相変わらず映画「ハゲタカ」を上映している映画館がないかチェックしている私だが、それでここのところ引っかかるのが「前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」である(もちろん「ハゲタカ」がこの50本の中に入っている訳ではない)。上映作品は「アラビアのロレンス」や「2001年宇宙の旅」「エデンの東」など言わずと知れた名作映画50本。映画はやっぱり映画館でみたいのよ。今日は新聞の朝刊にも案内が載ってました。

私的には「ライトスタッフ」が入っているのがヒジョーに嬉しい。冷戦時代の米ソの宇宙開発競争の陰で、音速の壁に挑戦し続けた戦闘機パイロットのチャック・イェーガー役のサム・シェパードがそれはそれは渋くていいんですよ(ええ、ハゲかけですけどね)。ただし東京での上映は2010/08/14(土)~2010/08/20(金)、半年先だよっ! 

もっとも「アラビアのロレンス」なんか9月だがな。でも「アラビアのロレンス」とか「ベン・ハー」はやっぱり映画館のでっかいスクリーンで見なくちゃですよ。「アラビアのロレンス」も何度か見た映画だったなあ。ロレンスのあまりにも美しくそして脆い、栄光と挫折の物語にやられちゃったもんです。まあ最初に見た時(リバイバル上映だったけど)はまだ若かったんでさ、トルコ人将校(ホセ・ファーラー)の拷問の意味が分からなかったですよ。そういえばこの「アラビアのロレンス」も"熱い男達のドラマ"でしたね。私の「ハゲタカ」の原点はここか!?

大脱走」はテレビで何度か見たけど、これも映画館でみたいなあ。第二次大戦末期のドイツ空軍捕虜収容所で200人以上の捕虜がそれぞれいろんな方法で脱走して行くという緊迫感あふれる物語なのだが、緩急のリズムがよくて所々に挟み込まれるユーモアのセンスもいいし、脱走兵のそれぞれのキャラもまたいいんですよ。

映画に愛をこめて/アメリカの夜」上映も嬉しい。まあ、映画監督やスタッフの皆さんのご苦労さん物語なんですけど、監督役のフランソワ・トリュフォーがいいんですよ(や、やっぱりハゲてる……)。「薔薇の名前」もテレビでしか見た事ないからこの際映画館で見ておきたい。主演はもちろん、キングオブハゲのショーン・コネリーですよ(←開き直り)。他にも映画館で見てみたかったラインナップでてんこもり。

去年はもう、「ハゲタカ」しか見てなかったけど(遠い目)、今年はもちっと色々映画をみてみなちゃなー。そういえば去年「ハゲタカ」上映の時に買った池袋/新文芸坐の回数券がまだあるので、期限切れになる5月までに使い切らなくては。でも2月の重点上映作品は森繁久彌追悼企画。ちぇっ。
関連記事
テーマ:映画
ジャンル:映画
コメント
そうなのよ奥様、わたしもこの企画はちょっと気になってて、こちらでは少し遠い映画館でしかやらないんだけど、「スティング」と「ベン・ハー」を見に行くつもりです(とはいえ、ほぼ一年先なんだけどさ)。「スティング」は、私的にはポール・ニューマンが一番かっこよかった作品だと思う(それほどたくさん見てるわけじゃないけど。そしてじじぃのポール・ニューマンもいけてたけど)。初めて映画のサントラを買ったり、何べんも見に行って台詞を意識して覚えたり、レーザーディスクのデッキを買ったときは、一番にソフトを買った作品でした(しみじみ)。今見ても絶対イケてる筈!
「ベン・ハー」はまぁ映画会社の思惑通り、一度は大きいスクリーンで見たい映画ってことで。「十戒」も映画館で見た方がずっと良かったもんね。(別にチャールトン・ヘストン」が好きって訳じゃないのよ)
2010/02/06(Sat) 15:06 | URL | suika | 【編集
「大脱走」いいよねぇ
私は0011のイリヤ役だったデビッド・マッカラム目当てで見てたなぁ。
勿論、テレビでだよ!マックィーンがカッチョよかったよね。

あの頃のアメリカ製作の戦争映画って、
正義の味方アメリカ対悪の化身ドイツorソ連という、
ヒジョーにわかりやすい図式で、戦い方も、ドッカーン!バッカーン!!と
これまたわかりやすかった気がする。

ちょっと変わった戦争映画「M*A*S*H」も大好き!
今は息子のキーファーの方が有名だけど、ドナルド、よかったよねぇ~。
あぁいう大人の映画、好きだんぁ。

「アラビアのロレンス」は、なんとも雰囲気のある映画ですよねぇ。
神坂さんの「T・E・ロレンス」も好きで読んでましたよ。

「スティング」も好きですぅ。最近買った洋画のDVDはコレだけ。
他に買ったのは恥ずかしながら、愚息が出演している邦画onlyだから・・・^^;
レッドフォードもカッコよかったよねぇ。
「大統領の陰謀」とか「明日に向かって撃て」etc
「普通の人々」でアカデミー賞をとった時の授賞式、
まさに、レッドフォードのための授賞式って感じで感動した!

昔のアメリカ映画を語ると止まらなぁぁい!

「ロビン・フッド」では次世代のキングハゲ候補だったケビン・コスナーのパパ役で
元祖キングのS・コネリーが颯爽と森の中から出てきたときには、
映画館でどよめきと拍手がおこりましたよ。
やはり、アメリカ映画、好きだなぁ。
最近は全然見てないけど・・・
2010/02/06(Sat) 17:57 | URL | Macky | 【編集
ああ、出てたよねぇ、デビッド・マッカラム。ちなみに0011のペアのロバート・ヴォーンの吹き替えは広川太一郎で、これがまたかっこよかったなぁ。
わたしは「大脱走」では、リチャード・アッテンポローが印象的かな。幼い時は全員が脱走できたら良かったのにと思ったけど、それじゃ映画に深みがでないもんね。(あ?そんで劉は殺されちゃった?)
この「大脱走」の主題歌と「戦場にかける橋」の主題歌が、どっちか片方だけ頭に浮かんじゃうと、もう片方がなかなか浮かばなかったわ(どっちもマーチつながりだし)
「明日に向かって撃て」はラストが泣ける。あれはうまかったなぁ………
「ロビン・フッド」はなんと言ってもアラン・リックマンですよ。ビジュアル的には、まんま「ハリー・ポッター」のスネイプ先生だけど。
ほんと、アメリカ映画を語りだすと止まらないなぁ。(しかしこの時点で、この話題にCafe Tsumireのお客様の何割がついてこれるのか不安。管理人はアラカンの「鞍馬天狗」でもいけるかもしれんが)
2010/02/06(Sat) 20:21 | URL | suika | 【編集
私、ポール・ニューマンっていつ見ても年齢不詳感があるんですけど、終ってますか?(笑)。そしていつも誰かとセット(コンビ)で出ているような気がしてしょうがないんですけど。レッドフォードとかマックイーンとか。なんでだ。

>レーザーディスクのデッキを買ったときは、一番にソフトを買った作品でした

レ、レーザーディスク……今もうちにデッキがないのにソフトがごっそりあるんですけどー。「ライトスタッフ」とか「ルパン三世カリオストロの城」とか「ジーザスクライストスーパースター」とか。

>別にチャールトン・ヘストンが好きって訳じゃないのよ

そうそう、映画がいいからね。チャールトン・ヘストン自体はなー、なんたって全米ライフル協会の会長かなにかで、アメリカで銃規制法案が提出されるたびに握りつぶしていた極右ジジィだったからな。
2010/02/06(Sat) 20:51 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
suikaさん!
>この「大脱走」の主題歌と「戦場にかける橋」の主題歌が、
どっちか片方だけ頭に浮かんじゃうと、もう片方がなかなか浮かばなかったわ

そうそう、同感!
2音目が上がるか下がるかが分かれ目ですよね。
上がるのが「大脱走」、下がると「戦場にかける橋」だったと思うけど。

>そしていつも誰かとセット(コンビ)で出ているような

トム・クルーズとかね。
2010/02/06(Sat) 21:11 | URL | Macky | 【編集
>私は0011のイリヤ役だったデビッド・マッカラム目当てで見てたなぁ。

うぷぷ。確か「0011ナポレオン・ソロ」は主人公(?)のロバート・ボーンよりもイリヤ・クリヤキン役のデビッド・マッカラムの方が人気が出たために2人の仲が悪いって噂があったような……。ええ、私ももちろんデビッド・マッカラム目当てで見てました(笑)。デビッド・マッカラム……おでこが異常に広いよね……(遠い目)。でもデビッド・マッカラムって「大脱走」といい「オデッサ・ファイル」といい、最後が(略

>昔のアメリカ映画を語ると止まらなぁぁい!

アメリカに夢があった時代のアメリカ映画っていいですよね。私も最近はアメリカ映画は見てないなー。「THIS IS IT」を別にすると去年だか一昨年だかにミュージカル作品のドキュメンタリー物を見たぐらいかな。その前だと「スターウォーズエピソード3」ぐらいなもんで。

>元祖キングのS・コネリーが颯爽と森の中から出てきたときには、
>映画館でどよめきと拍手がおこりましたよ。

いや、あれには驚いたもん。でも私が見た映画では拍手はなかったな。Mackyさんが見た映画館のお客さんはかなりの映画好きが多かったんですね。
2010/02/06(Sat) 23:34 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
情報をサンキューtsumireさん。
私は「大脱走」「パピヨン」「ワイルドバンチ」はぜってぇ見るぜ!「スタンドバイミー」も好きだったなぁ。
suikaさん!
いいよねぇ~ポール・ニューマン♪「暴力脱獄」とか「傷だらけの栄光」とか「ハスラー」とか若い頃はやたらハンサム(死語?)でセクシーだけど、やっぱ「スティング」や「明日に向って撃て」の飄々とした中年頃がいいんだわ。

Mackyさん、お若いとお見受けしますが「M*A*S*H」や「普通の人々」が出てくるとは!
私も大好き、昔のアメリカ映画。ぜひ語り合いたいです~。

サム・シェパード!ハゲかけ+あの歯並びなのに渋くてかっこよかったよね。同時期人気だったミッキー・ロークは昨年再ブレイクしたっけ。ジョン・ローンはいずこへ・・・。

それにしてもS・シェパード、K・コスナー、S・コネリーとほんとtsumireさん、ハゲしか愛せない人ね。
残念、ニコラス・ケイジは50本に入ってないな。せっかくだからお勧めしとくね「赤ちゃん泥棒」♪(まだこの頃はハゲてないが、私はこれでケイジにハマりました)

2010/02/06(Sat) 23:45 | URL | oha~ | 【編集
>「ロビン・フッド」はなんと言ってもアラン・リックマンですよ。

アラン・リックマンは私は「ダイ・ハード1」のテロリストですよ。ってどんどんネタがずれて行くが、気にしない。

>管理人はアラカンの「鞍馬天狗」でもいけるかもしれんが

奥様っ、奥様と私、同い年ですからねっ、従って「鞍馬天狗」はNHK金曜ドラマ版(1969年)の高橋英樹です!(ま、その後の竹脇無我版も草刈正雄版も中井貴一版も野村萬斎版も見た私って、鞍馬天狗マニア?) そういや「鞍馬天狗」も幕末物だったわね。
2010/02/07(Sun) 00:22 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>ジョン・ローンはいずこへ・・・。

ジョン・ローン……懐かしい~。「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」の時はかっこよかったなあ。「ラスト・エンペラー」もよかったし。

>それにしてもS・シェパード、K・コスナー、S・コネリーとほんとtsumireさん、ハゲしか愛せない人ね。

違うの! ハゲしか愛せないんじゃなくて、好きになる人がたまたまハゲなの!

>残念、ニコラス・ケイジは50本に入ってないな。せっかくだからお勧めしとくね「赤ちゃん泥棒」♪

私はどこでニコラス・ケイジにハマったんだったっけな? やっぱりハゲ御三家ご出演の「ザ・ロック」あたりだったかしら(やっぱり、ハゲからは逃れられないのか)。
2010/02/07(Sun) 00:43 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
oha^さん
そのうえ確か、エド・ハリスも好きなんですよ、tsumireさんは(ププッ)
あ、でも、わたしもエド・ハリスは好きなんだった。しかもケビン・スペーシーも………ガーン!でも絶対ハゲ専じゃないもん!

ポール・ニューマンが年齢不詳に思えるのは、年を取ってもあまり顔が崩れなかったからだと思うな。(その点、ロバート・レッドフォードは辛いものがある)

わたしがニコラス・ケイジにハマったのは(いや、ハマったってほどじゃないけど)、意外にも「パラダイスの逃亡者」というコメディ映画です。ほんと、ニコラス・ケイジの演技に笑わされた。(変わってる?)
なんか、ほんとにドンドンネタがずれていくけど、管理人が気にしないって言ってるから、まっ、いっか(笑)
2010/02/07(Sun) 00:55 | URL | suika | 【編集
おーー昔、すっごく期待して楽しみにして観た「アラビアのロレンス」

おこちゃまだったのか、良さがさっぱり分からんかった…
今観たら分かるんだろか??

もしかして全然進歩してなかったらと思うと、ちょっくし観るのも怖いぜよ。

ひねたおこちゃまっていうのもなーー(ため息…)
2010/02/07(Sun) 00:57 | URL | BOOKO | 【編集
>ガーン!でも絶対ハゲ専じゃないもん!

ふっ、人は結果しかみないのさ~。好きな人が「結果的に」ハゲ=ハゲ専っつーことですよ。

>その点、ロバート・レッドフォードは辛いものがある

なるほど。郷ひろみの現在に通じるものがある?(え?違う?)。

>意外にも「パラダイスの逃亡者」というコメディ映画です。……(変わってる?)

そんな今更。「ゴールデンスランバー」のあのタッキーに目がいってしまうsuikaさんなのに(笑)。
2010/02/07(Sun) 10:13 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>おこちゃまだったのか、良さがさっぱり分からんかった…
>今観たら分かるんだろか??

映画に限らず作品って、見た時期やその時の自分の状況や体調、社会情勢に影響される事も多いですよね。もちろん好き嫌いは作品の善し悪しとはまったく別だし。他の人がいいと思ったものが自分にもぴったりフィットするかっつーと、全然そうでもないしね。

私、子どもの頃に読んだ「赤ん坊少女」ってホラー漫画が、それはそれは怖かったんですけど、大人になってから読んだら、とても哀しいお話でビックリしたことがありましたねぇ。

>もしかして全然進歩してなかったらと思うと、ちょっくし観るのも怖いぜよ。

その時から物の見方が一貫している、とも言えるのでは(笑)。
2010/02/07(Sun) 10:20 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック