キンカ堂倒産
通勤途中にある池袋のデパート(か?)キンカ堂が先日いきなり閉鎖された。確か先週の月曜日は普通に開いていて普通に営業していたはずなのに、翌日いきなり破産手続きがどうしたという紙が閉じられたシャッターに貼り出してあってびっくりだ。

 「ありがとう」キンカ堂店舗の閉鎖を惜しむ張り紙(産経ニュース)

100万年程前に東京に出てきてキンカ堂を初めて見た時は驚いたもんである。その時は池袋という町自体ちょっとあか抜けない感じがして、田舎から東京を眺めていた時はまさかこんな場所があるとは思ってもいなかったのだが、キンカ堂はそのあか抜けない町・池袋の中でも際立って、ダサ超昭和な感じを漂わせているデパートだった。しかも、キンカ堂がすごいのは、多分それが60年ずっと変わらずそのままであったことであろう。いやー、店内に入ると地元の商店街の手芸品店がそのまま大きくなっただけという雰囲気で、しかも店員さんの平均年齢が無茶苦茶高く(人の事は言えないが)、さらに店舗面積の割には店員の数がかなり多かったように思う。

しかしここは、私は格安化粧品、同僚の練馬のS嬢はビーズ関連商品、Nさんは子供服と掘り出し物の婦人服と、結構こまめに利用していただけに、このいきなりの倒産には本当に驚きましたよ。

S嬢「でもさー、負債総額46億円ってさ、なんか少なっ、って思わない?」
私「まあ、JALとかの話を聞いた後だと、スケールが小さく感じるよね」
S嬢「どこか、キンカ堂に救いの手を差し伸べてくれるところってないのかね」
私「負債46億の企業再生かー」
S嬢「46億ぽっちじゃあ、鷲津さんは来てくれないよね」
私「……!」

いや、鷲津が来るかどうかは金額の問題じゃない……じゃなくて。それに実際の再生事業担当は鷲津じゃなくて芝野だから……でもなくて。S嬢は「ハゲタカ」を高く評価はしてくれているが、しかし別にマニアでもなく、映画も1回普通に見ただけの人である。まあ1月のドラマ再放送はバッチリチェックして録画していたが、ハマっている訳ではない。大森南朋は気になる存在ではあるようだが、別に追っかけてまで見ている様子もない。そのS嬢からいきなり「鷲津さんは」なんて言葉が出てきてこれまたびっくりだよ。

さてキンカ堂、閉店セールも何もなくいきなりの閉鎖である。したがって商品はまだ店内にごっそりあるはずで、せめて会員向けにだけでも閉店セールをやってくれないかしらねぇーと言っていたのだが。……はっ、もしかして「ハゲタカ」は私達か!?
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
ぶりぶりっこ(絶滅語!)の高校生だった頃、
リボンの付いたかわゆいスクールバッグや、フリフリのペチコート(流行ってた)
サーキュラースカートなんかを作る為に、放課後よく寄っていましたよ。
無くなっちゃうの、寂しいなー。
突然の閉店っていうのも、珍しいですよね。裏に何があるのかな?

さて、tsumireさん達の会話ですが、S嬢様に
「日常の出来事が『ハゲタカ』とリンクされてきたら、もうすぐそこですよ!S嬢様!!
あなた様も、『こちら側の人間』になりつつあるのですよっ。」
と、お伝えください。
tsumire さん…呪い、かけていたんですか??(笑)


ところで、ワタクシ今日初めて「キンカ堂」が「デパート」であったと知りましたよ~~
2010/03/03(Wed) 02:17 | URL | BOOKO | 【編集
シャッターに貼ってある紙にも皆さんそれぞれ思い出が書いてあって、「子どもの頃から母に連れられて来てました」とか「家庭科の宿題ではお世話になりました」とか、「戦後すぐの頃、洋服を買うのは高かったからここで布地を買って作ってた」とか色々ありましたよん。もっとも「(地下売り場の100円ショップの)キャンドゥは黒字のはず。今すぐ再開して下さい」と言うのもあったけど(笑)。

>突然の閉店っていうのも、珍しいですよね。裏に何があるのかな?

なんなんでしょうかねえ。まあ私が東京に来た頃から寂れた雰囲気はずっとありましたけど。

>あなた様も、『こちら側の人間』になりつつあるのですよっ。」

じゃ、そろそろ映画のDVDを渡そうかしら。飽きたら見せてねとは言われていたんだけど、飽きる訳ないしさ。でもS嬢がこっちの側に来る事なんかあるのかしら……。まあ、「南極料理人」を見た直後は南極へはどうやったら行けるか調べてたけど。

>ところで、ワタクシ今日初めて「キンカ堂」が「デパート」であったと知りましたよ~~

今、Wiki見たら「株式会社キンカ堂が運営する日本の衣料品専門店及び二チリウグループ加盟のスーパーマーケットチェーン」って書いてあったよ……。ちなみにデパート(日本の百貨店)は「日本の百貨店は、テナントビル化した日本百貨店協会加盟の百貨店や、専門店化した日本百貨店協会加盟の百貨店などがあり、定義は特に定まっていない」だって。あれ?
2010/03/03(Wed) 06:56 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
「朱に交われば赤くなる」って言うけど、素材が鉄板だったらいくら染料が強烈でも染まりようが無いけど、S嬢(←この呼び方もある意味、問題があると思う)の素材っぷりを聞いてると、もう綿かティッシュなみじゃないの。そりゃ「鷲津さん」も出てくるわ。
わたしも同じ染料で染められちゃった一人だけど、この記事を読みながら、キンカ堂の株主総会で「赤字46億という(この最後の一文字に力が入る話し方って、大森南朋独特のものだよね)、今日の事態を招いたのではないのでしょうか」とか、会議室で「キンカ堂を買うメリットは?」なんて言ってる鷲津の姿が瞬時に頭に浮かんだもんなぁ………この病気は不治の病かも。(あ、染料じゃなくてウィルス扱いしちゃった。つい本音が)
こちらでも、名古屋駅前の松坂屋が夏に閉店することが決まったんだけど、岐阜に「ハゲタカ」を観に行く際にこの道に引きずり込んでおいた友人が、「買い叩きにいくよー!」って誘ってきました。ウィルス拡散中。
2010/03/03(Wed) 08:12 | URL | suika | 【編集
Mr芝野は好きそうな気がするなぁ~キンカ堂。
芝野さんにアタックしたら必然的に鷲津さんが付いてくるから、そっちからあたったらよかったのに(^^)

キンカ堂と言えば、へんなオヤジに「モデルになりませんか?」と声をかけられたことを思い出します。なんでそんなとこで(@@;)と思いますが、ちょっと変わり種もいたからかな~そこには当時。
ちなみに当時のわたくしはグリーンがかったブロンズの縦巻きロールで、ワインレッドのロリータ服に二―ソックスで歩いておりました。まだゴスロリなんつう言葉もないころで、自覚のある「天人唐草」がコンセプトでした(^^;)…一体、どんなモデルなんだか…コワイコワイ(自分も含め^^;)
遠い過去のお話ですけど。
2010/03/03(Wed) 10:23 | URL | seiu | 【編集
キンカ堂、なくなってしまったんですね。
今日、勤務先に届いた夕刊各紙を並べていたら、東京新聞の夕刊1面に載っていてビックリ。
全然知りませんでした。

そういえば、深谷駅前にも大きな店舗がありましたね。
小学生の頃、母が私のお出かけ用のワンピースなどを作るための生地を買うので、数回連れて行かれた記憶があり、ユザワヤみたいなお店なのだと思い込んでいましたが、深谷で、あれっスーパーなの?なんて驚いた覚えがあります。

実は、母がブクロもキンカ堂も苦手だったので、数えるほどしか足を踏み入れてませんが、オシャレ度低地帯のブクロの中でも、なんだか不思議な雰囲気だったと記憶しています。
縁が薄いなりに、大昔、行った場所が突然に無くなったと聞くと、不思議と寂しいものです。
縫ってもらったお気に入りのワンピの色やデザインとか、ちっくと思い出してしまいました。

>>S嬢からいきなり「鷲津さんは」なんて言葉が出てきてこれまたびっくりだよ。

ふっふっふ。
tsumireさんの周辺にも、『ハゲタカ}』副流煙の被害者(?)が出ましたね。
日常会話に鷲津の名前が実在人物と同じように登場したら、次は、『ハゲタカ』の台詞が自然と口から出てくるようになる段階に進めましょう。
そうなったら、こっちのもんです。
そして、うちのツレアイのように、『釣りバカ日誌20』を見ても鷲津のことを考えてしまうようになったら、ほぼ「君もこちら側の人間だったはずだ。」(by 劉一華)な状態です。
もう一息です。
『ハゲタカ』で囲い込みましょう。(笑)
2010/03/03(Wed) 20:25 | URL | 美冬 | 【編集
>S嬢の素材っぷりを聞いてると、もう綿かティッシュなみじゃないの。

いやいや、これが結構(多分)手強い(笑)。本人も自分は深くハマるということがないと言っているんだけど、見ている限り色んな事に一瞬もの凄く深くハマってすぐに現実に戻ってくる、みたいな事がある感じだなー。

>この病気は不治の病かも。

病気にはかかりやすい人とかかりにくい人と、最初っからかからない人と生まれついての病気の人とがいるざます(あれ? もう、完全にウィルス?)。

>「買い叩きにいくよー!」って誘ってきました。ウィルス拡散中。

変異ウィルスsuika型もかなり強力な感染力があるようで(笑)。
2010/03/04(Thu) 06:35 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>Mr芝野は好きそうな気がするなぁ~キンカ堂。

そういえば原作の芝野さんは確か田舎の大手スーパーの再生に関わっていたよね。芝野さんが「それはかつて、キンカ堂という会社が日本の誇りだったからです」とか「キンカ堂再建には相当な荒療治が必要だ。ほぼ不可能に近い(ほんとか!?)」なんて台詞を言ってたりするのね(違)。

>芝野さんにアタックしたら必然的に鷲津さんが付いてくるから、そっちからあたったらよかったのに(^^)

うわーーー、あのキンカ堂に鷲津が!? この世で一番ギャップがある光景……(笑)。

>当時のわたくしはグリーンがかったブロンズの縦巻きロールで、ワインレッドのロリータ服に二―ソックスで歩いておりました。

このファッションもかなり強烈ですが、にも関わらずあのキンカ堂でスカウトされたと言うのも強烈。さすがseiuさん(何が!?)。見てみたいような……。
2010/03/04(Thu) 06:46 | URL | tsumire→seiuさん | 【編集
キンカ堂、よく知らなかったんですけど結構全国展開していたんですね。深谷かぁ……去年は「ハゲタカ」を見るために3回も行ったんだったなぁ。そういえば映画館に行くための目印にしてたんでした。

>オシャレ度低地帯のブクロの中でも、なんだか不思議な雰囲気だったと記憶しています。

私なんぞは地方から出て来てますからね、地方の人間は東京はどこに行ってもオサレな場所、という思い込みがあったりして、池袋であれ!?と思うわけですよ(笑)。しかもあのキンカ堂。ここはどこ!?と一瞬思いますね。

>次は、『ハゲタカ』の台詞が自然と口から出てくるようになる段階に進めましょう。

そっか、もっと積極的に布教活動をしろ、と。でもS嬢は多分思っているよりもかなり手強い。「ほぼ不可能に近い。だが、それだけにやりがいもある」……のか?(笑)。
2010/03/04(Thu) 06:57 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック