常盤橋公園の桜
この記事の今回のカテゴリは「花」じゃなくて、「ハゲタカ」ですよ。映画「ハゲタカ」のネタバレあり。ご注意。

さて4月1日と2日の2日間に渡って丸の内常盤橋公園でさくらまつりが開催されるというネタを、ハゲタカ廃人のnanakoさんのお宅で拝見して、これは行ってみなくてわ!と思ったわけだが、仕事が忙しくて半端無くその時間がない。しかしぐずぐずしてたら桜は散ってしまうし、謎の祭り(←決めつけ)も終ってしまう。しかも天気予報を見たら明日は雨。都内のソメイヨシノはほとんどがこの週末から来週明けに満開を迎えるらしいが、こ、これは今日しか見る機会がないのでは!? いやでも、ちょっと……えー、どうしよう、と無駄に悶々としながら仕事をしていたら、そこにハゲタカ廃人のEさん(目が悪くもないのに鷲津眼鏡を買ってしまったあのEさんです)からメールが来て、今、ワープステーション江戸で「龍馬伝」の撮影を見学しているという。ワープステーション江戸っつーたら、私も2月に行って来たが茨城県ですよ(2月22日「あの道のずっと遠くに……茨城県湖南省への道」。私達が行った時は一体どこの時代の何の話??という感じの撮影をしていたのだが、今週判りました。NHK「タイムスクープハンター」でした)。相変わらず超アクティブなお方……(参照:10月24日「東京国際映画祭の「笑う警官」を見に行ってきました。」)。

なお、Eさんの目と鼻の先に大友さんがいて演出しているということだったので「一体、第何話の撮影しているの!?」とメールしてみたら、Eさんはわざわざスタッフの方に聞いてくれたものの、返って来た返事は「わからない」とのことだった。スタッフが知らない訳ないだろーーー。ネタバレを避けるためか、あるいは福山ファン牽制のために隠しているんじゃないのか?(なお、昨日茨城にいたのは福山ではなく香川照之だったとのこと)

そして茨城から東京に戻ったら常盤橋公園に行ってみるという。まあ茨城から東京だと結構時間がかかるだろうから、Eさんとはすれ違いになってしまうけど、このEさんのアクティブぶりに刺激を受けて、私も会社を飛び出しましたよ。ただし終業15分前にだが(笑)。仕事はもう明日、明日片付けます!

しかしあの常盤橋公園に桜があったなんて全然気がつかなかったなあ。梅はずいぶんと美しく咲いていて、しみじみしてしまったのだが(3月8日「劉一華の梅」)。そうかー、じゃ今日常盤橋公園の桜を見たら、お花見日記のタイトルは「劉一華の桜」かな、などと思いつつ、そうだ、東京駅に行ったなら駅構内のHINT INDEX BOOKで期間限定で発売している鷲津チョコを買うのもいいかも(「JR東日本リテールネット、東京駅サウスコートのエキュートに「HINT INDEX BOOK」をオープン」日経新聞)とか思いつつ、東京駅日本橋口からもうお馴染みになった常盤橋公園に向かう。

おお、ほんとだ、桜がちゃんとあるよ~。マンダリンオリエンタル東京を背景にライトアップされたソメイヨシノが美しい~。映画「ハゲタカ」ラスト近くの劉一華のあの場面では梅が満開だったが、彼が桜を見る事はもうない。でもこの公園の桜も彼の死をずっと見ていたのだ。……と、しみじみできるかなとか思ったんですけど。

常盤橋公園さくらまつり
……いやー、しみじみ出来なかった。桜ってさ、お祭りの花なんだよな。梅は静かに見ることができても、桜が見る人を狂わせるのか、それとも桜がお祭り騒ぎに似合う花なのか、はたまた春らしい春がやって来て浮かれ出す人々を更に刺激する花なのか、桜の下には死体が……ではなく花見客や浮かれすぎた祭り好きが必ずいる。ましてやわざわざさくらまつりとして開催されているイベントなので、もちろんあの狭くてひっそりとして寂しげだった公園が、今日ばかりは(明日もだけど)花見客で賑わっていて、少なくともこの記事のタイトルは「劉一華の桜」じゃねーなと思った次第(おいっ!)。

さてそこに思いがけずも早々と登場したEさんですよ。ワープステーション江戸での撮影の話を聞きながら「じゃ、この後お茶でもしますか?」と言ってみた所、「鷲津の背中がナニなバーはどうですか?」との魅力的な提案が(笑)。ここは土日が休みなために、前回のデューデリでは断念した映画「ハゲタカ」ロケ地で(3月9日「ハゲタカ廃人的大人の遠足 前編」)、DVDの特典映像編には「鷲津と芝野~日本の誇り、そして希望」というタイトルがついている。せっかくやや近くまで来ているんだし、行くだけ行ってみようかあと、鷲津の背中がナニなバー(ちゃんとした名前はBAR MARBLEである)を目指す。

明治安田ビル
鷲津の背中がナニなバーは丸の内のセンチュリーコート丸の内の中にあるのだが、(この建物がどういう構造になっているのかさっぱりわからないが)外側が歴史を感じさせる渋い外観で、中に入ると重要文化財指定の歴史的建造物・明治生命館をそっくり覆うようにして現在の建物が建っているように見える。ここの地下にバーがあるが、映画未公開場面で、鷲津(大森南朋)と芝野(柴田恭兵)がBAR MARBLEを通って入って行ったのは奥にある会員制のラウンジである。まあ、会員制ラウンジの方に入るのは無理なので手前のBAR MARBLEで一杯だけ飲んで行くか……しかし、閉鎖的な高級感にあふれていて、入りづれえええぇぇ。これはちょっと一人ではこれないかも。念のために「入店に際してドレスコードはありますか?」と聞いたらないとのことだったが、ちょこっと飲むだけなのに代表者の名前をわざわざ書かせられるんですよ(←私が不審そうだからではなく)。うわぁぁあ、敷居、高いよっ!

BAR MARBLE
そんな訳で、うすぐらいバーでEさんと鷲津と「ハゲタカ」に思いを馳せながら酒を飲むが、せっかくなのでウェイターさんに会員制ラウンジってどういうもんなんでしょう?と聞いてみた。すると以前このバーが六本木にあった頃に会員制でやっていたのが、この場所(丸の内)に移って来てからも続いている物だという。ちなみに「どうしたら会員になれるんですか?」とバカ丸出しの質問をしてみた所、会員の紹介があれば会員になれるのだという。……そんな知り合い、いませんよっ!

という訳で本日の花見は結局映画「ハゲタカ」のデューデリになってしまいました。ま、いっかあ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
激務の中でも常磐橋公園→鷲津の背中がナニなバー(自分で言っといてなんだが、長いな…笑)の花見とデューデリ、お疲れ様でした。
超アクティブな廃人お2人が揃えば、怖いものなし、重厚で高級感溢れるバーの敷居がどれだけ高かろうと、関係ないですね。それでこそ、濃い廃人様でございます。

常磐橋公園がにぎわう様子が想像しにくいですが、千代田区観光協会HPにあった写真の宴っぷり(って日本語ないけど)とtsumireさんのレポートを拝見すると、ほんとうに楽しく盛り上がっているんですねー。桜も実に美しい。
桜って、なぜかテンションが上がりますものね。
それにしても、桜の木があったなんて、全然気づきませんでしたよ。
きっと桜が咲いている間は昼夜を問わず人々が訪れるのでしょう。
あの寂しい場所が華やぐ光景って、なんか不思議。
桜花がある間は、劉も寂しくないですね。

>>期間限定で発売している鷲津チョコ

これって原作の鷲津をイメージってことだそうですが、映像の鷲津より諸々オープンな印象(笑)がするので、どういう仕上がりなのか…っていうか、単にチョコレート好きなので興味あります。
近々、東京駅を通るので様子を観てこよっと。

私、今は、どこのネットコミュニティにも参加していないので、こちらで紹介していただく情報が本当に貴重なんですよ。
いつもありがとうございます。
では、明日以降もお花見行脚、あまり無理をなさいませんように…

2010/04/02(Fri) 01:09 | URL | 美冬 | 【編集
鷲津チョコ?初耳でございます。
原作の鷲津をイメージ?見た目は冴えない小粒のチョコだけど、一皮向けばエロいチョコってこと?
それにしても、着々とロケ地を制覇してるねぇ。じゃ、仕事が一段落したら、パスポートを取ってくるかね。横分けにも、ぼちぼち連絡をとる算段をしといたほうがいいかも。
会員制のラウンジって、どっちが会員だったんだろう?企業再生家の芝野さん?それとも伝説の天才ファンドマネージャーの鷲津さん?鷲津さんは今や日本経済界の重鎮だそうですから(重いって字がマンマの意味になってるよ(泣))、あちこちのクラブの会員になっているかもしれませんね。(しばらく海外でやさぐれてたけど、有効期限、大丈夫だったかしら。←庶民の発想)

>会員の紹介があれば会員になれるのだという
祇園の御茶屋、あるいはmixiと同じシステムということでよろしいでしょうか。(落差ありすぎ)
茨城県湖南省でアカマGTに乗ったtsumireさんのことだから、待ってればその内、背中ナニバーにも入れるときがくるかもよ。(果報は寝て待て。棚からぼたもち。←わたしの座右の銘)
2010/04/02(Fri) 13:45 | URL | suika | 【編集
>重厚で高級感溢れるバーの敷居がどれだけ高かろうと、関係ないですね。

いやー、あそこはマンダリンよりも格段に入りづらかったですよ。もしかして美冬さんは慣れてらっしゃる場所なのでそうでもないのかもしれませんが、入口は大手町のよくあるレストラン街の入口?という風情のくせして、BAR MARBLEは細い廊下のような場所をずんずん突き進んでいかないとならなくて、しかもエントランスがまた(私には)非常に圧迫感があって、さすがにビビリましたよ(笑)。

桜の木は私も全然気がつかなかったですね。まあ桜の木ってだいたい花が咲いてから、こんな場所の桜が!?と驚くもんですが(笑)。

>きっと桜が咲いている間は昼夜を問わず人々が訪れるのでしょう。

ふははは、実は昨日別の場所に行くついでに立ち寄ったんですが、土曜日の午前11時、晴れた日の満開の桜の公園だというのに、誰もいなかった! びっくりですよ。でもときおりハラハラ散る桜を見てたら、もしかして今日の桜は「劉一華の桜」かも、と思ったですね。

>単にチョコレート好きなので興味あります。

買ったはいいんですが、まだ食べてないんですよね。別にもったいないからではなくて(笑)、チョコをあまり食べないというのと、食べる時間がなくて。食べた方の感想によればチョコの風味とマッカラン(ウィスキー)の香りが絶妙のブレンドだそうですが。

>映像の鷲津より諸々オープンな印象

ま、大人な表現!

>明日以降もお花見行脚、あまり無理をなさいませんように…

ありがとうございます。でも昨日既に無理しちゃった(笑)。今日はもうヘロヘロ。でもまた見に行くけど。
2010/04/04(Sun) 08:40 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>見た目は冴えない小粒のチョコだけど、一皮向けばエロいチョコってこと?

食ってみないとわからんなー。買ったはいいけどあまりチョコを食べないのと食う暇なくてまだそのまま放置。ま、今日は食べてみようかなー。ちなみにデザインはこれ。
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/2010040106.jpg
http://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/r/kiritani/2010040107.jpg

しかしエロいチョコの味ってどんなだ(笑)。

>仕事が一段落したら、パスポートを取ってくるかね。

ないないない。……とかいいつつ、夫婦別姓選択制法案が可決されたらパスポートはとにかく新しいのを作ろうかなーなどと思って見たり。

>会員制のラウンジって、どっちが会員だったんだろう?

ご一緒したEさんも同じ事を言ってたわ。まあ設定によってもビミョーだね。芝野が鷲津を説得する気満々だったらあらかじめここを予約していたかもしれないし、芝野から話があるから切り出されてじゃあこの近くならここ、って感じで鷲津が連れて来たのか。今手元にDVDがないので確認出来ないんだけど(練馬のS嬢に貸したら、彼女は今韓流ドラマに大ハマりでDVD見る暇ないのだ)、あの場面で先を歩いている方だったり?

>待ってればその内、背中ナニバーにも入れるときがくるかもよ。

寝て待って果報があったのだとして、無事入れたとして、お支払いの時にまたビビることになるのでわ……(←ぼったくりバーじゃねえ)。
2010/04/04(Sun) 09:08 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック