どうでもいいような些細な事にこだわってしまうのは私の悪い癖だが、しかし見たいもんは仕方がない。このところ、なんとかブルーレイで「ハゲタカ」を見たい! あんなところやこんなところのどうでもいい文字をしっかり自分の目で確認してみたいという思いが募っていたのだが、ブルーレイデッキ購入にはちと迷いがあったのだ。ブルーレイレコーダーを買うなら、今使っているDVDレコーダーと同じく東芝のものにしたいのだが、だとするとブルーレイのレコーダーを出して来たばかりの東芝製はしばらく様子見である。だったら再生専用機を買えばいいのだが、再生専用機はSONYのもので22,000円前後、そしたら29,800円のPlayStation3(PS3)の方が使いでがあるんじゃないのか? でもPS3買ったらゲームをやっちゃうし、常日頃ゲーム三昧の子ども(11歳)がさらにゲーム漬けになるのが目に見えているから教育的見地から言っても買うのはためらわれる。じゃあSONYの再生専用機、いやでもPS3の方が……と堂々巡りの毎日ですよ。

しかし昨日の朝である。ついに思いあまって(え?)、Amazonでブルーレイの映画「ハゲタカ」をポチりましたよ。しかも"当日お急ぎ便"で(笑)。そして午後、近所のヨドバシのゲーム機器売り場にGO! しかしPS3を買う気満々なのにPS3のことを何一つ判ってませんでした。

「PSの本体が欲しいんですが」
「PS2でしょうか、PS3でしょうか?」
「え!? PS2ってまだ売っていたんですか?」
「はい、PS2は販売しています」
「じゃ、PS3で。えっとそれと接続コードを……Hなんとかっていう」
「HDMIケーブルですね、今PS3とケーブルを持ってきます」
「あと、ダウンロードしたりゲームのセーブデータ用にメモリーカードとかも必要ですよね?」
「いえ、PS3からメモリーカードはなくなりまして、全部ハードディスクに保存するようになっています」
「あ、そうなんですか……」そいつああ知らなかったよ。
「PS3はハードディスク容量で2種類ありますがどちらにされますか?」
「どっちがどうなんですか?」
「普通にゲームされるだけでしたら120GBで十分ですが、ダウンロードしたりtorne(トルネ)で録画したりされるようでしたら250GBの方がいいと思います」
私はPS3では「クーロンズゲート」をダウンロードしてプレイしたいので、もちろん250GBだ(4月15日「「クーロンズ・ゲート-九龍風水傳-」PS3、PSPでオンライン配信開始」)。それに「クラッシュバンディクー」も「塊魂」も「KINGS FIELD2」も「ジャンピングフラッシュ」もまだまだプレイしたいのだ。ちと予算オーバーだが仕方がない。
「保証書はこの箱になりますので無くさないようにしてください」
「はい?? この箱が保証書??」
「そうです。ここの蓋の部分に保証内容が書いてあります」
「じゃあ、このふたの部分だけとっておいて後は捨てちゃってもいいんですか?」
「いえ、箱ごと取っておいて下さい」
「はい?? 箱ごと、、、ですか? じゃあ故障した時は1枚ペラの保証書じゃなくて、この箱を持ってくるんですか?」
「箱の中にPS3本体を入れて持って来て下さい」
「……」
なんてかさばる保証書なんだ。でもまあ、とにかく一大決心をしてPS3を買い帰路についたのだが、どうしたことであろうか、1週間の疲れが出たのか家に帰ったらそのまま寝込んでしまい、せっかく当日お急ぎ便でブルーレイの「ハゲタカ」も届いたと言うのに、昨日はPS3も「ハゲタカ」も箱から出さずにそのままでしたよ。

そんな訳でさっきやっとPS3も映画「ハゲタカ」もパッケージから出す事ができたが、実はまだ全然、ブルーレイの美しい鷲津は見ていない。PS3のセッティングをしていたら子どもにやらしてよとコントローラを奪われてしまい、映画「ハゲタカ」を見るはずが、なぜか週刊トロステーションを見るはめに。

別に鷲津は美しくなくてもいいんだけどさっ、まあ、明日こそは見ますよ、きっと……。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
PS2とPS3は互換性が無いから、まだ両方売ってるんですよ(泣)これ、結構不満なんだよね。

>「PS3はハードディスク容量で2種類ありますがどちらにされますか?」

伊集院光言うところの、「高いPS3」と「もっと高いPS3」やね。
わたしも買った当初はメモリーカードが無くなったってことを知らなくて、小さな感動でした。時代は進んでるらしいよ。
でも奥様、プレステは箱が保証書っていう形態は、ずいぶん前からそうじゃなかった?我が家では確か空箱が、屋根裏収納にいくつか転がってるはず。

ブルーレイを手に入れた奥様が、いったい「ハゲタカ」のどんな文字を判別したいのか、大変気になるところでございます。(新聞の日付、鷲津ルームのドアの文字、芝野さんが手にした資料、スクリーンに映し出された劉の経歴は想像がつくけど)

我が家のPS3はFF13を挫折した今は、「ハゲタカ」専用再生機と化しております。きっと色んなことが出来るんだろうに、宝の持ち腐れ~(まぁそのうち、「torne」は買っちゃうかもしれんが)
2010/04/27(Tue) 08:47 | URL | suika | 【編集
>PS2とPS3は互換性が無いから、まだ両方売ってるんですよ

なんで互換性を保持してくれないのかねえ。PS、PS2のソフトがあんだけあるのにさー。全部新たにPS3かダウンロードで買えっつーこと?

>伊集院光言うところの、「高いPS3」と「もっと高いPS3」やね。

……(泣)。

>でも奥様、プレステは箱が保証書っていう形態は、ずいぶん前からそうじゃなかった?

えー、そうなの? まあ何せ我が家がPS2を買ったのはもう10年前だしなー。なんでPSだけソニータイマーが働かないで10年間も無事動き続けているのかも謎だ。

>ブルーレイを手に入れた奥様が、いったい「ハゲタカ」のどんな文字を判別したいのか、大変気になるところでございます。

ほほほ。もちろん新聞の日付は全部チェック。BWP会議室や鷲津ファンド会議室内、アカマ自動車役員会議室内、アカマ自動車ウォールーム内、スタンリー日本支社内のホワイトボードの文字、鷲津ファンド会議室内に置いてあったカレンダーの日付、村田さんが「こんな収穫が」と言って持ってきた劉一華の資料、芝野さんが見ていた劉一華の資料(資料の後ろにあった手紙など)、東洋テレビ内で三島由香や野中さんが持っていた資料、東洋テレビ内のホワイトボードやあちこちに積んである資料、アカマ自動車のだだっ広いオフィス内の色々、アカマ自動車役員会議室でみんなが手にしている資料、NYホライズンの劉の部屋に積んであった資料と使っていたPC端末、ドバイの王子のデスクの上の諸々、アカマ自動車社長室の壁に飾ってあった賞状類やデスクの上の諸々、BWPが持ってきたアカマ自動車の労災隠しの資料、BWP・スタンリー業務提携書類、「涙の日」の鷲津ファンド会議室内の諸々、他色々。宝の山でございます、奥様。

>我が家のPS3はFF13を挫折した今は、「ハゲタカ」専用再生機と化しております。

うちはきっと子どもがトロステーションと(私が)ダウンロードしたゲームを、家人が追っかけているアーティストのライブとかブルーレイで見たりして、それなりに活用して、またもや私が使いたいときに使えなくなっているような予感(泣)。

>きっと色んなことが出来るんだろうに、宝の持ち腐れ~

そーーーんなの、PS3に限らないしーー(開き直り)。
2010/04/27(Tue) 13:05 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック