田中泯 海やまのあひだ
「龍馬伝」ではもはや目が釘付けになってしまう吉田東洋様(田中泯)。これは本物を見なくちゃダメだろうと思って、先々週の3月17日はギリギリまで「2010春 梅津和時・プチ大仕事@新宿PIT INN 舞う音、音の舞」(Sax:梅津和時、ピアノ:山下洋輔、舞踏:田中泯)を見に行こうかどうか迷っていたのだが、結局行かずじまいだった。山手線に乗って新宿方向に向かっていたのに、結局いつもの乗換駅で降りてしまい、降りてから「あっっ、新宿で降りるんだった!」と思ったものの、「ま、いっかあ、また次の機会があるよね」と帰路についたのだ。ちなみに次の機会は4月2日(金)、いや、行きませんけどね(田中泯公式サイト)。

帰宅したら図書館にリクエストしてあった写真集「田中泯 海やまのあひだ Min Tanaka Between Mountain and Sea」が入ったとの連絡が来ていたので、取りにいってきましたけんど、本のサイズ、でけーよ!(30.8x30.2x2cm)

[内容紹介]
「地を這う前衛であり続けるダンサーと、苛酷な状況下で印象深い作品を残した写真家の30年におよぶコラボレーションの記録。東京・夢の島の泥海から山梨・桃花村の山と森までを舞台に、踊りの「見えない本質」にレンズが迫る」(Amazonより)

いやー、なんというか、前衛舞踏なので写真も非常にアバンギャルド。夢の島でゴミの中に埋もれてみたり(「私達の生活の無数の機会に出会う物々が、半端になったり壊れたり、無用になったり色を失ったり、飽和したり失速したりしてここにやってくる。有名から無名へ、無機から有機へと、その居場所を変える。「夢の島」でゴミ達は地球になろうとしている」by田中泯)、田中泯の本拠地、山梨県桃花村の山間で撮影された写真とかが迫力満点で鼻血が出そうでした。リンクしてあるAmazonのページに表紙写真以外の他の写真も5枚載っているが……体調が悪い時とか二日酔の時は見ちゃだめだな、と思いました(←感想になってねえ)。もしかして本物を見に行かなくて正解だったのかも。私みたいなのが物見遊山で見に行ったりすると生気を吸い取られて翌日会社に行けなかったりしそう……。

後ろの方のプロフィール紹介のところに田中泯とカメラマンの岡田正人の写真が載っているが、……服を着て普通の目線の田中泯にほっとしたり(笑)。なお、プロフィール欄に「1945年、東京生まれ。学生の頃からクラシック・バレエ、モダン・ダンスを学び、20歳代はじめから多くのダンス公演に出演。73年より独自の舞踊を求めてソロ活動へ」とあって、田中泯にも熊川哲也みたいな時代があったのかーと一瞬思ってしまうのは、間違いでしょうか。

さて、今日は「龍馬伝 第1部」最終回ですよ……。吉田東洋様とも今回でさようなら。演出は大友さんらしいとの噂ですが、いかがなものでしょう? 先週までであんな事になっちゃってるのに収拾着くんでしょうか。私、先週の第12回分の脚本のあまりのひどさに、台詞を文字起こしして、私ならこう書くねっ!と(ヒジョーに失礼きわまりないが)添削ごっこしちゃってるんですけどね(遠い目)。
関連記事
テーマ:こんな本を読んだ
ジャンル:本・雑誌
コメント
ほんとだ、写真ですでに体調悪い時にはご注意感いっぱいなんだから、生”田中泯”を寝不足で見たりすると向こうの世界に連れていかれそうだね(笑)

梅津さんは懐かしい♪いつも清志郎と組んでたっけ。
昨秋、ご近所に山下洋輔と村上”ポンタ”秀一たちがきたんで、コンサートに行ったのね。周りはほとんど60代位。しかしわたしゃこのアバンギャルドちゅうのかフリージャズちゅうのか全然楽しめなくって、隣りのおばちゃんたちが盛り上がって何度もアンコールするのだが、ようやく終った時にはホッとしてしまったよ。

反して先日、日本画の展覧会に行ったら若いカップルがいっぱいいて、ド渋い幽玄の水墨画を眺めてるのさ。
なんかさぁ~今の60代って若い頃には既成観念ぶちこわしたし、毒っけもまだまだ健在だよね。田中泯もそうだけど、飯島さんとか(笑)。彼らに生気を吸い取られて大森さんのデコは後退してるのかもしれないな...(ちゃうちゃう)
2010/03/29(Mon) 00:37 | URL | oha~ | 【編集
>生”田中泯”を寝不足で見たりすると向こうの世界に連れていかれそうだね

生きながらに彼岸の境地っつーか? ヤクもやらないのにトリップしそうっつーか?

>しかしわたしゃこのアバンギャルドちゅうのかフリージャズちゅうのか全然楽しめなくって

へーーー。私は根っからの歌謡曲・テレビドラマ主題歌育ちなので、ジャズは全然だめだけど、そこら辺イケそうなoha~さんがダメとは意外。

>彼らに生気を吸い取られて大森さんのデコは後退してるのかもしれないな..

ふっふっふ、oha~さん……。アナタこのところ大森南朋のハ○ネタ率、高いですよ(笑)。ちょっとハゲ専の世界に足を踏み入れ始めてますよ!
2010/03/29(Mon) 22:23 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック