曼珠沙華とヤモリ
もうなんもかんも片っ端から、色々忘れ過ぎだ! 気がついたらもう10月ですよ、早い、早すぎる、1年が過ぎるのが。先週まで弊ブログのトップ画像は曼珠沙華(彼岸花)だったのだが、あの写真を見ながら、1年前の今頃は(埼玉)の深谷シネマに走ったものだった………(参照:2009年9月23日「映画「ハゲタカ」23回目鑑賞(点と線編)」)。深谷駅に近づくにつれ、畑のあちこちに彼岸花が咲いていたのを懐かしく思い出す。そして今日もどこかで映画「ハゲタカ」の上映をやってないかとチェックするものの、全然、どっっっっこもやってねーよ。

柴田恭兵
先週の金曜日の昼に1ヶ月分のテレ部番組情報が載っている「月間デジタルTVガイド」という雑誌を買って(「ザテレビジョン」を定期購読しているのに!)昼飯時に同僚のNさんと派遣のTさんと一緒にみていたのだが。

私「うわ~、この柴田恭兵……いかがなものか……(写真上)」
Tさん「え~、柴田恭兵といえば「ハゲタカ」の芝野さんじゃないですか~。これはその面影が全くないですね」
Nさん「もうトシなんだろうけど、それにしてもこれは……」
私「このダサさは一体……。これでループタイなんかしてたらサイテー」
Nさん「あぶデカもただのオッサンだね」
私「あ、柴田恭兵が出るドラマ、「刑事定年」だって。つまりこれは定年退職したオヤジのドラマだから、この格好は役つくりなんだよ」
Tさん「なるほど」
Nさん「あぶデカの定年後がこれか(違)」
Tさん「芝野さんの定年後はこんな風に~?(泣)」
私「いや、芝野はアカマ自動車の社長だから定年は関係ないでしょ」
Tさん「あ、そっか」
↑納得するな。なお、「刑事定年」はBS朝日で10月27日からスタートするホームドラマだそうですよ。「定年退職した元刑事・猪瀬直也(柴田)は、これから妻との時間を大切にしようと思っていた。が、妻からは距離を置かれ、また、暴力団組長や夫殺しを告白する女らが直也の元を訪れ…」(ザテレビジョン10月8日号より)と、ちとビミョー。

水谷豊
Nさん「こういうのをオケ専俳優って言うんだっけ?」
私「いやー、いくらなんでも柴田恭兵はオケ専じゃないでしょ、オケ専の下の老け専ですらないわ~。だいたい、まだ60歳にもなってないんじゃないの?」
ちなみに今更ながらの解説をすると、オケ専というのは棺桶に片足をつっこんでいるような老人好きのことだ。
Tさん「柴田恭兵って何歳なんでしょうね」と言いつつ、手持ちのiPhoneでさくっと検索。
Tさん「1951年生まれって」
私「59歳か。へぇー。そういやこっちの写真の水谷豊も顔のしわが結構すごい事になっているけど、一体何歳なんだろう」
Tさん「えええっと、1952年生まれって」
私「58歳、柴田恭兵より1歳下」
Tさん「えーーー、この写真じゃあもっと老けて見えますねえ」
私「ツルツル顔のミッチーの隣にいるから余計にそう見えるのかも」
Nさん「なるほど」
私「どっちにしてもまだ老け専ジャンルじゃないよ」
Nさん「じゃあ、オケ専男優といえば誰?」
Tさん「うーーん」
私「あ、これ、大滝秀治はバッチリ範囲内でしょう」
大滝秀治の写真が載っていたのは10月11日TBS系の「塀の中の中学校」という番組の紹介欄だ。
私「いい塩梅にオッサン達が並んでいる」
Tさん「渡辺謙や大滝秀治が学生服を着てますよ」
Nさん「そりゃ中学校の生徒って設定だから」
私「オダジョーの教師には心動かないが」
Nさん「Kさん(←私のことだ)は老け専だからね」
私「老け専としては三国連太郎とか菅原文太もいい感じだな」
Nさん「一体、皆何歳なのよ」
Tさん「菅原文太は1933年生まれ、三国連太郎は1923年生まれですね」
私「じゃ文太は77歳、三国連太郎は87歳か」
Tさん「瞬時にトシがわかるってすごいですね」
Nさん「さすが老け専ならではの特技?」
違います(笑)。

と言う訳で(どういう訳で?)忘備録として10月期単発ドラマ、その他チェック。

10月6日(水)、NHK、歴史秘話ヒストリア「逃げちゃダメだ・逃亡者・桂小五郎 明治をひらく」
 「長州藩のリーダー・桂小五郎に迫る。小五郎は話し合いで日本を変えるという理想を掲げていた。仲間との衝突を避けたい思いで、池田屋事件などの惨事から逃げ延びた小五郎は、「逃げの小五郎」という汚名を着せられる。坂本龍馬からの励ましを受けた小五郎は逃げる事をやめ、「薩長同盟」の締結を決心する」(ザテレビジョン10月8日号より)。へーーー……って、話し合いで日本を変えるって、仲間との衝突を避けて結局生き延びているって、そりゃ誰の事ぜよ(笑)。

10月7日(木)、NHK、22:00-22:50「ブラタモリ 第2シリーズ」
 10月7日のテーマは「築地」、そして10月14日のテーマは「丸の内」。丸の内のどこらへんを回るのか気になる。

10月11日(月)、TBS、21:00-23:24「塀の中の中学校」

10月22日(金)、フジ、21:00-10:52「東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部」

とりあえず、チェック。そして連ドラをスタート日順にソート。

10月5日(火)、TBS火深夜「クロヒョウ 龍が如く新章」
10月7日(木)、日テレ木深夜「FACE MAKER」
10月8日(金)、 TBS金深夜「クローンベイビー」
10月8日(金)、TBS金10「SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~」
10月8日(金)、テレビ東京金深夜「嬢王3~Special、Edition~」
10月10日(日)、テレ朝日11「霊能力者 小田霧響子の嘘」
10月11日(月)、TBS月8「水戸黄門 第42部」
10月12日(火)、NHK火10「セカンド・バージン」
10月12日(火)、TBS火深夜「闇金ウシジマくん」
10月12日(火)、フジ火10「ギルティ 悪魔と契約した女」
10月14日(木)、TBS木9「渡る世間は鬼ばかり 最終シリーズ」
10月14日(木)、テレ朝木8「京都地検の女」
10月14日(木)、フジ木10「医龍 Team、Medical Dragon3」
10月15日(金)、テレ朝金11「秘密」
10月16日(土)、日テレ土9「Q10(キュート)」
10月17日(日)、TBS日9「獣医ドリトル」
10月17日(日)、フジ日9「パーフェクト・リポート」
10月18日(月)、テレビ東京月10「モリのアサガオ」
10月19日(火)、フジ火9 「フリーター、家を買う。」
10月20日(水)、テレ朝水9「相棒 season9」
10月20日(水)、日テレ水10「黄金の豚 会計検査庁会計検査庁 特別調査課」
10月21日(木)、テレ朝木9「ナサケの女~国税局査察官~」
10月22日(金)、テレ朝金9「検事・鬼島平八郎」
10月不明(月)、フジ月9「流れ星」
12月5日(日)、NHK日8「坂の上の雲 第2部」
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
オケ専!
「オケ専」ってそんなにメジャーな言葉なんですか?
私は初めて聞きました。
まだまだ私の知らない世界があるってことですね。
「オケ専」・・・遺産目当て?
それ以外、考えられな~い!
というか、考えたくな~い!!
私は「病み萌え」ですが、対象は30~40代限定ですわよ、念のため。

それにしてもtsumireさんの職場って楽しそうでいいですね。。。

そうそう三國さん(私にとっては浩市さんのお父上)と同い年、
1923年生まれのC・ヘストン主演の『ベンハー』を見てきました。
”これぞ映画っ!これぞエンターテイメント”という映画でしたよ。
私もテレビでは見てましたが、大画面&ノーカットで見るのは初めて。
いやぁ圧巻。戦車のシーンなんて3D以上の迫力!

来週の『アラビアのロレンス』(P・オトゥールは1932年生まれ)も楽しみですぅ♪

蛇足:S・コネリー1930年、K・ダグラス1916年!、
R・レッドフォード1936年、A・ドロン1935年、
D・サザーランド1934年、J・ポール・ベルモンド1933年、
もう鬼籍に入られてしまいましたが
S・マックイーン(1930年)、P・ニューマン(1925年)、
M・マストロヤンニ(1924年)etc

このあたりの人たちって「映画俳優」って感じですよね。
若いころのA・ドロンやレッドフォードの美しさと言ったら、
今の若手俳優(O・ブルームとか?)以上だったと思います。
「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」
2010/10/04(Mon) 10:55 | URL | Macky | 【編集
「オケ専」なんだろう…カラオケ専門?と思った私を許してつかあさい(土下座)

それにしても芝野さん(違)のファッション、別な意味でイケてますねぇ(苦笑)柴田恭兵もわりとお年なんですね。DVDとか見てて顔のアップが写るたび、頬のでこぼこ(失礼)が気になってしまいます。
柴田恭兵といえば、先日の「ミュージックステーション 3時間スペシャル」で昔昔?のVTRが流れててびっくらしました(笑)
スタンドマイクを振り回し?飛んだり跳ねたりのパフォーマンスで歌ってらっしゃいましたよ、芝野さん(←だから違う)
しかも服装は黒ずくめスーツ&サングラスですよ、しっぶ~(笑)
「あぶない刑事」のころですかね。
私の中ではずっと、柴田恭兵=刑事役のイメージが出来上がってたんですが「ハゲタカ」によって思い切りくつがえされました。いろんな意味ですごいよなぁ、芝野さん…じゃなくて柴田さん。

それにしてもtsumireさんと職場の方との会話、おもしろいですねぇ、楽しそう。
2010/10/04(Mon) 13:26 | URL | ぶるーうぉーる | 【編集
私も周りの高校生とはずれていますが流石にオケ専ではありませんネ(笑)

実際自分の周りに棺桶一歩手前って感じの人がいないので…どんな感じか想像できません

私の中で棺桶と聞いて一番先に思い浮かぶのはナイトメアの柩さん(←字あってるカナ?)です(*^^*)


ただ…昨日41km走ったり歩いたりさせられたので腰痛が酷く左の足首が死に100才の老人のように歩いています(笑)
男子は71kmなのでハイハイ生活をするようです!!逆に赤ちゃんですネ(笑)
2010/10/04(Mon) 15:24 | URL | Akane | 【編集
>今日もどこかで映画「ハゲタカ」の上映をやってないかとチェックするものの、全然、どっっっっこもやってねーよ

やってないね………(泣)
tsumireさんはそれでも池袋文芸座の後も何回か見てるけど、わたしはあれ以来大きい鷲津に会ってない。見たいなぁ、スクリーンいっぱいの鷲津。今日「チーム・バチスタの栄光」のDVDを見たので(昨日テレビでやってたのに。大バカ)、劉には会ったけどね(違)

「オケ専」、初めて聞いたなぁ。わたしもぶるーうぉーるさんと同じく、カラオケ専門かと思ったよ。
ドラマのじーさま連中はかわいいけど、「萌え」はないな。やっぱ「老け」どまりですわ。

それにしても、 Macky さんはわたしより遥かに若いはずなのに、挙げてる俳優の名前がわたしの乙女時代のイケてる男優と全く被ってるっていうのはどういうことなんだろう?
レッドフォードは「コンドル」が抜群にかっこよかったけど、年を取ってても「スニーカーズ」は素適でした。ポール・ニューマンはじじぃになっても、それこそオケ専じゃないわたしでも死ぬまでイケてると思わせる男だったなぁ。
2010/10/04(Mon) 20:45 | URL | suika | 【編集
>「オケ専」ってそんなにメジャーな言葉なんですか?

メジャー……!? 私は最初はテレビで誰かが言っているのを聞いたからそこそこ流通しているんじゃないかと思うけど。

>私は「病み萌え」ですが、対象は30~40代限定ですわよ、念のため。

えー、じゃあ大森南朋が50代になったらもう対象外?(って、前にも聞いた事があるような気も)。

>それにしてもtsumireさんの職場って楽しそうでいいですね。。。

ほほほ、昼飯時にこんなおバカな会話ができるなんて、幸せかも?

>1923年生まれのC・ヘストン主演の『ベンハー』を見てきました。

あーーーーー! また見に行くのを忘れていた! 来週こそは見に行きたい……(でも来週は仕事が死ぬ程忙しくて休めねええええっ)。「アラビアのロレンス」こそ、スクリーンで見なくちゃダメだよなあ(遠い目)。

>若いころのA・ドロンやレッドフォードの美しさと言ったら、
>今の若手俳優(O・ブルームとか?)以上だったと思います。

suikaさんじゃないけど、たまにMackyさんのトシを疑ってしまう今日この頃(笑)。漫画や同人誌の話してもあまり違和感ないしなー。
2010/10/04(Mon) 23:27 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>それにしても芝野さん(違)のファッション、別な意味でイケてますねぇ

この写真はある意味、なかなかですよね(え?)。まあ、国際的自動車メーカーの社長も、定年刑事もOKな柴田恭兵、最強ですよ。

>スタンドマイクを振り回し?飛んだり跳ねたりのパフォーマンスで歌ってらっしゃいましたよ、芝野さん

芝野さんも若い頃は随分とご活躍されていたようで(違)。

>私の中ではずっと、柴田恭兵=刑事役のイメージが出来上がってたんですが「ハゲタカ」によって思い切りくつがえされました。

へー。私はあぶデカはもうすっかり忘れてましたね。なので「ハゲタカ」でもそういうもんだと思って見ていたような気が。でも今回の「刑事定年」はすっげー違和感ありですよ。ホームドラマは別にいいんだけど、あの定年オヤジコスプレ(違)はちょっと……。
2010/10/05(Tue) 00:01 | URL | tsumire→ぶるーうぉーるさん | 【編集
>見たいなぁ、スクリーンいっぱいの鷲津。

そうなのよ~、見たいのよ、スクリーンの鷲津を。余計な雑音が入らない真っ暗な中で、ただひたすら「ハゲタカ」だけを見ていたいのよ~~(絶叫)。

>ドラマのじーさま連中はかわいいけど、「萌え」はないな。やっぱ「老け」どまりですわ。

さすがに私も「老け」どまりです。本物のオケ専だったりすると訃報ばかり聞かなきゃならなかったりしてつらいわね、きっと。

>それにしても、 Macky さんはわたしより遥かに若いはずなのに、

えっとー、もしかすると「はるかに」ではないのかもよ(笑)。まあ会社でも30歳の派遣のTさんがこれまた渋い映画の話ばかりするのでアリだとは思うけど。

>レッドフォードは「コンドル」が抜群にかっこよかったけど

へー。私はレッドフォードは「スティング」か「大統領の陰謀」がいいな(って、他の映画は結構見たのに全然覚えてないけど)。「スニーカーズ」は物語が好きだったな。基本的にハッカー物が好きというのもあるけど。ポール・ニューマンはあまり見てないけど、「タワーリング・インフェルノ」が好きでしたわ(ヘソ曲がり?)。
2010/10/05(Tue) 00:15 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>私も周りの高校生とはずれていますが流石にオケ専ではありませんネ

お嬢さん、お嬢さん。私が老け専とかオケ専とか言ってもせいぜい30歳くらい上のジジィの話ですが、高校生からしてみたらオケな男優さんは遠過ぎてもう仙人みたいなもんじゃないのかね(笑)。

>私の中で棺桶と聞いて一番先に思い浮かぶのはナイトメアの柩さんです

ヴィジュアル系ロックバンドやないけ~、そりゃ棺桶ちゃうで~(笑)。

>ただ…昨日41km走ったり歩いたりさせられたので腰痛が酷く左の足首が死に100才の老人のように歩いています

こういう話を聞くとつくづく、学生じゃなくてよかったーと思いますです(てへっ、Akaneさん、ゴメン)。今高校の勉強をしろと言われても苦じゃないけど(全然覚えられないだろうしわけわからんことだらけだろうけど)、体育の授業は二度と受けたくないですわ~。

えっと、お大事に。
2010/10/05(Tue) 00:25 | URL | tsumire→Akaneさん | 【編集
今、オンデマンドで「チャンス」の最終回を見て
思わずウルウルしてしまいました。
このドラマのタッキーは、亀治郎さんの部下で、
スーツ&眼鏡姿で、今までになく顔もしっかり映ってるしセリフもあるし、
勿論日本語を話していて、人も殺してません。
ま、最期にボスを国税局に売っちゃうんだけど。
童顔で、かわゆいですぅ。

で、俳優さんですが、実家が、テレビの映画劇場を見まくる家庭でして、
月曜、水曜、金曜、日曜の夜9時からは、
ほぼかかさず映画を見ていたので、昔の映画、結構見てるんですよ。
で、『M☆A☆S☆H』が好きだったりするんですよねぇ。

で、41km?今時の高校生はこんな距離を走るor歩くの?
いやぁぁ~!
私も学生には戻りたくないっす。
※夏休み、冬休み、春休みは学生に戻りたいです♪
2010/10/05(Tue) 00:41 | URL | Macky | 【編集
オケ専って、私も知りませんでした。
オーケストラ関係の隠語(?)かと想像してしまいました。

うーん、オケは、萌えないですねえ。
まあ、初恋が小学生の頃、NHKで日曜の午後とかに良く再放送していた『刑事コロンボ』のピーター・フォーク…っていうか、コロンボ警部でしたからオヤジスキーには間違いないですが。
見た目ダサいけど、頭が凄く切れて性格悪い。
そういうオッサンにキャラ萌えして夢中になっていた私に賛同する友人は誰もいませんでした。
皆、ジャニーズのアイドルとか洋楽のロックスターとかに入れ込んでる中、コロンボだもんなあ。
どういう小学生だ。

柴田さんは、大病されてから、グッとふけこんでしまわれた気がしますね。
病気されたのは、ちょうどドラマ『ハゲタカ』撮影中でしたけ?
でもまあ、お元気になられて、良い感じに役の幅も広がって良かったのではないでしょうか。
ってなんでまとめるのか。(笑)

>>このドラマのタッキーは、亀治郎さんの部下で、
スーツ&眼鏡姿で、今までになく顔もしっかり映ってるしセリフもあるし、
勿論日本語を話していて、人も殺してません。

とMackyさんもおっしゃってますように、『チャンス』のタッキーは、なかなかイケてました。
ドラマ自体には、ピンと来なかったですが、チャンスが有馬を取った時には嬉しかったですよ。
私は第3回以降しか見ていませんが、tsumireさん同様に亀さんのヘアスタイルが気になっちゃって。
たくらんでいるらしい笑顔も、怖いし。
私的な見どころは、腹に何かありそうなクールなメガネ秘書タッキーと、可愛いチャンス号、『45日間奈良時代一周』で知った瀬川亮くん(騎手役)がちゃんと演技できてるか(←失礼)でした。
後は、ゲイ役がハマっていた堀部さんかしら。
「外事警察」の住本パパとは別人。(当然)

そういえば、堀部さんもタッキーも映画『クライマーズハイ』に出演しています。
タッキーの他には、エンケン、アイアンオックス代表の日下部さんこと矢島健一さんも。
そうです。
こちらで人気の『ハゲタカ』のトリプル・ケンイチが勢ぞろいの映画『クライマーズ・ハイ』でした。
尾野真千子さんも、記者役で出演しています。
なんか、どんどん話題がズレちょります。
ごめんちゃ…。
2010/10/05(Tue) 01:46 | URL | 美冬 | 【編集
>今、オンデマンドで「チャンス」の最終回を見て
>思わずウルウルしてしまいました。

まあ、Mackyさんってなんて乙女なの。わたしゃ最後の場面で「完」って文字が出た瞬間、「はぁあああ???」って言っちゃったよ……。なーんか、もう、物語からキャラから構成から展開から、納得できんかったわ~。

>このドラマのタッキーは、亀治郎さんの部下で、
>スーツ&眼鏡姿で、今までになく顔もしっかり映ってるしセリフもあるし、
>勿論日本語を話していて、人も殺してません。

まあ、私も当初は亀次郎の白菜みたいなヘアスタイルと、あんな気味悪い顔しているくせに(←ヒドイ)鷲津と同じ台詞をしゃべるのが気になって見てましたけんど、そのうちタッキーのすごく不自然な髪型にも目が釘付けでしたよ。でもタッキー、思いのほか台詞もあって、あら頑張ってるじゃんとか思いましたけんど、なんか最後のアレがまたよくわからんかったです。流し見していた私が悪いのか!? ボスを売ったのは「廃馬宣言」のせいなの?(だったらもっと馬に思い入れがあるような場面があればいいのにー。あるいはやりすぎ感にドン引きしたきっかけが「廃馬宣言」??)。それともなんか他にきっかけとなるような何かあったのか? 秘書としては結構クールに接していたとは思ったけど、でもそんなに大した描かれ方もしてなかったように見えたんだけど。

亀次郎が逮捕直前に見せた改心の兆しも、平たく言えば「馬にかける思いは同じ」とか、「お互いに、大事なものをなくした気持ちは同じ」とか言いたいんだろうけど、これまたぜーんぜん納得できんかったしなー。話も経済ドラマとしてもネイチャードラマとしても中途半端にしか見えなかったし。ついつい亀次郎のキモさに、重要な所を色々見落としていたのかしら。

>童顔で、かわゆいですぅ。

あら、じゃ「龍馬伝」また見てみたら~? ハゲ頭(違)だけどタッキー頑張ってますよ。それに最終回までには(多分最終回なんだろうけど)確実にもう1回、大森南朋が出るみたいだしさ。

>で、俳優さんですが、実家が、テレビの映画劇場を見まくる家庭でして、
>月曜、水曜、金曜、日曜の夜9時からは、
>ほぼかかさず映画を見ていたので、昔の映画、結構見てるんですよ。

あら懐かしい。確か日曜日は淀川長治、月曜日は荻昌弘、、、、あれ? どこかに水野晴郎がいたような……。水曜日だったか、金曜日だったか?(←ボケ老人)
2010/10/05(Tue) 23:29 | URL | tsumire→Mackyさん | 【編集
>頭が凄く切れて性格悪い。そういうオッサンにキャラ萌えして夢中

……美冬さん、小学生の頃からすでに鷲津を好きになる土台が出来ていたのでは(笑)。

>皆、ジャニーズのアイドルとか洋楽のロックスターとかに入れ込んでる中、コロンボだもんなあ。

あー、私もみんながゴローだヒデキだヒロミだと言っている時に、「日本沈没」の田所博士とか、「ガッチャマン」の南部博士とか言っていたので、萌え話では盛り上がらなかったなあ。え? 違う?(笑)

>病気されたのは、ちょうどドラマ『ハゲタカ』撮影中でしたけ?

柴田恭兵の入院で一旦撮影が中止になったんですよねよ。鷲津のプールぷかぷかは夏の撮影でしたが、他の場面はあらかた冬なもんだから6月近い設定なのに息が白かったりして。

>私的な見どころは、腹に何かありそうなクールなメガネ秘書タッキーと、可愛いチャンス号、『45日間奈良時代一周』で知った瀬川亮くん(騎手役)がちゃんと演技できてるか(←失礼)でした。

でもまああのドラマの中では、やりすぎ感ありありの亀治郎や、思い入れありすぎの藤原紀香以外の皆様の方がずっと自然に見れましたね。時に騎手役の子はよかったと思います(エラソー?)。

>後は、ゲイ役がハマっていた堀部さんかしら。

うちは子どもが8時の「ハンマーセッション」を見て、私が9時の「チャンス」を見てたんですよ。「ハンマー」でもこみちを追う硬派の刑事役をやっていた堀部圭亮が、ほぼ間を置かずに「チャンス」でオカマ役をやっていたもんで、ギャップがすごかったです。

>『ハゲタカ』のトリプル・ケンイチ

トリプル・ケンイチ……素晴らしい表現(笑)。でもまだ映画の「クライマーズ・ハイ」は見てないんですよね。そういや、もうすぐ映画が公開されるせいか、あちこちで堺雅人の姿をお見かけしますね。デイリースポーツの見出しは「上川隆也 堺雅人の裸を詳細に語る」ですって~。

>ごめんちゃ…。

「ごめんちゃ」はNGワードです(笑)。
2010/10/06(Wed) 00:20 | URL | tsumire→美冬さん | 【編集
>今更ながらの解説をすると、オケ専というのは棺桶に片足をつっこんでいるような老人好きのことだ。

ワタクシも皆様同様知りませなんだ。
最初に拝見した時(まだコメント入ってなかったので)もしかして知らないのは私だけ??って思ちゃいましたよ(^^ゞ
上記の解説読んで久しぶりに車中で噴きましたww
でもって、「オケ専」はそういう嗜好の方ということですが……実際いるの??
「片足を突っ込んでる俳優のこと」っつーならまだ分かるけど…(もし「オケ専」の方が読んでいたらゴメンナサイ)

「チャンス」に関して。
>わたしゃ最後の場面で「完」って文字が出た瞬間、「はぁあああ???」って言っちゃったよ……。なーんか、もう、物語からキャラから構成から展開から、納得できんかったわ~。

私、乗せちゃって「tsumireさん、ごめん茶!!」って思ってました…
経済関係も競馬関係もどっちも中途半端になっちゃったなーー
2010/10/06(Wed) 01:03 | URL | BOOKO | 【編集
オケ専、やっぱり私もオーケストラしか聴かないセレブな方々のことかしらとか思いました。

頭のなかが沸いているのか、今家事をしながら見ていたテレビから『イクメン』という言葉を聞いて「もうすぐいく(逝去してしまう)メンズ」だと思いこみ改めて画面を観ると「育児をするイケメンなパパ」たちの事だそうで、本当に世の中は広いなと思いました。
2010/10/06(Wed) 18:47 | URL | むぎこがし | 【編集
>でもって、「オケ専」はそういう嗜好の方ということですが……実際いるの??

人の趣味というのは本当にわからないもので(笑)、いるらしいんですよね。もしかして彼岸と此岸の境目に存在している危うさが魅力なのか? さすがに私はオケ専ではないのでよくわからんですが。ところで弊社に今週から来ている新しい派遣のAさん、本日ハゲ専であることが発覚しました。しかも「ハゲ」で「ひげ」で「眼鏡」という非常に限定的なご趣味で、思わず「ガンジー?」って聞いたら笑われちゃったよ。世の中、ハゲ専のシェアは結構あるんじゃないのか?

>「チャンス」に関して。
>私、乗せちゃって「tsumireさん、ごめん茶!!」って思ってました…
>経済関係も競馬関係もどっちも中途半端になっちゃったなーー

いやあ、だって亀次郎のあの白菜頭も鷲津台詞もやっぱ気になっちゃいますよ。

経済ドラマ部分と競馬ドラマ部分もさ、「勝負の世界に生きる人と馬」とか、投機の世界のスピード感と競馬の世界の疾走感とか、自然との共生でつながる投資と競馬の世界とかがうまく連動していればきっともっと面白くなったんだろうなあとは思うんだけど、どちらも中途半端だった上に、両サイドのキャラがどちらも非常に胃もたれ系で(やっぱ、亀治郎の鷲津(違)はないわー。紀香も第1話はよかったんだけどなあ)、物語進行もちっくとステレオタイプで非常に残念でしたわ。
2010/10/06(Wed) 22:37 | URL | tsumire→BOOKOさん | 【編集
>テレビから『イクメン』という言葉を聞いて「もうすぐいく(逝去してしまう)メンズ」だと思いこみ

逝くメン……ある意味、オケ専よりもすごい単語のような気が(笑)。「イクメン」はここ数ヶ月程朝日新聞で特集記事が載ってましたね。
2010/10/06(Wed) 23:52 | URL | tsumire→むぎこがしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック