*しつこいようだがとりあえず書いておきます。以下、映画「ハゲタカ」のネタバレがあります。ご注意。「ハゲタカ廃人的大人の遠足前編」の続きだが、収まりきれずに中編、後編になっちゃったよ……。

さて、三井記念美術館の「三井家のおひなさま展」会場(三井本館7F)からマンダリンオリエンタル東京ホテル37階のフレンチレストラン・シグネチャーに向かったのだが、当然、劉一華(玉山鉄二)が「彼、友達なのでいつでも通してあげて下さい」と言って入ってきた1Fエントランスをわざわざ通ってエレベータに向かう私達(私、nanakoさん、廃人某嬢)。うわっ、今日は大安なのか!? あちこちに本物の花嫁だらけだ。廃人某嬢が「明日ここでブライダルフェアがあって結婚式場が使えないから、今日に集中しているのでは」とトリビアを披露し、「へぇーー」と感心ひとしきり。

そしてエレベータに乗り込むものの、私はうすらぼんやりとしていたのでシグネチャは37階だったよなあとあやうくそのまま37階で降りるところでしたよ。しかし今回の"大人の遠足"の学級委員長であるnanakoさんがすかさず「もちろん38階ですよね」と宣言。そうだよ、あのシグネチャに行くのにまっすぐ37階で降りちゃ廃人じゃなかったよ。もちろん38階で降りて、守山(高良健吾)を連れて階段を降りた劉一華のように階段を降り、鷲津(大森南朋)が仁王立ちしていたウェイティングバーの前を通って、今度は正々堂々と(笑)、シグネチャの受付スタッフに名前を告げる。なお、nanakoさんと廃人某嬢がなかなか素晴らしいらしいという評判のトイレに行ってしまったので、私はこれまた正々堂々と、鷲津が仁王立ちしていたウェイティングバー(←しつこい)のソファに座って、二人を待つふりしながらしばし映画シーンに浸っておりました。しみじみ。

鷲津テーブル2
さて今回シグネチャに予約を入れるに当たっては色々非常に迷った。あの鷲津政彦と劉一華が座ったテーブルを予約をするにはどうしたらいいのか(←人生、他に考えることはないのか!?)。映画本編と特典映像を見る限りでは、場所は奥から2番目か3番目の窓際である。しかしシグネチャのテーブル構成がどうなっているのかさっぱりわからないため、もし奥のテーブル席が横に広がっていたら、「奥から3番目」なんて指定したら他のテーブルになってしまう場合もある。特典映像を見ると、配膳テーブルのような台と調理場窓口がある場所のすぐそばである。あの場所をなんと言って指定すればいいのか。うーん、わからん。結局シグネチャには「入って割りとすぐ左手側に配膳テーブルのような場所がありますよね? あの場所のすぐ近くの窓際のテーブルをお願いします」と、非常に意味不明なテーブル指定のお願いをしたのだった。ああ、小心者の自分が憎い……。

鷲津テーブル3 シグネチャ店内
そんな訳で当日私たちが通されたテーブルは一体どこになったのか!? ……テーブル指定を失敗してしまったよ、ママン……。確かに店の中に入って3番目くらいテーブルのそばに小さめのスタッフテーブルのような場所があったためにそこの横の窓際に通されたのだが、そこはもちろん鷲津テーブルじゃなかった……。鷲津テーブルはもっともっと奥だったよ……(写真参照)。「ま、今回は次にディナーで来る時のための下見ということで」とお茶を濁す私に、nanakoさんが「この席、絶妙なポジションにありますよ」と言う。「ここ、劉君の部屋のほぼ真上ですよ」「えーーーっ!?」と驚く私と廃人某嬢に今朝の予習の成果を見せてくれる。

劉一華の部屋1 劉一華の部屋2
そこにあったのは劉が部屋で祈りを捧げている場面の写真だったが、確かにその写真と同じ風景が私達の目の前に広がっていた。私たちの席から撮った写真と、映画場面の写真を並べてみたが、かすかにもう少し入口寄りの方がもっと正確に映画場面の風景と重なるが、建物の角度等がほぼ一致していて確かにここは劉一華の部屋の真上かも。

マンダリンからの俯瞰
さらに「ここから全部見下ろせるんです。日本銀行から、とうりゃんせ信号から、常磐橋門跡公園から、劉君が倒れた橋まで全部見られるんです。これは素晴らしい席ですよ」と感激のnanakoさん。なるほど、現在の鷲津テーブルだと映画と違って実は窓際にもうひとつ2人掛けのテーブルがあるために、この景色は楽しめないし多分そもそも気がつかない。また、ディナーでここに来た場合も真下のこの景色には暗すぎてきっと気がつかないだろう。私達、もしかしてラッキー?(笑)

さてここで頂いた非常に満足なランチとそのサービス、そして前日の日本アカデミー賞授賞式に出席してハゲタカメンバーをじかに目撃した廃人某嬢の話についてはnanakoさんのお宅でみていただいて(さっくり省略)、肝心の鷲津テーブルだよ。

シグネチャのランチのラストオーダーは午後2時30分、私たちが予約したのは午後1時、ランチメニューをゆっくりくつろぎながら(ま、他のお客様とは別なくつろぎ方だったかもしれんが)いただいていたらあっという間に3時になっていたのだが、なんと他のお客様が全然退けない。今まで散々傍若無人の限りをつくした私だが、さすがにごく普通にお客様がいるシグネチャ店内の写真を写すなどという暴挙はできない。これくらいの時間になれば客はいなくなるだろうと踏んでいたのに大誤算だ。しかしまあデザートやコーヒーなどもゆったりとサーブされるので私たちも図に乗っておしゃべりに話がはずみ……気がついたら周囲にほとんど客がいなくなってて、スタッフの皆さんはディナーの準備をし始めていたyo!

鷲津テーブル1
そんな訳で私達も退却準備に入ったが、他の客がほとんどいないのでスタッフの方にお断りして店内の写真を撮らせていただく(写真手前の4人席が鷲津テーブル)。また、店内のテーブル配置についてもお話を伺う。奥の壁の向こう側はセミプライベートルームになっていて(完全個室ではない)4人掛けテーブルが直列に三つ並んでいたので、プチ同窓会とか(ま、そんな同窓会に私が参加するようなことはないが)、大勢でのハゲタカ廃人宴会の時に利用するのもいいかも。

そして鷲津ポジションはこのセミプライベートルームの仕切り壁から2番目だったか3番目だったかのテーブル(鷲津テーブルばかり見ていたために今一つ自信がない……)。上に書いたように映画では窓際の2人掛けテーブルがない。思い切って「このテーブルを予約のときに指定したい時はどうお伝えすればいいでしょうか?」と聞いてみる。
「ここは……何かあるんですか?」
「ええ……っと(冷や汗)、去年の映画のときに使われた場所で……」
「それでしたら、ハゲタカの席で、と言っていただければ通じますので」
「あー……、なるほど」
それを言わずに済めば越したことはないんだよう(泣)。
「今までもそうおっしゃって予約されたお客様が何名もいらっしゃいます」
「あ、そうなんですか……。色々とご丁寧にありがとうございました」
拍子抜け。つまり、予約するときは、正々堂々と「ハゲタカ席、プリーズ」ですよ、皆さん! ……しかし、なんとか映画名を出さずに予約したいんだよう(泣)。ま、こんな中途半端な場所を指定している時点でミエミエだが。

非常に楽しくランチをすごしていたら、もう4時! おっと肝心の劉一華追悼祭りができなくなっちゃうじゃないか。と言うわけでその話は完結編(ハゲタカ廃人的大人の遠足 後編)に続く(笑)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
どっちに座る?
『シグネチャー』の席情報、たいへん参考になります。ありがとうございます。
夢の廃人ディナーショー(仮tタイトル/笑)が実現する日が来る前に、ランチまたはディナーに行くんだいっ♪と決意しているのですが、あの席をどうやって指定するのか?という疑問もあったので、tsumireさんの渾身の体当たりレポ、助かります。
しかし、「ハゲタカ」の席と言って指定予約できるっていうのも凄いっす…。
先達の皆様の勇気には驚くばかりですよ。

>>しかし、なんとか映画名を出さずに予約したいんだよう(泣)。

あー、そのお気持ち、わかります~!
体当たり度レベルが低いので一緒にするのは恐れ多いですが、先月フォーシーズンズ丸の内に泊まったとき、部屋に案内してくれたベルボーイ君が、「何かお役に立てることがございますか?」と尋ねてくれたのを真に受けて、必死で映画名を出さずに色々と聞き出そうと試みました。
でも、あのホテルは、ドラマ等の撮影が多くて、しかも、1~2シーン程度だけの撮影ということで短期間だけ貸すことが多いそうなので、個別には分らない…という答えでした。
オトナの事情もあるかと思って、それ以上は聞かなかったですが、かなりヘンな人だと思われたに違いない。(冷汗)
そもそも、若いベルボーイ君が何か知っている可能性も低いし、知っていても答えないことになっているたろうし。
何か分ったとしても、鷲津の泊まった部屋を見せてもらえるわけもないし、泊まれないしさ。(笑)
なんてことは、後で冷静になって気づいたわけですが。
「なんでしつこく聞いちゃったのかなあ」と自分で分からず、ちっくと恥ずかしくて頭を抱えてしまいました。(恥ずかしいので拙宅では割愛。)
横にいた夫は後で、「ハゲタカの撮影ありましたか、ってサクッと聞けば済むのに」と不思議がっておりましたが、言わずになんとかしたいのよ!(笑)

あら、話が横にそれすぎましたね。
これは失礼。つい熱くなってしまって。(by 鷲津松彦)←お約束

tsumireさんとnanakoさんの記事を拝読して、鷲津&劉テーブルに自分が座りたいのか、それとも廃人トリオ様たちが座られたテーブルから、劉が見下ろしていた景色を見たり鷲津&劉テーブルを見たいのか…どっちにしたいのか…悶々と悩み始めてしまいましたが、だいたい、まだ行く予定が決まってないじゃん!あーあ。(泣)
2010/03/12(Fri) 20:30 | URL | 美冬 | 【編集
>先達の皆様の勇気には驚くばかりですよ。

しかも「ハゲタカの席で」と言えばわかるということは、実際には一人や二人じゃないって話ですよね。おみそれ。

>何か分ったとしても、鷲津の泊まった部屋を見せてもらえるわけもないし、泊まれないしさ。

でもどの部屋かは知りたいですよね。じゃ鷲津部屋は再来年度予算策定時にスケジュールを入れて美冬さんが再度デューデリをすると言う事でよろしく(笑)。

それにしてもフォーシーズンズかあ。泊まるならやっぱりマンダリンよりもフォーシーズンズですよね。劉部屋よりも鷲津部屋。3~5階の角部屋の1ベッドルームスイート(1泊18万円っっ!)だそうですが。コンシェルジェとかに泊まりたいからどこ?ってズバリ聞いたら教えてくれないですかねー。私、今回マンダリンのコンシェルジェにズバリ聞いてみようかと思ってたんですよ。でもまた忘れちゃってて(←もう完全に危険水域なボケっぷり)。

>どっちにしたいのか…悶々と悩み始めてしまいました

2回行ってそれぞれの席に1回ずつ座ってみればいいんですよ(笑)。美冬さんもご一緒に、じゃ、行きましょうか。(by 鷲津政彦)
2010/03/13(Sat) 08:19 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
これが噂の鷲津席かぁ………
実際に座ってみるのと、眺めてみるのどっちがいいかなぁ。
これがとん太あたりだったら、二つのテーブルを廃人グループで占めて、順番に色んな席に座ってみるのもありだけど、さすがにシグネチャーでそんなお行儀の悪いこともできないしね~
やっぱ眺める席から、「なんちゃってハゲタカ座」のクサい芝居を見るほうにするか。
それにしても、フォーシーズンズホテルの鷲津ルームは一泊18万ですか………18人で宿泊して一人一万だな(合宿かっ!)

2010/03/13(Sat) 14:31 | URL | suika | 【編集
>18人で宿泊して一人一万だな(合宿かっ!)

なるほどっ!!そういう手もあるか!!(ホテル側が許可するとは思えんが)

「ハゲタカ廃人の廃人」になりそうに、廃人さまご一行の行動がおもしろすぎる♪
だから私はだんぜん「ハゲタカ廃人座」を眺める方に一票!
完結編はついに劉追悼ね。どきどき。

PS 今頃、先生は生大森さまを愛でてらっしゃるのかしら?映画にはちっくとも(あれっ「ちくっと」だったっけ?)期待してないけんど、大森さんの様子は報告してくれるよね?


2010/03/13(Sat) 19:06 | URL | oha~ | 【編集
>これがとん太あたりだったら

とん太はシグネチャよりも格段に行きやすいせいか、それともごく普通に人気の店なのか、いつも芝野席は埋まってて、まだ座れてないなー。じゃ、「なんちゃってハゲタカ座」の第1回公演はとりあえずシグネチャの前にとん太といことで(いつのまに?)。

>やっぱ眺める席から、「なんちゃってハゲタカ座」のクサい芝居を見るほうにするか。

主演女優の一人がそこに座ってちゃダメだかんね。

>18人で宿泊して一人一万だな(合宿かっ!)

ハゲタカ廃人合宿……結構、いいかも……。夜通しDVDかけっぱなしで大騒ぎ。ま、フォーシーズンズでは絶対できねーけど。
2010/03/13(Sat) 19:58 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>だから私はだんぜん「ハゲタカ廃人座」を眺める方に一票!

ちっ、どいつもこいつも自分は廃人じゃないと思い込んでてダメだな。舞台は皆で盛り上げるもんだよ!(あれ?)

>完結編はついに劉追悼ね。どきどき。

でもシグネチャでこんだけやらかしちゃったので、完結編はひっそりでございます。でもその前に今日見た映画の話と、昨日と今日の花見の話と、4月からのテレビドラマの話と、今見ている「メゾンドヒミコ」の話を書きたいんだが。

>今頃、先生は生大森さまを愛でてらっしゃるのかしら?

いやいや、大森南朋には別に愛はないので愛でません(笑)。しかも恋愛映画にも全く興味がないので、純粋に好奇心だけで本日の「スイートリトルライズ」を見ておりました。ま、そのネタはまた別記事で。
2010/03/13(Sat) 20:05 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック