龍馬伝 第23回
龍馬伝 第23回(6月6日放映)。↑この写真の半平太(大森南朋)と以蔵(佐藤健)って、なんだかイエスとユダみたいだよね。まあ、言っている台詞は真逆だけんど(イエスはユダに対して「しようとしていることを、今すぐしなさい」と言い、半平太は以蔵に他の勤王党のメンバーのためにもしゃべるなと言う)。

[あらすじ]
「神戸海軍操練所が完成し、龍馬(福山雅治)らは航海術の訓練に打ち込む。その中で、望月亀弥太(音尾琢真)はひとり思い悩んでいた。攘夷(じょうい)派が京を追われ、かつての勤王党の仲間たちは弾圧を受けていた。土佐では武市(大森南朋)が後藤象二郎(青木崇高)の厳しい追及を受けていた。亀弥太は操練所を抜け出し、京の池田屋に潜り込む。龍馬は亀弥太を操練所に連れ戻すため京に向かうが、亀弥太は新選組に襲撃される」(NHK番組表より)。

前回、大穴で演出は真鍋さんかもって書いたら本当に真鍋さんだったよ……。しかも「獄吏が半平太の人物に傾倒していたために便宜を図ってもらえた」とか「まだ捕まっていない同志を思い、獄外同志やその他の協力者への連累を食い止めるべく吉田東洋暗殺を否認し続けた」のも今までが今までなのでそんな描写はもちろんありません、って書いたばかりだったのに、今回、しっかりその描写もありましたよ……。色々節穴だらけの私です。

さて、海軍操練所(「海軍操練所」という単語が一発で変換されるのになぜ「バラ」という単語は……ブツブツ)が神戸に出来てみんないそいそと駆けつけ学園生活を満喫してるんですけんど、武市先生や他のメンバーがお国で大変な事になっちゅうのに何も出来ずにいらだつ望月亀弥太(音尾琢真)は、クソ生意気な陸奥陽之助(平岡祐太)の挑発に乗ったり長次郎(大泉洋)に侍でもないくせにとふっかけたりしています。で、龍馬(福山雅治)ですよ。「時はどんどんどんどん流れっちゅう」とか、今更攘夷なんてないないない、とか、もう後戻りはできんとか言っちゃってるんですけど……なんかここんとこ龍馬って鼻につく発言ばかりしているわ~と思ってましたけど、今回のこれはもう、ムカつくね。何だろ、コイツ(←コイツ呼ばわり)。その後行方不明になった亀弥太を探しにいく前の大演説も、本当はオマエが金八なんじゃねーの!?と思ってしまった私を許してくれ。

しかも池田屋の手前で倒れている亀弥太を見つけた龍馬に対して、「おまんの言うとおりにしちょったら、よかったかのう」「後戻りはいかんかったのう」ですよ。全く、ここぞという場面でやっぱり龍馬の言う事を聞いとけば良かった、という台詞を混ぜ込まなきゃ気が済まんのか。先々週の半平太さんの最後の朝餉の場面でも「龍馬だったら」という台詞を無理矢理言わせてて、台無しにしてたけど、ここでもまただよ。今回物語が色々とゴチャゴチャしている割には結構素直に見られたのに、それをいちいち台無しにする龍馬の台詞は本当に勘弁して欲しい。そういや「また友を助ける事ができんかった」と来週も言うのかなと思ったら、龍馬って金田一耕助みたいとか一瞬思っちゃった。ま、龍馬の事は置いておいて(←主役なのに)。

この頃の外国の連中はクラリス(違)(アメリカ公使・ロバート・ブリュイン、イアン・ムーア)が「日本を買い叩け」と他の公使連中と一緒に言っています(違)。それぞれ通訳がついていてそれぞれが自分の国の言葉で喋っているけど、みんな外交官だしお互いが言っている事はちゃんとわかっているのね。

牢の中の半平太さん付きの牢番・和助に野中さん(小市慢太郎)、キターーーーーッ! ここは史実(という事になっている)通り、尊敬しちょりましたという和助が色々報告してくれたり富さん(奥貫薫)への手紙を届けてくれたりしています。その手紙も富さんを気遣う短い一文に「半」とだけ書いてあるんですね。そして以蔵と再会する半平太さん、興奮する以蔵に他の勤王党のメンバーのためにもしゃべっちゃいかん、とすぐそばでドSのしょうちゃん(後藤象二郎、青木崇高)が聞き耳立てているのに、口止めしちゃったりしています。あれじゃあ全然聞こえちゃってるじゃないですか。いいのか?

そして本日のメインイベント、池田屋事件ですが、長州の連中も京都市中と京都御所に火をつけて天皇を誘拐というとんでもない計画を立てて桂小五郎(谷原章介)待ちでいる所でブツッと画面が切られて、その後肝心要な部分は見せず(ま、日曜の夜8時の天下のNHKですから、大虐殺事件をそのまんま描写は出来ないよなあ)、その予告編として亀弥太に「あんなヤツら……誰ぜよ」と言わせての壮絶な死を見せ(いやー、すごい死に様だった。しかし刃物が刺さって死にかけている人間からその刃物を抜いちゃったら出血多量で死んじゃうんじゃないのか?)、そして誰だかわからない「あんなヤツら」がやらかした惨劇と、意気揚々と去っていく新撰組を実にクールに描いていて、よかったです。ま、なんで龍馬がここにいなくちゃならないのよとか思いましたけど(でも主役だしね)。またこの場面を見ていた家人が「池田屋階段落ち……」とつぶやくもんだから、つい脳裏に(映画「蒲田行進曲」の)松坂慶子の「銀ちゃーーん!」という台詞が響いてしまいましたが(笑)、そういや池田屋事件と言えば色々お約束なのにそこら辺を敢えて描かないのも、これはこれでいいですよね。

来週は「愛の蛍」って、また演歌の曲みたいなサブタイトルです。公式ページの説明を見る限りでは半平太さんと富さんのラブストーリーっつーことなんでしょうか。でも、このサブタイトルはなんだかなー。
関連記事
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
>池田屋事件と言えば色々お約束なのにそこら辺を敢えて描かないのも、これはこれでいいですよね。

わたしも「あ、ここいいなぁ」って思った。(そして脳裏には同じく「銀ちゃーーん!」の階段落ちシーンが)
「池田屋事件」は、幕末を扱うドラマでは見せ場なので、かなり派手な殺陣を予想してたんだけど、いい意味で裏切られた感じ。全てが終わった光景だけを見せて、視聴者に想像させるという大人の手口には、感心させられたよ(ま、この辺の歴史をうっすらとでも知ってるってのが大前提だけど)。ほんと、新撰組に関しては、描写がすごくいいよね。

それに引き換え、主役の龍馬はなぁ……
みんなであんなに「アゲ」てるのに、なんであがった感が全然伝わってこないんだろう。弥太郎の言うような「すごいやつ」に全然見えないのは、なんでだろう。脚本のせいなのか、演出のせいなのか、福山のせいなのか、あるいはわたしの目が曇っちゃってるのか………(tsumireさんの、主役にたいして「お前は何もせんでいい!」には吹いちゃったよ)

番組案内で、NHKの他の時代劇がちょっと映ってたんだけど、これは昔ながらの、コーンスターチで汚さない、汗もかいてないパリッとした時代劇だったけど、違和感感じたんだよね。もう目が「龍馬伝」に慣らされてて、他の時代劇が嘘っぽい作り物に見えて(食品サンプルを見てるみたいな感覚)、「やっぱすごいわ、龍馬伝」って改めて感心したんだけど、それなのに主役がなぁ………やっぱ脚本が残念なのかなぁ………

主役が残念と言えば、「絶対零度」も上戸彩が主演ということで、がっつりとは見てないんだけど、ちら見してる限りではなかなか面白そうで、返す返すも主役が別の俳優だったらと、惜しまれるドラマです(アイアンオックスの日下部さんが、めちゃかっこい~♡)。こちらも、周囲の人間が不自然なまでに上戸彩を構ってる。周りの皆様の上戸彩を見守る暖かい目が、大変気持ち悪うございます。
2010/06/07(Mon) 08:55 | URL | suika | 【編集
>ほんと、新撰組に関しては、描写がすごくいいよね。

このドラマ、一体どうなっているのかね。新撰組に関しちゃあ今回、前回、前々回とクールな描写がちゃんと一定レベルをキープしているのにさー、半平太さんと以蔵関連は役者と演出家頼み、弥太郎はコミックパートと説明部門をがっつり担当、そして肝心要の龍馬は周りが一生懸命盛り上げてくれたり、なんにもしないのに勝手に女性の方から次から次と惚れられたり、時の大物に「面白い男」とか「大きな男」とか言われてなんだかよくわからない高評価を得ているのに、ちっとも納得出来なくてさ。

大昔、MMK(もててもてて困る)おばさんというのがあって(確か週刊朝日に載ってた特集だったような)、特に美人でも面白い訳でもなんでもないのにとにかく困るぐらいにモテる人がいるという話を聞いたことがあったけど、龍馬って、つまりそれなわけか? モテ龍馬、高評価龍馬に理由なんか無い、そういうものなんだっていうことで納得するしか無いのか?

>弥太郎の言うような「すごいやつ」に全然見えないのは、なんでだろう。脚本のせいなのか、演出のせいなのか、福山のせいなのか、あるいはわたしの目が曇っちゃってるのか

全部、合わせ技なのかしらね……。福山雅治は一生懸命やっていると思うので、気の毒にはなるけどね。

>もう目が「龍馬伝」に慣らされてて、他の時代劇が嘘っぽい作り物に見えて

確かにそうね。他の時代劇(特にNHKが多いような気がするけど)が整いすぎてて、なーんか舞台劇か吉本新喜劇に見える事があるわ~。

>返す返すも主役が別の俳優だったらと、惜しまれるドラマです。

脇が本当に手堅いもんね、私も主役が上戸彩でなければ見てたと思う。でも上戸彩なのでパス。
2010/06/08(Tue) 23:02 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>なんだかイエスとユダみたいだよね

ふふふ、「ジーザス・クライスト・スーパースター」好きのTsumireさんらしい。

わたしゃ以蔵が出てくると自動的に不憫スイッチが入っちゃって、もうかわいそ~でかわいそ~で(泣)
で、その反動で、青春ドラマモードの龍馬にチッてな感じよ。←もはや”龍馬”はどーでもいい”伝”になっちょります。
だいたい、龍馬いつも口開けてるけど、これアホを強調したいのか?福山がそーゆー顔なのか?福山の日頃を知らないから分かんないけど、どうも気になる...。

牢番・和助、野中さんだったのか!?
あれっどっかで見た顔だなぁ...と思ったんだ。いい役だね(笑)
2010/06/08(Tue) 23:02 | URL | oha~ | 【編集
>ふふふ、「ジーザス・クライスト・スーパースター」好きのTsumireさんらしい。

「ジーザス・クライスト・スーパースター」……懐かしい。あれ、映画館で5回くらい見て、自分でも結構すごいかもとか思っていたのに、結局「ハゲタカ」を映画館で見たのは32回だもんなあー(笑)。

>わたしゃ以蔵が出てくると自動的に不憫スイッチが入っちゃって、もうかわいそ~でかわいそ~で(泣)

今週はちっくと出番が少なかったわね。でもとりあえず公式サイトを見たら半平太さんも以蔵も7月11日がラストみたいだから、まだまだ不憫を満喫出来そうですね(不憫って、満喫するもんだったっけ?(笑))。

>だいたい、龍馬いつも口開けてるけど、これアホを強調したいのか?福山がそーゆー顔なのか?

主人公なのに、あんなにアンポンタンで本当にいいのかしらね。その点、学園の渋い教頭(勝塾塾頭)の佐藤先生(有薗芳記、「風林火山」の伝兵衛ね)、あれだけの教科を全部きちんと指導出来るってことは、いちばんすごいんじゃねーの?とか思っちゃったよ。龍馬がアホに見える分、余計に佐藤先生がすごく見えたわ~。
2010/06/09(Wed) 00:46 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
ストップ・ザ・サカモト!
という標語(そんな標語は無い)が脳裏に浮かびまくる回でした。
画期的な企画として、1回くらい、主人公出番ゼロの回、作ったらどうだろうか。(笑)
…渋谷区神南で福山ファンが暴動を起こすかしら…。

久々のマイルド真鍋さんがハードに血なまぐさい池田屋事件担当、しかもアンポンタンサカモトが大暴れで説教しまくるペラペラな脚本…大変だったろうなあ…と、最近はディレクター陣の母目線になりがちな私です。
あ、渡辺さんには継母ね。
前回は良かったけど、まだ油断できない。(笑)

相変わらず、天も龍馬に味方しまくりで、新幹線みのスピードで神戸→京都に移動して、お龍に亀弥太の居そうな場所を教えてもらえるし、角を曲がったら瀕死の亀弥太が倒れてるし。
まあ、これくらいはいつものことだし、時間や予算の制約というオトナの事情もあるから、置いといて。
相変わらず、密かに人探しが出来ないど阿呆っぷり。
宿の店先で、あんな大声で「ここは攘夷派の…」とか騒いでいたら、新撰組が宿改めに来ちゃうじゃないのさ。(苦笑)
あんな龍馬なのに、肝の太いお龍さんが、もう「あの人が気になって…」みたいになっちょる。
カミソリ陸奥くんも、クサイ演説きいて、心が傾いている感じだったし、龍馬のフェロモンすごいですよ。
セクスィー部長と対決できそう。
あんな龍馬なのに、どういて?
もしかして、龍馬はだめ男だから成功したのかしら…と誤解しそうです。


>>意気揚々と去っていく新撰組を実にクールに描いていて、よかったです。

『龍馬伝』の新撰組の描き方は本当にいいですね。
演出陣の総意としてのイメージが、ちゃんと完成されてますね。
サブキャラで、集団で1つのキャラみたいなので、一切の肉付けをしないで、徹底的にスタイリッシュにクールに造形できますものね。
メインキャラゆえに、薄っぺらな脚本に懸命に血を通わせようとして、演出によって方向がバラバラになってしまって、役者さんが気の毒な半平太のことを思うと、切ないっす。

>>「後戻りはいかんかったのう」ですよ。

もう、ここは唖然とした後、憤慨しまくり。
「あんなヤツら」にトドメを刺されてたまるかと、意地と誇りを守るために自刃した亀弥太が浮かばれない。
主人公を持ち上げるためだけに、志士として人生を終わらせる亀弥太の選択を愚かしいことだったと、彼の尊厳を傷つけることを言わせているように思えます。
主人公ageシステムだとしても、酷いと感じました。

武市先生の切腹のときには、頼むからこういう最低なセリフを言わせないで欲しいです。
そんなことがあったら、受信料払わ(略)
2010/06/09(Wed) 01:43 | URL | 美冬 | 【編集
ジーザス・クライスト・スーパースター!
私も好きです。
映画も見ましたが劇団四季のミュージカルを
見に行ったのもいい思い出ですわ。

先生とイゾの感動の再会シーン

カメラ位置確認等のリハでは
イゾ役の洋服着た女性スタッフが
自分の腕を後ろ手に回して何人かに
つれてこられて跪いて
先生役の洋服着た男性スタッフが
近づいて何言か耳打ちするって
段取りしていて。

この時点でもうすぐスタパ終了時間が迫っていた為
早く早く本番始まらないか!
とジリジリしてました。

終了時間残り5分の時点で1発OKの収録。

野中さん(違)和助との台詞のやりとりの
練習中 言い間違え?た武市先生が
アノ窶れたままのお姿で
ニコニコっと照れ笑いした瞬間
南朋さん自身が垣間見えて
ズキュンと打ち抜かれましたゼヨ!

※注 モニター越し見学ですので音声は無音です。 

それにつけても放送用カメラだけでなく
別カメラで3方向?から撮ってるカメラの映像も見たいがです。
2010/06/09(Wed) 18:46 | URL | クリスチャンE | 【編集
>画期的な企画として、1回くらい、主人公出番ゼロの回、作ったらどうだろうか。(笑)

あ、それいいですね。「新しい大河を作る」ちゅう意気込み満々な今年の大河スタッフなんですから、この際1回ぐらいやってもいいと思います。龍馬を出さずに龍馬を描く。脚本と演出と他の役者さんたちの力量がすっごく試されますが(ま、脚本の力量はないも同然だけど)、いまだかつて無い斬新な企画で、やるとしたらこの大河でしか出来ないことですよね。直接は出てこず間接的に描かれる龍馬像で、視聴者の想像力に思い切りゆだねていただいく、と。姿形がそこにないからこそ、それ以外のもので描写することでくっきりと浮かび上がってくるものがあるわけですしね。

うーん、龍馬を消すのはどこの回あたりがいいかしら(←妄想モード)。一番いいのは最終回なんだが、それこそ渋谷区神南で暴動が起きちゃうしな。長次郎切腹のあたりかしら。でももう撮影終っている回だよなあ(←非常に無駄な妄想)。

>大変だったろうなあ…と、最近はディレクター陣の母目線になりがちな私です。

そうなんですよ、私も「龍馬伝」に関しては演出さんの母目線になって、「梶原さん、すごくよかった!」「大友さん、どうしちゃったの!?」と心配しちゃう私ですが……確かに私も渡辺さんには継母視線かも(笑)。真鍋さんにいたっては「あら、いたの?」という近所のおばさん目線?

>相変わらず、天も龍馬に味方しまくりで、新幹線みのスピードで神戸→京都に移動して、お龍に亀弥太の居そうな場所を教えてもらえるし、角を曲がったら瀕死の亀弥太が倒れてるし。

大事なことは(絵に描いたように)全部他人が教えてくれるし、女も男もみんな(根拠なく)龍馬の「魅力」にやられちゃうし、物語の要となる場所に行けば(何故か)時の大物に必ず気に入られるし、歴史上の大事件には(たまたま)立ち会っちゃってるし……何もかもがエスカレータ式。ちゃんと地道に階段を一歩一歩歩いて登りやがれっつーの(←主人公に対して非常に問題な態度)。

>あんな龍馬なのに、肝の太いお龍さんが、もう「あの人が気になって…」みたいになっちょる。

来週はねー、またまた友を助ける事は出来なかったと嘆きいらだつ龍馬に(もう、この場面はお約束か?)、お龍さんが「亀弥太のその志をちゃんと認めてやれ」って言うんですってよー(棒読み)。ちなみに演出は梶原さんです。

>セクスィー部長と対決できそう。

セクスィー部長だったらまだ納得できるのに(笑)。

>もう、ここは唖然とした後、憤慨しまくり。
>「あんなヤツら」にトドメを刺されてたまるかと、意地と誇りを守るために自刃した亀弥太が浮かばれない。

本当だよ。亀弥太にあんな台詞を言わせる事で、亀弥太の志を否定しちゃってるんだもんなー。それもこれも「龍馬こそ正しい」という前提だけが真っ正面にあるからだよね。

>武市先生の切腹のときには、頼むからこういう最低なセリフを言わせないで欲しいです。

ほんとうに、くれぐれもお願いしたいですよ……。でもなー、今までの描写がアレだもんね。「龍馬伝」の天国に行くためには今までのことは全部間違ちょりましたと、悔い改めないとだめなのかもねー(棒読み)。
2010/06/09(Wed) 22:30 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>映画も見ましたが劇団四季のミュージカルを
>見に行ったのもいい思い出ですわ。

そういえば劇団四季の「ジーザス」も100万年程前に一度みましたよ。確かあの時は歌舞伎版じゃないやつで、鹿賀丈史がイエス、滝田栄がユダ、そんでヘロデが市村正親だったっけか? 

>先生とイゾの感動の再会シーン

なるほど、「テストなしでいきなり本番いっちゃうよ」といってもそれは俳優に対しての話で、きちんとドラマを作るためのアタリはきちんとつけているっつーことですね、当たり前だけど。

>南朋さん自身が垣間見えて
ズキュンと打ち抜かれましたゼヨ!

Eさん、今年の春はズキュンと打ち抜かれっぱなしじゃないですか(笑)。

>別カメラで3方向?から撮ってるカメラの映像も見たいがです。

「龍馬伝」のDVD-BOXが出たら、そういう場面とかメイキングとか入ってたりしないですかね(大河ドラマではそういうのはないのかしら)。
2010/06/09(Wed) 23:20 | URL | tsumire→Eさん | 【編集
>本当はオマエが金八なんじゃねーの!?と思ってしまった私を許してくれ。

なんか龍馬の熱弁シーンもあきてきたなぁ。昔の青春ドラマかよっ!って思ってしまう。まさしく浜辺で熱く語ってるし「夕陽に向かって走れ!」って感じですな。

>亀弥太を見つけた龍馬に対して、「おまんの言うとおりにしちょったら、よかったかのう」「後戻りはいかんかったのう」ですよ

亀弥太さん、大熱演だったのでそれは良かったなぁと思うんですが、いかんせん龍馬が…はぁっ

先日本屋で、つい誘惑に負けてしもうてノベライズの最終回(第27話)をちっくと立ち読みしてしもうたがです。
ゆ、許してつかわさい(がばっ、土下座…笑)
こ、これが映像化??どんなになるんかちょっと怖い(苦笑)
2010/06/10(Thu) 23:02 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
>最終回(第27話)

ぶるーうぉーるさん、ここの常連としては正しい認識です。
大人の事情で1話増えたので第28話になると思いますが。

来年発売になる龍馬伝の完全版DVD-BOXも
前半分だけ買えばいいからお財布にもやさしい「半平太伝」です♪

参院選が11日に決まりそうなので
オンエア中に選挙速報が画面上に出たりするのでしょうか。
ま、自室は電波の入りが「ブッブー!」なので
私は翌日にオンデマンドで見るので無問題ですが。
2010/06/11(Fri) 11:39 | URL | Macky | 【編集
>まさしく浜辺で熱く語ってるし「夕陽に向かって走れ!」って感じですな。

熱血青春学園ドラマだもんね。皆結構クールと言うかドライに見ていたのに龍馬の、あの、大演説でなんだかシーンとしちゃって、金八龍馬が「亀弥太は腐ったみかんなんかじゃない!」と言う訳ですよ(←言ってねーよ)。

>亀弥太さん、大熱演だったのでそれは良かったなぁと思うんですが

そういえば私、亀弥太と龍馬の顔が交互に映るたびにですね、「あー、亀弥太は縄文人で龍馬は渡来人なんだなあ」とか思ってみちゃました。亀弥太、演技もすごかったけど(第1回目から出ているのに今までスッゲー印象薄かったけど)顔が何よりもすごすぎでしたねえ。

>先日本屋で、つい誘惑に負けてしもうてノベライズの最終回(第27話)をちっくと立ち読みしてしもうたがです。

レッドカード!カンニングです(笑)。
2010/06/12(Sat) 00:08 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
>来年発売になる龍馬伝の完全版DVD-BOXも
>前半分だけ買えばいいからお財布にもやさしい「半平太伝」です♪

今、2007年の大河(「風林火山」)とか去年の大河(「天地人」)のDVDセットをチェックしてみたら、だいたい27話で区切ってセットになっているんだね。でもさー、後半の特典ディスクに色々おいしいのが入ってて結局全部買っちゃうんじゃないの?(笑)。

>オンエア中に選挙速報が画面上に出たりするのでしょうか。

なんか調べてみたら選挙と重なる日の大河ドラマは繰り上げて7時台の放映になることが多いみたいですね。10時のBSは確実にテロップはいるでしょうけど、NHK総合では投票〆切の8時より前に放送されるのでかろうじてテロップは流れないようですね。でも現時点で参院選が7月18日になる可能性もゼロじゃないみたいだけど、さすがに「武市伝」最終回をさらに延ばすのはない、、、よね?
2010/06/12(Sat) 22:22 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック