お台場シネマメディアージュ「ハゲタカ」
もう何回目の映画「ハゲタカ」鑑賞かなんて、すぐには出てこなくなっちゃったよ。えっとー、去年の暮に「ハゲタカ廃人日記」を出した時点で28回目(「ハゲタカ映画祭」を入れて29回目)と言っていてー、その後NHKのBS HiVisionでドラマ「ハゲタカ」の再放送があった翌日(1月10日)に三軒茶屋シネマで見て(「映画「ハゲタカ」29回目鑑賞(やっぱり無我の境地からはほど遠く)」)、それから1月15日の映画「ハゲタカ」DVD発売日の翌日に二日酔い状態でまた三軒茶屋で見て(「映画「ハゲタカ」30回目鑑賞(コメンタリーは罪なヤツ)」)、いまだかつてない雑念入りまくり状態にこれはまずいと思って次の週の水曜日にまた見たから、28+3+1で32回目(「ハゲタカ映画祭」入れて33回目)か? ……んー、なんだろう、自分でも呆れかえるこの数字は。ものには限度と言うもんがあるんじゃないのか?

まあ、そんな訳で32回目ですよ。日本アカデミー協会から優秀賞受賞映画上映のアナウンスがあった時に、やったー!と思ったのと同時に、一般人がこの上映を見ることは出来るのか?とか、一般人が座席を占拠してアカデミー会員が見ることが出来なくなったりしたら映画「ハゲタカ」の最優秀賞受賞の目がなくなったりするんじゃないか?などと思ったもんですが、まあ最優秀賞はハナからないから別にいいよね、とばかりにチケットをとりましたよ(廃人某嬢にとっていただいたのだが)。そして昨日会社を午後3時に早退してお台場シネマメディアージュに行ったわけですが。いやー、一般人が座席を占拠して……なんて杞憂だったよ。受付窓口のモニタにはまだ席があるとの表示が。おおおお? 午後16時20分(上映開始は16時30分)の時点で一体どのくらいの席が埋まっているんだ?と受付に聞いてみた。

「あの、「ハゲタカ」ってあとどれくらい席が残っているんでしょうか?」
「「ハゲタカ」でしたらまだ十分にありますから、お席は自由に指定できますよ」
「えっとー、具体的に、あとどれくらい席が残っているんですか?」
「70席くらいはあります」

オーマイガー! 座席数120足らずのスクリーンで70以上余っているですと!? 「ハゲタカ」、なんて不人気なんだ……。でもまあ、昨日のお台場シネマメディアージュのロビーはとんでもなく閑散としていたので、今回のこの上映企画自体お寂しいものなのかも(ふっ……)。みんな、折角2009年の名作映画が見られる機会なんだから、もっと映画を見ようよー。しかし上映スクリーンの座席に着いたらもっとお寂しい感じだった。多分30人はいなかったと思う。これじゃあキネ旬に無視されるのも仕方ないかあ(遠い目)。

そしていよいよ1ヶ月ぶりの映画「ハゲタカ」。1月は何分にも余計な情報(映画未公開シーンとかDVDの面白すぎるコメンタリとか)が多すぎて見ている最中もそこら辺が頭の中でグルグルしていて、純粋に映画を楽しむなどという観点からは程遠かったわけです。しかしこの1ヶ月通勤時にずっとあのDVDコメンタリを聞き続けていたらもうすっかり慣れたのか、今回はなんとほとんど余計なことを考えずに見ることが出来ました。おお、やっと無我の境地に近い気分で見ることが出来るようになったのか? 32回目(「ハゲタカ映画祭」を入れて33回目)にしてやっと!? ……すみません、今回は3箇所ばかりチェックを入れながらみてしまいましたーー。無我の境地へ至る道は遠く険しい……。

チェックポイント1箇所目は東洋テレビで三島由香(栗山千明)が「TOBです!」と叫ぶ場面、その後ろの壁にスケジュールボードが掛かっていてそこに日付が書いてあるのである。これが1/23なのか1/28なのかDVDではよくわからない。後に出てくる週刊誌の日付や、第4回の株主応募状況調査の日付(2008年2月11日)からいって1/23の可能性が高いのだがよくわからないので今回はガン見しました。……わかりませんでした(無念)。なおこの件についてはKさんより情報をいただいて、1/21だということが判明しました。何もかもが、この日から始まったんですね(しみじみ)。Kさん、どうもありがとう! やっぱブルーレイだぜ。

2箇所目は鷲津(大森南朋)が劉一華(玉山鉄二)からの伝言メッセージを受けとった後の、鷲津ルームで一人たたずんで折り返し電話をかける場面。ここの扉に「M.Washizu」という文字が入っているそうなのだが……何かあるのはわかりましたがはっきりとはわかりませんでしたーー(無念)。

3箇所目は劉一華絶命の地、常磐橋門跡公園前の樹に咲いている花が何か。桃か、梅か、杏か、花蘇芳か、花桃か(手前の黄色い花はまさかマンサク?)。……やっぱりわかりませんでしたが、多分ちょうど今時分なので近日中に公園に実際に行って見てみようと思いました。そろそろお花見日和だしね。

……と、この世で一番どうでもいい事はこの際置いておいて、久しぶりの大きな鷲津を堪能したぜよ。あーーー、やっぱりいいわーー。ここんとこ「ブラッディマンディ」(TBS、土8)を見ると非常に気分がささくれ立つのだが(だって毎週必ず誰かが死んでて必ず誰かが裏切っているんだもんっっ!)、「ハゲタカ」を見ると本当にホッとして癒されるわ~。「龍馬伝」(NHK、日8)の武市半平太みたいにキャラの行動の痛さや脚本の詰めの甘さに胸を痛めることもないし~。きっちりと職人さんが作り上げた作品を心行くまで堪能致しましたよ……。なんか今回初めて、劉の死を心から悼む事が出来たような気がするし、資本主義の荒野に旅立とうとする鷲津が背負ったものの重さに息苦しくなってきたような気がしたんですよ(もしかして本格的にヤバイ方向に来ているだけなのか?(笑))。だからあともう1回、あともう1回スクリーンの鷲津を見せてくれーーーー!

さて見終わった後、私、Mackyさん、廃人某嬢の3人で新橋に向かう。なんと今回のメンバーが映画「ハゲタカ」を見た回数は、某嬢12回、Mackyさん18回、そして私が33回である。Mackyさんが「大バカ、中バカ、小バカですね」と言っていたが、普通の人からしてみたら3人とも開いた口が塞がらないバカなのには変わりがない。そしてこの3バカトリオは「じゃ、せっかくなので」と映画「ハゲタカ」のロケ地「第一ホテル東京」で少ししみじみした後、「ここから近いし」とドラマ「ハゲタカ」ロケ地の「とん太」で(少し早いけど)、某嬢とMackyさんは大森南朋の、そして私は鷲津の誕生日を祝って乾杯したのだった。いやー、今さら言うまでもないけど……バカですね(笑)。
関連記事
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
鷲津政彦様、41歳のお誕生日おめでとうございます
おっと、南朋さんも38歳(だっけ?)の誕生日でしたね(←なんか付け足しみたい…汗)

>今回は3箇所ばかりチェックを入れながらみてしまいましたーー。無我の境地へ至る道は遠く険しい……。

いや、100回くらいみないとムリかもしれませんよ(ってかなり偉そーな発言)
ふと思ったんですが、自分は結局、一番最初に見たのが、一番無我の境地だったかもしれんです。あとは、全部ボロボロになってばっかりでダメですね。

>そしていよいよ1ヶ月ぶりの映画「ハゲタカ」。

いいなぁ、うらやましいっす(T_T)やっぱり映画館で見るのは格別ですもんね。

>多分30人はいなかったと思う。これじゃあキネ旬に無視されるのも仕方ないかあ(遠い目)。

さびしい~~っ、さびしすぎ…
みんな、オリンピック見るのに忙しいのか??
2010/02/19(Fri) 14:29 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
>ものには限度と言うもんがあるんじゃないのか?
奥様、大丈夫。「ハゲタカ」は、年の数だけ見てもいいことになってるから♪(節分ルール)

>「あの、「ハゲタカ」ってあとどれくらい席が残っているんでしょうか?」
>「えっとー、具体的に、あとどれくらい席が残っているんですか?」
Mackyさんが大森南朋の母で、美冬さんが半平太の祖母なら、tsumireさんは映画「ハゲタカ」の母だね。子供(映画)の入りが、心配で心配でしょうがないんだな。世間はちょうど受験シーズンだしね。(日本アカデミー賞大学合格には、ちっくと点が足りない子供であった)

「無我の境地」はね、忘れた頃にやってくる(忘れっぽくなった頃じゃないよ)。チェックポイントを忘れない内は、煩悩にまみれ、のた打ち回るが良い。
そしてわたしも、鷲津ルームの「M.Washizu」の文字をチェックしようっと♪(そんなネタ、全然知らなかったっスよ)

>もしかして本格的にヤバイ方向に来ているだけなのか?
ま、ね。とっくの昔にヤバイ方向に突っ走ってたよ、この際だから教えといてあげるけど。この後鑑賞回数を重なるたびに、HPやらMPやら吸い取られっぱなしで、でもわしらはそんな状態にむしろ嬉しそうな恍惚顔で死んでいくわけですよ。(亡霊にやられて死んじゃう牡丹灯篭状態?)

>だからあともう1回、あともう1回スクリーンの鷲津を見せてくれーーーー!
嘘つき。一回じゃ満足できないくせに。何べんでも大きい鷲津に覆いかぶさられたいくせに。(前の方の座席って、そんな感じだよね)
ところで、「第一ホテル東京」や「とん太」で鷲津のバースディを祝ってたバカは、こちらの3バカだけ?他の廃人の皆様は、各自自宅でお祝いかしら。(わたしはすっかり忘れてたわ。廃人失格)
2010/02/19(Fri) 15:22 | URL | suika | 【編集
>「第一ホテル東京」や「とん太」で鷲津のバースディを祝ってたバカは、こちらの3バカだけ?

中バカと小バカは南朋さんのお誕生日をお祝いさせていただきました。

tsumireさん、
Screen12入り口の写真、撮ったんですね。
私も撮ろうと思ったんですが、先客(tsumireさんじゃない
多分廃人の女性)がいたので、終わったら撮ろうとしたら、
もう次の作品になっちゃってました(T_T)
2010/02/19(Fri) 16:05 | URL | Macky | 【編集
>ふと思ったんですが、自分は結局、一番最初に見たのが、一番無我の境地だったかもしれんです。

もしかして私もそうかも。一番最初に見た印象が一番的確な気もするしなー。つまり西野はいらないとか、テレビ版を見てないとわかりづらいとか、説明不足すぎとか1回目の感想でちゃんと言っているもんね。

>やっぱり映画館で見るのは格別ですもんね。

そうなの!だからこれからも細々とどこかで上映してほしいっす。なもんで今日もこまめに上映している所がないか検索している私です。

>みんな、オリンピック見るのに忙しいのか??

なるほど、今オリンピックだから? ……他の映画はともかく「ハゲタカ」はあんまり関係ないような……。まあ、お台場シネマメディアージュ自体、一昨日は閑散としていたんだけど、もしかして他にも何カ所かゲートがあって、「ハゲタカ」をやっていたスクリーン12の入場口であるBゲートだけが閑散としていたのか!?(それはまたますます寂しい)と今チェックしてみたけど、そんなことはなかったようだ(広場を囲んでぐるっとスクリーンが13カ所ある造りになっている)。ま、平日の昼間の新作でもなく、レアでもなく、マニア受けするでもない映画の上映ってあんな感じなのかもねー。
2010/02/19(Fri) 22:45 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
>奥様、大丈夫。「ハゲタカ」は、年の数だけ見てもいいことになってるから

なーんだ、まだまだ全然余裕だな……って、これは若ければ若い程あまり見られないってことかっっ。

>tsumireさんは映画「ハゲタカ」の母だね。

うわー、映画の母……なんかかっこいいような気もするのは……やっぱり気のせいか(笑)。

>ま、ね。とっくの昔にヤバイ方向に突っ走ってたよ、この際だから教えといてあげるけど。

なんだ、そうだったのか。バカだという認識は最初っからあったんだけど、ヤバイ方面に行っているという認識はなかったなー。でもまあ、もう戻れないしねー。仕方ないよねー(開き直り)。

>嘘つき。一回じゃ満足できないくせに。

ほほほ。西乃屋のオヤジがあともう少しだけ待って下さいとか、アカマの古谷社長が今を乗り切れさえすれば、というのと似たようなもんだったかしら。

>ところで、「第一ホテル東京」や「とん太」で鷲津のバースディを祝ってたバカは、こちらの3バカだけ?

聞く所によると翌日18日には古株廃人の皆様がとん太に集結していたらしいので、多分19日の本番(?)もやはり廃人な方々が集ってらしたのでは。ま、私も、Mackyさんと廃人某嬢に言われなければ、鷲津の誕生日も忘れていたよ……。ちなみに子沢山の方の劉一華の誕生日は確か明日、そしてさびしんぼうの方の劉一華の誕生日は4月17日ですよ。
2010/02/20(Sat) 20:00 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>Screen12入り口の写真、撮ったんですね。

あの店仕舞、早かったねー。終ってから見たらもう次のになってて。まあ1本ずつしか上映せずすぐ次に別の作品を上映するんだから仕方ないんだろうけど。私が写真を撮ろうとした時も前に廃人さんがいましたが、映画「ハゲタカ」に関しては「拾えるチャンスは拾っておけ」をモットーにしているので、その廃人さんの撮影が終るのを待って意地汚く(笑)撮りました。
2010/02/20(Sat) 20:27 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
やっぱ羨ましいっス。(守山風に。)
映画館で観る鷲津が一番輝いてますからね。
それいしても、随分と観客数が少なくて寂しい…。

>映画『ハゲタカ』の母・tsumireさん
動員数に貢献できず、スミマセンでした。(涙)
やはり、平日のあの時間に1回きりの上映では、いくら行きたくても無理な人間が多いですからね…。
メディアージュのレベルの場所なんて贅沢は言いませんから、これからも、都内や近郊の劇場で上映して欲しいです。
立ち回り先のシネコンへ、アンコール上映のリクエストを出してみたりはしてますが、なかなか難しそうで。
今後も、足を運べる範囲の場所で上映してくれれば、観たいと思っております。

>>ところで、「第一ホテル東京」や「とん太」で鷲津のバースディを祝ってたバカは、こちらの3バカだけ?

うふふ。
私は2月生まれなので、某日に自分の誕生祝も兼ねて、上記のお店以外の『ハゲタカ』に登場する某所でカクテルとかシャンパンとかで乾杯してまいりました。
廃人の皆様のレベルには程遠いですが、自分と鷲津の合同バースデーと称して飲むバカっぶり、ちっくとイタイ人でしたね。
その後、夜の鍛冶橋駐車場に行き、「私、ハゲケタカ・ファンだけどマニアじゃないから。」と同行の夫に言ったら、「 君の今日の行動と言動のすべてがマニア以外の何者でもない。」と断言されてしまいました。
いやー、単なるファンだと思いますけどねえ。
2010/02/20(Sat) 23:32 | URL | 美冬 | 【編集
>映画館で観る鷲津が一番輝いてますからね。

昨日、実はとあるプチツアーに便乗させていただいて茨城県湖南省に行ってきたんですが、そのメンバーの映画鑑賞回数は私なんか目じゃない回数なんですけど、皆さんDVDはほとんど見てないんですよ(笑)。1回しか見てないとか、まだ封を切ってないとか(私も通しではまだ1回も見ていない)。やっぱり「ハゲタカ」はスクリーンで見たいっていう……。そしてこのシネマメディアージュにも皆さんやっぱり行ってらして、ここで見た事でさらに「やっぱりハゲタカは映画館で!」という思いを強くした、とおっしゃってました。

>今後も、足を運べる範囲の場所で上映してくれれば、観たいと思っております。

私もこまめに毎日検索はしているんですが、それだけでなく攻撃(??)に打って出ようかと思いましたね。今年はあちこちにリクエストを出してみようと思います。

>私は2月生まれなので、某日に自分の誕生祝も兼ねて、上記のお店以外の『ハゲタカ』に登場する某所でカクテルとかシャンパンとかで乾杯してまいりました。

おお、お誕生日おめでとうございます~! でもやっぱり、本当にご主人の方が奥様の事をわかってらっしゃるのね~。ええ、間違いなく「 君の今日の行動と言動のすべてがマニア以外の何者でもない。」、ハゲタカ廃人ですからっ! そういや昨日お会いしたメンバーのお一人も「自分は廃人じゃない」っておっしゃってましたけど、私を含めて皆から「自覚してない方が重症」と突っ込まれてましたよ(笑)。
2010/02/22(Mon) 07:04 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック