劉一華の梅1 劉一華の梅2
*もしかして日本アカデミー賞の授賞式とかを見て、これから映画「ハゲタカ」を見てみようかと思う方もいるかもしれないので、今更だが書いておきます。以下、映画「ハゲタカ」のネタバレがあります。ご注意。

先週の金曜日、とてもきれいに晴れていたので午後は会社をサボって梅を見に行ってきた。都内の梅の名所といえば宮内庁東御苑や小石川後楽園などであるが、仕事中に梅の名所のチェックをしている私に、同僚のY岡さんが言ったのだった。

「私も若い頃は花にしか目がいかなくて、花でも梅みたいな花には目が行かなかったものですけど、最近は梅もいいなあって思うようになってきたんですよ」
ちなみにY岡さんは先月42歳になったばかりだ。
「私も若い頃は桜ばっかり追いかけてきたけど、最近はしみじみ梅もいいなあって思うようになってきたのよ。やっぱトシのせいなの?」
「よく、トシをとるにつれて花から木に、木から石に目が行くっていいますよね」
「えーーーーーっ、私、最近花だけでなく樹木の木肌に目が行っちゃって、ついつい渋い木肌の写真を撮っちゃたりしているんだよね。もう、石に目が行く寸前かも!」

そのうち、このブログのトップ画像も石の写真ばかりになるかも(笑)。

さて会社を出て、東御苑は金曜日休みのため小石川後楽園で梅を堪能して、そのまま新宿御苑に行こうと思ったのだが、ふと、常盤橋門跡公園の梅を見るなら今日がラストチャンスかも、と思って東京駅のほうに向かったのだった。あの茨城県湖南省に行ってきた前日、まさか翌日そんなことになるとは全く思わずにただ常盤橋門跡に咲いていたのは何の花だったんだろうとチェックしに行き、(映画「ハゲタカ」の)劉一華が倒れたあの公園の花が梅であるのを確認していたのだ。

雨男である劉一華が倒れた日も土砂降りの雨だった。劉が初めてアカマGTを見た時の空のような晴れた空の方が、劉の追悼にはふさわしいような気がして、それで青空の下の劉一華の梅(←勝手に命名)を見たくなったのだ……(ここで引いちゃダメ!(笑))。

劉一華の梅3
劉一華の梅は八重の梅だったせいか、薔薇のようにも見える花だった。まあ、梅も桜もバラ科の植物なので、薔薇の親戚ちゃあ親戚なんだろうけど。でも梅なのにひっそり感があまりなくてでも芯が強い感じも漂わせていて、表面上はきらびやかで、でも寂しん坊で(笑)、小さい頃からの夢を持ち続けていた劉一華にはふさわしい花だったかも。

常盤橋門跡公園 常盤橋
そんな訳で常磐橋門跡公園で劉一華の梅を堪能し、明るい陽の下、相変わらずホームレスさんたちもいらっさる常磐橋を渡って地下鉄駅に向かい、じゃ新宿御苑に行こうかしらねと電車に乗ったら……ぼんやりしていたせいか乗る方向を間違ってしまったよ、ママン……。反対方向終点駅手前の新大塚駅で気がついたら3時半、新宿御苑は午後4時半閉園なのでいまから引き返しても間に合いません(泣)。じゃあしかたがない、井の頭公園の梅を見ることにしようと吉祥寺を目指したら子どもから「鍵を忘れたから家に入れない!」というおバカな電話が来て自宅戻りですよ。とほほ。

ま、とりあえず劉一華の梅をしみじみ堪能したので今回はよしとしておこう。ちなみにこの翌日にマンダリンオリエンタル東京のあのシグネチャで廃人の皆様とランチをしながらさんざんハゲタカトークをして、日本アカデミー賞授賞式に参加された廃人某嬢の話を聞いた後、あの常盤橋門跡公園で劉一華追悼祭りをした話はまた別記事で。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
>芯が強い感じも漂わせていて、表面上はきらびやかで、でも寂しん坊で・・・

うるうる、劉へのあふれる愛のお言葉、うれし涙が・・・。えっ先週の金曜日?さそってくれたらチバから上京したのに~!!
ほんとに日本アカデミー賞は劉に、じゃなかった、玉鉄にあげたかったのよ~。
私こういうこと思う事自体めずらしいんだけどサ。
クセのないイケメンで、頭も良くなさそうだし(←ひどっ)この先、芸能界生き残るのも難しいかもしれないけど、玉鉄、「ハゲタカ」の劉一華役だけでも永遠だよ!

花→木→石か?
ほっ、私はまだ大丈夫(何が?)。だってまだチューリップとかが好きだもん♪
2010/03/08(Mon) 23:32 | URL | oha~ | 【編集
>うるうる、劉へのあふれる愛のお言葉

え? 愛は別にないけど(笑)。

>えっ先週の金曜日?さそってくれたらチバから上京したのに~!!

あら、この日だったら誘ってよかったのね。じゃあ翌日はマンダリンのシグネチャランチもお誘いすれば良かったかしら。映画の中の鷲津ポジションのテーブルじゃなかったんだけど、非常に絶妙な位置で(おそらく劉一華の宿泊部屋のほぼ真上と思われる位置で、なおかつ日本銀行、常盤門跡公園、常盤橋、とうりゃんせ信号が一望できる席)、oha~さんみたいに劉萌えなnanakoさんが感激してましたよ。

日本アカデミーねー、香川照之の受賞は妥当だとは思うけど、やっぱり私も玉鉄に上げたかったね。まあ今年は香川照之がライバルじゃしょうがなかったけど。

>ほっ、私はまだ大丈夫(何が?)。だってまだチューリップとかが好きだもん♪

油断は禁物。私だってまだまだ桜とか他の花が好きだもんっ。でも忍び寄る石の影。
2010/03/08(Mon) 23:53 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
いいですね~金曜日の昼下がり、梅花を愛でるマダムの図。
風雅でございます。
本当に色といい形といい、可憐ですね。
劉一華は、あの日以前にも、あの公園や周辺を通っていただろうと思うのですが、(歩き方が慣れてた)あの花に気づいていたでしょうか。
テンパってて、「一輪の花を愛でる」余裕は無かったと思うよりも、ふと目を上げては-蕾が綻んでいくのを楽しみにしていたり、開花後は風に運ばれてくる馥郁たる香りに微笑んだり…なんてことがあったら嬉しいと思うのですが。なんて、劉への愛が薄めな私も思いますです。

しかし、2月後半に私も常盤橋門跡に行きましたが、木や花には全く目が向きませんでした。
横断歩道や公園を目にした途端にテンションが上がりすぎて、周辺が目に入る余裕なし。
しかも、寒くなってきた夕方だったので、おうち設営のために帰宅(って言わないか)してきたホームレスさんに加えて、何かブツブツ言っているスーツ姿の男性まで現れ、怖くなって常磐橋→日銀方面に退却してしまいました。
まだまだ、修業不足でございます。
花を愛でる心がないのか、それとも、すでに石の領域に達しているのかも。
うーん、心は枯山水?
煩悩まみれですけどねえ。
2010/03/09(Tue) 00:20 | URL | 美冬 | 【編集
ふふふ、梅を見ながらも実は「ハゲタカ」に思いを馳せているという相変わらずな私でございます。

>本当に色といい形といい、可憐ですね。

なかなか、思っていたよりも劉一華っぽい花で、ちょっと不思議な感じもしちゃったんですよ。

>劉一華は、あの日以前にも、あの公園や周辺を通っていただろうと思うのですが、(歩き方が慣れてた)あの花に気づいていたでしょうか。

あんまり男性は花には目がいかないもんですが、「行き慣れていた」ということは散歩のコースのようなものだったのかもしれませんねえ。少なくとも東京駅日本橋口方向に郵便局があったのだとして、多分BWPのメンバーにはわからないようにホテルのスタッフに預けるのではなく、外からわざわざ出してきたためにあの道を歩いていたのでしょうけど、ホテルに戻るならあの道をわざわざ通る必要は全くないルートですもんね。

>横断歩道や公園を目にした途端にテンションが上がりすぎて、周辺が目に入る余裕なし。

だって奥様、わたくし、この公園に来たのは、去年のデューデリ2回と先々週の湖南省前日と今回でもう4回目ですもの(←バカ)。私だって1回目はやっぱり他のものなんか全然目に入ってませんでしたよ(笑)。

>まだまだ、修業不足でございます。

大丈夫、あと2、3回ハゲタカごっこをやってみればもっと色々楽しめるようになりますよ(あれ?)。
2010/03/09(Tue) 07:04 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/09(Tue) 07:25 |  |  | 【編集
画像に「劉一華の梅」って入ってるのを見て、「何?」って思っちゃったわたしは、廃人以前だな(鷲津の誕生日も忘れてたし←ファンですらない?)
わたしも一昔前までは桜には目が行っても(「きれいだねぇ」とか言って、女のふりをしてた)梅にはとんと関心が無かったけど、最近は梅もなかなかおつなもんですなって思い始めた矢先のこの枯れ説。うーむ、ここはひとつ若い女子の意見も聞いてみたいところじゃ。(Cafe Tsumireの客層ではビミョー)

そういえば、最近の大森南朋の得票率アップは、アカデミー効果?ってわたしも思ったけど(当日、画面に少ししか映らない鷲津をガン見しちゃったよ、ブルーレイ持ってるのに)、それはつまり、あのやる気のない大森南朋、もしくはほんの数秒しか流れなかった本編の映像を見て、大森南朋にポチッとした鷲津ファンが増えたってこと?(主演男優賞に票を入れるんだからそう考えてもよろしいのよね?)
あんなちょこっとしか流れてない映像で持ってかれるなんて、ある意味すごい!

oha^さん
>クセのないイケメンで、頭も良くなさそうだし(←ひどっ)この先、芸能界生き残るのも難しいかもしれないけど、玉鉄、「ハゲタカ」の劉一華役だけでも永遠だよ!

玉鉄に愛があるんだか無いんだか分からないよ(泣)
2010/03/09(Tue) 08:06 | URL | suika | 【編集
やっぱり劉君を想うのですね
先生(笑)こんばんは。先日は遠足の引率をしていただきありがとうございました。
「写真は劉一華の梅」・・・こんなにきれいだったのですね。。。あの日は気づきませんでした。
かつては必ず梅を観に出かけていた私もすっかり風流を忘れ去ったかのような生活です。

>花→木→石か?

これなんですけど、小3の時に山口の雪舟庭の枯山水を見て“石”に心奪われて以来、20代前半で最もよく訪れたのが竜安寺の石庭だった私。石もいいですよぉ(笑)
そして20代中盤から季節が来ると観梅会というのがが習慣になっていました。
となると、もう私は「終わってしまうぞ!」って感じなんでしょうか???

>日本アカデミーねー、香川照之の受賞は妥当だとは思うけど、やっぱり私も玉鉄に上げたかったね。>まあ今年は香川照之がライバルじゃしょうがなかったけど。

100%同意します。でも、剱岳での過酷なロケだということを差し引けば、玉鉄の方が演技としてはすごかったのに、と思うのであります。。。これって色眼鏡でしょうか?
2010/03/09(Tue) 19:40 | URL | nanako | 【編集
花はいいよね~。
わたしは専らワンコとの散歩がてら近所の公園でみることが多いな。
色味のない冬の終わり、水仙が緑の芽を出して暖かな黄色の花を咲かせるとああ春が来る!って本当にうれしくなるよ。
桜ももちろん大好きです。石には興味はないけど、苔はちょっと好き。えへ。

劉一華の梅、そう思ってみるとなぜか華やかで寂しげに見えてしまうね。彼に強い思い入れはないのだけど、昇華できなかった劉の想いはやっぱりわたしの心にも残っているって感じ。リアルな人生ではないのにそう思わせてしまうあたり、ハゲタカの人の描き方がいかに優れていたかということでしょうか。(いや、Kさんをはじめみなさんの熱い想いがそう思わせるのか?)
2010/03/09(Tue) 21:08 | URL | TARAKO | 【編集
>「何?」って思っちゃったわたしは、廃人以前だな

あ? suikaさんといい、nanakoさんといい、美冬さんといい、oha~さんといい、廃人じゃなくてファンなだけとか、ちょっと観察しているだけとか言っているけど、もしかして本当は「廃人だったくせに」(コメンタリの時の大森南朋の声でお読み下さい)と言われたいだけなんじゃないのか?(笑)。

>ここはひとつ若い女子の意見も聞いてみたいところじゃ。(Cafe Tsumireの客層ではビミョー)

ま、ここは平均年齢たっかいからなー。多分30代だとまだまだ全然若いだろーなー。そんな訳で、いるとは思えないけど、自称・若い女子の声、求む!

>あのやる気のない大森南朋、もしくはほんの数秒しか流れなかった本編の映像を見て、大森南朋にポチッとした鷲津ファンが増えたってこと?

1.まだまだ時間があるからと放置していた普通の大森南朋ファンが慌てて投票している。
2.まだまだ時間があるからと放置していたハゲタカ廃人が慌てて投票をしている。
3.よりによって最優秀賞発表の瞬間に平然ともぐもぐしていた大森南朋にグッときたビギナーが慌てて投票している。
4.デッドヒートぶりを楽しんでいた外野がこの期に及んで面白半分に投票している。
5.学校のインターネットの授業で「なんでもいいからとにかく大森南朋に投票しましょう」と教えている(←意味不明)。
2010/03/09(Tue) 22:36 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>玉鉄に愛があるんだか無いんだか分からないよ(泣)

う~ん、自分でも分かりましぇーん(笑)
tsumireさんが素の大森南朋には興味がないように、私も玉鉄個人のファンにはこの先もならない気がするんですよ。
でも「劉一華」という人間に感動した者としては、それを演じた玉鉄に役者として期待もあります。
ただオダジョーみたなクセも、阿部寛みたいな賢さも今んとこ感じられないイケメン玉鉄になにか母親のような心配が・・・って、あれっ!?また一人「母」が誕生してしまった?
2010/03/09(Tue) 22:47 | URL | oha~ | 【編集
先日はnanako委員長のおかげで、今まで見る事が出来なかったものまで見ることができて、先生、感激です(笑)。

>「写真は劉一華の梅」・・・こんなにきれいだったのですね。。。あの日は気づきませんでした。

ま、あの日は雨降ってたしね。一番の目的は「劉一華追悼」な訳だったし、それは十分できたよね(できた、かな……?)。

>20代前半で最もよく訪れたのが竜安寺の石庭だった私。石もいいですよぉ

nanakoさん、見かけによらず(え?)、渋いわ~。いや、ま、竜安寺の石庭は水墨画の世界のような、ひっそりと厳かな美しさに満ち満ちた場所ですけどさ。しかも若い身空で観梅会。やっぱり渋いわ~。これは「終わってしまうぞ!」ではなく、nanakoさんがオトナなのよ、オトナ(笑)。

>剱岳での過酷なロケだということを差し引けば、玉鉄の方が演技としてはすごかったのに、と思うのであります。。。これって色眼鏡でしょうか?

うーむ。「劔岳」を見てないのでよくわからんけど、香川照之はいつも通りに演じていたのかもしれんけど、玉鉄の方が今まで以上に頑張って成果を出している感はあるよね(笑)。だからこそ玉鉄にはなんの興味もない私だって、アカデミーを取らせてあげたい気になるんだしなあ。
2010/03/09(Tue) 22:53 | URL | tsumire→nanakoさん | 【編集
何せ季節の花があまりない所で生まれ育ったからさー(北海道は5月になると、季節感無視で一斉に高山植物みたいな花が開花する)、東京に来て溢れかえる季節の花の美しさにはびっくりしたもんだよ。これからしばらくは花見三昧のはずなのに、会社でも「晴れたら(花見のために)会社休むから!」と今から宣言しているんだけど、仕事が忙しすぎるもんで却下されているところだ。くそーーー。

>石には興味はないけど、苔はちょっと好き。えへ。

わかった。花→木→苔→石、だな。石に近づいてる近づいてる!(笑)。

>ハゲタカの人の描き方がいかに優れていたかということでしょうか。(いや、Kさんをはじめみなさんの熱い想いがそう思わせるのか?)

ここ、ハゲタカ廃人病院の待合室だからね……。「熱い思い」と言う名の発熱、「思いを託す」という名の妄想癖、「現地で思いを馳せる」という名の徘徊など、みんな症状は重いよ!(笑)
2010/03/09(Tue) 23:06 | URL | tsumire→TARAKOさん | 【編集
>ただオダジョーみたなクセも、阿部寛みたいな賢さも今んとこ感じられないイケメン玉鉄になにか母親のような心配が・・・

まあ、玉鉄には色々残念な感じが漂う所が、母性本能をくすぐっているのかしら(←非常に失礼です)。
2010/03/09(Tue) 23:10 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
劉の梅、綺麗だなぁ…観てみたいな。

トップの写真また変えたんですね。
花シリーズ?(私は5月の北海道静内の桜が見たいぞ)

私も行ってきたんだ~。
『曲水の宴』で有名な「城南宮の枝垂れ梅」
もちろん、梅の花を観にですよ!
と言いたい所だが、なんと今回私は花より「目白」を追ってしまいましたよ。
あ~~!「目白!!」
ってカメラをあっちゃこっちゃ…(眼が付いていかない(T_T))
傍から見たら「なにやってんだか?変な人」だったと思う。
花でも木でも苔でも石でもないよ…。

ちなみに城南宮の梅鑑賞年齢はとっってもお高かったです。
やっぱり若い人は「北野の天神さんの梅」かな~。
城南宮には、天神さんには無い、苔も石もあるしね

毎度tsumireさんとこは、ホントみなさまおもしろくて声出して笑ってしまいますわ。
2010/03/10(Wed) 23:10 | URL | BOOKO | 【編集
なかなか劉一華の梅(勝手に命名)、いいでしょ? 妙に華やかなのにどこか寂しん坊で(笑)。

>トップの写真また変えたんですね。

私は春だけは蠢いて頻繁に徘徊して花の写真を撮るので、今時分は3、4日に1回くらいずつトップ写真を替えるかも。
劉一華の梅↓
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/2010030801-870-230.jpg
うちの近所のこぶし↓
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/2010031002-870-230JPG.jpg
今週末は多分コレ↓
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/2010031001-870-230JPG.jpg

>私は5月の北海道静内の桜が見たいぞ

北海道の桜って、大人になってから見た事ないような気がする……。何分にも5月に北海道に行く事がないからなー。北海道の桜(エゾヤマザクラ)って本州の桜よりも寂しい感じの桜なんですよね。

>なんと今回私は花より「目白」を追ってしまいましたよ。

あら渋い。今時分は梅や彼岸桜に目白だのほととぎす?うぐいす?とかなんか色々来てますよね。うちの義妹は散歩がてらに一眼レフで鳥を追っかけてますよ。別に変じゃないと思うけど。ま、もしかすると、花→木→鳥→苔→石なのかもしれないけど(笑)。

>ちなみに城南宮の梅鑑賞年齢はとっってもお高かったです。
>やっぱり若い人は「北野の天神さんの梅」かな~。

へぇーー、梅も木によって鑑賞年齢が違うんですね。枝垂れ梅の方が普通の梅よりも石に近いのか?(笑)

2010/03/11(Thu) 06:44 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック