけ?)も出ているのかと思いましたよ。

「龍馬伝」、すげーな。坂本龍馬に岩崎弥太郎に武市半平太に水戸光圀と疾風のお娟も総出演、特盛りってやつか?(絶対、違う)。

>男子の筋肉を露出すると視聴率が確実にアップするそうなので

よくよく考えたら(考えなくてもか)裸どころか常にスーツでビシっと武装しまくっている野郎ドラマが好きなハゲタカ廃人が、裸見て喜ぶ訳なかったな(笑)。でも世間一般ではあの福山ヌードがウハウハ(死語)なんでしょうか。勝手に脱いでろとしか思えないけどな。

>そして、直後の半平太のブラックオーラが、じんわり膨れる感じ

悪鷲津には心惹かれない私ですが、あの半平太の、じわじわとしみ出てくる黒さにはやられちゃいますね。

>加尾最強(最凶)伝説。新し過ぎて面白い

天然の悪魔の前の弥太郎のバカっぷりもイカスです。

>それと、殿様(近藤正臣)が超濃厚な予感だし

近藤正臣、久しぶりに見たけどまさかあんなんになっていたとは驚きでしたよ。いやはや、来週は弥太郎にはお休みしてもらわないと、あのくどさに窒息しちゃうんじゃないでしょうか。
2010/01/26(Tue) 00:24 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>今回は土佐の皆さんがあんまり出てなくて、ちょっとガッカリ

なんか世間ではこのドラマの主人公は坂本龍馬ってことになっているみたいですからねぇ(はい?)。

>でも特になんとも感じなかったけどね

ハゲタカ廃人はスーツ男子萌えですから、やっぱりちゃんと着てないと。

>南朋さんは「ヴァイブレータ」でだいたい見たからよしとしよう

……私は見てないんだけど、suikaさんも「ヴァイブレータ」で十分とか書いてたよなあ。大森南朋の裸を見るなら「ヴァイブレータ」がベストなのか。いや、裸にも大森南朋にも興味はないんだけど(笑)。

>ペリーが浦賀に来たのが1853年、半平太が切腹するのが1865年

坂本龍馬が死んだのが1867年であと14年だから、14分の12くらいの割合で半平太が見られるかも?(そーゆーもんじゃねえだろうが)。

>「フランダースの犬」はしっかり見たんで、がんばって耐えるゎ。

しかたない、今からイメージトレーニングしておくか(意味不明)。
2010/01/26(Tue) 00:36 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
とにかく、貫地谷しほりさんの演じっぷりが見事で、その凛々しさに、その身のこなしに、すっかり魅せられました。
2010/01/25(Mon) 07:00:11 |  伊達でございます!
坂本龍馬は土佐を出発してから30日経ったその日 江戸に到着した。
2010/01/25(Mon) 20:54:24 |  渡る世間は愚痴ばかり